150万円の借金があると結婚にどう影響する?

結婚相手に求めるものというのは人によってバラバラだと思いますが、借金があるということはできれば求めたくはない要素ですよね。むしろ借金がある人に対しては、様々な観点から将来的な不安を感じてしまいます。

その際は、相手だけではなく、相手の親なども巻き込んだ大きな要件となってしまう可能性も高いです。今回は、150万円という借金を抱えている場合の結婚に対する影響について、詳しく解説していきたいと思います。

150万円の借金は結婚に影響する可能性大

結婚に関わる150万円という借金があると、結婚において、大きな影響を与えてしまう可能性が高いです。そこには、結婚する相手に与える印象や、相手の家族に対して、将来的な不安を煽ってしまうという部分があります。

また、実際に借金の返済において、少なからず生活における支出が多くなってしまい、相手に迷惑がかかってしまうことがあります。

150万円の借金があると相手の親に結婚を反対される?

借金があることによって、相手の親に反対される可能性があります。親というものは、自分の子供には結婚しても、お金で困ってほしくないと思うものです。

結婚を考えていても借金が理由で振られてしまう

交際から結婚を考える前に関係が進展しても、借金という理由によって振られてしまう可能性があります。

交際している段階では問題ないのかもしれませんが、結婚を考えるとなると現実的に物事を考えるのは普通のことです。その際に借金があるという事実は非常にシビアな問題であり、結婚後の経済状況は良いとはいえません。

婚約後に借金が理由で婚約破棄される

実際に婚約したとしても、借金が理由で婚約破棄も充分あり得ます。それほど、借金という存在は、結婚を考えた時に重要視されるのです。結婚には確かに愛も大切ですが、愛だけでは食べていくことはできません。

借金が理由で相手の親に反対される

相手との関係がどれだけ良好であっても、借金があるという事実1つで、周囲の目は冷ややかになります。そこには相手の親という存在があり、結婚は2人だけの問題ではないのです。

親からしてみれば、150万円もの借金を抱えている人と結婚なんてことになれば、結婚生活に不安を感じてしまいます。

借金150万円があるなら誠実な態度で結婚前に話しておこう

結婚前に、相手に借金のことを伝えると、最悪破局も考えられますが、だからといって話さないというのはダメです。そのまま結婚したとしても、借金は正当な離婚理由になるので、結婚前にきちんと話しておくことが重要です。

借金の存在を自分から話すことで後からバレて印象が悪化することを避ける

自分から今伝えるのと、後からバレるのは、どちらがよい印象を与えるのかは、考えるまでもありませんね。後者は確実に悪い心証しか与えませんし、結婚したとしても、最悪離婚の理由になる可能性すらあります。

確かに借金は良い印象は与えないですが、自分からきちんと話しておくことで、事態が大きくなることはないと思います。

誠実な態度で結婚したい意志があることも伝える

借金を自分の口から話すことは当然として、その際に誠実な態度をもって、改めて結婚したいという意思をしっかり伝えることが大事です。相手に、借金があるというマイナスな印象を与えることになっても、誠実に伝えることで、理解してくれる可能性があります。

その際は、返済計画なども合わせて伝えることができれば、借金を解決しようとする強い意志を見せることができるはずです。

借金150万円を結婚前に完済するためにできること

利息は増える

相手と心置きなく結婚するには、結婚前に150万円という借金を完済しておきたいものです。そのためには、一体何ができるのでしょうか?

ファイナンシャルプランナーにお金と返済の事を相談してみる

お金の問題であれば、ファイナンシャルプランナーに相談することで、打開策を見出せるかもしれません。ファイナンシャルプランナーは、様々なお金に関する問題を解決してくれるエキスパートです。

今回の150万円という借金の件以外にも、その後の結婚生活において、重宝される存在になります。

毎月の支出を減らし、借金の返済額を増やせないか検討する

現在の支出を確認してみた上で、削られそうな部分を、借金の返済額に充てるようにしたいところです。家賃などの固定費は難しいですが、光熱費や通信費、交際費などであれば、自分次第で減らすことはできるはずです。

収入を上げるように努力するよりは容易に行えるので、まずは生活レベルを見直してみることです。

副業で収入を増やす

借金の返済を行う上では、収入が絶対的な軸ですので、副業によってその収入を上げることで、返済が一気に楽になります。もちろん、収入があればあるほど完済までの期間は短くなりますが、だからといって働きすぎないように注意してください

働きすぎて身体を壊すようなことがあっては、本末転倒です。

結婚前に借金150万円を完済できない、そんなときは?

結婚前に借金の完済を目指していたが、完済の目途が立たなそうであった場合、どうしたらよいのでしょうか?その場合は相手に返済計画を示したり、また具体的な解決には債務整理をする必要があるかもしれません。

以下について、それぞれ解説していきます。

独力での借金返済計画を立ててパートナーに示す

結婚前の借金の返済ができない場合は返済計画を相手に提示して、誠意を伝えることが大事です。仮に借金があっても、返済に前向きであるということで、少しでも良い印象を与えることができます。

また、それだけ結婚に対する意識が高いのだと思われる可能性もありますね。

債務整理しても良いかパートナーに相談する

早急な借金の解決を図るのであれば、債務整理が最良かと思います。150万円という借金であれば任意整理で利息のカットが見込め返済が一気に捗り、個人再生や自己破産は150万円では大きな利点はないですが可能です。

しかしこのような債務整理を行う際は、後々トラブルにならないように必ず相手の承認を貰ってからにしたいところです。

150万円の借金が相手に迷惑を掛けないようにしよう

根本的になぜ結婚前に借金の完済をしなければならないのかというと、結婚する相手に大きな迷惑をかけてしまうからです。結婚前の借金は夫婦間の借金にはなりませんが、結婚することで生計が同じになり、その際に生活費からその借金の返済に充てることによって、少なからず生活レベルが落ちることになります。

なので、借金がある事実を相手が受け入れてくれた場合は、その後の返済はあくまでも自分のお金の範疇でするという約束をする必要がありますね。相手が理解してくれたとしても、その心意気に甘えることなく、自分のケツは自分で拭くことが誠意です。

150万円の借金は結婚を断られる理由になり得る

結婚しようとしている相手が借金を抱えていたら、最悪結婚を辞退される理由に充分なり得ます。なので、できれば結婚前に完済しておきたいものです。

借金の事実は、必ず自分の口から伝えるようにすることで、相手に誠意が伝わりやすくなります。確かに借金をしているということは、良い印象を与えませんが、そこできちんと相手と向き合うことは何よりも大切なのです。