借金を効率的に返済するには?【すぐに試せる借金減額の方法】

借金を効率的に返済するにはどうしたらいいのでしょうか。借金をしている人で、できるだけ効率的に返済したいと考えている方は多くいますよね。では、どうしたら効率的に借金を返済できるのでしょうか。すぐに試したくなる方法と借金減額の方法をみていきましょう。

Table of Contents

効率的な借金返済のコツは大きく分けて3つ

良い事

借金を効率的に返済するにはどうしたらいいのでしょうか。効率的な借金返済のコツは大きく分けて3つあります。1つめが、現状の借り入れ金額や返済金額など借金の全体を把握すること。2つめが、自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくすこと。3つめが、今後どうやって返済していくか計画を立てることです。それぞれ、必要な理由を見ていきましょう。

現状の借り入れ金額や返済金額など借金の全体を把握する

効率的な借金返済のコツのひとつめが、現状の借り入れ金額や返済金額など借金の全体を把握することです。現状の借り入れ金額や返済金額など借金の全体を把握することができれば、借金の返済計画を立てることにつなげることができます。

自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくす

効率的な借金返済のコツのふたつめが、自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくすことです。自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくすことで、借金の返済に充てられる金額が増えます。お金を返す金額を増やすと、早く借金を返しきることができるだけでなく、利息が少なくなる分、得をすることもできるのです。

今後どうやって返済していくか計画を立てる

効率的な借金返済のコツのみっつめが、今後どうやって返済していくか計画を立てることです。今後どうやって返済していくか計画を立てることができれば、より安定して、確実な借金の返済ができるようになり、効率的な借金返済を目指すことができるのです。

では、それぞれ、どのようにしていけばよいのでしょうか。

借金の全体を把握する方法

方法

借金の全体を把握することができれば、効率のよい借金の返済計画を立てることにつなげることができます。そのために、借金の全体を把握する方法について考えていきましょう。借金の全体を把握するためには、なにをすればよいのでしょうか。

信用情報機関に情報を開示してもらう

借金の全体を把握するために、信用情報機関に情報を開示してもらいましょう。信用情報機関に開示してもらう情報ではなにがわかるのでしょうか。また、信用情報機関とはどんなところなのでしょうか。みてみましょう。

信用情報開示で何がわかる?

信用情報機関に情報を開示してもらうと、どんなことがわかるのでしょうか。信用情報機関の情報開示では、クレジットカードの会社などとの契約内容や、借金の支払い状況などが分かります。これらのことを、信用情報と呼びます。

ちなみに、ブラックリストに載るというのはこの信用情報機関の情報に事故情報が記載されることを指します。

信用情報機関は3つある

また、信用情報機関は3つあります。日本信用情報機構 (JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協・KSC)の3つです。

日本信用情報機構 (JICC)は消費者金融系の信用情報機関、シー・アイ・シー(CIC)はクレジットカード系、信販系の信用情報機関、全国銀行個人信用情報センター(全銀協・KSC)は銀行系の信用情報機関です。それぞれ異なる情報を取り扱っているのです。銀行からしか借金をしていないという方は全国銀行個人信用情報センター(全銀協・KSC)から信用情報を開示してもらうだけでよいですが、異なる会社の取り扱う貸金業者からお金を借りている場合は、複数の信用情報機関に情報開示を求めなければなりません。

信用情報機関に登録されていない借金もあるので注意が必要

注意点

しかし、信用情報機関に情報開示を要求すれば、すべての借金の情報を手に入れることができるというわけでもありません。借金の中には、信用情報機関に登録されていない借金もあるので注意が必要です。どのような借金は、信用情報機関に登録されていないのでしょうか。

奨学金

信用情報機関に登録されていない借金のひとつとして、奨学金があげられます。高校から先に進学する、専門学校や大学などは、奨学金を使って通う方も少なくないですよね。奨学金は先ほどあげた信用情報機関の情報開示では開示できません。

奨学金は独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)から借りるものであり、その情報は全国銀行個人信用情報センター(KSC)が扱うためです。しかも、返済の滞納などがなければ全国銀行個人信用情報センター(KSC)にも情報が提供されることはありません。

税金の滞納

また、信用情報機関に登録されていない借金のひとつとして、滞納した税金もあげられます。税金は個人信用情報機関に記録される情報ではないためです。信用情報機関に登録される情報というのは個人的なお金の動きのみであり、税金などの公のお金の動きは記録されないのです。

生活状況を把握し生活費の無駄をなくす方法

効率的な借金返済のコツのふたつめが、自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくすことです。自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくすことで、借金の返済に充てられる金額が増えます。では、どうしたら自分の今の生活状況を把握し生活費の無駄をなくすことができるのでしょうか。

毎月の生活費がいくらかかっているのか把握する

シミュレーション

どうしたら自分の今の生活状況を把握し、効率よく生活費の無駄をなくすことができるのでしょうか。まず、毎月の生活費がいくらかかっているのか把握することが必要です。

自分の今の生活状況を把握するための基本と思えるような行為ですが、基本は大事です。これをすることで、その後の動きも変わってくるので、1番最初に行うことをおすすめします。

銀行口座を把握する

自分の今の生活状況を把握し、効率よく生活費の無駄をなくすために、次に、銀行口座を把握しましょう。銀行口座は、複数持っている方が大半ですよね。

その中で、最初に作った地元の銀行の口座から給料の振り込み用に作るよう言われて作った口座など、雑多に放置している方も少なくありません。銀行口座の把握のポイントを考えていきましょう。

どの口座からいくらお金の出入りがあるか整理する

銀行口座を把握するポイントとして、どの口座から、いくらお金の出入りがあるか整理するようにしましょう。引き出しや預け入れを頻繁に行う口座であれば、何となく把握はできているかもしれませんが、普段クレジットカードで支払いをしているために銀行口座の正確な金額がわからない方などもいらっしゃいますよね。

持っている口座の通帳記入をすべてやり直すだけでどの口座からいくらお金の出入りがあるか整理することはできるため、まずは銀行やATMに向かいましょう。

口座は用途ごとに複数に分けることがおすすめ

おすすめ

どの口座からいくらお金の出入りがあるか整理し現状を把握したら、これから先のお金の出入りを把握をし、効率よく返済が行いやすいようにしましょう。そのためには、口座は用途ごとに複数に分けることがおすすめです。

整理した時点のお金の出入りが把握できても、それ以降の動きが分からなければあまり意味はありません。整理した時点より先のお金の出入りを把握しやすいように、口座はできるだけ用途ごとに分けるようにしましょう。

節約できるお金がないか徹底的に見直す

自分の今の生活状況を把握し、生活費の無駄をなくすために、次に、節約できるお金がないか徹底的に見直してみるようにしましょう。どの部分からどれくらい節約できるのか、一人暮らしの平均利用金額をもとにみていきます。

食費

食費の平均金額は、月約4万円です。そのうち外食が約1万円ぶん、酒類が約2000円分ほど含まれています。しかし、娯楽や交際としての外食費や、酒代は無理なく削ることができると考えられます。そうなると、食費は月約3万円ほどには抑えることができ、約1万円浮かすことができます。

水道光熱費

水道光熱費の平均金額は、月約1万円です。そのうち水道代が約3000円、ガス料金が約2000~3000円、電気料金は約5000円ほどです。これらはなかなか削るのが難しいところですが、地道に、水道をこまめに切ったり、冷蔵庫をこまめに閉めたりすることで対応していきましょう。

通信費

通信費の平均金額は、月約1万円です。このなかには、スマートフォンなどの通信・通話使用料、インターネット接続料、スマートフォンの本体価格などが含まれています。こちらもなかなか削るのが難しいところですが、通話のアプリを無料通話アプリにすることなどで対応していきましょう。

保険料

保険料の平均金額は、年齢によって平均が異なります。20歳以下は年間約20万円、30代は年間約30万円、40代は年間約40万円、50代は年間約50万円になっています。こちらもなかなか削るのが難しいところですが、プランはこのままでよいのか、削れるところはないのかなど、確認してみましょう。

自由費

自由費・娯楽費の平均金額は、月約3万円です。ここは最も削りやすい部分ですね。どうしても断れない場合や、どうしても参加したいもの以外はバッサリ断ってしまいましょう。理由を素直に言うことにはためらいを感じるが、理由を言わずに断るのは申し訳ないという方も、なにかしら理由をつけて断るようにしましょう。理由は「買いたいものがある」、「家族の入院費の建て替え」など、他人を傷つけるものでなければなんでもよいです。

その他

日用品・生活用品など、どうしても必要なものは、無理して削りすぎないようにしましょう。安いメーカーのものを買う、無駄にしないことなどに気を付ければ、問題はないと考えられます。そこで無理をするよりも、外食を1度我慢するほうが得になります。節約と無理をすることは、間違えないようにしましょう。

収入を増やす

節約できるお金がないか徹底的に見直してみたら、次は収入を増やすようにしましょう。最近は副業が流行っており、スマホ1台でできるものや、隙間時間にできるものも多くあります。自分の都合に合う副業もみつかるはずですので、まずは1度調べてみましょう。

返済計画を立てる方法

効率的な借金返済のコツのみっつめが、今後どうやって返済していくか計画を立てることです。今後どうやって返済していくか計画を立てることができれば、より安定し、確実な、効率の良い借金の返済ができるようになり、とても効率的な借金返済を目指すことができるのです。では、どのように返済計画を立てていけば効率がよいのでしょうか。見ていきましょう。

利息分を計算する

効率の良い返済計画を立てるために、まず借金の利息分を計算しましょう。いくら借りたかは覚えることができますが、利息分は月ごとに変化するものです。利息の計算方法を確認し、より効率のよい返済計画をたてれるようにしましょう。

利息の計算方法

利息の計算方法は、借金×金利(利率)×借入期間です。これを行うと、利息分の金額を算出することができます。利息はその時残っている借金の金額によって変化するので、もし予定よりも多く借金の返済をした場合などは少々手間がかかりますが、計算をもう一度するようにしてみましょう。それが効率の良い返済につながるのです。

利息を節約する方法

また、金利が高いと感じた時には、金利の低いローンに乗り換えることも検討してみましょう。そうすると、利息を節約することができ、効率の良い借金返済ができるようになります。もちろん、これは残りの借金と金利などの状況によっても異なるため、自分で利息分の計算を行ってから乗り換えるようにしましょう。

毎月無理なく返済できる金額でいつまでに返済できるかシミュレーションをする

毎月無理なく返済できる金額で、いつまでに返済できるかというシミュレーションもしてみましょう。インターネット上には借金の無料返済シミュレーターがいくつか存在していて、効率のよい返済の仕方を教えてくれます。毎月無理なく返済できる金額で、いつまでに返済できるかというシミュレーションは、借金の効率の良い返済方法を検討するうえで大切なので、ぜひ行うようにしましょう。

無理なく返済できる金額なら心に余裕がもてる

毎月無理なく返済できる金額で、いつまでに返済できるかというシミュレーションを行えば、毎月の返済金額の検討をつけることができます。それが無理なく返済できる金額で、無理のない返済を行えるとなれば、心に余裕をもつことができるのです。心に余裕を持つことで、精神の負担を減らし、前向きに返済をすることができるようになります。それが、効率の良い返済につながるのです。

お金に少しでも余裕ができたら繰り上げ返済がおすすめ

また、さらに効率のよい返済をするために、お金に少しでも余裕ができたら繰り上げ返済を行うようにしましょう。繰り上げ返済を行うと、元の予定の利息よりも少ない利息となり、支払う金額を予定よりも減らすことができます。そうすると、効率の良い返済が行えるようになるのです。

複数の借入先からの借り入れがある場合は一本化がおすすめ

効率の良い返済計画を立てるために、複数の借入先からの借り入れがある場合は、借金の一本化を検討するようにしましょう。そうすることで、借金の返済がより効率的になる場合もあります。借金の一本化をする前には、必ず自分でも計算をしてみるようにしましょう。

効率的な借金の返済を考えた結果返済できないと思った場合は減額できないか検討する

効率的な借金の返済を考えた結果、返済できないと思った場合は、減額できないか検討するようにしましょう。では、減額しようと思った時、何をすればよいのでしょうか。

それは、債務整理という手続きです。債務整理はブラックリストに載るなどのデメリットがある代わりに、借金を減らすことができます。法的な手続きであるため、行う際には弁護士などの専門家への依頼料がかかること、必ず手続きが成功するわけではないことも考えたうえで行いましょう。それでは、債務整理の種類について、見ていきましょう。

任意整理

任意整理は、債務整理のなかで最もメリット・デメリットが小さく、最も多く行われることの多い債務整理の種類です。ブラックリストに載る代わりに、借金の利息を減額してもらうことができます。借金自体を減らすことはできないので、注意が必要です。

個人再生

個人再生は、裁判所を介した手続きを経ることで、ブラックリストに載るかわりに借金を約5分の1にしてもらうことのできる債務整理の種類です。なお、これは借金を帳消しにしてもらうことはできないため、返済を継続できる収入がないとそもそも行うことができない債務整理の方法なので、注意が必要です。

自己破産

自己破産は、もっともメリット・デメリットが大きい債務整理の方法です。裁判所を介した手続きを経て、借金をすべて帳消しにしてもらうことができます。しかし、ブラックリストに載ってしまうだけでなく、家や車などの高価な資産はすべて差し押さえられてしまいます。自己破産は債務整理の最終手段として覚えておきましょう。

効率的な借金の返済で精神的にも安定すれば前向きに行動できる!

以上が、借金を効率的に返済するための方法です。借金はできるだけ効率的に返済したいものです。また、効率的な借金の返済をすることができたら、精神的にも安定し、前向きに行動することもできるようになります。効率的な借金の返済は、お金を無駄にしないで済むだけでなく、大切なことなのです。

紹介した効率的な借金返済のコツを踏まえ、効率的な借金の返済をしていきましょう。