借金滞納時に時効成立はハードルが高い?【成立条件や時間など】

借金をしていたけど、期日までに返せずずるずると滞納してしまっていませんか。

借金には時効という制度があって時効まで返さなければ借金がチャラになる、そんな考えの方もいらっしゃるかもしれません。

借金を滞納して時効の成立を狙うのは可能なのでしょうか。早速見ていきたいと思います。

借金滞納時に時効を成立させるのは現実的にかなり難しい

借金を滞納してしまっている人は時効制度があるというのを知ると、時効まで待てば借金がなくなる!と単純に考えてしまうかもしれませんね。

もちろん、制度上時効を成立させることは可能ではあります。

ただし、支払い義務のある借金をチャラにするための時効は一筋縄ではいかないのも事実です。簡単にできてしまうと、誰でも時効まで待ってしまいますからね。

借金滞納時の時効を成立させるのは、現実的に厳しいということだけは知っておきましょう。

借金の滞納が時効になる条件

借金の滞納が時効になる条件

借金滞納時の時効を成立させるのは難しいということですね。

では、借金の滞納の時効はどのような条件によって成立するのでしょうか?

まずは、借金滞納時の時効が成立する条件の具体例を見てみましょう。

①返済をせずに一定の時間が経過している

当然のことですが、借金をしてすぐに時効は成立しません。

そのため、借金を返済せずに一定の時間が経過していることが、借金滞納時の時効成立の第一条件となります。

基本的には、一度も返済していな場合を除いて最後に借金の返済をした翌日から計算して、一定期間の経過が条件です。

②時効制度を利用することを貸主に伝えている

借金の時効は、ただ一定期間が経過しているだけでは成立しません。

もし、時間の経過だけで借金の時効が成立するなら、借金を抱える多くの人が時効までの時間を待ってしまうでしょう。

借金の時効期間に到達しても返済義務がなくなるわけではないため、貸主に時効が成立していることを伝える必要があるのです。

③様々な請求手段が行使されていない

債権者は借金を返してもらおうと、あらゆる手段を取るのが普通です。

督促状を送ったり、督促の電話で滞納を食い止めようとするでしょう。

でも借金の時効を成立させるためには、様々な請求手段が行使されていないことが条件になります。

④途中で支払い約束証などへのサインをしていない

借金返済の時効はには、一定期間の経過が条件であると前述しました。

それは、最後の借金を返済した日から計算されるのですが、途中で支払いの約束をしている場合は話が変わります。

途中で支払いの約束証などへサインしていると、借金があることを認めていることになるので時効が成立しなくなってしましなくなってしまうのです。

⑤財産の差し押さえがされていない

債権者から裁判を起こされても借金の滞納を続けているときは、財産の差し押さえが行われます。

もし財産の差し押さえが行われているなら、借金の滞納の時効は成立しません。

裁判を起こされたら、裁判を起こされた日から再び時効期間のカウントが始まるからです。

債権者から逃げているなどの理由で、裁判が起こされている事実を知らない場合も注意が必要になります。

借金の滞納が時効になる年数

借金の滞納が時効になる年

借金の滞納が時効になる条件がわかりましたが、いったいどのくらいの期間が経てば時効が成立するのかが気になりますよね。詳しく見てみましょう。

①友人や家族からの借り入れの場合は10年

借金の滞納が時効になる年数は、借り入れを行う相手によって変わります。

債権者が友人や家族の場合は、借金滞納の時効は10年です。

つまり、個人間の借金の滞納なら借り入れをした翌日から起算して、10年経過すると時効が成立するというわけです。

②銀行や消費者金融などの法人から借りた場合は5年

個人とは違い、借入先が銀行や消費者金融などの法人である場合は、借金滞納の時効は5年となっています。

個人間の借金の半分の年数なので、法人の借金の場合は一見短く感じますね。

でも、銀行や消費者金融はその道のプロなので、借金滞納の期間中一度も請求手段を行使しないということは稀でしょう。

時効援用中は住民票を新しい住所に更新できない

更新できない

借金の滞納の時効成立までには、5年~10年かかるわけですが、あくまでも借金を滞納したままの状態なので普通の生活を送るのも難しくなるでしょう。

時効援用中には様々な制約が余儀され、中でも住所に関しては日常生活に支障をきたす可能性があります。

夜逃げなどを防ぐため、時効援用中は住民票を新しい住所に更新できないのです。

住民票が移せなければ重要な書類も手元に届かなくなりますし、必要なときに住民票が用意できなくなり不便になります。

時効の援用に反対されたら弁護士に相談してみよう

弁護士に相談してみよう

借金の滞納がなくなるのであれば、時効の成立を待とうと考える人が多いかもしれません。

でも、反対の立場になって考えればわかりますが、貸主はどんな方法を使ってでも滞納されている借金を回収したいはずです。

そう考えれば、時効の援用に反対されることも当然と言えば当然ですよね。

もし、時効の援用にされたら一人で悩まないですぐに弁護士に相談しましょう。

悩んでいても借金の滞納がなくなるわけではありませんし、法律の専門家の立場から適切なアドバイスをしてもらえるはずです。

借金滞納の時効はなぜ現実的に難しいのか

借金滞納の時効はなぜ現実的に難しいのか

現実的に考えて、借金滞納の時効は難しいと言えます。
その理由を具体的に説明します。

①貸主が知人や友人の場合は周りの人間へ知れ渡る可能性が高いため

借りやすいこともあり、知人や友人に借金をお願いする人も少なくありません。

また、関係性にもよりますが知人や友人の場合は、滞納しても強く返済を求められないということもあるでしょう。

でも、共通の友人などがいればその友人にも知られる可能性が高いですし、多くの人に知れ渡る可能性が高くなります。

噂はあっという間に広がってしまうため、気が付けば周りの人間がみんな知っていたなんていうこともあり得ますよ。

②貸主が法人の場合は借金回収に慣れているため

一方、貸主が法人の場合は借金滞納の時効までの期間は短いです。

ただ、相手はお金に関するプロであり大きな組織でもあるので、あらゆる手段を行使します。

借金回収に慣れている貸主を相手に、借金滞納の時効成立までの期間を過ごすのは難しいのではないでしょうか。

借金を滞納しているなら専門の法律事務所に相談してみよう

借金を滞納して辛い思いをしているなら、一人で抱え込まないで専門の法律事務所に相談するのが賢明です。ここでは、おすすめの法律事務所を紹介します。

①ミネルバ法律事務所

東京ミネルバ法律事務所

ミネルバ法律事務所は、多くのテレビやラジオなどでもCMを放送している有名な法律事務所です。

各地で借金問題の無料出張相談会なども行っており、メールや電話でも無料で相談に乗ってもらえます。

また、債務整理などを考えている人も希望に応じた方法で借金問題を解決してくれるので相談してみるといいでしょう。

②東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は債務整理の事案を数多く手がけており、経験と実績がずば抜けて高いのが特徴です。

そのため、様々な事案を見てきた経験から一人一人の事情に合わせた解決法を提案してもらえます。

弁護士に頼めばお金がかかると心配な人も相談だけなら無料なので、メールや電話で気軽に問い合わせができます。

③アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所は、借金問題や債務整理などを主に得意としている法律事務所です。

認定の司法書士が、「寄り添った解決」をモットーに、詳しく丁寧に説明をしてくれると評判なんですよ。

債務整理を行う場合は、どのくらい進んでいるのかが目に見えないので不安だという人もいますが、アヴァンスでは24時間進捗状況を確認できます。

借金滞納の時効は条件が揃った時のみ可能!

借金滞納時の時効はハードルが高いのかについて、解説しました。
法律上決まっていることなので、借金を滞納しても時効が成立することがあります。

でも、時効を成立させるためには時間の経過はもちろん、何より自分自身が借金の時効となる期間をしっかり把握していなければなりません。

しかも、借金滞納時に何の督促もされていないなど、厳しい条件もあります。
全ての条件が揃って初めて時効が成立するので、現実的に一人で時効まで待つのは難しいかもしれまsんね。