口座の名義貸しは犯罪に!【どんな罰則があるか解説】

口座

自分名義の口座を、他人に貸すことって犯罪行為だということ知っていましたか?どんな理由があっても口座を他人を貸すことは違法なので、仮に詐欺だったとしても貸した行為自体に違法性を問われることになります。

真っ当に生きていくのであれば、自分名義の口座は自分だけが使うということを徹底すれば良いのです。今回は口座の名義貸しはなぜ悪いことなのか、またどんな罰則があるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

口座の名義貸しは違法!

違法

給与用や貯蓄用など、当たり前のように使っている銀行口座ですが、基本的にその口座の名義は、自分名義であるかと思います。

しかし中には、様々な事情で他人に自分名義の口座を使わせている人も一定数存在します。

そんな口座の名義貸し行為ですが、これはれっきとした犯罪行為になってしまうことを知っていましたでしょうか?

どんな事情があろうと、他人に口座の名義を貸してしまう行為自体が犯罪行為になり、そこには身内であろうが関係ないのです。

口座の名義貸しとは?

口座の名義貸しとは、言葉の通りに他人に自分名義の口座を貸す行為になります。通常であれば、自分名義の口座を自分で使うのものですが、様々な理由において、他人から口座の名義を借りなければいけない状況になってしまうこともあります。

口座の名義貸しに当たるケースは?

家族や親戚に銀行口座を貸す

家族や親戚に銀行口座を貸すだけでも、口座の名義貸しになってしまいます。自己破産していると銀行口座の開設ができない場合があり、そういった場合にこのようなケースが発生することがあります。

また税金対策としても利用できるので、他人の口座は悪事を働くには絶好の武器となります。

他者から銀行口座を騙し取られる

よく詐欺グループが使用している銀行口座は、こういった他人から騙し取った銀行口座を使っている場合がほとんどです。犯罪に使うのですからわざわざ自分名義の銀行口座なんて使うわけなく、中には銀行口座を売買するような輩も存在します。

そして犯罪に使用された銀行口座の名義人は、場合によっては逮捕されることもあります。

口座の名義貸しが違法になる理由

日本の法律はきちんと定められていることなので、もちろん違法となり、懲役刑になることもあります。その口座の名義貸しに至った経緯は、様々あると思いますが、口座の名義を貸すこと自体が違法なのです。

口座の名義貸し自体が詐欺行為に当たることになるので、注意したいですね。

口座の名義貸しによる罰則

罰則

貸した本人に罪の意識はなくても、口座の名義貸しは立派な犯罪行為です。

実際どれくらいの罰則を受けることになるのでしょうか?

以下について、それぞれ解説していきます。

6ヶ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金

口座の名義貸しは、見出しの通りの罰則になり、どちらの罰則になるかは、裁判官が決めることです。

ほとんどは罰金で解決するケースが多く、仮に罰金が支払えないのであれば、懲役刑となります。

懲役刑となると、労役場にて日当5,000円で働き、罰金の金策とするのです。

罰則の重さはどのくらいなの?

上記にも記載した通り、どちらの罰則になるかは裁判官次第ですが、100万円以下の罰金は相当痛いと思います。

仮に罰金が払えないのであれば、罰金100万円すると、おおよそ200日もの間、その労役場で働かなければなりません。

100万円以下の罰金も200日間の拘束も、よく考えてみると決して軽い犯罪ではないことがわかりますね。

親が子供の口座を作るのも違法?

親が子の口座を作る

子供がいる家庭であれば、将来のことを考えて、子供名義の口座を開設することがあると思います。

至って普通の行動に思えますが、実はこれも名義貸しになってしまう場合があります。

以下について、それぞれ解説していきます。

納税で問題になる場合がある

子供名義の口座を作った場合、子供はまだ働けないので、親がお金を入金することになると思います。

この場合、親が子供に贈与していると判断され、一年間に111万円以上の入金で、贈与税が発生することになります。

このように、贈与税の絡みがあるので、注意したいところですね。

親が貯金など口座を適切に使うのなら違法ではない

他人に名義貸しをするのは違法ですが、子供のための貯金という用途であれば、違法にはなりません。

法律ではこのご時世、子供が小さいときから、将来のために少しでも貯蓄してあげたいという親心を、尊重してくれているということになります。

また、小さいときから、お金の管理を学ばせるという教育にも繋がっていきますね。

口座の名義貸しをしてしまうことの自分へのリスク

リスク何回も言いますが。自分名義の銀行口座を他人に利用させるのは絶対に駄目です。

もし、口座の名義貸しをしてしまうと、自分にとって、大きなリスクが付いてくることになるのです。

以下について、それぞれ解説していきます。

名義を貸したことで罰則が与えられる

口座の名義貸しは、詐欺行為に当たり、六ヶ月以内の懲役または100万円以下の罰金に処されることになります。

仮に罪の意識がなくても、自分名義の口座を他人に貸すこと自体が犯罪行為となっています。

この罰則は決して軽いものではなく、少なくても人生を左右してしまうことになりかねません。

総量規制に知らない間に影響が出ている

名義貸しによって、借金を抱えてしまう人もおり、名義人にその請求がいくことになります。

また、総量規制においても、少なからず影響を及ぼすことになり、名義人にとって非常に不利な状況となってしまいます。

この場合、名義人の正当性は低く、結果借金を返済する義務が発生します。

個人情報の流出につながる

銀行口座一枚においても、現代の悪徳業者は非常に優秀なので、個人情報の流出は必須です。

口座を名義貸しすることによって、様々な業者から、連絡がくる可能性があります。

悪徳業者にとって、個人情報は金を搾取する呼び水で、多くの業者で個人情報の共有を行われることになります。

犯罪のために口座が売買される可能性がある

詐欺グループは、お金の管理を他人の銀行口座で行っています。

そのため、いろんな手段を使って、他人の口座を集めることになります。

その代表的な方法が、口座の名義貸しで、主に金銭で売買するのです。

自分が逮捕される恐れがある

口座の名義貸し自体、犯罪でありますが、全ての人のその行為を罰せられるわけではありません。

実際に、犯罪などで公にならなければ、口座の名義貸しは明るみにならないのですが、もし明るみになったのであれば、名義人は逮捕される恐れがあります。

口座の名義を貸して、それが犯罪に使用されたのですから、犯罪に加担したと思われても仕方のないことだと思います。

口座の名義貸しを頼まれた時は?

他人名義の口座貸しが、犯罪行為であるという自覚のない人や、わかっていてやっている確信犯もいます。

実際に頼まれた場合は、どのように対応すればよいのでしょうか?

以下について、それぞれ解説していきます。

現金を貸す

口座の名義貸しは、犯罪行為であると同時に、相手がどのような使い方をするのか、わからない部分があります。

様々なリスクを考えれば、現金を貸すという行為に留めておきたいものです。

現金を貸すだけであれば、その後の犯罪に巻き込まれるケースも少ないと判断できます。

違法行為であることを伝えやめるよう諭す

相手が他人であれば、自分が口座の名義貸しを断れば、済むだけの話になります。

しかし相手が自分にとって親しい関係であった場合は、違法行為であることを伝え、やめるように諭してあげることが優しさです。

仮に自分が断っても、他の人に同じように頼むはずですから、犯罪行為を未然に防いであげるよう留意してあげたいところです。

詐欺の場合は警察に連絡する

よく口座の名義を貸してもらえたら、数万円あげますなどと、他人名義の銀行口座を求めている人がいます。

軽い気持ちで売買に応じてしまうと、その銀行口座はたちまち犯罪に利用されることになる可能性が非常に高いです。

なので、知らない人から求められた場合は、すぐに警察に連絡するようにしたいですね。

口座の名義を貸してしまったら?

連帯保証人

警察や弁護士へ連絡する

口座を名義貸しすること自体が犯罪なので、下手すると自分が逮捕される可能性はありますが、やはり警察や弁護士に相談するのが良策です。

何かあるにしても。早いことに越したことはありませんし、わかっていて何もしないで傍観しているよりは、正当性を認めてもらえるように、誠意を尽くすことです。

警察が取り合ってくれなくても、詐欺行為に強い弁護士もいるので、安心してください。

口座を速やかに解約する

名義を貸しても、すぐに解約してしまえば、犯罪などに使われる可能性は抑えられるはずです。

とりあえず、今できることは解約してしまうことぐらいしかありません。

こういったアクションが、他人を守ることでもあり、自分を守ることにも繋がってくるのです。

口座の名義貸しは違法です。絶対に貸してはいけません。

結論として、口座の名義貸しは違法行為であり、立派な犯罪行為であることがわかりました。

どんな理由があろうと、決して自分名義の銀行口座を他人に渡してはいけません。

詐欺によって騙されていたとしても、貸すこと自体が違法なので、その正当性は認められにくいのです。

大きな犯罪に巻き込まれないためにも、絶対に貸さないこと、これさえ守れば問題ありません。

▼他人名義でキャッシングは可能?自分名義で審査に落ちてしまう理由とは【審査の緩いキャッシング業者3選】▼
FX他人名義でキャッシングは可能?自分名義で審査に落ちてしまう理由とは【審査の緩いキャッシング業者3選】