0120362633の電話はJCBカードの返済催促?電話無視は危険かも!

0120362633

突然携帯電話に「0120362633」の着信があったら、無視したままではいけません。

それはJCBカードからの、大事な連絡の可能性があります。ですがこの電話、無視していると実際にどのようなことが起こってしまうのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では「0120362633」から電話が来た時の対処法や無視するリスク、返済に困ったときの債務整理の方法まで、まるごと解説しています。

この記事を読むと下記のことがわかります。

  • 0120362633の電話の内容
  • 電話を無視してからブラック入りまでの流れ
  • 支払い滞納以外の電話内容

Table of Contents

「0120362633」からの電話はJCBカードの返済催促!

「0120362633」からの電話はJCBカードの返済催促!

携帯電話に「0120362633」と表示される心当たりのない番号の電話がかかってきたら、無視してはいけません。何故ならそれはJCBカードからの電話だからです。

防犯上の理由から登録されていない着信には出ない人は多いものの、大事な電話を受け損なうのは考えもの。「0120362633」の電話の意味を、正しく理解しておきましょう。

かけ主はJCBカード調査デスク

着信に表示される「0120362633」をネットなどの電話番号検索で調べてみると、JCBカードが所有している電話であることが分かります。

JCBカードは言わずと知れた、業界5指に入る大手クレジットカードの発行元。「0120362633」の電話番号はJCBカードの調査デスクが使っているため、着信があったときはカードや口座に何らかの不手際があったと考えて、早めに対処する必要があります。

口座振替に失敗したときに電話がかかってくる

JCBカードを持ってはいても、突然クレジットカードの会社から電話がかかってくると、やはり不安ですよね。「0120362633」の番号を使って調査デスクがかけてくる電話の大半は、口座振替ができなかったという連絡です。

JCBの代金支払いは、登録された銀行口座から口座振替で引き落とします。口座の残高が不足していて引き落としができなかった際の督促を「0120362633」で行っているため、心配せずに早めに対応しましょう。

登録した他の電話番号にもかかってくる

JCBカードのようなカード会社にとって、口座振替不能で返済が滞るのは大事です。そのため電話を一度かけて無視されても、あきらめることはありません。

電話に応対しないと1日に数回、夜間休日を問わず着信がきますし、クレジットカードを取得する際に勤務先や実家の電話番号などにも「0120362633」の着信が入り始めます。電話を受け損なった場合は、周りを巻き込んで大事になる前に、速やかに折り返し電話をしましょう。

すぐ振込や入金を行おう

「0120362633」の電話に応対してカードの口座引き落としができなかった事情を理解したら、すぐに振り込みや入金手続きをしましょう。JCBカードの場合は銀行口座に不足しているお金を入れれば、再振替が可能です。金融機関によって入金時間が違うものの、その日の内に支払ってしまえば、もう心配する必要はありません。

長期間「0120362633」の電話を無視していた場合は、指定口座に直接入金するように言われることもあります。必ず指示に従って、滞納を解消しましょう。

「0120362633」からの電話を無視すると裁判に発展することも

0120362633からの電話を無視すると裁判に発展することも

「0120362633」の着信がJCBカードからの連絡だと分かっていても、お金がないから、面倒だからと無視を決め込んではいけません。電話だからとカード会社からの督促を甘く見ていると、次のような痛い目にあいます。

将来に渡って不利益を被る可能性もあるため、「0120362633」の電話を無視するリスクも知っておきましょう。

返済の意思が確認できないと裁判所からの呼び出しが行われることもある

JCBカードの「0120362633」という着信は、あくまでも振替ができなくなっている状況を確認して、返済の方法を教示するためのもの。調査デスクでは充分な時間をかけますが、最終的にカード所有者と連絡を取れない場合は「返済する意思がない」とみなして、手続きが債権管理部に移管されます。

そうなると本格的な裁判準備が進み、ある日突然、特別送達で簡易裁判所からの呼び出しが来るかもしれません。

裁判の結果、給料や財産の差し押さえに発展する可能性もある

「0120362633」の着信や簡易裁判所からの呼び出しを無視していると、当事者不在のまま裁判手続きが進みます。そうなると最後には、強制的に給料や車、自宅などの財産を差し押さえられてしまうかもしれません。

クレジットカードは消費者金融のように厳しくないと勘違いしている人もいますが、借金に変わりはありません。すぐに支払うことができなくても、「0120362633」の着信に応対して返済の意思を明らかにしていれば突然裁判になることはないため、誠実に対処することが大事ですよ。

滞納以外の内容で「0120362633」から電話がかかってくる理由とは?

内容 滞納以外

「0120362633」の電話番号は代金引き落としのトラブル以外にも、さまざまな用途に使われています。代表的な連絡内容を3つ、ご紹介しておきましょう。

「口座残高は充分あるはずなのに…」と不安に思わずに、「0120362633」の着信に前向きに応対してくださいね。

クレジットカード作成時の本人確認の電話

JCBの調査デスクはさまざまな業務を行っているため、「0120362633」の電話番号が新しいカード発行時の本人確認に使われることもあります。申し込み時に記載した連絡先に電話をして間違いが無いかを確認しているだけなので、不安に思わなくても大丈夫。

無視をしたり、折り返しの電話をしないで逃げていたりすると、カードの発行がどんどん遅れます。電話自体は短時間で済むため、早めに応対してしまいましょう。

会社への在籍確認の電話

「0120362633」の電話番号は、勤め先の在籍確認にも使われています。会社への在籍確認は本人確認とともに、充分な返済能力があるかを判断するためにも必要なプロセス。既に持っているカードにキャッシング枠を新設する場合や、キャッシング枠を増設する際も同様です。

ただし職場に対しては、カード会社の名前を大々的に出して電話をしてくることはありません。安心して調査を受けてくださいね。

JCBのサービスや貸付の勧誘の電話

「0120362633」はJCBカードの新しいサービスや、キャンペーン案内などの営業にも使われています。過去にキャッシングを利用したことがある人には貸し付け勧誘の営業も行われますが、必要が無ければお断りすれば済むことです。

こういった営業の電話は無視しても良いのですが、「0120362633」からの着信は口座引き落としのトラブルに関する連絡と見分けがつきません。無視せずに、電話に出ることをおすすめします。

返済滞納を繰り返すと「0120362633」からの電話が増えてカードが使えなくなりブラックリスト入りしてしまう

ブラックリスト入り

JCBをはじめとするクレジットカードで滞納・返済を繰り返すリスクについて、ご紹介しておきましょう。

「0120362633」から着信があっても、きちんと対応すれば即裁判に移行することはないものの、甘えて支払うべきお金を繰り返し滞納しているのは好ましくありません。後でとんでもないしっぺ返しを食うことになりますよ。

繋がるまで何度も電話がかかってくる

カード会社への支払いが滞っても「ある程度なら、大丈夫」なんて考えていませんか?クレジットカードは利用者が多いだけに、滞納には厳しい面があります。

特にJCBの「0120362633」の着信は粘り強いといわれていて、本人と電話が繋がるまで頻繁に、あの手この手で攻勢をしてきます。サラ金の督促並みに電話がくるため、常に気が休まりません。

3ヶ月以上の滞納でカードが強制解約になるしブラックリスト入りする

クレジットカードの支払いで滞納を頻繁に繰り返すと、著しく信用度が低下します。3ヶ月以上「0120362633」の電話を無視し続けているとカードが強制解除されて使えなくなり、ブラックリストに載ってしまうかもしれません。

滞納からブラックリストになるまでの流れを見てみましょう。

【ブラックリストまでの流れ①】滞納が数日の場合は再振替で支払うことが可能

「0120362633」の着信に早めに応対すれば、数日の遅れで済みます。電話を受けた当日に不足分を入れて再振替ができれば、滞納扱いになることもありません。

ただしその日の何時までに入金すれば再振替ができるのかは、口座の金融機関によって違います。「0120362633」から電話が来た時にあわせて確認をして、確実に当日再振り替えをしたいですね。

【ブラックリストまでの流れ②】滞納したまま連絡が取れないと3ヶ月でカードが強制解約になる

クレジットカードの返済を滞納するとカードが利用停止になり、「0120362633」をはじめとする電話や文書での督促が始まります。

そのまま滞納し続けて3ヶ月程度が過ぎると、JCBカードは強制解除され、完全に使えなくなってしまうのが一般的。電話や水道代などの支払いをカードでしている場合は自動引き落としができなくなり、遅延損害金が発生します。

【ブラックリストまでの流れ③】滞納3ヶ月以上でブラックリスト入り!5年間信用情報機関に滞納情報が載ってしまう

カード会社への支払いが滞った段階で信用情報機関に事故情報が登録されますが、滞納が3ヶ月以上に及ぶとブラックリストに載ってしまいます。こうなるとカード会社の信用度は失墜し、もう元には戻りません。

ブラックリストは一度登録されてしまうと、たとえ完済しても最大5年間は情報が消えない厄介なもの。クレジットカードの安易な滞納は厳禁です。

ブラックリストに入ってしまうと様々なデメリットがある

デメリット

「ブラックリスト」という言葉を聞いて何か良くないものだとは感じながらも、どんなデメリットがあるか正確には知らない人もいますよね。

キャッシュレス決済が進む現代において、ブラックリストに載ってしまうことは大問題です。そのリスクを正しく理解しておきましょう。

【デメリット1】ブラックリストとは金融事故の記録のこと

正確に言うと、「ブラックリスト」なるものは存在しません。個人信用情報機関に登録される延滞、破産などの事故情報全般がつくことを、「ブラックリストに載る」と表現しているだけです。

私たちが金融機関から借金をすると、全ての情報が情報機関に記録されます。こういった情報は金融機関同士で共有でき、新たな審査を受ける時に判断材料として使われます。

【デメリット2】クレジットカードの新規発行が通らなくなる

主に買い物やキャッシュレス決済に使う目的でも、クレジットカードを新しく持つ場合はカード会社や金融機関の審査を受ける必要がありますが、ブラックリストに載っていると審査に通りません。

たとえ借金を完済していても、今後も滞納を繰り返す可能性が高い人物として評価されてしまい、信用されないのです。

【デメリット3】カードローン、住宅ローンが通らなくなる

ちょっとお金が足りない時にカードローンは便利ですが、これも借金です。ブラックリストに載っている間はローン審査に通らず、お金を借りることはできません。

住宅を購入する場合はまず住宅ローンを利用して、長期間に渡って返済していくのが一般的。ですがブラックリストに載ってしまうとこの審査にも通らないため、生活がしにくくなります。

返済を滞納してしまい「0120362633」から電話が来たときには債務整理も検討しよう

債務整理

お金がないからと「0120362633」の電話を無視して、返済をただ引き延ばしていくのは好ましくありません。借金には金利がつきものですから、返済が長引くほど利息が膨らんでしまいます。

加えて高い利率の損害遅延金も請求されるため、返済できない時は無視するのではなく、債務整理することをおすすめします。

法律のプロに相談して不安を少なくしよう

クレジットカードは誰でも利用できますが、返済に滞ると何かと不安なもの。金融知識がないために割に合わない金利で返済をしていたり、いつまでたっても借金が減らないと悩んだりするかもしれません。

依頼料はかかるものの、弁護士や司法書士などのプロに依頼をして債務整理をすれば、諸々の不安から解放されます。面倒な金融機関との交渉もお任せでき、スムーズに借金問題を解決できますよ。

プロと一緒に計画を立て返済に取り組もう

素人が返済計画を立てると見通しが甘くなりがちですが、債務整理を行う弁護士や司法書士は借金解決のプロ。本人の収入や生活状況を加味して、より現実的な返済計画を作る手助けをしてくれます。

自分にあった計画にカスタマイズできれば、返済がしやすくなりますよ。滞納や督促に怯える必要が無くなって、前向きに返済に取り組めるのも魅力ですね。

任意整理や個人再生で返済猶予や借金の減額交渉を行おう

債務整理にもいくつかの種類がありますが、おすすめなのは任意整理や個人再生です。特に任意整理の場合はプロの仲介で金利や返済期間を見直し、金利負担を大きく減らせるメリットがあります。

個人再生の場合は裁判所に申し立てが必要ですが、借金の返済額を大きく減らせる可能性があります。自己破産と違って住宅を残すことができるため、生活の立て直しがしやすくなりますよ。

「0120362633」からの電話をきっかけに債務整理をすることになったら専門家に依頼しよう

JCBカードの調査デスク、「0120362633」からの着信を無視し続けて悩んでいる人におすすめの、債務整理のプロをご紹介しましょう。

気軽に相談ができる人気の事務所を厳選していますが、気後れして相談がしにくい場合は、ネットの無料減額診断から始めてくださいね。

今回紹介するおすすめの債務整理専門家は、

  • みつ葉司法書士事務所
  • ウイズユー司法書士事務所
  • 東京ロータス法律事務所

以上の3つです。

それでは、詳しく一つひとつ説明していきますね。

みつ葉司法書士事務所

みつ葉 債務整理事務所

みつ葉司法書士事務所の評価
今までの実績
(5.0)
口コミ評価
(5.0)
価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

みつ葉司法書士事務所は最近テレビCMでも宣伝をしている、急成長している司法書士事務所。なんと債務整理などの借金問題を専門とする司法書士が約60名が所属していて、全国規模で借金に悩む人の相談に対応しています。

みつ葉司法書士事務所はメールや電話で24時間、365日間いつでも相談できるため、仕事で忙しい人でも安心。費用は成功報酬制で、リーズナブルな価格設定なのも魅力です。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー

ウィズユー司法書士事務所の評価
今までの実績
(4.5)
口コミ評価
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

ウイズユー司法書士事務所は大阪にある事務所。特に闇金の債務整理に強いといわれていますが、業務範囲が幅広く、クレジットカードの債務整理も親切丁寧に対応してくれると定評があります。

アクションもスピーディー。最短で依頼したその日の内に、金融機関からの取り立てがストップする頼もしさです。一刻も早く借金から解放されたい人におすすめですよ。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

今までの実績
(3.5)
口コミ評価
(3.5)
価格
(3.5)
総合評価
(3.5)

ロータス法律事務所は東京に事務所がありますが、全国規模で無料の債務相談を展開していいます。任意整理だけでなく個人再生や自己破産などの実績も高く、安心して任せられると評判ですよ。

弁護士費用としてはリーズナブルで利用しやすく、分割払いにも対応しているのも人気の一つ。司法書士と違って金額の上限もなく、あらゆる借金問題に対応できるため、クレジットカードで高額な借金を抱えて返済に悩んでいる人でも安心です。

【まとめ】「0120362633」からの電話は無視せずに対応しよう

見覚えのない電話番号の着信は無視しがちですが、「0120362633」のダイヤルはすぐに出た方が無難です。JCBカードからの大事なお知らせの可能性があるため、早めに対応しておきましょう。

「0120362633」の着信を無視して滞納していると財産の差し押さえに発展し、個人信用情報に傷がつくリスクも否定できません。カードの滞納も債務整理できますから、前向きに対処していきたいですね。

その他の電話番号に関する記事!

【0222117258から電話がかかってきた理由とは?】

02221172580222117258からの電話は無視すると危険!奨学金の滞納が原因かも

【0367387130の電話を無視してはいけない!三井住友VISAカードの支払滞納の督促】

03673871300367387130の電話を無視してはいけない!三井住友VISAカードの支払滞納の督促