カード依存症とは?なりやすい人の特徴と克服法

現金で決済する人はめっきり少なくなり、現代はキャッシュレス時代に移り変わろうとしています。多くの人が利用するクレジットカードはその代表格であり、その利便性は現金を遥かに凌駕しますが、ある危険性も考えられます。

今回は、カード依存症の性質と、なりやすい人の特徴、そして克服法について、詳しく解説していきたいと思います。

カード依存症とは

?

カード依存症とは、買い物の決済において、クレジットカードに頼ってしまうことを指します。クレジットカードに頼ることによって、お金の感覚がおかしくなり、結果借金苦になってしまいます。

以下について、それぞれ解説していきます。

クレジットカードの利用がやめられない

カード依存症になると、その名の通り、クレジットカードでの決済を止めることはできません。現金での決済であれば、手持ち以上の買い物をすることは現実的にできないので、買いすぎの抑止になっています。

しかし、クレジットカードでの決済では現金は不要で、しかも限度額まで利用することができます。そのため、大変便利ではあるのですが、自己管理のできない人が利用するには、少々タチの悪い決済方法になってしまいます。

クレジットカードを限度額いっぱい使ってしまう

上記でも記載していますが、クレジットカードの性質上、限度額までお金を使えてしまうので、ついつい使いすぎてしまいます。カード依存症の人にとって、この性質こそが理性の効かない行動を生み出してしまうのです。

もちろん、使った分だけ返済しなければいけませんが、カード依存症の人は買い物中にそんなことは微塵も考えません。限度額があれば、それがいっぱいになるまで使ってしまう、それこそがカード依存症の怖さなのです。

クレジットカードを複数枚持っていることが多い

クレジットカードには利用限度額があるので、1枚で利用できる金額は決まっています。そのため、複数枚所持することで、その利用できる金額を2倍3倍をにし、利用限度額というストレスを解消します。

しかしカード依存症の人に、複数枚のクレジットカードを持たすことが、どれだけ危険であるのかは、お察しの通りです。早々に全てのカードの限度額をいっぱいにして、最悪パンクさせてしまうことになります。

カード依存症になりやすい人の特徴

特徴

クレジットカードを所持している人の全てが、カード依存症になるということではありません。カード依存症になる人には、いくつかの特徴があり、それらの特徴に該当しているだけその可能性が高いことを意味します。

以下について、それぞれ解説していきます。

衝動買いの癖がある

普通の人であれば、欲しくないものを、とりあえず買おうとすることはないですよね。しかし、この世の中には、特に欲しくもないのに、つい買ってしまう人もいます。

それが、いわゆる衝動買いというもので、買ってから後悔するパターンが多いです。もちろん、そんなことは当たり前なんですが、衝動買いする人にとっては、当たり前ではないのです。

買うという行動に満足しがち

普通は、欲しいものを手に入れた時に、その買ったものに満足するものです。しかし、買ったものは割とどうでもよくて、買ったことに満足感を得る人が一定数存在します。

このように人たちは、物欲というよりも買欲というものが大きく、その欲は満たされていくことはありません。結果無駄な出費を重ねていくことになり、そこには一時的な満足感しか生まれないのです。

安さに弱い

買い物をする際には、価格が設定されており、その価格と品質は決して比例しているわけではありません。そのため、安いものに惹かれるというのは、何も不思議なことではないです。

ですが、安さに弱すぎる人は要注意で、安物買いの銭失いという言葉があるように、その見極めは非常に重要です。安さに弱い人は総じて、カード依存症になりやすいとされているので、気を付けたいところです。

SNSが好き

現代では、SNSが急激に発達しており、不特定多数の人と交流することが容易な世の中になりました。そして、SNSが好きな人は、つい自分を大きく見せようとする心理や良く見せようとする心理が働きます。

特にブランド物などは、未だにステータスとして表現されるため、無理してでも買いたいという欲求が生まれます。そうなると、自然とクレジットカードに手を出すことになり、気付けばカード依存症となってしまう可能性があります。

人からの評価を気にする

人には、人に評価してもらいたい、認めてもらいたいという欲求があります。それは、自分に自信がない人ほど気にする傾向にあり、結果自分にかけるお金が多くなってしまいます。

そうなると、手持ちのお金だけでは工面できなくなり、クレジットカードに走ってしまうことになります。自分磨きに気を取られていると、あっという間に限度額を潰してしまうなんてこともあり得ます。

どうしてカード依存症になってしまうのか

理由・原因

クレジットカードを使うにしても、計画性をもった買い物をすれば、問題ありません。そのため、カード依存症になる人は、その計画性が皆無であることがわかります。

以下について、それぞれ解説していきます。

財布の中のお金が無くならないのでお金が減る感覚がない

クレジットカードの欠点は、現金とは違い、お金のなくなる感覚が全くないことです。そのため、実際はお金を使っているにも関わらず、その実感がないことから、乖離が生まれています。

確かに便利なクレジットカードですが、使用する人の自己管理がきちんとできていないと、非常に危険なカードであることがわかります。自己管理に自信がなければ、カード決済はすぐにやめて、現金決済に切り替えるようにしたいですね。

お買い物がストレス発散になっている

生きていれば当然ストレスは溜まります。特に、現代の日本はストレス社会ともいわれ、ストレスによって、労働不能や精神疾患を抱えてしまう人は少なくありません。

ストレスはこまめに発散しなければ、いつか壊れてしまうので、人はそれぞれ思い思いのストレス発散法を持っています。カード依存症もそのストレス発散の一つであり、買い物することで、ストレスを発散しています。ですが、度を過ぎると、ストレス発散のつもりが、余計にストレスを生んでしまうことを認識したいところです。

カード決済の方が早くて便利でつい使ってしまう

キャッシュレスという決済方法が、少しずつ確立されてきた世の中において、現金決済は最早、過去の産物になりかけています。確かにカード決済であれば、すぐに決済が済み、財布を開けて、ジャラジャラする必要は全くありません。

早くて便利なので、ついキャッシュレス決済に依存してしまいます。もちろんキャッシュレス決済が悪いということではなく、自己管理の甘い人が、その便利さに依存してしまうことに警鐘を鳴らしているのです。

カード依存症の末路

カード依存症といいますが、結局利用した分の返済がきちんとできていれば問題ないのです。仮に利用した分の返済が滞ることになると、相当マズイ状況になるので、注意したいですね。

以下について、それぞれ解説していきます。

支払い金額が足りずカードの利用がストップ

クレジットカードの利用分は、毎月決められた期日までに返済しなければなりません。なので、カードを利用する際は、返済できる限度に留めておく必要があります。

返済ができない場合は、即カードの利用がストップすることになります。さらに放置すると、最悪カードの契約が切られ、強制徴収の対象となってしまいます。

キャッシングをし借金が増える

クレジットカードには、買い物などで利用するショッピング枠の他にキャッシング枠があります。このキャッシング枠では、ATMでお金の融資を受けることができます。

限度額はそれぞれ違いますが、返済する際は合算されて請求されることになります。そのため、キャッシングをしすぎると、それだけ毎月の返済が苦しくなるので気を付けたいところです。

債務整理をする羽目に

カード依存症によって、返済が困難になり、結果債務整理をすることになってしまいます。債務整理にはいくつか種類がありますが、どれも個人信用情報機関に事故記録が登録されることになり、一定期間クレジットカードの発行ができなくなります。

また、ローン組みもできなくなるので、住宅や車などの大きな買い物をする際に、大変不便を強いられます。できれば、債務整理は避けたいと思うものですので、クレジットカードは計画的な利用を心掛けるようにしたいですね。

カード依存症を克服する方法

方法

カード依存症になると、たちまち生活に困窮しやすくなってしまいます。できれば、カード依存症から抜け出したいと思うものですが、具体的にどうすればよいのでしょうか?

以下について、それぞれ解説していきます。

クレジットカードを持たない

カード依存症から抜け出す最もな方法は、クレジットカードを持たないことです。クレジットカードさえ持たなければ、物理的にカード決済はできません。

しかし、その際現金も制限しなければ、カードを制限されている反動で衝動的に使い切ってしまうかもしれません。基本的にお金・カード類を持たせないことが、一番の方法といえますね。

買いたいと思っても時間をおいてみる

買欲が抑えきれないカード依存症の人には、少々難しいかもしれません。

しかし、買いたいと思った時に少し時間を置いてみるということは、とても効果的であると思います。

これは、カード依存症の人でなく、普通の人においても言えることですが、時間を置くことによって、本当に必要かどうかの見極めができます。

この意識を付けることによって、無駄な買い物を大幅に減らすことができます。

収支をこまめにチェックする

カード依存症になると、現実的なお金の計算ができなくなってしまいます。

そのため、実際に収支をこまめにチェックすることで、その意識を高めることができます。

少しずつでも、お金の管理に慣れていくことで、今までの自分の行いが可笑しかったことに気付けるはずです。

お金を使うことよりも、管理することで、根本的なお金への考え方が矯正されていきます。

カウンセリングに行く

かなり重度な依存症であれば、専門機関を受診することをおすすめします。特に精神疾患には、カウンセリングの効果は絶大であり、グループ治療では、同じ苦しみを持った仲間と治療ができるので、モチベーションにも繋がります。

必要であれば、薬物療法もあるので、治せない病気ではありません。もちろん、周囲の人の協力は必要不可欠であり、本人のやる気以上に、周りの援助が求められます。

クレジットカードではなくデビットカードがおすすめ

 

どうしてもカード決済に拘りたいというのであれば、クレジットカードではなく、デビットカードにするのも手です。デビットカードは、銀行口座内のお金が限度額なので、使いすぎても借金することはありません。

以下について、それぞれ解説していきます。

デビットカードとは

クレジットカードのように、カード会社の指定した限度額に依存するものではなく、指定した銀行口座内の金額に依存します。要するに、見えないお金を使うのではなく、自分の口座内にあるお金を使って決済するというものです。

これは、キャッシュレスの時代において、その利用者は右肩上がりで増えているそうで、確かにクレジットカードのような危険性もありません。その性質上、自分の口座内のお金がなければ利用できないのですから、借金することにはなりませんね。

デビットカードのメリット

デビットカードは、クレジットカードのように、自分の身の丈に合わない買い物をすることはできません。しかし、それが大きなメリットと捉えてください。

自分の口座内のお金で運営するということは、一切の借金がないということです。これほど、安心できるカードは今まであったでしょうか?

カード依存症は早めに克服しよう

カード依存症の人は、自分がカード依存症だと自覚していないことが多いです。そのため、周囲の人がその可能性を説いてあげることで、依存症に気付けることがあります。

仮にカード依存症であれば、早急に対処したいですし、その末路は目も当てられません。この問題を解決するには、一人では難しいので、周囲の人の協力が絶対に必要になります。

確かに便利なカード決済ですが、人によっては依存症となってしまうことがあるので、まさに諸刃の剣ですね。