債務整理するとクレジットカードを作れなくなる?【債務整理のデメリットを紹介します】

債務整理をすると、デメリットの一つとしてクレジットカードが持てなくなるって知っていましたか?

今回は債務整理のデメリットについて詳しく解説していきます。あわせて債務整理後にカードを取得する方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

債務整理後は5〜10年クレジットカードが作れない

債務整理をすれば、苦しい返済の負担を確実に減らすことができますが、デメリットもあります。その一つが、クレジットカードに関する問題。債務整理をすると、クレジットカードが長期間使えなくなるって知っていましたか?

債務整理のデメリットとして知られる、クレジットカードに関する諸問題をご紹介していきましょう。

持っているクレジットカードは停止となる

債務整理とは、返済が滞っている借金を根本から解決する手続きのこと。そもそもクレジットカードが多額の借金の原因を作っている面もあることから、任意整理の場合を除いて、債務整理をすると手持ちのクレジットカードが全て利用停止になり、使えなくなります。

任意整理の場合は交渉の際に弁護士などに頼んで、公共料金の支払いに使っているなどの必要なクレジットカードを対象外にしておけば、最低限のカードを残すこともできます。ただしカード会社は更新や途上与信で個人の信用情報をチェックするため、任意整理したことが発覚して、強制的に解約されてしまう可能性があります。

信用情報機関に事故情報として登録される

任意整理をはじめとする債務整理をすると、信用情報機関に金融事故を起こしたという記録が残ります。債務整理をするということは、借金を返済できなかったことを証明するもの。一旦は債務整理で解決できても、再び同様の事故を起こす可能性があるため、情報登録されることは仕方がありません。

信用情報機関に登録される個人情報は、新たなクレジットカードを取得する審査の際に人格評価をする重要なベースです。個人情報に債務整理をした記録が登録されてしまうと、金融機関からは返済能力や信用能力が疑われて、新規のカード取得ができなくなります。

事故情報が登録される5年間は審査が通らなくなる

金融事故を起こしたという情報は、債務整理の手続きが完了した段階で個人信用機関に登録されますが、登録された情報は最低でも5年間消えません。つまりその間はクレジットカードを新規取得する審査に通らなくなり、長期間カードが持てなくなってしまうということです。

ちなみに債務整理の場合は、債権者と金利などの見直しに合意した段階で事故情報が登録されることが多いものの、債務整理後の返済が終わった段階で登録されるケースもあります。例えば返済に5年かかった場合は、そこからさらに事故記録がつくので、最大10年間もカードが持てなくなるかもしれません。

その他の債務整理のデメリット

債務整理のデメリットは、クレジットカードに関することばかりではありません。債務整理をしたことでもたらされる、そのほかの問題もご紹介していきましょう。

債務整理に安易に飛びつくのは好ましくありません。メリット・デメリットを秤にかけて、自分にあったものを選ぶことが大事ですよ。

新たに借金ができなくなる

税金滞納

債務整理をすると金融事故を起こした記録が個人信用機関に登録され、クレジットカードの審査に通らなくなりますが、これは住宅ローンやカーローン、教育ローンも同じです。カード以外の融資や借金も、金融機関の審査は全て信用情報機関の個人情報を参考にします。

住宅や車などは、生活するのに必要不可欠なもの。価格が高いためローンを組んで購入するのが一般的ですが、債務整理をすると長期間ローン組みができなくなり、生活に支障が出る可能性があります。

教育資金は子供の将来を左右する大事なお金ですが、債務整理は自分だけでなく、家族の生活や将来を左右するかもしれません。

保証人になれない場合がある

債務整理をすると、家族や知人などの借金の保証人になれない可能性があります。なぜなら金融機関はローン組みなどの借金の審査をする際、申込者だけでなく保証人も審査するから。

保証人は借主本人が返済不能に陥った時に、返済の肩代わりをするのが役割です。債務整理による事故記録がついていて、返済能力が疑われている人は保証人としては認められません。

ちなみに、アパートを借りる際の保証人にはなれます。ただし家賃を連帯保証人付きのクレジットカードで支払う場合は、同様に事故記録があることで審査に通らないため、保証人にはなれないと考えた方がいいでしょう。

就職できる仕事に制限がある

債務整理の中でも最終手段が自己破産ですが、自己破産をすると、一部職業の制限を受けます。破産者が就けないのは弁護士や司法書士などのいわゆる「士業」や、保険の外交員や警備員、風俗営業者や宅地建物取引業者など、法令で破産している人の就業を禁じている業種です。

といっても、一生に渡って職業制限を受けるというわけではありません。一部の職業に就業できないのは、自己破産の決定から免責を受けるまでの期間に限られます。

ですがすでにこういった仕事に就いている場合は、一旦職を辞する必要がありますし、大学生の場合は希望の会社に就職できなくなってしまうかもしれません。

官報に名前が掲載される

債務整理の中でも自己破産や個人再生など、裁判所にかかわる手続きをした場合は官報公告の対象になります。要は債務整理した事実が官報に掲載され、名前や住所などが全国に公表されてしまうということ。自分の財政状況が他人に知られてしまうのは、あまり良い気持ちがしませんよね。

一般の人が国の広報誌である官報を目にすることはあまりないかもしれませんが、業界や企業によっては、取引先の信用確認のために厳しくチェックをしているもの。破産したことが原因で解雇されることはなくても、借金に困っていることが周りにばれると、仕事や人物評価の信頼度が低下してしまいます。

債務整理後にクレジットカードを作りたい場合

債務整理後に、失ったクレジットカードを改めて持つにはどうすればいいのでしょうか?

現代の生活では、キャッシュレス決済や公共料金の支払いなどにクレジットカードは必要不可欠。できるものなら1枚は持っておきたいのが本音でしょう。

債務整理後にクレジットカードを取得する場合は、次の方法を試してみてください。

5年~10年の期間を待って申し込む

債務整理のデメリットで失ったクレジットカードを改めて取得するのにおすすめなのは、5~10年待って、金融事故の情報が消えてから申し込みをすること。時間がかかってしまいますが、実はこれが一番の早道です。

信用情報機関に登録された情報は、永遠ではありません。はっきりと断言はできないものの、一般的に登録されてから5年以上たてば、事故情報は消えると言われています。

ただし事故情報を登録する起算日などは、債務整理の方法や信用情報機関によっても違うもの。心配な場合は、一度自分の信用情報を開示請求をして、確認しておくといいでしょう。

過去に取引したことがない会社に申し込んでみる

債務整理後に改めてクレジットカードを取得しなおすなら、今まで申し込んだことのない、新しいカード会社に申し込みをしましょう。一般的に、債務整理で停止になった会社に申し込むのはNGだと言われています。

これは信用情報機関の事故記録とは別に、カード会社独自のデータベースに事故記録が残っている可能性があるから。一度債務整理をして返済能力を疑われてしまうと、二度とカードを発行してもらえない可能性は高いんです。

こういった会社独自のデータベースは関連企業とも共有しているため、申し込み前にカード会社の資本や沿革などもチェックしておくと安心です。

家族に「家族カード」を作ってもらう

債務整理が原因でクレジットカードの審査に通らない場合は、家族の誰かにクレジットカードを持ってもらい、追加カードや家族カードの形で自分の分も発行してもらうという選択肢もあります。もちろんこの場合は、クレジットカードを取得する家族自身が債務整理の経歴を持っていないことが大前提ですよ。

いわゆる「家族カード」とは、同じ口座から引き落とすことを前提に、生計を共にする家族用に追加発行してもらえるクレジットカードのこと。家族会員の審査はないため、事故記録がついている人でもカードが持てます。

ただし利用限度額は本会員の限度額以内に限られますし、家族仲がよくないと取得は難しいかもしれません。

消費者金融系のクレジットカードに申し込む

債務整理後にクレジットカードを取得しなおす場合は、比較的審査が緩いカード会社を選ぶ必要があります。中でもおすすめなのは、消費者金融系のクレジットカード。

一般的にクレジットカードの審査が一番厳しいのは、銀行系。次に信販系が続いて流通系、最後に消費者金融系の順でカード審査に通りやすくなると言われています。大手消費者金融のカードは取得しやすい傾向があるため、それぞれのカード会社が公表している申し込み条件を一度チェックしてみるといいでしょう。

ただしクレジットカードは借金の原因を作るものでもあります。カード取得ができたら再び債務整理をしなくても済むよう、計画的に利用してくださいね。

債務整理後のクレジットカード作成時にやってはいけないこと

違法

債務整理をした後でも申し込みはできますが、カード作成時にやってはいけない注意点も理解しておきましょう。

事故情報が消えたらすぐにでも申し込みをしたいという気持ちはわかりますが、無理は好ましくありません。ゴリ押しすることで、さらに審査が通りにくくなるリスクもあるんです。

複数のクレジットカードの申し込みをする

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という言葉はありますが、債務整理後にクレジットカードを取得しなおす際に、一度に複数のカード申し込みをするのは好ましくありません。

実は、カードの申し込みも信用情報機関に登録されます。多重申し込みは「他社でも審査に通らない人物」とか、「貸し倒して逃げるのが目的」などを疑われるもと。余計に審査に通らなくなってしまいます。

一般的に、3件以上の申し込み履歴があると多重申し込みとみなし、審査に落とすというカード会社が多いです。審査落ちも審査に通りにくくなる原因なので、確実な1社に絞りましょう。

審査落ちの理由を問い合わせる

債務整理後にクレジットカードを申し込み、審査に落ちてしまうと理由が気になりますが、審査落ちの理由をカード会社に問い合わせるのはやめましょう。ユーザーからの電話がつながる、コールセンターの担当者が知っているはずがありません。

しつこい客が嫌われるのは、どの業界でも同じこと。「審査落ちは納得できない!」とか、「情報を開示してほしい!」と粘っていると避けるべきクレーマーとみなされて、社内のデータベースのブラックリストに載ってしまうかもしれません。

悪い印象が残ると絶対に審査に通らないため、カード会社への問い合わせは控えましょう。

債務整理後はクレジットカードを作らない方が良い

帳消しになる

債務整理をしてもクレジットカードを改めて取得することはできますが、クレジットカードを持たないことも考えてみるべき。あえてカードを持たないメリットも知っておきましょう。

クレジットカードを持たないことで、生活の立て直しがしやすくなるかもしれませんよ。

借金に頼る生活を見直せる

債務整理を必要とするほど借金を重ねてしまう人は、自己管理がなかなかできない面があります。手元にクレジットカードがあると、「いつでもキャッシングができる」と甘えてしまい、借金をさらに重ねてしまうかも。

債務整理のデメリットとしてクレジットカードを持つことができないなら、いっそあきらめもついて、借金に頼る生活を見直すことができるでしょう。債務整理後にクレジットカードを持たない生活に慣れて早めに健全な財政管理を学び、生活の立て直しができるといいですね。

浪費癖が改善される

債務整理をするということは、金銭感覚が甘いことや、浪費癖がある証拠。何枚もクレジットカードを持っていると多重債務に陥るリスクが高まりますが、浪費癖がある人はより危険です。浪費癖が原因で債務整理をした人は、そもそもクレジットカードは持たない方が安全です。

債務整理をすることは借金から解放されるだけでなく、必要最低限なもので満足することを覚え、堅実な生活の仕方を学ぶチャンス。クレジットカードの取得ができないことで、浪費癖の改善に期待が持てますよ。

必要なお金をしっかり働いて稼ごうとする

クレジットカードは必要な時に現金が引き出せる便利なアイテムですが、自分自身が働いて収入を得ないと使うことができません。債務整理をする人はこれを忘れて無計画にキャッシングをしがちですが、いっそクレジットカードが持てなければ、自分で働いて稼ぐしかないことをしっかり自覚できます。

債務整理でクレジットカードを失うこと、持てないことは金融事故を起こしたペナルティですが、前向きに考えれば安易にお金が引き出せる場所をなくすことで、更生の良い機会に恵まれたということ。あえてクレジットカードを持たないことで勤労の喜びを覚えれば、後々の生活が楽になるでしょう。

債務整理でクレジットカードが作れないデメリットを理解しておこう

債務整理をするデメリットとして、クレジットカードが使えなくリスクがあるのは仕方がありません。債務整理はメリットが大きい反面で生活がしにくくなりことも多いため、弁護士などの借金のプロに相談をして、慎重に検討してくださいね。

債務整理をしてから5年以上経てばカードは持てますか、同じことを繰り返してはいけません。持てない期間に生活を見直して、クレジットカードは計画的な利用を心がけましょう。