借金の返済を短期間で終わらせたい!そのために重要なことって?

利息は増える

借金は、期間が長くなるほど、利息が発生するものなので、できるだけ短期間で終わらせたいものです。そこには、きちんとした返済計画が求められることになります。また、収入と収支のバランスも非常に重要になるのです。

今回は、借金をできる限り短期間で完済するための方法について、詳しく解説していきたいと思います。

借金を短期間で返済するにはしっかりと返済計画を立てることが重要

時効借金を返していく際には、できるだけ短期間で完済したいというのは、誰しもが思うことです。短期間で完済することによって、精神的にも楽になり、かかる利息も抑えることができるので、経済的にも楽になります。

それを実現させるには、しっかりとした返済計画を立てることが非常に重要で、それなしではおそらく不可能に近いでしょう。

借金を短期間で返済する計画を立てる上で重要な要素

重要

短期間で借金を完済したいと思うだけなら誰でもできます。それを実行に移すためには、まずは収入と収支を確認した上で、綿密な計画を立てる必要があります。

借金の残高を正確に把握する

まず、借金の返済計画を立てる上で、借金の残高を正確に把握していなければなりません。現在どれほどの借金があるのかによって、返済計画も大きく変わってきます。借金している人は、自分の借金を正確に把握していない場合が意外と多い傾向にあります。

収入からどれだけ借金返済に回せるかを計算する

借金を返済する為には収入が非常に重要ですが、その中でどれだけ返済に回せるのかによって完済期間が変わります。現在の支出を加味しながら、できる限り返済に回していけるように調整していきたいものです。

その際の支出をギリギリまで抑えるということも、短期間で完済するためには必要なことです。

利息も計算し、借金完済に掛かる期間を調べる

毎月の返済額を算出したら、いよいよ金利から利息を計算して、実際に完済までの期間を調べます。その期間によっては、もう少し返済額を上げる必要があるかもしれません。

これ以上の支出の切り詰めが難しく、現在の収入で不足していれば、副業などで収入を上げることも手としてあります。

短期間で借金を返済するために生活面で重要なこと

短期間で借金を完済するためには返済計画ももちろん重要ですが、それに見合った生活を意識する必要があります。毎日の生活においてお金に対する意識を高めなければ、いくら返済計画を立てても無意味になってしまいます。

1ヶ月の収支を管理する

毎月の収入と支出をこと細かく管理することで、お金の流れをよく把握することができます。お金の管理がきちんとできない人は、いくら返済計画を立てても必ず破綻します。

お金を貯めるしかり、お金を返すしかり、どちらもお金の管理がきちんとできないことには実現しません。

本当に必要な出費か?を確認する

いくら借金の返済の為に節約をしていても、たまには買い物したくなるときがあると思います。しかしその場合、本当に必要なものなのかを今一度確認したいものです。

お金の無駄遣いをしないことが、毎月の支出を抑え、短期間での完済を可能にするのです。

借金の借り増しをしない

借金を早急に返したいのであれば、新たに借金を作るのは止めた方が良いです。その理由は言うまでもないですが、おそらく切り詰めすぎてパンクしたのかもしれません。

返済額を切り詰めることは悪いことではないですが、それで生活が困窮しては本末転倒です。

短期間で借金を返済するためのコツ

50万円まで

実際に短期間で借金を返済していくためには、どのようなコツが必要になるのでしょうか?まずは絶対的に収入を上げる方法が最良で、他には繰り上げ返済という方法もあります。

繰り上げ返済で借金を早く減らしていく

借金の返済には、繰り上げ返済という方法があり、毎月一定の金額を返済する以外に、お金に余裕ができた場合など、イレギュラーな返済ができます。この繰り上げ返済を活用していくことによって、当初の返済計画よりも短期間での完済が可能となります。

元々計画にない返済で、また自分の好きな時にできるので、利便性が高い方法です。

在宅でできる副業を探す

副業したいけど、メインの仕事の拘束時間が長くて、とても時間が取れないということであれば、在宅でできる仕事を探してみるのも1つの手です。在宅でできる仕事であれば、家にいる間の好きな時に仕事ができるので、とても気軽に稼ぐことができます。

デメリットはそのケースであれば、本当に少額しか稼ぐことができないということですね。

掛け持ちでアルバイトをする

短期間で借金を返すには、やはり収入を上げることに尽きます。メインと仕事と並行して、アルバイトの掛け持ちを行うことで、一気に収入を確保できますね。

自分の身体が許すのであれば、この方法が最良の方法かと思います。

金利の低いローンに借り換える

現在の借入先よりも、金利の低い借入先に借り換えを行うことで、金利によってかかる利息をグッと抑えることができます。問題は審査に通るかどうかですが、実現すれば大きく返済が楽になるはずです。

この方法は借金の返済をする上で、賢い方法として知られています。

借金額が大きく短期で返すのが難しい場合にできること

できること

短期間で完済したいものの借金額が大きすぎて現実的に難しい場合は、あまり無理しないほうが良いでしょう。気持ちはわかりますが、確実に返済していける道を取ることが重要です、

無理に短期間での返済を狙わず地道に借金を返済していく

毎月滞りなく返済を行うこと

確かに、短期間で返済していくことは非常に大事なことです。しかしそれ以上に、毎月決められた期日までに確実に返済していくことが何より大切なのです。短期間での完済計画を立てる際は実現可能なレベルでの計画にすることが、滞りなく返済していくための秘訣です。

余裕ができそうと判断したら返済額を増やしていこう

繰り上げ返済という方法があるので、何も毎月の返済設定額を高くする必要はありません。そうしてしまうと、変に自分の中で重圧に感じてしまい、場合によっては生活が苦しくなってしまうことになります。

なので、毎月の返済額は抑えて、余裕ができたと判断したときに、常時返済していくスタイルの方が、うまくいくかもしれません。

弁護士など専門家に相談する

素人がいくら悩んでも答えはでないと思います。返済に困ってしまったら、やはり弁護士などのプロの専門家に相談するのが得策です。

プロ目線での的確なアドバイスがもらえるかもしれませんので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

借金返済で困ったら債務整理を検討するのも手

整理

借金問題に困ったら、やはり債務整理が最良かと思います。借金状況に合わせた最適な方法が選択できるのも、債務整理の強さになります。

任意整理

債務整理の中で、唯一裁判所を通さない方法が、この任意整理になります。借入先との話し合いによって、円滑に合理的に借金の解決が図れます。

その際、利息カットを譲歩されるので、借金の返済が一気に楽になります。

自己破産

債務整理の中で、最大の減額率を誇る自己破産は、借金をゼロにすることが可能です。しかしデメリットも大きく、所有する財産を全て放棄しなければならないので、扱いに困る方法です。

また、ブラックリスト入りしてしまうことになるので、向こう5年はローン組みなどができなくなります。

個人再生

借金が大きければ大きいほど、その利点が大きくなる個人再生では、最大で4/5もの借金の減額が可能になります。その代わりに、借入先より3年または5年での完済計画を求められますが、減額幅でいうと、十分可能な範疇です。

自己破産のような借金ゼロという結果ではないですが、財産を残したままできるというのが、非常に大きいですね。

借金返済・債務整理についてお薦めの相談先

相談

実際に専門家に相談するとして、どの法律事務所にしようか迷ってしまいますよね。なので、借金問題の解決に非常に評判の高い事務所をいくつか紹介します。

東京ロータス法律事務所

東京都台東区を拠点とする同事務所は、債務整理に非常に力を入れています。その豊富な実績で数多くの件数をこなしており、まさに借金解決のエキスパートと呼べる事務所です。

またかかる費用も同業他社と比較すると安価であり、特に任意整理の費用の安さは抜けています。

アヴァンス法律事務所

大阪市中央区を拠点に活動している同事務所ですが、減額報酬が無料となっており、利用者に優しい待遇となっています。また、アヴァンスレディースという女性専用の窓口があるので、女性でも安心して利用することができます。

24時間いつでも対応してくれる安心感もあるので、非常に心強いですね。

東京ミネルヴァ法律事務所

CMなどメディア露出の高い同事務所は、その圧倒的な知名度に実績も比例しています。全国にかけて無料相談会を実施しており、数多くの件数をこなしてきています。

近年は過払い金請求にとても力を入れているので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

借金を短期間で返済するために収入と支出の管理はきちんと行おう

借金を短期間で完済するには、前もって収入と支出を管理をしている中で、きちんとした返済計画を立てることが必要です。その姿勢は決して間違ってはいないですが、短期間という部分にとらわれて無理をしてしまっては本末転倒です。

短期間で完済することは大事ですが、まずは毎月きちんと返済していくことが、最低限求められることになります。自分の収支に合った最適な返済額をもって、短期間での完済計画を遂行していくようにしたいですね。