地方公務員なのに生活が苦しいのはなぜ?もっと楽に暮らすには?

安定した収入というイメージがある地方公務員ですが、その収入の実態については不満が多くあるのも事実です。公務員という職種は、他の一般企業と比べ基本給が低く設定されており、それに各種手当で加算していくことになります。しかしまだ若い内であれば、基本給が低い事が響いて収入がかなり低くなり、結果として生活に困窮する人も少なくありません。

この記事では地方公務員なのに生活が苦しい理由、もっと裕福な暮らしをするためにはどうしたら良いのかについて詳しく解説していきたいと思います。

地方公務員の平均年収535.7万円!

1000万円

公務員は、国家公務員と地方公務員に大きく分類され、地方公務員は主に都道府県や市区町村が管轄する組織の公務員になります。そんな地方公務員の平均年収は535.7万円となっており、国家公務員の平均年収は686万円ですので、100万円以上の格差が生じています。

若いころは一般企業よりも年収が低くなることも

公務員は基本給が安く、各種手当が付くことで年収が増えていくので、年次が上がるにつれて出世し少しずつ年収を上げていくしかありません。なので、若いうちは一般企業よりも年収が低くなるのは当たり前にあることです。

長い期間勤めて少しずつ年収が上がっていくのが一般的な公務員の姿ですので、じっくり耐えることが求められるのです。

給与は低いが安定して収入が得られる

公務員は民間企業と同じく年齢が若ければ若いほど給与は低いのですが、毎月安定した収入を得られることができます。また公務員にはボーナスがきっちり支給されますが、他の民間企業ではボーナスのない企業もあるわけですから、そこは公務員ならではの強みであります。

高収入だが不安定な場合と低収入だが収入が安定な場合のどちらが良いと思うかはその人次第ですが、後者であれば最低限の生活に困ることはなさそうですね。

業績によるリストラがない

企業に勤めていて、不安になるものとしては、業績が振るわずリストラされることです。もしリストラされれば、収入がなくなり、生活していくことに困ってしまうことになります。しかし地方公務員であればリストラの心配は全くする必要がありません。

定年後の再雇用の選択肢が広い

昨今、年金の受給年齢の引き上げや老後の生活不安により、高齢者の労働者が増加傾向にあります。そんな時代においても、公務員であれば定年後の再雇用にも強く、また選択肢も広いので働き口を探す必要がありません。

このように、定年後までも面倒をみてくれる地方公務員は非常に手厚い待遇であることがわかります。

地方公務員の生活が苦しいのか?ネット上の反応は?

全然問題ないという声

勤続年数8年だけど、やっと手取り15万いったよ。1年目は11万だった。働いても働いても生活が苦しくて辛かったから、15万でも満足してる。

地方公務員の生活についてのネット上の反応について、全然問題ないという声は、かなり少数派でありました。しかも、全然問題ないという声の人は、勤続8年目にして、4万円ほどの昇給に終わり、半ば諦めにも似た声であり、心から全然問題ないという意であるのかは不明なところです。

このように、地方公務員の全然問題ないと思っている人はそれなりに年齢を重ねた管理職ぐらいのもので、若年者のほとんどは不満しかないという印象でした。

生活が苦しいという声

今の生活何も楽しくないです。

地方公務員の給料これ以上減らされたらまじで生活出来ねえんだよ

ネット上では上記のような声が多く、決して地方公務員の生活に対して満足しているといった声はほとんど聞かれませんでした。

また、収入が低すぎて結婚すらまともにできないという声も多く、将来的な生活に不安を覚える人が圧倒的に多い印象です。確かに安定した収入を得られる地方公務員ですが、その収入の絶対値が低いと生活において満足できないと感じるのは当然のことかもしれません。

なぜ地方公務員なのに生活が苦しいのか

若年者であればあるほど、その収入は一般企業よりも低い傾向にあることがわかりましたが、なぜそこまで生活に困窮するのでしょうか?最低限の生活を意識すれば、そこまで生活が苦しくなるとは思えないのですが、そこには様々な要件が絡んでいました。

手取りが少ない

地方公務員は、一般企業と違い給与における控除も少し仕様が変わってきます。

健康保険や年金は共済掛金というものになり、他には互助会費や職員組合費などが控除対象となります。他には所得税や住民税といった税金も控除となり結果的に4~5万円もの控除となるので、手取りが大きく減ることになります。

ローンが組みやすく家や車を買ってしまう

地方公務員は一般企業とは違い都道府県や市区町村が親組織となるので、社会的信用も非常に高いです。なので仮に収入が少なくても安定した収入が見込めますし、倒産などの心配もありませんのでローンなどは簡単に組めてしまいます。

家や車などの高額な買い物をしやすくなるので、つい購入してしまい毎月の生活を圧迫してしまう場合もあります。

安定した職業のため早く結婚して生活費がかかってしまう

男女問わず、公務員という職業は結婚相手に求める職種として非常に人気の高いものになります。そのため婚期も比較的早い傾向にあるものの、若い内は収入が伴っていないことから多額の生活費が発生することで生活が苦しくなってしまうのです。

現代においては、高収入の次に安定した収入を持つ人がモテるという社会になっていますので、当然結婚のチャンスは多くあります。

生活を楽にするには副収入の小遣いを増やそう

小遣い

メインの収入だけでは、生活が苦しいと思うのであれば、当然副業を考えることになります。近年副業がブームとなっており、副収入を得る人はそう珍しいものではありません。

フリマで不用品売買

簡単にお金を得ることといえば、現在使っていない不用品を売買することです。わざわざ店に出向かなくても、ネットで簡単に売買することができ自分である程度の価格設定ができるのも人気の理由です。

商品の写真を撮りネット上にアップして購入者を募り売買するだけなので、手間もそれほど掛かりませんから誰でもできますね。また、不用品を処分することで無駄に財産を所有することがないので、効率よくお金を回していけます。

アフィリエイトサイトで収入

アフィリエイトとは、商品の宣伝をすることで実際に購入に繋がった場合、その会社から報酬を得るという方法です。多くは、自分のサイトまたはブログにおいて、商品の広告を掲示し、それを不特定多数の人に発信します。

本人が仕事している間や寝ている間にも、その宣伝によって実売が行われている場合があります。いわゆる不労所得とも呼ばれますが、近年非常に人気の高い副業でもあります。

空き時間で個人講師

副業で稼ぐというのは、言葉では簡単ですが、実際相当な労力を使うことになります。そんな人には、空き時間で個人講師という副業もあります。

いわゆる家庭教師のようなもので、今の時代でいえばネットでできるものが多く、ネット環境さえあれば簡単に始めることができます。

ただし、コミュニケーション能力が一定以上のレベル求められるので、人と話すことに抵抗がない人でなければ不向きではあります。

Webライティング

自宅で細々とできる副業であれば、webライティングという方法があります。簡単にいうと、企業のサイトに掲載する記事や各広告における記事を作成するというものです。

簡単なライティング力があれば、誰でもできる仕事なので、文章を書く力がある人にはとても人気である副業になります。実績を積んでいけば、報酬単価が上がっていくので、メインの収入を超える可能性すらあります。

賃貸など不動産投資

地方公務員は厳格に副業に対する規定があり、禁止されている副業をしてしまうと最悪懲戒免職となってしまうことがあります。しかし賃貸や不動産投資においては、一定規模であれば副業を認められているので安心できますね。

また、扱う金額も多いので、苦しい生活から一気に抜け出せる可能性も高いです。賃貸や不動産投資を副業としてやる際には、ある程度制限があるので、それを超えないよう調整していくことが必要になります。

副収入を得る以外の解決策は?

解決策

地方公務員ですから、そう簡単に副業はできず、副業するにしても多くの制約が付いてきます。そのため、できれば副収入を得る以外に解決策を見出していきたいところですね。

年収が上がるまで生活を質素に

地方公務員は、若年であればあるほど、その収入は低いので、若いうちは質素な生活を心掛けることが必要です。図らずとも、年齢が上がれば上がるほど、収入も上がっていくので、収入に見合った生活をしていくことが求められます。

それでも、若いうちは物欲が高く、いろんな誘惑もあるかと思いますが、それに負けてしまっては、苦しい生活を強いられることになります。なので出来る限り、節制し切り詰めて、自由なお金を捻出していくようにしたいですね。

不必要な支出がないか家計をチェック

収入が上がる望みがなければ、支出を切り詰めていくしかありません。今一度、支出をチェックし、不必要な支出がないか、確認してみることです。

意外と不必要な支出というものはあるので、これだけでも自由に使えるお金がある程度捻出できるかと思います。また、若いうちに節制する癖を付けておけば、将来的に収入が上がった際も、より多くのお金を捻出することができます。

ローンがある場合は低金利のローンに借り換えを検討する

収入が少ないながらも、物欲に負けて、高額な買い物をローンでしてしまった場合、できる限り低金利のローンに借り換えするよう検討します。

ローンは結局、金利からくるものが大きく、金利が高ければ、その分生活が圧迫されることに繋がります。

地方公務員なので、審査のハードルもそこまで高くありませんし、できるならやっておきたいですね。

結婚している場合は共働きを検討する

結婚している場合であれば、無理にどちらかを家庭に専業させるのではなく、共働きをするようにしたいです。

収入が上がって、生活に余裕ができたときに、どちらかを家庭に専業させればよいのです。

現状の生活においては、そんな余裕もないのですから、稼げるときに稼いでおくことが最良の方法といえますね。

どうしてもお金が足りなくなったら借金という手も

贅沢品を買わずとも、地方公務員はその低収入により、生活が困窮しやすいです。なので、場合によっては借金をするという選択肢も、間違ってはいないと思います。

以下について、それぞれ解説していきます。

公務員は借りやすい?

銀行や消費者金融から借りる際、債務者に対してどのような点を注力するのでしょうか?それは、債務者の返済能力と債務者の勤務先になります。

地方公務員であれば、年齢が若く低収入であっても、非常に信用が高く、審査に通りやすい特徴があります。そこには、リストラによる無職になる心配がないことや、ボーナスがしっかり支給されるという部分も大きいのです。

銀行から借りた場合の利息

銀行から融資を受ける際の利息は、消費者金融よりも圧倒的に低金利です。そのため、銀行の審査に通るのであれば、消費者金融よりも銀行での融資を検討したいところです。

一般的には、銀行の審査は厳しいとされていますが、地方公務員であれば、その信用のアドバンテージは高いです。

消費者金融から借りた場合の利息

消費者金融から融資を受ける際の利息は、銀行よりも高く、おすすめはできません。ただし、大手消費者金融であれば、初回に限り無利息サービスというものがあるので、一概にはいえません。

しかし、総合的にみれば、銀行での審査に落ちた場合の保険で考えた方が良いかもしれません。

地方公務員なのに生活が苦しいのはつらい

一般企業と違い、地方公務員は都道府県や市区町村が大元なので、安定した職種であることは間違いありません。しかし、問題となるのは、その収入の低さにあり、若年者であれば、他の一般企業の方が収入が高いなんてことも当たり前にあります。

地方公務員なのに、生活に困窮するなど、あってはならないことですが、現状の日本という国においては、これが現実なのです。それでも、他の一般企業よりも、地方公務員が人気であることは間違いなく、それは安定した収入という大きな武器があるからこそです。