パチンコで借金300万円作ってしまった!【解決方法を解説】

ギャンブルは、借金を抱える理由として非常に多いと思います。特にパチンコであれば、気軽にできるという面で、誰しもが借金地獄に陥る可能性があります。

また、あっという間に多額の借金をしたなんてことも、十分に考えられます。今回は、パチンコで300万円という借金を作ってしまった場合の解決方法などについて、詳しく解説していきたいと思います。

パチンコで作った300万円の借金は債務整理で解決しよう

債務整理パチンコなどのギャンブルで、300万円という多額の借金をしてしまった場合は、債務整理で解決するのが良策です。300万円という借金なので、利息も高額になり、地道に返済していっては、完済までの期間が長期になるのは必須です。

そこで債務整理による解決が望ましく、任意整理や個人再生がおすすめです。自己破産のように大きなリスクがあるわけではなく、債務者にとってかなり有利な条件での返済が可能になります。

任意整理ならギャンブルで作った借金300万円でも整理が可能

任意整理

債務整理の中でも、唯一裁判所を通さず、比較的安易に行えるのが、この任意整理になります。また、任意整理はギャンブルによる借金であっても、利用することができます。

以下について、それぞれ解説していきます。

借金の理由は問われない

自己破産であれば、免責つまりは借金をした理由によっては、利用できないことがあります。しかし、任意整理であれば、借金の理由に関係なく、債務整理を行うことが可能です。

この手軽さこそ、任意整理という債務整理の大きな武器なのです。

貸した側もいくら返せるかを重要視する

任意整理では、貸した側つまり債権者が債務者に対して、3年以内での完済を求めることができます。つまり、任意整理は債務者だけが得をするものではなく、債権者にとっても、完済時期の目途を立てられます。

また、債権者は債務者がいくら返せるのかという点を重要視することから、双方にメリットのある方法といえます。

任意整理することで300万円の借金の利子をカットできる

具体的に任意整理を行うことで、債務者は返済において、どれほど楽になるのでしょうか?直接元金が減るわけではないですが、300万円という借金に対する利息をカットすることができます。

300万円であれば、利息だけでも相当な金額になりますが、それがカットになることで、返済の負担が大きく軽減されることになります。

自己破産はパチンコで作った300万円の借金に対応できない?

債務整理の中でも、一番の減額率を誇る自己破産ですが、その利用できる条件はいくつかあります。

その中でも、免責が下りなければいけないという部分があり、借金に至った理由が大きく影響します。

以下について、それぞれ解説していきます。

借金の背景が悪質ならば免責が下りない場合がある

ここでいう免責とは、簡単にいえば借金の理由になります。

生活費や趣味などによって借金をした場合は、問題なく免責が下りる可能性がありますが、中には通らない理由もあります。

それはギャンブルで、特に株やFXのようなハイリターンであるものは、免責が下りることはまずありません。

裁判官の裁量で借金が免責になる可能性もある

免責が下りない理由はギャンブルといいましたが、結局のところ、その決定は裁判官の裁量によるところが大きいです。

それでも、株やFXはそれでも厳しいかもしれませんが、パチンコにようなギャンブルであれば、免責が下りる可能性はあります。

なので、パチンコによって、300万円という借金を抱えてしまった場合でも、自己破産できないとは断言できません。

パチンコでの借金は個人再生でも解決できる

50万円まで

任意整理のように免責にとらわれず、なおかつ自己破産のような大きな減額が期待できる債務整理といえば、個人再生になります。

この個人再生は、裁判所を通す必要はありますが、非常に人気の高い債務整理となっています。

以下について、それぞれ解説していきます。

個人再生には免責不許可事由の規定が無い

個人再生には、自己破産のような免責不許可事由の規定がないので、パチンコのようなギャンブルが理由の借金でも利用できます。免責不許可事由があるのは自己破産のみなのですが、この理由としては借金がゼロになるという大きなメリットから免責を最重視するようです。

個人再生の人気の高さは、この利用しやすさからきているといっても過言ではありません。

個人再生が適用されるための条件

大きな減額を期待できる個人再生ですが、適用にはいくつかの条件があります。まずは、安定した収入がある人が必須条件になり、これは大幅な減額と引き換えに、債権者より3年ないし5年以内での完済を求められるからです。

あとは借金総額が5,000万円以下であることで、それ以上であれば自己破産するしかないようです。

300万円の借金で個人再生すると100万円まで圧縮できる

個人再生の大きな魅力は、その大きな減額にあり、最大で4/5もの借金を減額できます。借金の金額によって減額率は前後しますが、最低でも100万円以上なければその恩恵を感じることはできないです。

そこには、最低弁済額というものがあり、これは個人再生を行った際に債務者が返済する最低額ですが、その下限が100万円となっているからです。

パチンコで作った借金の債務整理におけるお薦めの相談先

パチンコで借金を作ってしまった場合、早めに専門家に相談することで、満足のいく解決が見込めます。どうせ相談するのであれば、口コミ評判の良いところを選びたいものです。

おすすめの相談先をいくつか抜粋したので、以下それぞれ解説していきます。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

大阪市中央区を拠点に活動している同事務所ですが、減額報酬が無料となっており、利用者に優しい待遇となっています。また、アヴァンスレディースという女性専用の窓口があるので、女性でも安心して利用することができます。

24時間いつでも対応してくれる安心感もあるので、非常に心強いですね。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京都台東区を拠点とする同事務所は、債務整理に非常に力を入れています。その豊富な実績で数多くの件数をこなしており、まさに借金解決のエキスパートと呼べる事務所です。また相談に掛かる費用も同業他社と比較すると安価であり、特に任意整理の費用の安さは抜けています。

東京ミネルヴァ法律事務所

東京ミネルバ法律事務所

CMなどメディア露出の高い同事務所は、その圧倒的な知名度に実績も比例しています。全国にかけて無料相談会を実施しており、数多くの件数をこなしてきています。

近年は過払い金請求にとても力を入れているので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

パチンコで作った300万円の借金を増やさないために

パチンコで作った借金、減らすことも大事ですが、それ以上に増やさない努力も必要になります。

借金は減らすことより、増やさないことのほうが、遥かに容易であります。

以下について、それぞれ解説していきます。

強い意志でパチンコを絶つ

まず、根本的にパチンコを含むギャンブルの類を一切止めるということです。ギャンブルに依存していては、減らすどころか増えていくのが関の山です。

しかしギャンブルを止めるには、強い意志が必要になります。

パチンコに使う金額を決める

すぐにパチンコを止めるのは、中々難易度が高いと思います。なので最初の内は、使える金額を決めてみるという方法をとります。

次第に徐々に金額を減らし、最終的にはパチンコを絶つことができれば成功ですね。

家族にお金の管理をしてもらう

自制心が弱い人であれば、自分でお金を管理していては、またパチンコに使ってしまいます。そこで、家族にお金の管理をしてもらうという方法であれば、使いたくても使えません。

正直人にお金を管理してもらわなければいけないというのは、とても恥ずかく惨めであるといえます。

パチンコに代わる娯楽や趣味を見つける

パチンコをやる人というのは、共通して趣味がない人が多い傾向にあります。なので、パチンコに代わる娯楽または趣味を見つけることが、脱パチンコの一番の近道かもしれません。

ただし、パチンコから他のギャンブルに移るというのは、解決にならないので、もっと有意義なものを見つける努力をしたいですね。

パチンコで作った300万円の借金でも解決できる

債務整理という方法は、パチンコなどのギャンブルで作った借金においても、解決することができます。300万円という借金であれば、地道に返していくことは、利息などを考えてもあまり現実的ではないと考えられます。

なので、早急に専門家に相談するようにして、一日でも早く借金の解決を図っていくことが大切です。一度過ちを犯してしまっても、再び通常に生活に戻れるチャンスがあるので、挫けずに精一杯頑張ることです。