債務整理をすると携帯の機種変更ができなくなる?【購入の仕方に注意】

債務整理は借金の解決において非常に優秀な効力を発揮するものですが、その後の生活において、どのような支障をもたらすのでしょうか?まず債務整理をすることによって、個人信用情報機関において事故記録の登録がされることになるので、ローンなど組むことができなくなります。そうなると、仮に携帯の端末の機種変更をするにしても分割での購入はできないということになります。

今回は、債務整理すると携帯の機種変更ができなくなる可能性、また購入の仕方について詳しく解説していきたいと思います。

債務整理をしても携帯の機種変更はできる?

借金問題を解決する方法として知られる債務整理ですが、債務整理をすることによって様々な弊害が発生します。その中に、生活必需品としてほとんどの人が利用する携帯電話についても影響があることがわかりました。

以下について、それぞれ解説していきます。

事故情報に登録されていても機種変更は可能

債務整理をした場合、その事故情報が信用情報機関に登録されることがあります。そうした場合、最低でも5年はその記録が消えないので、ローン組みやクレジットカードの発行ができなくなる制限がつきます。

しかし、携帯電話の場合は、電気通信事業者協会、通称TCAのブラックリストに載らなければ、携帯電話の契約をそのまま使うことができますし、機種変更をすることも可能になります。

TCAのブラックリストに載る基準については、電話料金の滞納がある場合や債務整理においてその滞納分を対象にしてしまっている場合が、それに当たることになります。

他社への乗り換えも可能

上記に加え、同会社を継続して使うこともできますし、他会社に乗り換えすることも、もちろん可能になります。各携帯会社は、個人信用情報の情報共有をしており、またこの照会は規定により義務付けられています。

そのため、どこかの携帯会社で契約ができるということは、他の携帯会社でも可能ということがわかります。他社への乗り換えであれば、MNPという方法になり、端末代をお得に購入することができますね。

端末を分割で買えなくなる

TCAのブラックリストに登録されなければ、携帯を使い続けることができるだけでなく、端末の購入も可能です。しかし、その際分割で購入することは難しく、分割で購入するということは、ローン扱いになるという背景があるからです。

債務整理した後は、個人信用情報機関にその登録がされることにより、ローン組みはできないことになるので、そのような事実となります。端末代は高いもので10万円を超えるものもあるので、ローンが組めないとなると、中々購入に踏み出すことはできなくなります。

分割払いの審査に通らない

上記で説明したとおり、端末の分割払いは、ローンと同じ扱いになるため、個人信用情報機関に事故記録が登録されている以上、審査に通ることはまずありません。どうしても、端末の分割払いを希望するのであれば、最低でも5年、個人信用情報機関の事故記録が消えるのを待つしか方法はないです。

債務整理は借金の解決において、非常に有効である方法ですが、こういった思わぬところに、その後遺症を残してしまうのです。できれば、債務整理をするような状況になる前に、借金の解決をしていきたいものです。

端末の一括購入は可能

債務整理を行うと、端末の分割購入はできませんが、一括購入は可能になります。簡単に言えばローンを組むか組まないかという違いですが、債務整理をした人にとっては非常に大きな違いになります。

ですが、これをきっかけにできる限り一括で買い物する癖を付けることも、その後の生活においては大切なことかと思います。ローンに頼る買い物をしていてはいつまで経っても借金から抜け出すことはできなくなりますし、目に見えるお金だけを使うこともときには必要です。

債務整理を行うと携帯電話も止められてしまう?

携帯電話

債務整理を行うことによって、携帯電話が止められるなどということは、まずありません。債務整理によって生じる悪影響は、あくまでも端末の分割払いによるローンぐらいのものです。

以下について、それぞれ解説していきます。

債務整理を理由に解約を迫られることもない

携帯会社は確かに、顧客の個人信用情報を閲覧できる権利を有していますが、その内容によって解約を迫るということはないです。債務整理によって借金の解決を図ったという事実だけでは、解約を迫る理由としてはかなり弱いからです。

携帯会社が長期間による滞納によって契約の解除を迫ることはあっても、債務整理した程度ではあり得ません。よって、債務整理をしたことにより、携帯が使えなくなるという心配をする必要はないことが分かります。

通信会社との新規契約に制約はない

各通信会社には、新規契約するに当たり、債務整理をした顧客の契約についての制約はありません。なので、債務整理をした後でも問題なく新規契約ができることになります。

しかし仮に、携帯料金の未払いなどがあれば、TCAの個人信用情報によって、その情報は共有されており、その場合は新規契約は難しい状況です。また、強制解約となれば、一定期間どこの会社とも契約ができなくなるので、注意が必要ですね。

債務整理後の機種変更で注意すること!

注意点

債務整理をしても、携帯の機種変更することができることがわかりましたが、その際注意しなければならないことがあります。それは、返済関係者と連絡が取れなくなる危険や、その後の再生計画において必要な買い物であるかどうかです。

以下について、それぞれ解説していきます。

返済関係者と連絡が取れなくなる

使っている携帯が古く、新しい携帯が欲しいと思うのは仕方のないことです。そうなると機種変更をするのですが、この際に電話番号が変わり債権者等、返済関係者と連絡が取れなくなることは避けたいところです。

できれば番号を据え置いたままの機種変更をするようにし、間違っても債権者と連絡が取れなくなるような事態にはならないようにしたいですね。現行の機種変更であれば、同会社はもちろん、他会社でもMNPという方法があるので、電話番号を変えずに手続きができる方法はあります。

再生計画に則った買い物か?

新しい端末を求めるのは結構なことですが、高額な通信契約によって、再生計画で立てた返済計画が狂いが生じないか、確認したいところです。新しい端末を購入することによりどうしても出費は大きくなり、またそれに伴って通信契約も高額になってしまいがちです。

日常生活に支障がでるほど、現在使用している端末が衰えているのであれば仕方ないですが、そうでない場合は、もう少し生活に余裕が出てきた時に検討するということも考えたいですね。債務整理後は、一日でも早く普通の生活に戻れるように、再生計画に則ったお金の使い方を意識していくようにしたいところです。

携帯の機種変更を分割でしたい場合の対処法

債務整理した後では、機種変更するにも分割払いができないので、一括での支払いが求められます。しかし、端末代は高額ですから中々そのようなお金を捻出することは厳しいことが予想されます。

そんな場合においての対処法としては、以下2パターンになります。

ブラックリストから外れる5年間待つ

まず、端末の分割払いができない理由である、個人信用情報機関の事故登録が消えるのを待つという方法があります。しかし、その期間は5年と決して短いとはいえませんので、実質機種変更を諦めることと変わりはありません。

それでも機種変更をしたいということであれば、分割払いはできないので、安い端末を一括で購入するという方法に切り替えていく必要があります。ブラックリストに登録されてしまっていては、他にどうする手立てもありません。

家族名義で契約し使わせてもらう

根本的に分割払いができないのですから、一括で機種変更をするしか方法はないです。しかし、名義を自分ではなく家族の誰かの名義で契約するという方法をすれば、分割払いでの機種変更も可能になります。

もちろん、その家族の誰かが携帯代を滞納していたりしていないことが前提となります。おそらく、債務整理をした後の機種変更をする方法としては、この方法が一番現実的ではないかと思われます。

債務整理でも携帯電話の機種変更はできる!分割購入ができない点に注意!

このように、債務整理をした場合においても、携帯電話の機種変更することはできるということがわかりました。ただし、その場合端末の分割払いはできず、一括払いのみ可能ということになるので、注意してください。

まず、そこまでして機種変更が本当に必要なのかどうかを、改めて確認することが大切です。衝動的にただ機種変更がしたいということであれば、機種変更によって多額の出費をすることに繋がりますので、再生計画において大きな影響を与えることは免れません。

家族の名義を借りられるのであれば、その方法が賢明ではありますが、その場合決して他人の名義を傷つけないよう注意していかなければならないということを覚えておいてください。