借金の時効援用に掛かる費用の相場は?弁護士や司法書士、行政書士のどの専門家が良い?

専門家

借金の時効の援用をする時に気になるのが、費用の問題ですね。弁護士以外にも司法書士や行政書士といった専門家に依頼できますが、どれを選ぶのが正解なのでしょうか?

こちらの記事では、借金の時効の援用にかかる費用やメリット・デメリットを、弁護士・司法書士・行政書士に依頼する場合に分けて比較していきます。

あわせておすすめの法律事務所も紹介しますので、あなたが借金を解決する際の参考にして下さい。

借金の時効援用にお薦めの専門家は弁護士だが、費用は要相談のところも

借金を一定期間返済していないと時効が成立しますが、援用は弁護士などのプロに依頼をする方が安全です。ただし費用がかかるため、どこに依頼をするか悩んでしまいますよね。

司法書士や行政書士にも依頼はできますが、同じ弁護士でも要相談の事務所もあるため、それぞれの費用やメリット・デメリットをまとめてみました。

弁護士に時効援用の手続きを依頼する費用とメリット・デメリット

まず、借金の時効の援用を依頼する専門家として一番のおすすめは、弁護士です。弁護士は困ったときに頼りになる存在ですが、費用面では「お高い」というイメージが付きまとうもの。

気になる費用も含めて、弁護士に依頼をするメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

時効援用の手続きを依頼する費用

弁護士に借金の時効の援用手続きを依頼する場合、費用は事務所によって大きく違います。援用の依頼を引き受けていない弁護士もいるため、借金整理に関する無料相談に対応している事務所を選び、費用を確認してから手続きを進めましょう。

依頼料は応相談という事務所もありますが、司法書士と同じ価格帯で、金融機関1社あたり30,000円から引き受けている弁護士もいます。

時効援用の手続きを依頼するメリット

弁護士に借金の時効の援用手続きを依頼するメリットは、時効か完成しているかの調査から時効の援用に関する通知の作成と内容証明郵便による発送、債務者との交渉まで、全てをフルセットで依頼できることです。

弁護士は金額に関わらず、援用に必要な全ての業務を代行できます。万が一訴訟になった場合でも、即座に対応できるのも魅力です。

時効援用の手続きを依頼するデメリット

弁護士に借金の時効の援用を依頼するデメリットは、費用面の不安が大きいことです。依頼料のことを相談するのは腰が引けてしまうという人は多いですよね?ですが、実際には気軽に見積もりに応じてくれるため、心配する必要はありません。

複数の事務所に相談をして見積もりを取り、自分の財政状況に見合うリーズナブルな弁護士を探すのも選択肢の一つですよ。

司法書士に時効援用の手続きを依頼する費用とメリット・デメリット

お金借りる

借金の時効の援用を司法書士に依頼する際にかかる費用や、メリット、デメリットを詳しく解説していきましょう。

弁護士と司法書士との違いが良く分からないといった人もいますよね?両者とも全ての法律業務を行えますが、司法書士は範囲や分野が限られることをよく理解しておく必要があります。

時効援用の手続きを依頼する費用

司法書士の場合は上限140万円までの借金にしか対応できませんが、時効の援用費用としては、金融機関1社あたり30,000~40,000円が平均的な相場です。その他に内容証明郵便の発送料などがかかるものの、成功報酬をはじめとする追加費用は発生することがなく、費用面では安心感が高いといえます。

万が一、債権者から訴訟や支払いの督促をされても、極端に高額な支払いを求められることはほとんどありません。

時効援用の手続きを依頼するメリット

司法書士に借金の時効の援用手続きを依頼するメリットとしては、弁護士に依頼するよりも費用が安く済むことでしょう。140万円までの借金という制限はあるものの、時効の援用に関わる通知書の作成や発送だけでなく、弁護士と同様に時効に中断がないかなどの調査や、債権者との交渉もしてくれるため安心。

また140万円以下の借金であれば万が一訴訟が起きた時でも対応できるため、借りている金額が低いなら司法書士に依頼するのが賢い選択です。

時効援用の手続きを依頼するデメリット

司法書士に借金の時効の援用を依頼するデメリットとしては、140万円を超える、金額の大きいケースには対応できないということでしょう。

ただし司法書士が対応できる上限金額の140万円は、金融機関1社ごとの残元金が基準です。遅延損害金を含めて140万円を超えている場合は司法書士で対応できる可能性があるため、まずは相談してみるといいでしょう。

行政書士に時効援用の手続きを依頼する費用とメリット・デメリット

最後に、借金の時効の援用を司法書士に依頼する場合の費用やメリット、デメリットを詳しく解説していきましょう。

行政書士とは、公官庁に提出する書類や事実証明に関する書類の代行、代理申請を請け負う専門職。弁護士や司法書士と違って、法律業務ができないため注意が必要です。

時効援用の手続きを依頼する費用

行政書士も事務所によって費用に差があるものの、時効の援用手続きの依頼料としては、金融機関1社あたり8,000~25,000円が平均的な相場です。その他に内容証明郵便の発送料などがかかるものの、行政書士ができる業務はそこまでなので、他に費用が発生する可能性はありません。

借金の時効の援用手続きはできることが限られるため、行政書士に依頼する場合はそのぶんコストを安く抑えられます。

時効援用の手続きを依頼するメリット

金額の比較からも分かる通り、行政書士に借金の時効の援用手続きを依頼するメリットとしては、なんといっても費用が安く済むことです。1社からしかお金を借りていないのであれば、1万円以下で借金問題にケリがつくため、生活が苦しい場合は助かりますよね。

完全に時効が完成していると確約できるなら、行政書士に借金の時効の援用手続きを依頼するのはメリットが高いといえます。

時効援用の手続きを依頼するデメリット

残念ながら行政書士の場合は借金の時効が中断していないかの調査や、債権者との交渉などができません。書類作成以外の手続きは、全て自分がやるものと考えるべきです。

時効の完成に関しても自分で判断するしかないため、リスクは高め。訴訟が提起された時や、援用の失敗で債務整理をする場合は改めて弁護士等に依頼する必要があり、かえってコストが高くつく可能性があります。

借金の時効援用手続きを自分でやるのは危険?

借金 滞納

借金の時効の援用手続きは、自分でやることもできます。この場合は通信費だけで済みますが、費用の金額だけを見て飛びつくのは早計です。

素人が正確な時効援用通知書を作るのは、難しいもの。時効が完成しているか、中断が無いかの確認も、個人には限界があります。

安易に手続きをしたことで時効が中断するリスクは高く、債権者に居所がばれて債務承認を求められる可能性もあるため、個人の援用はあまりおすすめできません。

借金の時効援用手続きにお薦めの専門家

借金の時効の援用を依頼するのにおすすめの専門家をご紹介していきましょう。

借金の時効の援用を依頼するなら、やっぱりオールマイティーに幅広い分野に対応できる弁護士が安心です。費用以外にも個性がありますから、自分が相談しやすい事務所を選んでくださいね。

アヴァンス法律事務所

債務整理や過払い金請求などの実績が豊富な、人気の法律事務所。時効の完成の確認から債権者との交渉も全て代行してくれるため、安心して手続きができますよ。

費用が1社あたり30,000円と良心的なのも魅力です。援用ができない場合は債務整理にも対応してくれるため、借金の問題を根本から解決したい人におすすめです。

アヴァンスレディース

時効の援用に悩む女性は、同じアヴァンスでも「アヴァンスレディース」を選びましょう。相談から交渉まで女性スタッフが丁寧に対応してくれるため、男性の弁護士に気後れを感じる人でも安心。

女性らしい配慮でプライバシー保護が徹底されているため、誰にも知られずに借金を整理したい人にもおすすめです。

借金の時効援用手続きは多少費用が嵩んでも弁護士に頼む方が良い

借金の時効の援用を依頼する時、費用はやっぱり気になるところです。ですが「安物買いの銭失い」ということわざがあるように、安さにはさまざまなリスクが付きまといます。

時効の援用は、長く苦しむ借金から解放されるか将来がかかった大問題。ぜひ信頼できる弁護士に依頼をして、確実に時効を完成させたいですね。