借金を滞納してしまったら自己破産するしかない?他の手段は?

借金を滞納して高額になってしまったら、自己破産の手続きを考える人が多いかと思います。ただ、その考えは本当に正しいのでしょうか。

自己破産で借金の滞納を解決できることは間違いありませんが、自己破産にはデメリットもあります。それを知らないで進めてしまうと、後悔することになるかもしれません。

自己破産だけではなく、もっと良い手段を考えてみませんか。今回の記事では、自己破産と借金滞納時のそれ以外の方法についても紹介します。

借金滞納を解決する手段は自己破産以外にもある

借金を滞納して返済に困ってきたら、脳裏に思い浮かぶのは自己破産かもしれません。確かに、自己破産は借金滞納時には有効な手段の一つです。

でも、借金滞納を解決する手段が自己破産だけしかないと思っているなら、それは間違いです。実は、自己破産以外にも借金滞納を解決する手段は他にもあります。

もし、今自己破産をしようか考えているなら、少し時間を取って記事を参考にしてみましょう。あなたにとってより良い方法が見つかるかもしれませんよ。

そもそも自己破産とは?

借金を滞納したとき、自己破産を選択せざるを得ないこともあります。その前に、そもそも自己破産がどのようなものかを把握しておきましょう。

まず、自己破産は借金を滞納したからと言って誰でもできるわけではありません。借金を滞納してこれ以上返済することができない、つまり返済不能な状態になって初めて自己破産ができます。

自己破産というのは、裁判所に破産申立書を提出して裁判所で認められれば、すべての債務を免除してもらうことができるものです。自己破産が認められれば、滞納した借金を支払う必要はなくなります。

自己破産によるデメリット

借金

前述で自己破産をすれば、滞納した借金の返済をする必要がなくなると説明しました。それだけを見れば、自己破産は借金滞納者にメリットが大きいように見えます。でも、自己破産には借金が免除されだけのデメリットもあります。具体的には、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 生活必需品を除く財産の処分
  • ブラックリストへの記載登録
  • 官報に公告される

当然のことですが、借金の滞納を免除してもらえる代わりに財産を持つことはできません。財産の代表的なもので言うと、車や住宅ですね。

また、ブラックリストへ掲載され信用情報に傷がつくため、5~10年間は新規に借入やローン、クレジットカードの発行などもできなくなります。

さらには、「官報」という国が発行する機関紙に住所や氏名が公告されてしまいます。しかも、自己破産の手続き中には公的資格を使った仕事ができなくなるほか、住所の移転もできません。

自己破産は必ずしも選んではいけない手段ではない

自己破産はデメリットも大きく、できるなら避けたい手段です。とは言え、多額の借金を滞納してしまい、生活に大きな支障がある場合は自己破産を一つの手段として考えることも大切です。

確かに、信用情報に傷が付いたり、自己破産後の生活が制限されることは免れません。でも、多額の借金の返済の目途が立たないにもかかわらず、そのまま滞納を続けていると借金額が膨らんでいくだけです。それでは、何の解決にもなりませんね。

自己破産の最大のメリットは、滞納した借金の債務がずべて免責されることです。また、債権者からの取り立てや訴訟が停止されます。そういう生活から抜け出したい人には、自己破産を選ぶことも有効なのではないでしょうか。

自己破産をすれば、給料の差し押さえもされないので、生活の立て直しをすることもできますよ。

自己破産以外の手段として任意整理や個人再生がある

自己破産は、必ずしも選んではいけない手段ではありません。ただ、借金の滞納問題を解決するためには、自己破産以外の方法もあることを知っておきましょう。

自己破産を選択するまえに、自分に合った他の手段はないか検討することも大切です。

任意整理

任意整理というのは、債務整理手続きのうちの一つの手段です。簡単に言うと、借金にかかる利息を見直しして、今滞納している借金の減額が可能になります。

多くの場合、借金を滞納すればするほど利息分の支払いが多くなるので、借金が膨らんでいきますね。任意整理では、借入時にさかのぼって利息制限法の上限金利で借入額を再計算します。そこで、原則的に利息分はカットした上で、元本のみを分割で返済するという方法を取ります。

つまり、任意整理を行えば滞納している借金が元本分のみになるので、大幅に借金の額を減らすことができるというわけです。

個人再生

個人再生というのは、滞納している借金を原則として5分の1に減額させる手段のことです。残りの5分の4の借金は免除してもらうことができます。減額してもらった借金は、3年~5年で分割返済していきます。

ただし、任意整理とは異なり、個人再生は裁判所を通じて手続きしなければなりません。裁判所に再生計画が認められて初めて、滞納した借金の減額が認められます。

借金滞納は専門家に相談してみよう

借金滞納問題を解決するためには、自己破産以外の方法もあることがわかりましたね。でも、自分ではどの手段がいいのか分からない場合もあるかと思います。

そんなときは、専門家に相談しながら自分に合った手段を見極めるのがおすすめです。

無料の減額診断

専門家に相談したい気持ちはあっても、法律事務所まで赴くのが困難な人や相談だけしてみたいという人は、減額診断がおすすめです。

各法律事務所のホームページには、無料の減額診断趣味レーターが用意されています。ネットで、幾つかの質問に答えていくだけの手軽さと無料であることが魅力です。

減額診断では、どのくらい借金が減らせるのか、月々の返済がどのくらいになるのかなど、大まかなことがわかります。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題を専門に取り扱っています。何度でも無料で相談ができるので、完全に納得ができてから着手してもらうことが可能です。

東京にある法律事務所ですが、定期的に地方での無料相談会も行っています。土日対応しているので、平日は仕事がある人でも相談しやすいでしょう。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所は、債務整理の相談実績が230000件以上と多く、借金問題に特化した法律事務所であることがわかります。

相談は無料ですが、当然ながら着手金や報酬は必要です。でも、ここにもアヴァンスならではの借金に悩む人への配慮があります。実際にかかった費用は30日後でいいので、その間に生活の再建ができるのです。また、分割払いも可能ですよ。

アヴァンスレディース

アヴァンスには、女性専門のアヴァンスレディースもあります。法律事務所は男性が多く、借金問題の悩みを抱える女性は相談しにくいことがあります。でも、アヴァンスレディースは女性スタッフが対応してくれるので、女性でも相談しやすいです。

また、即日受任が可能なので、相談してすぐに着手してもらえるところもおすすめポイントです。

自己破産以外の手段でも借金滞納を解決する道はある、まずは専門家に相談を

借金を滞納してしまったら、自己破産しか手段がないのかどうかについて解説しました。結論から言えば、自己破産以外にも借金問題を解決する方法はあります。

ただ、今の借金の状態にはどの手段がいいのかを自分で判断するのは、なかなか難しいでしょう。だからこそ、簡単に自己破産を選択しないで、まずは専門家に相談してみましょう。