自己破産しても車を取られない方法ってあるの?

自己破産すると、車の所有できなくなると思い込んでいませんでしょうか?

確かに、多くのケースでは車は取り上げられることになりますが、必ずしもそういうわけではありません。

今回は、自己破産しても車を取られない方法について、詳しく解説していきたいと思います。

この記事を読むとわかること
  1. 自己破産しても車を取られない方法はある!
  2. 取られたくないからと車の存在を隠したり車を安価に処分すると免責にならない可能性がある!
  3. 自己破産後はローンが組めなくなるが車の所有は可能!
  4. 自己破産以外の任意整理や個人再生の選択肢も考えてみよう!

自己破産しても車を取られない方法はある

自己破産をすると、基本的に所有する財産を放棄する必要があり、車も当然対象となります。

しかし、車を取り上げられては生活に支障のでる人もいるはずです。

実は自己破産しても、車を取り上げられない方法がいくつかあるので、以下それぞれ解説していきます。

自分名義で無い車なら自己破産後も車を残せる

自己破産の際に、処分の対象となる財産は自分名義のものとなります。

そのため、いくら使用頻度が多くても、その車の名義が他人であれば、処分の対象から外れます

なぜ、他人の自己破産で自分の車が処分されなければいけないのか、普通に考えれば当たり前のことです。

しかし、だからといって自己破産前に車の名義を変える行為はNGになるので注意したいですね。

財産が20万円以下ならば自己破産後も車を残せる

何も自己破産したからといって、無一文になるわけではありません。

現金であれば99万円未満、財産であれば20万円以下、それぞれ所有できる上限が決まっています。

そのため、仮に車を所有していたとしても、車の価値が20万円以下であれば処分されることはないということです。

また、現金があまりなく、車の価値が20万円を超えるようであれば、処分される前に現金に換金するというのも一つの手です。

保証人がローンを一括で払えるなら車の価値次第で残せる

車のローンがまだ終わっていない場合は、厳密にいうとその車はローン会社のものとして扱われます。

そのため、自己破産すると車はローン会社に債権回収の一部として持っていかれることになります。

それを防ぐ手立てとしては、保証人がローンの残額を一括で支払うことで、所有者は債務者となり、車の価値が20万円以下であれば、手元にのこすことができます。

ただし、車の価値が20万円を超えるようであれば、処分の対象となるので注意してください。

その他正当な理由があれば車の所持が認められる

車の価値が20万円以上であったとしても、正当な理由があれば車の所有を認められます。具体的に挙げると、車を失っては生活に困ってしまう場合などになります。

交通機関の発達している都会では難しいですが、交通機関の乏しい田舎などに住んでいる場合、車は生活必需品として扱われます。

現状の生活から、著しく乖離を生むような生活レベルの低下は、債務者自身の生活を保障しているとは言い難いです。

自己破産後に車が没収されてしまうケース

自己破産の際、所有する車が没収されてしまうケースがそれぞれあります。

まず、「車のローンの支払いは終わっているのか?」これによって、裁判所の対応は全く異なります。

以下について、それぞれ解説していきます。

ローンがまだ残っている車の場合

車のローンの支払いが終わっていなければ、問答無用で車は処分されます。

なぜなら、ローンの支払いが残っているということで、実質的な車の所有者は、一時的に一括返済してくれたローン会社の所有物になります。

車のローンは、ローンの支払いが終わるまでは、車は担保として扱われます。

ゆえに、途中でローンの支払いを終えてしまうことがあれば、車を処分して返済に充てることになります。

車の価値が20万円以上の場合

自己破産で認められている財産の上限は20万円以下です。

そのため、他の財産がないと考えて、車の価値が20万円以上ある時点で、処分の対象となります。

その判断を下すのは、複数の車の買い取り専門店であり、その中の最高価格が20万円を超えなければ良いだけです。

車は性質上、年数で価値が落ちやすい財産なので、一般的な車は、ある程度年数が経過していれば、ほとんど価値はつきません。

自己破産で車を取られたくないからとしては駄目なこと

自己破産すると、場合によっては車が処分されてしまいます。

だからといって、自分に都合の良い方法を取ったり、不当行為を行い、その処分を免れようとすることは止めてください。

いくら隠しても、絶対にバレるようになっているので、やるだけ徒労に終わります。

以下について、それぞれ解説していきます。

自己破産前に車の名義を変える

自分名義でなければ処分の対象ではなくなるため、自己破産前に名義を変えれば良いと思っている人いるのではないでしょうか?

しかし、これは絶対やってはいけません。

なぜならこの行為が、免責不許可事由に該当し、最悪の場合は詐欺破産罪となり、立派な犯罪者になってしまいます。

直前で名義を変える行為は、いわゆる財産隠しに当たりますので、すぐにバレますし、メリットは一つもありません。

車の査定書を不当に作ってもらう

財産が20万円以下であれば、合法的に車の所有を認めてもらえます。

しかし知人や友人に頼んで車の査定書を不当に作成する人もいます。

適正の価格で売却しなければいけないところ、価格を偽っていることになるのでその差額分を隠している、と見なされます。

これは資産を意図的に隠したことと受け取られてしまいます。

車を不当に処分してもらう

適正な価格で売却すれば、何も問題はありません。適正価格よりも高かったり、安かったりすると、それは適正価格とはいえません。

例えば家族や友人に格安で譲渡することは意図的な名義変更とも取れます。自分の車ですから、自分で処分したいと思うのはわかりますが、そこに不正があってはいけませんね。

車のローンだけ一括で支払い完済する

車のローンが残っていると処分の対象となるので、とりあえずローンの残額を一括返済しようと安易に考えがちです。

しかし、これは偏頗弁済(一部の借入先を不平等に優先して返済を行うこと)にあたり、免責が受けられなくなる可能性があります。

偏頗弁済とは、特定の債権者にだけ返済を行う行為で自己破産する際に禁止されている行為の一つです。

なので、自分ではなく保証人が返済するという方法を取ることで、偏頗弁済に当たらないようにできます

車のローンや存在を隠す

自己破産する場合は、全ての債権者にその事実が通達されます。

そのため車のローンの存在を裁判所に隠すことは不可能といえます。

確かに、車のローンの存在がバレなければ、処分する必要はありませんが、そんなに簡単な話ではありません。

自己破産後に車を所持することはできるのか

確かに自己破産前に車がある場合、処分の対象となりますが、自己破産後であれば、特に制限はありません。

なので、自己破産した後でも、車を所有しようと思えば、物理的には可能です。

以下について、それぞれ解説していきます。

自己破産後の車の所持について制限は無い

自己破産を行い、免責許可を得る際には、現金や財産についての上限が設けられる制限があります。

しかし、自己破産をした後については、その制限は特にないです。そのため、自己破産の際に車を処分したとしても、自己破産が終われば再び車を所持することは可能ということです。

ただし、これは可否の話であって自己破産後は元の生活に戻すだけで手一杯ではないかと考えられます。

ローンで車を買うことはできない

車の所持に制限はないですが、ローンに対する制限は発生します

自己破産をした後は、ブラックリストに登録される影響で、最低でも7年から10年間はローン組みをすることはできません。

もちろん、クレジットカードの作成もできなくなります。

そのため、車を購入する際は一括で購入するしか方法がないことになります。

現金一括払いなら車を購入できる

上記でも挙げていますが、ローンを組めない以上、車の購入は一括払いしかできません。

現金があれば問題はありませんが、自己破産直後であると、中々厳しいといえます。

そのため、数年かけて生活を立て直しながら、車を購入するための資金を貯める必要があります。

自己破産で車の保険は解約されない

仮に自己破産しても車の保険が解約されることはありません。車の保険は自己破産の影響を受けることはないです。

仮に対象となっている車の処分がされたのであれば、解約することになります。

そうなった場合は、早急に解約しなければ保険料を無駄に支払うことになってしまいます。

自己破産で車を取られたくないときは他の債務整理を検討する

自己破産は、債務整理の中でも、財産の処分などデメリットが大きいです。

そのため、どうしても車の処分をされたくないのであれば、他の債務整理を検討することも考えたいですね。

以下について、それぞれ解説していきます。

個人再生

自己破産を検討するような債務者であれば、自己破産の代わりはこの個人再生がおすすめです。

なぜなら、個人再生は借金の大幅な減額を見込むことができ、金額が大きければ大きいほど恩恵があります。

また、個人再生では所有する財産を完全に守ることができるので、車を所持し続けられます。

最低弁済額に則り、債務者は僅かな借金を数年で返済していくことになります。

任意整理

任意整理は、減額率は少なく、利息カット程度しか、減額が認められることはありません。

ただし、裁判所を通さない債務整理であり、直接債権者と交渉することで、その後の返済計画を再建します。

なので、かかる費用は少額で、手軽にできる債務整理として、利用する債務者はかなり多いです。

しかし、いかんせん減額幅が少ないので、自己破産の代わりになるとは言い難いです。

自己破産で車を取られない方法は2パターンある

この記事のまとめ
  • 自己破産すると自分名義で20万円以上の価値がある車を処分されてしまう。
    • ただし特別な事情を裁判所が認めれば所有し続けることが可能。
  • 不当な手段を使い、車の処分から逃れようとすると免責許可がおりないことがある。
  • 車を残したいなら自己破産以外の債務整理を検討しよう!

このように、自己破産によって車を取られないようにする方法は、大きく2パターンあることがわかりました。

一つは、車のローンを完済しており車の価値が20万円以下である場合です。もう一つは、裁判所に車の所持を認めてもらうことです。