債務整理中に債務者本人が死亡したら借金はどうなる?

相談

借金の解決を図る方法である債務整理ですが、債務整理中に債務者が死亡したら、その借金はどうなってしまうのでしょうか?

実は、債務者が死亡しても、その借金が無くなることはなく、然るべき相続人にその権利と義務が移ることになります。

今回は、債務整理中に債務者本人が死亡したら借金はどうなってしまうのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

債務整理中に債務者本人が死亡しても借金は無くならない

イレギュラーな話ですが、債務整理中に債務者本人が死亡してしまった場合、借金はどうなるのでしょうか?

残念ながら、その借金は無くなることはなく、債権者は債権の回収が不能となり、不利益を被ることはありません。

以下について、それぞれ解説していきます。

借金は相続人に相続される

債務者本人が亡くなってたからといって、借金が無くなってしまっては、債権者の立場がありません。

債権者は、多くの回収不能債権を抱えることになり、経営が成り立たなくなってしまいます。

なので、債務者が亡くなった場合は、然るべき相続人にその借金は相続されることになります。

相続人は、生前の債務者同様に、その借金の返済をしていかなければなりません。

相続放棄をすれば借金は回避できる

上記の流れをよく考えてみると、相続人は被相続人に借金があると、自動的に不利益を被ることになります。

これでは、相続人はとても不利な立場になってしまうため、相続人は相続をするか、しないか、自由に選べます。

被相続人に財産があまりなく、多額の借金があり、そのまま相続すると相続人に大きな不利益が生じるとなると、相続放棄することができます。

これによって、相続人は不利な相続を放棄することができ、自分の生活を守ることができるのです。

債務者本人の死亡で借金を相続放棄するメリットとデメリット

相続人には、相続放棄できる権利があることがわかったのですが、この相続放棄にはいくつか注意したいポイントがあります。

このポイントを押さえておかないと、実際に相続放棄するとなった場合、円滑に進まない、または相続人にとって不利になってしまうことになります。

以下について、それぞれ解説していきます。

メリット

相続放棄のメリットは、やはり被相続人の財産または負債を無理に相続する必要がないということです。これによって、相続人の現在の生活は守られ、場合によっては、借金生活に陥る可能性を無くすことに繋がります。

また、財産の差し押さえという強制執行を未然に防げるという部分も非常に大きいですね。

借金の返済義務がなくなる

いくら相続人だからといっても、被相続人の借金を自動的に相続するのは不公平ですので、相続放棄は当然の権利といえます。相続放棄をすることによって、借金の返済義務がなくなるのは、一番のメリットといえます。

債権者からすると、相続放棄をされると、とても痛手を負うことになりますが、相続人からしたら関係ありません。仮に借金よりも財産のほうが多いなど、相続人に利益のある相続以外は、相続放棄をすることで不利益な相続を回避できます。

財産を差し押さえられることがない

被相続人の借金を相続してしまうと、場合によっては、相続人の財産が差し押さえられることがあります。住居としている家が持ち家であった場合、通勤などに使用する自動車など、これらは差し押さえの対象となります。

相続人からすると、これらの財産を差し押さえされてしまっては、非常に困ってしまいます。しかし、相続放棄をすることで、この差し押さえを回避することができ、相続人は自分の生活を守ることができます。

デメリット

相続人にとって、相続放棄はとても有効な方法でありますが、当然デメリットも存在します。まず、相続放棄をすると借金はもちろん、プラスの財産までも放棄しなければいけなくなります。

また、相続人が相続放棄をすることで、次順位の相続人にその権利が移ることになります。

プラスの財産が相続できない

相続放棄の一番のデメリットとなるのが、プラスの財産もろごと放棄しなければいけないということです。マイナスの財産つまり借金はもちろん放棄したいのですが、そこにプラスの財産までも放棄の対象となるので、相続放棄をする場合は全ての財産を放棄しなければなりません。

これにより、仮に相続放棄した後に、プラスの財産が判明した場合でも、相続することはできなくなり、場合によっては損をしてしまう可能性があります。簡単にいうと、相続人は自分の有利になるように相続することができないということで、相続放棄をする際には慎重にならなければいけません。

次の相続人に借金の支払い義務が発生する

相続人が相続放棄をすると、その権利は次順位の相続人に移ることになります。被相続人の配偶者または子どもが第1順位、被相続人の父母または祖父母が第2順位、被相続人の兄弟姉妹が第3順位となっています。

上記の順位で相続権の優先が決まっており、相続すべき人たちは、決められた期間中に相続の決定をする必要があります。なので、相続放棄をする際は、次順位の人にきちんと伝えておかないと、期間超過により、自動的に相続が決定してしまうので注意してください。

借金を相続放棄をする場合の注意点

注意点

実際に相続放棄をするにあたって、いくつか注意点があります。

この注意点を理解しておかなければ、意図しない相続をすることになります。

相続人に与えられた権利を最大限に生かすためにも、きちんと理解しておきたいものですね。

以下について、それぞれ解説していきます。

相続放棄ができる期間には期限がある

相続放棄できる期間は無期限ではなく、被相続人が亡くなってから三ヶ月以内と決められています。

これを熟考期間といい、相続すべき人たちはこの期間中に、被相続人のプラスの財産・マイナスの財産をできる限り、調べ上げておく必要があります。

そうしておくことで、相続することによって得となるのか、損をするのか、明確にわかるからです。

仮に何のアクションもないまま、この熟考期間を経過してしまうと、自動的に相続することになってしまうので注意ですね。

借金の一部を返済した場合は相続したものとされる

被相続人の借金を1円でも債権者に返済してしまった場合は、相続したと見なされ、相続放棄はできません。そのため、相続人が決まっていない段階で、被相続人の借金の返済に応じることは絶対に避けてください。

また、プラスの財産も同様であり、1円でも使ってしまうと、相続したと見なされます。このように、被相続人の財産に手を付けることは、その後の不利益を招く恐れがあるのでやめるようにしたいですね。

途中で相続放棄を撤回することができない

一度相続放棄をすると、撤回することができないので、慎重かつ迅速な決定が求められます。相続放棄した後に、被相続人の財産や借金が見つかるのは、よくあることです。

その際、プラスの財産が多く見つかると、結果的に後悔の念が残りますが、それは結果論です。相続放棄は、相続人にとって利益を得るというよりも、不利益にならないようにすることを一番に考えたいですね。

借金の保証人になっていた場合は相続放棄をしても保証人の義務は消えない

相続放棄はあくまでも、相続人に与えられた権利になり、被相続人の借金の保証人などであれば、その義務は消えることはありません。借金をする場合に保証人をつけるケースがありますが、あれは債務者本人に支払い能力が亡くなった場合に、保証人は債務者と同等の扱いを受けます。

そのため、債務者が死亡すれば、当然保証人に借金の返済義務が発生することになります。保証人であれば、相続人ではないので、相続放棄することはできず、仮に保証人にも返済能力がないとなると、自己破産するしかなくなります。

相続放棄の手続きの流れ

流れ

相続放棄するには、裁判所を通した手続きが必要になり、そう安易にできるものではありません。

必要書類を用意し、きちんと相続放棄する旨を主張することで、認められることになります。

以下について、それぞれ解説していきます。

相続放棄の手続き書類を準備する

相続放棄には、事前に手続きに必要な書類を用意しなければなりません。

まず、被相続人の住民票の除票、戸籍謄本などを役所から取り寄せることが必要です。

また、相続放棄する人の戸籍謄本も必要になるので、合わせて用意するようにしたいですね。

これらの書類をきちんと用意してから、いよいよ相続放棄の手続きに入っていきます。

相続放棄の申述書を作成する

相続放棄の手続きにおいて、相続放棄申述書という書類が非常に重要となります。

この書類は、実際に相続放棄するという旨が記載されているもので、いわば相続人の意思の証拠となるものです。

相続放棄申述書をしっかりと作成しておかなければ、相続放棄することはできません。

記載はそんなに難しいものではなく、相続すべき人であれば容易に作成することができます。

家庭裁判所に準備した書類を提出

相続放棄申述書を作成し、その他必要書類の準備ができれば、実際に家庭裁判所に提出します。

この際、郵送でも構いませんが、郵便事故などの可能性も否定できないので、直接家庭裁判所に持ち込むことが確実です。

家庭裁判所がこれらの書類を受理すると、あとは申請者は、その後の動きを待ちます。

提出書類に不備がなければ、問題なく手続きのステップが進んでいくことになります。

家庭裁判所からの照会書に記入し返送

必要書類の提出後、裁判所から照会書というものが郵送で届きます。

これは、今回の相続放棄の手続きが正当であるのかどうかを確認することになります。

また、いくつか相続放棄の適用条件を満たすための質問などもあるので、申請者は虚偽なく回答します。

相続放棄に対して、きちんとした知識を有している申請者であれば、問題なくパスできるはずです。

相続放棄受理通知書が届く

照会書に回答し、再び返送すると、あとは家庭裁判所からの回答を待つことになります。

そして、一ヶ月もしないうちに、家庭裁判所から相続放棄受理通知書が送付されます。

この相続放棄受理通知書がくると、正式に相続放棄が完了したことを意味します。

ここまでの手続きはそんなに難しいものではないので、自分一人でやろうと思えばできなくはないです。

債務整理中に債務者本人が死亡したら手続きをしっかり行おう

債務整理中に債務者本人が死亡したとしても、その借金が消失することはないので、その後の手続きはきちんと行う必要があります。

特に、相続順位の高い相続すべき人は、相続放棄も視野に入れる必要があるので、早めの準備が大切です。

然るべき手続きを踏まなければ、相続放棄することはできず、相続人にとって不本意な結果になってしまいます。

そのような結果にならないように、被相続人が亡くなった後は、すぐに相続の準備を進めていくことです。