後悔のない債務整理を!その為に知っておくべき事とは?

債務整理は、借金に悩む債務者にとって、非常に大きな利益をもたらしてくれます。しかし、良いことばかりに目を向けていると、足元をすくわれることになりかねません。

今回は、後悔のない債務整理をするために、知っておくべきことについて、詳しく解説していきたいと思います。

Table of Contents

債務整理で後悔しないためにはデメリットの把握を!

債務整理は、借金問題に悩む債務者において、非常に有効的な手段として、広く認知されています。しかし、そんな債務整理も債務者にとって、良いことばかりではありません。

それぞれの債務整理には、デメリットが存在しており、その性質を深く理解していなければ、後悔することになります。このように、デメリットを深く理解した上で、それぞれの債務整理の持つ大きなメリットを享受していきたいものですね。

債務整理の後悔させられるデメリットとは?

デメリット

債務整理を検討する際は、どうしてもメリットにばかり目を奪われがちですが、デメリットにも目を向ける必要があります。

そうしておかないと、債務整理をすることになっても、後悔させられてしまいます。

以下について、それぞれ解説していきます。

債務整理によってブラックリストに入ってしまう

債務整理をすることによって、個人情報機関に事故記録の登録がされ、一定期間ローン組みなどができなくなります。

いわゆるブラックリスト入りというもので、債権者からすると、債務整理に頼るような債務者は悪質であると判断されます。

そのため、ブラックリストに登録し、他の業者にその情報を共有することで、新たな借り入れをできなくします。

ブラックリストって?

ブラックリストとは、個人情報機関において事故記録を有する債務者のリストです。

他の業者もブラックリストの情報は共有できるので、融資の際の審査に使われることになります。

基本的に、ブラックリストに載っている債務者に、融資をする業者はあまりいません。

ブラックリストに入るとどうなるの?

ブラックリストに入ることで、他の業者から、問題のある債務者として認知されることになります。

そのため、大手と呼ばれる業者からの借り入れはまず無理です。

一部中小の業者などであれば、融資してくれるところもあります。

各種ローンの審査に落ちやすくなる

ローン審査は、信用が一番重要視されるので、ブラックリストに載るような人は、まず審査をパスすることは難しいです。

そのため、様々なローンが通らなくなり、大きな買い物においては一括での支払いしかできなくなります。

どうしてもローンを組みたいのであれば、ブラックリストから外れるのをひたすら待つしかないです。

クレジットカードが作りづらくなる

ローンの審査が通らないのですから、当然クレジットカードの発行も不可能です。

特にクレジットカードは、買い物の決済をカードでするショッピング枠、ATMでお金を借り入れるキャッシング枠とありますが、どちらもブラックリストに載っている人に利用させるのはリスクが高すぎます。

携帯電話の契約がしにくくなる

ブラックリスト入りは、携帯電話にまで影響することになります。

ここでいう携帯電話の契約とは、ずばり端末の分賦払いのことです。

分賦払いは、結局ローン扱いとなるので、著しく信用を落としている状態では難しいです。

債務の保証人に迷惑がかかってしまう

債権者との貸借契約を交わした際に、保証人を立てている場合は、その保証人に迷惑をかけてしまいます。

なぜなら、債務整理をしたことによって、譲歩した金額の請求が保証人にいく可能性があるからです。

そのため、保証人がいる場合は、一言保証人に声を掛けておくことで、その後のトラブルを防ぐことができます。

種類によっては、官報に名前が載ってしまう

債務整理の中でも自己破産をした場合は、国が発行する官報というものに、名前と住所が載ってしまいます。

この官報は、一般的には公開されていないものですが、入手方法は非常に簡単で、読もうと思えば、誰でも読むことができます。

そのため、可能性は低いですが、知り合いに自己破産の事実が知られる危険があります。

2度目以降の債務整理に制限がついてしまう

債務整理は何度でもできますが、回数を重ねれば重ねるほど、そのハードルは高くなります。

特に、債権者相手の任意整理や個人再生は、同じ相手になることはないですが、自己破産は裁判所が相手になります。

印象としては良くないですし、二回目以降であれば、かなり詰められるのは必至です。

任意整理をした場合

任意整理は、債権者と直接交渉し、その後の返済計画を見直すものです。

そのため、場合によっては債権者に不利な条件を飲まされたり、話し合いに応じてくれないなどのケースがあります。

こうならないように、前もって専門家を立てることが必要です。

特別調停をした場合

ほとんどの手続きを債務者本人で行う特別調停は、自分で行う分、かかる費用は抑えることができます。

しかし、その手間は非常に煩わしく、また自分で行うため、きちんとした手続きを踏めるかは定かではありません。

費用対効果を考えると、おとなしく専門家に依頼したほうがマシかもしれません。

個人再生をした場合

大幅な借金の減額が見込めるのですが、それなりの借金額がなければ、その恩恵はあまりありません。

また、裁判所を通す手続きが必要なので、出廷しなければいけない手間がかかります。

都内であれば、個人再生をするためのテストがあり、非常に面倒くさいです。

自己破産をした場合

債務整理の中でも、そのデメリットの大きさは一番です。

自己破産することによって、最低限生活に必要な財産以外は放棄の対象となり、自己破産後、一部の職業と資格に制限がつきます。

また、官報に名前と住所が載ることで、知り合いに自己破産の事実が公になる可能性があります。

債務整理自体が失敗して後悔することも!そのリスクとは?

リスク

債務整理のデメリットについて触れましたが、元より債務整理自体が失敗するケースもあります。債務整理が失敗することによって、債務者はまた元の生活に逆戻りすることになり、激しく後悔することになります。

債務整理中に弁護士が辞任してしまう場合がある

債務整理を行う際に、万全を期して専門家を雇っている場合でも、場合によっては専門家が辞任してしまうことがあります。その理由としては、債務者の状況が悪く、債務整理の成功が望めない場合などが挙げられます。

そのため、債務整理中という理由で債権者からの督促をストップさせていましたが、専門家の辞任により再び督促が始まることになります。債権者も、一度債務整理を検討した債務者という認識が残るので、以前よりも督促は強くなるかもしれません。

債権者との交渉に失敗する場合がある

任意整理や個人再生は、裁判所ではなく債権者次第という部分が大きいです。そのため、債権者が承認しなければ、債務整理の実行はできなく、事実上失敗に終わることがあります。

この交渉を盤石にするためにも、専門家の力は必要なのです。しかし実際、専門家の力を持ってしても、債権者によっては、頑なに拒否されることもあります。

手続きをしても債務が免責されない場合がある

自己破産においては、債権者の意思は関係なく、裁判所の判断に委ねられます。その際、免責というものが重要になり、いわゆる借金に至った理由です。

特にギャンブルなどは、免責不許可事由に該当するので、免責が下りない可能性が高いです。つまり免責が下りなければ、自己破産することはできません。

虚偽の申告をするとそれが見つかってしまう場合がある

債務者の申告は、自己申告によるものが多く、だからといって虚偽の申告をすることは、自分の首を絞めることになります。仮に、資産隠しなどが見つかった場合は、裁判所から許可が下りることはありません。

確かに、財産を隠したくなる気持ちはわかりますが、実際にそれをやってしまうと、不利に働くことしかないです。なので申告する際は、ありのまま正直に申告するようにしてください。

債務整理をするメリット

メリット

これまで、デメリットにばかり触れてきましたので、メリットについても、少しだけ触れてみたいと思います。まず前提として、自己破産以外は、返済能力があるのかが重要となります。

それを踏まえた上で、任意整理や個人再生、そして自己破産のメリットについてそれぞれ解説していきます。

任意整理のメリット

裁判所を通さない唯一の方法であり、その手軽さが大きなメリットとして挙げられます。

また、任意整理することによって、債権者より利息カットという恩恵をもらうことができ、その後の返済が一気に楽になります。

これらのメリットから、任意整理は債務整理の中でも、最も利用されている方法なのです。

自己破産のメリット

なんといっても借金がチャラになるということが大きなメリットです。

対象となる借金に上限はないので、仮に10億の借金があったとしても、自己破産によってゼロになります。

所有する財産を放棄しなければならないですが、生活に使用する財産は守ることができるのも嬉しいですね。

個人再生のメリット

個人再生では、自己破産のように、所有する財産の放棄というデメリットがありません。

また最低弁済額というものがあり、債務者はそれを基に返済していくことになり、最大で4/5もの借金の減額ができます。

借金が多ければ多いほど、減額となる金額は大きくなり、所有する財産を守りたい債務者にとっては、利用しやすい債務整理になります。

後悔しない債務整理をするためには?

債務整理

債務整理は、どうせ実行するのであれば、失敗せずに円滑に行いたいと思うものです。

少しでも成功率を上げるためには、専門家の力を借りることが望ましいです。

以下について、それぞれ解説していきます。

自分だけで判断せず専門家に相談する

債務整理の成功率を上げるためには、自分だけで判断するより、専門家に相談することが必要です。

確かに費用は掛かってしまいますが、債務整理の失敗リスクを考えれば、費用をケチっている場合ではありません。

相談も早めにすることで、僅かでも成功率に直結してくるので、すぐにアクションを起こしたいですね。

東京ロータス法律事務所

東京都台東区を拠点とする同事務所は、数ある業務の中でも、特に債務整理に力を入れています。

この業界では有名な事務所であり、多くの債務整理の件数をこなしています。

そのため、豊富な実績と確かなアドバイスで、債務者の中でも非常に評判が高いです。

東京ミネルヴァ法律事務所

この事務所は東京を拠点としながら、全国に無料出張しているため、多くの解決実績を誇っています。

また、職場や家族にバレたくないという債務者心理を理解してくれているので、周囲にバレることなく解決が図れます。

着手金が無料であるので、費用を少しでも抑えたいという人におすすめしたい事務所となっています。

アヴァンス法律事務所

債務整理の中でも、任意整理を非常に得意としている同事務所は、費用面も他社と比べて優しいです。

また、同事務所では、消費者金融で働いていたスタッフを多く抱えているので、裏事情に詳しく債務整理の際に有利に働きます。

闇金案件にも非常に強く、豊富な実績があるので、それが交渉の強さに比例してのかもしれませんね。

司法書士法人みつ葉グループ

弁護士事務所ではなく、司法書士事務所ということは、弁護士事務所と比べて、そのかかる費用が安いのが特徴です。また、グループの規模もそれなりに大きいので、債務整理専門のグループが存在します。

同事務所の代表の人は、著書も何冊か発行している有名人のようです。

ウィズユー司法書士事務所

同事務所は、闇金対応を専門とした司法書士事務所になります。全国でも有数の相談実績を誇り、まさに闇金案件のエキスパートというべき存在です。

全て女性スタッフという女性専用窓口もあるので、女性でも安心して借金問題の相談ができますね。

債務整理で後悔しないためにはデメリットを事前にしっかりと把握しよう

このように、債務整理には当然メリットがありますが、その分デメリットがあることを忘れないようにしたいですね。事前にデメリットを理解しておくことは、債務整理で後悔しないことに繋がります。

また、どの債務整理を利用するのか、自分一人で決めるのではなく、できれば専門家に相談を乞うということも大切です。どうせやるからには、成功させたいと思うもので、費用と時間を無駄にしないためにも、事前に理解を深めておくことが求められます。