任意整理と債務整理の違いとは?どんな時に任意整理すべき?

債務整理は、借金問題を解決するための有効な手段でありますが、任意整理とどのような違いがあるのでしょうか?

実は任意整理が、債務整理の一つの方法であり、また多くの債務者に選ばれている方法でもあります。

今回は、任意整理と債務整理の違いについて、またどういった人が任意整理をすべきなのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

任意整理と債務整理の違い

違い

任意整理と債務整理の違いについてですが、任意整理も債務整理の中の1つの方法なのでどちらも言ってしまえば債務整理ということになります。その中でも、任意整理は唯一裁判所を介さない債務整理の方法であり、そのハードルの低さゆえに多くの債務者がこの任意整理を利用しています。

借金を整理することを債務整理という

まず債務整理についてですが、これは借金を整理することを指しまたその借金の解決を図るものになります。本来であれば、自分で抱えた借金ならば自分で返済していくのが筋というものですが、様々な要件によってそれができない人は多く存在します。

そういった経済的弱者に対して、債務整理とは国が認める借金の解決方法ということになります。

債務整理の方法の中に任意整理がある

任意整理はそんな債務整理の中の一つの方法で、唯一裁判所を介さない債務整理であり、最も多くの債務者に利用されている方法になります。債務者にとって一番手間のかからない方法でありながら、債権者との話し合いにより利息カットなどを条件に借金の解決が図れます。

もちろん任意整理というくらいですから、この方法に強制力はなく債権者が話し合いに応じなければ成立することはありません。

債務整理の種類と特徴

債務整理

債務整理には、任意整理を含め、個人再生・自己破産など、いくつかの方法があります。それぞれ、借金の金額や債務者の状況によって、適切な債務整理を選択することにより、借金問題の解決を図る必要があります。

任意整理とは

任意整理が有用なケース

任意整理は、裁判所を介さない債務整理なので、債権者が話し合いに応じてくれることが前提になりますが、その分手間がかかりません。また、借金の利息カットが見込めるので、その後の返済において、完済に大きく近づくことになります。

利息カットを引き換えに、債権者より3年以内での完済を求められることになるので、多額の借金よりは、少額の借金に対して、その効力を発揮します。

任意整理では解決できないケース

任意整理で解決できないケースもあり、それは根本的に債権者が話し合いに応じない場合は、話し合いができないので当然解決しません。また、仮に話し合いに進展したとしても3年以内での完済の目途が立たなければ、債権者に不利益しかないので任意整理は成立しないことになります。

さらにこれまで借金の返済をほとんどしていない場合も、当然債権者の信用を失っているので難しいと考えられます。

個人再生とは

個人再生が有用なケース

個人再生は、借金の金額が多ければ多いほど、その恩恵は大きく、借金の大幅な減額が見込めます。また、自己破産のように財産を放棄しなければならないこともないため、借金が多額で財産の放棄もしたくない人にはとても有効な債務整理になります。

個人再生後は最低弁済額に則り返済することになりますが、最大で4/5もの借金の減額となっているためその後の返済が一気に捗ります。

個人再生が向かないケース

個人再生も任意整理同様に3年ないし5年以内での完済を求められるので安定した収入を問われることになり、収入がなければ個人再生は認められません。また、借金金額も5,000万円までの債務者しか利用できないので、5,001万円をこえる債務者は利用することができないことになります。

このように、個人再生が利用できない人は、自動的に自己破産を選択するしか方法はなくなってしまいます。

自己破産とは

自己破産が有用なケース

自己破産は、他の債務整理ができない場合の最後の砦のようなもので、借金をゼロにすることが可能です。収入が不安定であったり、無収入である人、借金金額が5,001万円を超えるような人にとって、非常に有用であるケースが多いです。

それ以外でも早急に借金をゼロにしたい人にとって、自己破産は最強の債務整理といっても過言ではありません。

自己破産が認められないケース

自己破産は、借金がゼロになるというその大きなメリットがある一方で、デメリットも大きい方法です。また、自己破産を認定してもらうには裁判所において免責というものが下りなければなりません。

この免責というのはいわば借金の理由になり、ギャンブルなどは認められにくいという性質を持っています。

任意整理は債務整理の中で件数が最も多い

様々な債務整理があるということを説明しましたが、その中でも任意整理は断然利用件数が多いです。実際に債務整理するにしても、裁判所に出向くという手間が億劫になってしまうものですが、任意整理は裁判所を介さないので、非常に手軽に行えるというのが人気の理由です。

任意整理のメリット

メリット

多くの債務者に利用される任意整理ですが、そのメリットを見てみると、それも納得することができます。手間が少ないながらも、確実に借金の完済に向けて、進んでいくことがわかりますね。

裁判所を通さずに手続きができる

債務整理の中で、唯一裁判所を通さない任意整理は、債務者の手間がほとんどかからないといえます。そのため、金策をつくるのに一杯一杯の債務者にとって、その裁判所へ出向く時間すら惜しいのです。

このような、手軽さこそが多くの債務者に利用されている理由になります。

複数の借り入れ先がある場合任意整理する業者を選べる

債務整理をする際、銀行や消費者金融であれば思い留まることは少ないかと思いますが、それが家族や知人で会った場合は、できれば債務整理に頼りたくないと考えるものです。任意整理では、全ての借金が対象になるわけではなく、その対象の借入先を選べるので、その心配はありません。

もちろん、借入先が話し合いに応じてくれることが前提にはなりますが、非常に扱いやすい債務整理といえます。

利息が減らせる

任意整理を行うにあたり、実際に借金がどれくらい減額できるのかは非常に大事にところになります。借入先が了承してくれることで利息のカットを見込めることがあり、その後の返済が円滑に進んでいきます。

借金の返済において利息は大きなネックになるので、利息がなくなるだけでも債務者には大きなメリットと言えるでしょう。

任意整理のデメリット

デメリット

債務整理する上で、その性質上、非常に有効かつ簡単に行える任意整理ですが、もちろんデメリットもあります。実際に任意整理をするかどうかは、デメリットも鑑みて、熟考する必要がありますね。

以下について、それぞれ解説していきます。

信用情報に事故情報が登録されてしまう

任意整理をすると、もれなく個人信用情報機関に事故情報が記録されることになります。これはいわゆるブラックリストのことで、債務整理をする債務者は債権者にとって良い債務者とは決して言えません。

そのためこのように金融ブラックの状態になってしまい、最低でも5年はローン組みやクレジットカードの作成などが一切できなくなります。

借金を返済していくことに変わりない

任意整理をしても自己破産のように借金がゼロになるわけではないので、借金は残ったままの状態になります。そのため、任意整理によって借金の返済状況が有利になっても、引き続き返済していくことには変わりないことになります。

任意整理は、あくまでも借金返済の手助け程度にしかならないということを頭に入れておきたいですね。

任意整理の流れ

流れ

実際に任意整理を行うとして、どのような順序でどのような内容の手続きがされていくのでしょうか?これから、任意整理をしようとしている人たちの参考になればと思います。

弁護士や司法書士事務所に任意整理を依頼

任意整理を行えるのは、弁護士または司法書士であるので、それらの事務所に任意整理を依頼します。するとまずは無料相談という形になり、専門家から詳しい借金状況に対して、聞き取りが行われます。

その後、実際に専門家との委任契約を締結することで、正式に任意整理を依頼することになります。この際着手金という費用が発生しますが、支払いはその場でも後日でも大丈夫です。

受任通知を送付し取引履歴の開示請求をする

委任契約が締結すると、専門家から対象の債権者に対して、受任通知というものが送付されます。この受任通知を受け取った債権者は、債務者に対しての取り立てが停止となります。

また、同時に債権者に対して、取引履歴の開示請求も行われ、債権者はこの指示に従うことになります。

利息や過払い金の計算・過払い返還金請求

なぜ専門家が債権者に対して、取引履歴の開示を請求するのかというと、法律で定められた利息であるか、また過払い金の発生がないかを確認するためです。専門家のほうで、今一度借金の総額を計算しなおし、正確な借金総額を把握することができます。

また、取引履歴の開示請求に従わない債権者がいれば、推定計算によりその金額を算出することになります。

和解案の送付・交渉

過払い金の請求が落ち着いたところで、いよいよ専門家が債権者に向けて、和解案を計画していきます。債務者はもちろんですが、債権者にとっても有益な和解案でなければいけませんので、債務者は利息カット、債権者は〇年以内での返済という条件になることが多いです。

実際に作成した和解案を債権者に送付し、交渉に入っていきます。

和解契約

債権者との話し合いによって、債権者側が和解案を了承すれば、和解契約を締結することになります。この際は、和解書というものを交わしておくことで、この契約を絶対のものにします。

この和解書は法的効力があるものなので、双方の合意なしにこれを破棄することはできなくなります。

返済開始

任意整理が成立したあとは、債務者は引き続き返済をしていくことになりますが、おそらく債権者より〇年以内の完済というように、完済期限が定められています。そのため、その完済期限までに必ず完済するよう、再度返済計画を改める必要があるかもしれません。

また、債権者も債務者が決められた期限内に完済できるように、見守らなければいけません。

債務整理と任意整理の違いを理解して借金を解決しよう

このように、債務整理と任意整理の違いについて、理解して頂けたかと思います。もっとも、任意整理も債務整理の一つであるので、債務整理における任意整理という解釈が正解になります。

借金問題に不安を覚えている人は、早急に債務整理を行うことで、早期の借金解決が図れます。その際は、債務整理の種類について、理解を深め、自分にとって最善の債務整理を選択するようにしたいですね。