プロミスの借金を時効で帳消しにできる?その条件って?

プロミスは国内でも1,2を争うほどの大手消費者金融なので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか?しかしプロミスから借金したはいいものの、返済できず時効を待ちたいという方ももしかしたらいらっしゃるかと思います。実際にプロミスからの借金を時効で帳消しにできるものなのでしょうか。

そこで今回は、プロミスの借金を時効を帳消しできるのか、またその条件やメリット・デメリットをご紹介していきます。

大手消費者金融のプロミス相手では借金を時効で帳消しにするのは難しい

希望通り

プロミスのような、大手の消費者金融から借金をしている人は多いですよね。返済できないほど借金をしてしまうと時効まで逃げ続けようと考えがちですが、プロミス相手に時効の援用をするのは、なかなか難しいのが実情です。

今回はプロミスで時効の援用をする場合の注意点や、安全な債務整理の仕方についてご紹介していきます。

プロミスの借金を時効で帳消しにするための条件

借金の時効は債務者にとってはありがたい制度ですが、消費者金融にとっては逆に利用されたくない制度です。援用をさせない対策をしている業者は多く、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社も非常に援用に厳しいといわれています。

プロミスで時効の援用をするための条件をご紹介していきましょう。

①プロミスの借金の最終返済日から5年が経っている

借金の時効が成立する期間は債権者の種類によって決まりますが、プロミスのような消費者金融の場合は5年間です。プロミスから返済を求められていても、5年間一度も返済をしていない場合は時効が成立するかもしれません。

借金の時効の起算日は、最終返済日の翌日から。返済をしないまま確実に5年が経過しているか、しっかり確認が必要です。

②①の後で「時効の中断」が起こっていない

最終返済日から5年が経過していても、プロミス側が働きかけて時効が中断していれば援用はできません。

一般的に時効の中断の理由となるのは、債権者が債務者不在のまま裁判上の請求や催告、財産の差押えや仮処分等を提起した時。また債務の承認をとられた時もその時点で時効が中断し、期間が延長されるため確認が必要です。

③借金の時効援用通知をプロミスへ提出する

ただ年数が経過したからといって、時効が成立するわけではありません。

債務者から債権者に連絡をして、借金の時効期間が経過したことと、返済義務を放棄する意思を伝えなくてはいけません。この援用は口頭でも、書面で行っても良いのですが、プロミスの場合は時効期間経過後でも債務承認を求める可能性が高いため、内容証明郵便で安全に通知をすることをおすすめします。

プロミスの借金が時効になっているか確認する方法

借金の時効を調べるなら、まずプロミスからの督促状や請求通知等を確認して、最終返済日を特定することが大事です。最終返済日が分からない場合は直接プロミスに照会をすれば早いのですが、逆に債務承認を求められるため、信用情報機関に情報開示請求をして確認することをおすすめします。

裁判提起がされて時効が中断しているかどうかは、裁判所からの通知で調べるしかありません。

プロミスの借金を時効で帳消しにする際のメリット、リスクやデメリットは?

借金にも時効があると聞くと、「借金がチャラになる」と考える人が多いのですが、時効の援用にはメリットがある反面でデメリットもあります。手続きをしてから後悔しないよう、時効の援用のリスクもしっかり理解しておきましょう。

プロミスの借金を時効で帳消しにするメリット

頑張る

プロミスからの借金に限ったことではありませんが、時効の援用に成功すれば、借金の返済義務が消滅します。5年間に渡って返済をしなかったことで膨らんだ遅延損害金も返済しなくて良いので、かなり助かりますよね。

借金の返済義務がなくなれば、督促状や取り立てに怯える必要はありません。信用情報機関の事故情報、いわゆるブラックリストの記録も消える可能性があり、将来的にローンや融資を受けやすくなります。

プロミスの借金を時効で帳消しにするリスクやデメリット

借金の時効を成立させるためには、長期にわたって督促や取り立てに耐えなくてはいけません。

特にプロミスは多くの債務者を抱えているため、時効の援用の対処が非常に厳しく、かなり高い確率で裁判や差し押さえを提起しています。時効まで脅えながら生活するのは、大変な苦痛ですよね。

期間が無事に過ぎても、プロミスは債務承認をとることで時効を中断しようとするため、時効後も気が休まりません。

プロミスの借金に時効を援用すると信用情報はどうなるの?

借金の時効の援用に成功すれば借金は消えますが、信用情報は完全にきれいになるとは限りません。

信用情報機関によって「完済」となることもあれば、「貸し倒れ」として延滞情報が一定期間残り、カード審査などに影響を与えるケースもあります。信用情報のブラックリストから記録が消えても、大きな企業だけに関連会社に要注意人物としての情報が回り、将来的に借金ができなくなるリスクも否定できません。

プロミスの借金に時効したいときは弁護士や司法書士に相談する

経済関係

借金の時効の援用はそう簡単にできるものではなく、大手としてノウハウを持つプロミスを相手にする場合は、よりハードルが高くなります。個人でできることには限りがありますし、失敗すれば借金から解放されるどころか、膨大な遅延損害金の返済を迫られるかもしれません。

リスクを避けるためにも、プロミスの借金に困ったら弁護士や司法書士に相談をして、プロに対処してもらうことをおすすめします。

プロミスの借金は時効を待つより債務整理をした方が良いかも

多額の借金を抱え込んで苦しい気持ちはわかりますが、借金は本来返さなくてはいけないものです。借金から逃げて時効を狙うよりも、前向きに債務整理をするほうが、早く安心して生活ができるようになるのではないでしょうか。

プロミスの借金を債務整理するときのおすすめをご紹介しましょう。

無料の減額診断

債務整理をプロに依頼する場合は、それなりの費用がかかります。初めて債務整理をする場合は、まずネットで無料減額診断から始めましょう。

借金額や金利などの必要事項を入力していくだけと、利用方法は簡単。

弁護士と直接話をする必要もないため、プロミスの借金を人知れず処理したい人も安心です。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京にある事務所ですが、全国規模で借金の無料相談に対応しています。債務整理の実績が高く、相談者にとってベストな解決方法を提示してくれると人気がある法律事務所です。

相談はメールでもできますし、土日も債務相談に対応してくれます。費用の分割払いにも対応しているため、多額の借金に困っている人でも安心です。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

テレビCMなども流している、知名度の高い法律事務所です。

債務整理だけでなく、借金の時効の援用についてのアドバイスや交渉にも対応してくれます。債務相談は無料ですし、減額報酬や過払い金請求の費用も発生しません。

良心的な料金体系の法律事務所なので、債務整理が初めての人にもおすすめです。

アヴァンスレディース

アヴァンスレディース

人知れずプロミスの借金を処理したい女性には、アヴァンスレディースをおすすめします。同じアヴァンス法律事務所ですが、こちらは無料相談から消費者金融との交渉まで、全て女性スタッフが対応してくれます。

女性ならではの気配りで丁寧に対応してくれるので、債務整理に気後れしてしまう女性でも安心です。

プロミスの借金を、時効で帳消しを狙うのは大変

借金の時効はありがたい制度ですが、安易に利用するのはおすすめできません。

特にプロミスのような大手消費者金融は、失敗したときのリスクが大きいものです。援用のメリット・デメリットを慎重に検討して判断しましょう。

迷った場合は債務整理の実績が高い法律事務所にも相談して、早めに借金から解放されたいですね。