プロミスから30万借金する時の注意点とは?【メリットなども解説!】

プロミスは大手ですしCMでもお馴染みなので、プロミスで借金しようと考えているかもしれませんね。プロミスで借りるにはメリットもあり、30万円の借金ならプロミスを選ぶのも悪くはありません。

ただし、プロミスで借りるにしても借金は借金なので、借りるまえに色々なことを考慮しておかなければなりません。今回の記事では、プロミスから30万円借金する時の注意点を紹介していきます。

プロミスから30万借金するための条件は3つ

プロミスで30万円の借金をするためには、そもそも審査に通過しなければなりません。どの消費者金融でも借金する際には審査が必要になりますが、プロミスでは主に3つの条件があります。詳しく見てみましょう。

借入総額が年収の3分の1を上回らないこと

プロミスを始め消費者金融で借金をするには、予め決められた限度額以上の借金はできません。その限度額は、審査の際に総量規制によって決められます。

総量規制というのは貸金業法という法律で定められているもので、年収の3分の1を超えるお金を貸すことができないという規制のことです。

つまり、30万円をプロミスで借金するためには、条件として年収100万円は必要だということですね。しかも、借入総額なので他の消費者金融などですでに借金がある場合は、年収を満たしていても30万円を借金することはできません。

年齢制限に引っかかっていないこと

プロミスでは、借金できる年齢に制限があります。借金をするということは、返済できる見込みがあることが大前提です。そのため、ほとんどの消費者金融には年齢制限がかけられています。

プロミスの場合は20歳以上69歳以下が借入の対象年齢です。未成年では申請しても審査に落ちてしまいますし、70歳を過ぎてもプロ店では借金はできないということですね。

信用情報に傷がついていないこと

お金を貸す側にとって心配なのは、ちゃんと返済してもらえるかということです。だからこそ、借り手に対する信用度が非常に重要になってきます。

借金するときは、どこの金融機関でも審査が必要になりますね。その審査の際には、個人の信用情報に傷が付いていないかどうかを必ずチェックされるのです。プロミスでも例外ではなく、信用情報に傷がついていないことが条件になります。

信用情報ってなに?

では、信用情報が何なのかということですが、簡単に言うとお金にまつわる問題がないかどうかの情報です。カードローンやクレジットの申込み情報もそうですし、他の金融機関や諸費者金融での借入や返済状況などがそれに当たります。

個人信用情報機関には、このような個人の信用情報が登録されています。新規の借入の際には、プロミスでも信用情報をチェックして審査を通過させるかの判断をしています。

信用情報に傷がついていないか確認する方法

借金する際には信用情報が確認されるということなので、自分の信用情報に傷がついていないか気になりますよね。個人情報機関では、本人の申請であればいつでも確認ができます。

一般的には、郵送・スマホ・窓口の3種類の申請・開示方法があります。運転免許証やパスポートなど、本人確認書類を提出することで、手数料はかかりますが信用情報の確認が可能です。

プロミスの審査の成約率は50%を下回っている下がるグラフ

プロミスの審査は通りやすいと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、実際のところはプロミスの審査の成約率は50%を下回っています。

SMBCコンシューマーファイナンスでは、月次の営業指標にプロミスの毎月の成約率もデータとして公表して誰でも閲覧が可能です。2019年を例にとって、下記に表で示しました。

年/月 成約率
2019年/1月 42.0%
2019年/2月 44.4%
2019年/3月 42.9%
2019年/4月 44.5%
2019年/5月 46.0%
2019年/6月 45.2%

成約率というのは、新規契約数÷申込み者数で計算されています。プロミスの成約率を見てみると、一番高い月でも成約率は46%であり、50%を下回っているのが分かりますね。

もちろん、プロミスだけが成約率が下がっているわけではありませんが、借金の申込みをしても審査がそう簡単ではないというのは念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

30万の借金をプロミスでするメリット

プロミス

プロミスでは審査が通りにくくなってきていることが分かりましたが、それでもプロミスで30万円を借金するにはメリットがあることも事実です。

30万円をプロミスで借金するメリットとなることを、具体的に紹介します。

プロミスには30日間無利息サービスがある

プロミスで30万円借金する最大のメリットは、初めての利用であれば30日間無利息のサービスがあることです。借金すると利息は必ずついてくるものですし、年利によっては30万円でも利息の額は意外にも高くつきます。

急な出費で30万円必要になったときなど、30日間無利息サービスがあれば、利息をかけずに返済することも不可能ではないかもしれませんね。

プロミスは大手なので信頼感がある

簡単に借金できる代わりに利息が高すぎるなど、いわゆる闇営業的な消費者金融も中にはあります。でも、その点プロミスはSMBCグループなので、大手だという信頼感があります。

CMや広告も大々的に行っていて、知らない人が少ないぐらい名の通っているところでもあるので、大きなトラブルに巻き込まれる可能性はないでしょう。

プロミスへの申し込みはWebで完結する

忙しくて借金したくても借りに行く時間がない人もいるでしょうし、誰にも知られずに借金したい人もいますよね。プロミスは申し込みがweb上で完結するので、いつでも思い立ったときに申し込むことができるというメリットがあります。

プロミスから30万を借りたときの利息

では、借金30万円をプロミスで行ったとしたら、実際にどのくらいの利息がかかってくるのでしょうか。返済するときの指標にもなるので、しっかりチェックしながら見ていきましょう。

プロミスの利子率は年率4.5%~17.8%

プロミスの年利を見てみると、4.5%~17.8%となっています。安い年利のほうがいいと思いますが、これはプロミスによって決められます。

30万円の借金の場合では、プロミスでは最大金利の17.8%が適用されるでしょう。なぜなら、それは利息制限法が関係しているからです。利息制限法では、10万円以上100万円未満の借金の金利の上限は18%となっています。100万円未満は18%までなら法律に引っかからないため、最大の17.8%を適用しても問題がないからです。

プロミスで30万借りたときの月の返済額

プロミスで30万円を借りたら、月の返済がくがいくらになるのかを見てみましょう。前述したように、30万円の借金では金利17.8%が適用され、最大3年(36回)で返済していくことになります。具体的な月の返済額は、1年(12回)では28,000円、2年(24回)では15,000円、3年(36回では)11,000円です。

プロミスで借りた30万返済のコツ

するべきこと

プロミスで30万円借金すると、金利は17.8%かかります。そのため、プロミスでの借金を効果的に減らすためには、利息や不要な出費をいかに減らすかが重要なポイントです。ここでは、プロミスで借りた30万円を返済するコツを紹介します。

随時返済を積極的に行い利息を減らす

プロミスでは利息を日割り計算してくれるので、借金をしている日数に応じて利息が変わってきます。つまり、借金している期間が短くなればなるほど、利息が減らせるということです。

また、借金の残額によって利息も変わってくるので、返済日を待たずにお金ができたときに積極的に随時返済するほうが利息も減ることになります。

プロミスより低金利な貸付業者に借り換える

現在は利息制限法によって貸付の金利に上限が設けられているため、プロミスの金利が飛びぬけて高いというわけではありません。とは言え、プロミスより低金利な貸し付け業者は他にもあります。

プロミスで30万円借りたものの、利息が高いと感じたらプロミスよりも低金利な貸し付け業者に借り換えるのも手です。

手数料をかけずに振込を行う

プロミスの借金の返済は、コンビニや郵便局のATMでも返済できるので24時間返済が可能です。ただし、ATMでの返済には手数料がかかることを忘れてはいけません。

プロミスの返済時に手数料がかからないのは、三井住友銀行のATMやローソンやファミリーマートのメディア端末のみです。プロミスの借金を経済的に返済するなら、手数料も考慮しましょう。

プロミスで借りた30万が返せないときの対処法

対処法

プロミスで借金をして、30万円が返済できなくなってしまったときがあるかもしれません。そんなときは、どうすればいいのでしょうか。いざというときに焦らなくていいように、予め把握しておきましょう。

①任意整理

どうしても30万円返済できないとなったら、任意整理を検討するのがおすすめです。任意整理というのは、原則的に借金の利息分をカットするもので、借金の減額が見込めます。

任意整理なら裁判所を通す必要がなく、弁護士や司法書士が代理人となって債権者と交渉を行います。手続きも簡単なので、30万円の借金返済の問題なら任意整理を検討しましょう。

②30万は自己破産や個人再生を行うメリットが少ない

任意整理と同じく、借金の減額を見込める方法に個人再生、借金をゼロにする方法に自己破産があります。個人再生では借金を5分の1程度に減額できますが、借金30万円では行うメリットがありません。なぜなら、裁判所を通すため、裁判所への支払いも同じくらい発生してしまうからです。

自己破産も同じで、借金30万円をゼロにできたとしても弁護士などへ支払う報酬を考えると、むしろデメリットとなる可能性があります。

プロミスで借りた30万が返せないときの相談先

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所は、借金問題専用無料相談窓口があるぐらい借金問題に力を入れている事務所です。月に600件以上の問い合わせを受けていて、実績も多数あります。

また、初期費用などが心配な人のために分割払いにも対応していますし、個人に合った借金の解決法を提案が可能です。

そうや法律事務所

そうや法律事務所は、借金問題や債務整理に長けている事務所として有名です。依頼すれば即日で動いてもらえる迅速さと、こまめに状況を連絡してくれる信頼があり、今までに多くの借金問題を解決しています。

借金問題の相談は24時間可能で、メールでも問い合わせができるため、忙しい人にもおすすめです。

東京ミネルヴァ法律事務所

東京ミネルヴァ法律事務所は東京の事務所ですが、出張無料相談会を実施するなど全国的に対応しています。借金問題には専門のフリーダイヤルがあり、気軽に相談が可能です。

過払い金の相談実績は7000件を超えていて、借金問題に対する経験も豊富で、多くの借金問題を解決に導いています。

注意点やメリットを把握したうえでプロミスから30万借金しよう!

プロミスから30万借金する時の注意点について、解説しました。プロミスは審査の成約率が下がっているとは言え、メリットもあり借金しやすい消費者金融であることには違いがありません。

でも、便利だからこそ借金するときは30万円返済するときの計画を立てておく必要があります。メリットだけでなく、注意点も把握した上でプロミスから30万円の借金をすうようにしましょう。