消費者金融の借金が結婚相手にバレたらどうなる?

結婚を間近に控えて、色々不安になることはありますが、仮に消費者金融から借金がある場合、それを隠し続けることは爆弾を持っていることと変わりません。結婚相手からしても、これから生計を共にしていく人が、借金を抱えていて、しかも内緒にしていると知った場合は、最悪の事態を想定してください。

今回は、消費者金融の借金が結婚相手にバレた場合について、詳しく解説していきたいと思います。

消費者金融の借金が結婚をきっかけにバレるパターンは?

パターン

消費者金融の借金が、結婚をきっかけにバレてしまうことがあります。できれば、バレる前にきちんと配偶者に話しておきたいところですが、中々言い出せないという人も少なくありません。ですが、仮にバレてしまうと夫婦関係を壊しかねない事態に発展してしまうことがあります。

消費者金融からの利用明細や督促状を見られてしまう

消費者金融で融資を受けた場合、利用明細書というものが発行されます。この利用明細書は、実際に借金の動きがハッキリと記載されており、これを配偶者に見られると即借金がバレてしまいます。

また、借金を滞納してしまった場合は督促状という形で催促がきますが、自宅に郵送されるので、タイミングが悪ければ、これを見られる可能性もあります。まず督促状については、借金の滞納がなければ、発行されることはないので、きちんと決められた期日内の返済が求められます。

消費者金融が自宅に借金の回収に来る

消費者金融は、借金の滞納があると、督促状を発行して、自宅に郵送しますが、それでも債務者からのアクションがなければ、直接自宅に催促にくる場合があります。こうなってしまうと、来る日も時間もわかりませんので、借金がバレる可能性が非常に高いことになります。

消費者金融としても、きちんと返済している債務者であれば、家族など周囲の人にバレないよう配慮してくれますが、滞納するような債務者に対しては、そのような配慮はしません。

財布にある消費者金融のカードを見られてしまう

消費者金融で融資を受ける際は、ローンカードというカードを使って、専用の機械にて、お金を引き出す場合があります。そのローンカードは、いつでも使えるように財布に入れておくと思いますが、配偶者がたまたま財布の中を見てしまった場合バレてしまう可能性があります。

ローンカードには、消費者金融の名前がしっかりと記載されていることが多く、一目で借金していると連想することができます。なので、このようなバレ方を回避するにはローンカードの保管方法を変えるか、ローンカードを使わない融資方法を選択すべきです。

ローンを組む時に審査にひっかかりバレてしまう

消費者金融における借金は、滞納していても、きちんと返済していても、ローンなどの審査に引っかかる場合があります。そこには総量規制という制度があり、銀行を除く金融機関においては年収の1/3以上の借入はできないとされています。

そのため、借金などもその総量規制の対象となるので、年収から借金を差し引いた分しか、ローン組みはできないことになります。クレジットカードのキャッシング枠も同様で、利用していなくても借金として扱われるので、注意が必要です。

消費者金融で借金をしていてもバレないようにするには?

重要

消費者金融での借金がバレないように、立ち回りたい場合は一体どうすればよいのでしょうか?近年ネット完結という方法を取り入れている消費者金融が多く、それらを利用すれば、バレる可能性は少なくなります。

また、滞納しないことが周囲の人にバレない手段なので確実に返済していけるようにしたいですね。

消費者金融からの書類が自宅に一切届かないようにする

消費者金融によっては、契約書類などを一切自宅に届かないようにすることができます。債権者側も債務者の気持ちがわかりますので、周囲の人への配慮をしてくれます。

借金がバレる原因として、一番多いのが郵便物なので、まずはそのように立ち回ることです。

滞納せずにとにかく早く返済する

いくら、消費者金融が債務者の配慮をしてくれるといっても、それは優良な債務者である場合です。滞納するような債務者に対しては、消費者金融も手段を選びません。

すぐに債務者の自宅に督促状を送付したり、直接自宅に訪問したりするので、滞納だけは避けてください。

大きな買い物を控える

消費者金融の借金返済において、弊害になりうるため、大きな買い物は極力控えるようにしたいです。あまり返済に多くのお金を要していると、配偶者も介入してくる恐れがあります。

できるだけ、大きな買い物は控え、早急な借金の返済に努めていくことが大切です。

結婚前に消費者金融の借金がバレるとはどうなる?

結婚前に相手に借金がバレてしまうと、最悪結婚がなくなってしまうだけでなく、破局してしまうことになります。この場合借金があるという事実よりも、借金を隠していた事実のほうが、相手にとってはダメージが大きいようです。

以下について、それぞれ解説していきます。

結婚が延期や破談になる

せっかく、結婚の日程などを決めていたとしても、借金があることがバレてしまっては、全てが水の泡になりかねません。相手にとってもショックは大きいですが、自分も相当なダメージを受けることになります。

それほど、借金の事実を隠し続けることは、罪であり、大きな問題ということです。

破談の慰謝料や披露宴のキャンセル料を支払うことに

上記に付随して、婚約しているということですから、破談の慰謝料はもちろん発生します。また、結婚の披露宴などのキャンセル料も発生することになりますが、この場合借金の事実を隠していた人が全額支払うことになります。

ただでさえ、消費者金融の借金で手一杯であるにも関わらず、さらに費用がかさんでしまうことになり、借金が膨れ上がってしまうことになります。

結婚後に消費者金融の借金にバレるとどうなる?

結婚に関わる

結婚後に消費者金融の借金をした場合は、結婚前とは違い、その借金は夫婦間のものになります。そのため、バレた場合の処理は、結婚前のケースよりも、面倒になってしまいます。

借金は二人のものになるため問題になるのは逃れられない

結婚前であれば、その借金は個人のものでしたが、結婚後となれば、それは夫婦間のものになります。そのため、借金が夫婦間の大きな問題になることは避けられません。

まず配偶者からすれば、話し合いもなしに勝手に借金したことに対して、相当な憤りを感じるはずです。

結婚相手だけではなく身内全体にバレてしまうことも

この問題は、夫婦間だけに留まらず、相手の親など、身内全体に浸透していくことになりかねません。そうなってしまうと、立場がなくなり、結婚生活の継続が困難になってしまう恐れがあります。

また、相手の身内から、強く責められることも覚悟する必要があります。

最悪の場合破談や離婚のケースもある

正直なところ、借金をしていた、隠していたという問題で、離婚になる可能性は充分にあります。ただ、裁判離婚においては、借金の有無だけでは離婚することはできませんが、協議離婚であれば、借金は正当な離婚理由になります。

そこは、夫婦間での話し合い一つですが、借金を隠していたという問題は、これほどまでに大きいということを認識しておく必要があります。

消費者金融の借金は結婚前に解決するのが一番

30台既婚女性の借金

消費者金融から借金をした場合は、できれば結婚前に解決しておくことが重要ということがわかりました。

また、本当ならば素直に相手に話しておくことが大事に至らないのですが、どうしても隠し続けたまま完済したいというのであれば仕方ありません。

弁護士・司法書士事務所で相談にのってもらおう

結婚前に借金の解決の目途が立たなそうであれば、弁護士や司法書士など、専門家に相談してみることです。専門家ならではの目線で、的確なアドバイスがもらえることができるので、借金解決が一気に捗ります。

また、債務整理という方法も検討しているのであれば、まさに専門家に相談するべきです。相談は初回は無料なので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

親に相談できるならお金を借りて一括で返済しよう

一気に借金の解決を図るのであれば、親に相談してお金を借りて、一気に返済してしまうという方法もあります。借金自体はなくなりませんが、借入先が消費者金融から親に変わることで、借金がバレる心配が低くなります。

おそらく、借金の解決法としては一番優秀である方法だと思います。もちろん、親がそれを了承してくれて、一時的に肩代わりしてくれるお金があればの話になります。

消費者金融の借金で結婚が台無しにならないように

消費者金融の借金で、結婚が台無しにならないよう、隠し続けるのであれば、細心の注意を払う必要があります。思わぬところで、借金はバレてしまうものなので、常に緊張感を持って、返済しなければなりません。

ですが、隠さなければいけない理由がないのであれば、正直に相手に話すということも1つの手です。借金がバレて最悪の事態に発展するよりは、事前に話しておくことで、少しでも理解してもらうことの方が大切です。