借金の返済方法に極意ってある?どこに気を付けたら良い?

整理

軽い気持ちで借金をしたものの、返済に苦しんでいる方も少なくないでしょう。そして借金を抱えていると、少しでも早く返済してしまいたいと思うことは自然なことです。

借金を返済していくこと自体が簡単なことではないのに、少しでも早く返済することは可能なのでしょうか。この記事では借金の返済に関するあらゆる極意をご紹介していきます。

借金返済の極意は「少しでも早く」完済すること

借金は最初に借りた金額だけを払っていけばいいわけではありません。借金には利息がかかっており、返済期間が長くなればなるほど払う利息分も増えていくことになります。また返済日を過ぎてしまうと、遅延損害金もかかってしまい、更に支払い金額が増えてしまうことになります。

つまり、少しでも早く完済することができれば、その分利息がかからなくなるため、結果的に楽になり、払う金額も少なくなります。

少しでも早く借金を返済する極意は?

借金は早く返した方がいいと頭では分かっていても、余裕をもって返済できない状況は誰にでもあります。

借金は額が多くなればなるほど、返済は難しくなります。だからこそ借金にしっかり向き合って計画を立てていくことが重要となります。

ここでは借金を少しでも早く返済するコツをご紹介していきます。

①借金の正確な残高を知る

借金を少しでも早く返済するための一歩として重要なことは、借金の正確な残高を知ることです。借金の返済に苦しんでいる方には複数の金融機関からお金を借りている多重債務者が多い傾向にあります。その場合、毎月どの機関にいくら返済しているのかすら分かっていないケースが多いです。

借金を少しでも早く返済するためには、どこの金融機関からいくら借りていて、毎月いくら支払う必要があるのかを把握しておく必要があります。

②1ヶ月の収入と支出を書きだす

あなたは収入に見合った支出を行っていると言えるでしょうか。借金の返済に苦しんでいる方は、自分の1か月の収入と支出を把握していない方が多い傾向にあります。

収入と支出を書き出し、自分の目で確かめることで無駄な出費や節約できるものが見えてくるはずです。外食の回数は多くないですか?携帯代は高くないですか?自分の生活を見直してみる良い機会にもなります。

③①と②を踏まえた上で借金の返済計画を立てる

自分が抱えている借金の詳細と、収入と支出を把握しただけで安心してはいけません。次は借金を返済していく計画を立てましょう。

毎月の家計簿の中に、借金の返済額も加えてください。毎月いくらずつ払っていけばいつまでに完済できるのかを計画することで、完済期日目標が明確になり、返済するモチベーションもアップするはずです。

借金返済における心構えの極意

借金額を把握し、返済の計画をしただけでは借金を完済することはできません。返済をしていく上での心構えも重要となります。心構えがなければ、すぐに心が折れてしまい、元の何も把握していない生活に戻ってしまうかもしれません。最悪の場合、さらに借金を重ねてしまうことにもなりかねません。

そのような状況にならないためにも、ここで借金返済における心構えの極意をご紹介します。

借金を重ねない

借金を少しでも早く返済するためには「もう二度と借金はしない」と決意することが大切です。パチンコや競馬が大当たりすれば一気に借金の返済ができるだろうと考える方や、買い物が好きでリボ払いならしても良いかなと考える方もいるでしょう。その甘い考えが借金を増やし、返済が難しくなる状況を作り出してしまうのです。

借金を早く返済したいのに、新たに借金を増やしてしまっては意味がありません。返済すると決めたからには強い意志を持って取り組むようにしましょう。

繰り上げ返済を駆使する

繰り上げ返済は毎月の決まった返済額にプラスして返済することです。通常の返済額の中には利息も含まれています。しかし繰り上げ返済をすると、その返済は全て元本にあてることができます。

つまり元本を減らすことができるので、今後支払っていく利息を減らすことができるわけです。利息を減らすことができるということは、トータルの返済額も減らすことができるということです。そして返済の期間を短くすることができます。ボーナス月や節約を実行してお金に余裕がある月は少しでもいいので繰り上げ返済を行い、元本を減らすと良いでしょう。

毎月減っていく返済残高を確認する

ただ借金を返済しているだけでは、その返済実績を把握することができません。毎月順調に返済をしていくと、当然残高が減っていくことになります。その額をしっかりと確認するようにしましょう。今まで返済した金額と返済残高をノートやパソコンで管理することで、数字で確認ができるので、進捗状況を一目で見ることができオススメです。

借金の返済で大切なことは気持ちで負けないことです。自分を甘やかしてしまったり、心が折れてしまったりすると、また借金をしてしまい、元の生活に戻ってしまいます。どんどん減っていく残高を毎月確認し、モチベーションをアップさせるようにしましょう。

借金返済中は適切にメンタルをケアする

借金を返済するためには気持ちが大事ですが、あまりにも張りつめて頑張りすぎてもストレスが溜まってしまい、しまいには心が折れてしまいます。そうならないためにも適度にリフレッシュして、メンタルケアすることが必要です。

とは言え、ショッピングや高い外食をしてしまっては、新たに借り入れをしてしまう状況になりかねません。スポーツや映画鑑賞など、あまりお金のかからないようなリフレッシュ方法を見つけ出すと良いでしょう。

生活面における借金返済に係る極意

借金を返済していくためには、生活面も改善していくことが必要となります。収入を大幅に増やすことはできませんが、毎月の支出を見直して減らすことは誰でもすぐに実践することができます。

ここでは借金返済をしていく際の生活面において、どのような対処を行っていけばよいかをご紹介していきます。

日常的な収支を見直し、節約できるところは節約する

まずは毎月かかっている固定費を見直すと良いでしょう。家賃や光熱費を減らすことは難しいでしょう。しかし交際費や服飾費などは減らすことが可能です。食事はできるだけ外食をせず自炊をすることで、大幅に支出を減らすことができるでしょう。

またスマホやインターネットを使わないことは現実的ではありません。しかし、スマホの料金プランを見直したり、格安スマホへ変更したりすることで5000円以上も節約することが可能になります。

そしてタバコを吸っている方はタバコを辞めるだけでも毎月の支出を減らすことができます。コンビニに行く回数も減ることになり、無駄な出費を減らすことができるでしょう。

口座からのお金の出入りを適切に管理する

家賃や光熱費の支払い、携帯代まで全てクレジットカード決済や口座振替を利用している方がほとんどなのではないでしょうか。また最近では現金ではなく、キャッシュレス決済を利用している方も少なくないでしょう。現金を持ち歩かずに気軽に支払いをすることができ、ポイントもつくため、非常に便利です。しかし口座からいくら払っているのかを把握しにくいというデメリットもあります。

毎回記帳に行くか、ネットバンキングを駆使し、口座にいくら入っていて、いくら出ていっているのかを管理するようにしましょう。

所持するカードの枚数を減らす

クレジットカードを何枚も持っている方も少なくないでしょう。それぞれのカードには利用できる上限額がありますが、複数枚を所持していると、1枚で上限額に達しても他のカードで払えばよいと思ってしまいがちです。

自分でコントロールができるのであれば、クレジットカードを複数枚持つことは問題ありません。むしろ、お店によりクレジットカードを使い分けることで、うまくポイント獲得ができるというメリットもあります。

しかし、借金に困ってしまうような方は自制することができず、どんどんクレジットカードを利用してしまうことも考えられます。そうならないためにも、所持するカードは減らした方が得策と言えるでしょう。

1日の使用金額に上限を設定する

収入と支出を見直して月に使用できる額を決めたとしても、うまくコントロールできなければ意味がありません。月の前半に使いすぎてしまい、後半にお金が無くなってしまうという状況になれば、決めていた額以上を使ってしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも月に使える金額を日割りで計算し、1日の使用金額を決めておくと良いでしょう。そして1日の使用金額を決めておくだけでなく、財布にはその金額しか入れておかないようにすると使いすぎる心配もありません。

無理をしないことも借金返済の極意

連帯保証人になってはいけない

借金を早く完済するためには無理をしないことが大切です。早く返済したいがために毎月の返済金額の設定を無理な金額にしてしまうと、逆に返済ができない状況に陥ってしまいます。返済ができなくなってしまっては意味がありません。

借金を早く返してしまいたい気持ちも分かりますが、自分の返済能力に合った返済金額を設定するようにしましょう。

無理をして体を壊すと借金返済が長引く可能性がある

借金を早く完済しようと意気込み、節約するために食費を減らそうとすると体を壊してしまうかもしれません。また少しでも収入を増やすために、休む暇もなく働き詰めになってしまうと、過労で倒れてしまうかもしれません。

しかし体を壊してしまうと、ベースの仕事にすら行けなくなってしまう可能性があります。そうなると安定した収入を得られなくなってしまい、逆に借金の返済が長引いてしまう可能性があります。

借金を返済していくためには、健康でいることが大切です。何をするにおいても体が資本です。早く借金を完済するためにも健康には心掛けましょう。

借金を根本から解決する極意

借金を返済するために、借金を把握し返済計画を練ったり、生活を見直したりすることは非常に重要です。しかしあまりにも多額の借金に困っている場合は、そもそもの借金の支払い額を減らすという方法も検討すると良いでしょう。

ここからは借金を根本から解決する極意である3つの債務整理についてご紹介していきます。

任意整理

任意整理とは裁判所を介することなく、直接各金融機関と債務者が交渉することで借金の利息や遅延損害金を免除したり、毎月の支払い額を減らしてもらったりする手続きのことです。手続きを行う際は弁護士や司法書士などの専門家に相談すると良いでしょう。

任意整理は利息などを免除することはできますが、基本的に借金の元本を減らすことはできません。そのため比較的に借金総額が少ない方に向いていると言えるでしょう。

また「信用情報に金融事故の情報が記載される状態=ブラックリスト入り」になってしまうため、一定期間は新たに借り入れやクレジットカードの作成ができません。

個人再生

個人再生とは裁判所に借金返済が難しいことを申し立て、認められれば借金を大幅に減額することのできる手続きです。マイホームを手放すことなく、借金を減らすことができるのが特徴です。また裁判所を通して行うため、金融機関の同意が得られなくても成立させることが可能です。

ただ個人再生を行うためには借金の総額が5000万円以下であり、収入が安定していることが条件となります。また任意整理と同じくブラックリスト入りとなるため、一定期間は新しくローンを組んだり、クレジットカードを作成したりすることができません。

自己破産

自己破産は借金を返済できなくなったことを裁判所に認めてもらい、借金をゼロにしてもらう手続きです。借金を無くすことはできますが、マイホームやマイカーなどの財産を没収されることになります。またブラックリスト入りすることになるので、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作成したりすることはできません。

あまりにも多額の借金があると、借金の取り立てに苦しんでいることでしょう。自己破産は財産を没収されてしまうデメリットはありますが、借金が無くなるため、生活を再起させる余裕ができるメリットもあります。

極意を押さえて借金を返済していこう

借金は返済期間が長くなればなるほど、利息が多くなり、トータルで支払う額が高くなってしまいます。そのため、少しでも早く完済することがベストと言えるでしょう。

返済計画を練ったり、節約を頑張ったりすることはもちろん大事ですが、最も大切なことはモチベーションを維持し続けることです。自由に使える金額も減り、節約しながら借金を返済する日々は苦しいでしょう。

挫折しそうになった時はぜひ借金を返済し終わったら、どんなことがしたいか想像してみてください。「欲しかった車を買う」「旅行に行く」「結婚する」など何でも構いません。きっともう少し頑張ってみようという気持ちが芽生えるはずです。