200万円の借金がある状況で結婚するにはどうするべき?

結婚は、人生において非常に大きな出来事になりますが、そんな結婚も借金によって、台無しになってしまう可能性があるのです。それは結婚前に借金を抱えていたことによって、結婚後の生活が大きく困窮してしまうというケースがあるからです。なので、できれば借金を完済した状態にして、結婚を迎えたいのです。

今回は結婚前に200万円という借金を抱えていた場合の結婚について、詳しく解説していきたいと思います。

Table of Contents

200万円の借金は高額だが、結婚前に完済しておきたい

独身時代には、車の購入や趣味に対して、200万円という借金をすることもあると思います。しかし、実際結婚するということになった場合には、その200万円という借金は、将来的なことを考えても、あまり良いとはいえません。

そのため、債務整理などを利用しながら、結婚前に借金の完済を済ませておくことが必要になります。

200万円の借金を結婚前に完済しておきたい理由

なぜ、結婚後には配偶者となる人ではあるが、個人の借金を完済しておかなければならないのでしょうか?そこには、様々なケースによる不具合が発生することがあるのです。

200万円の借金を理由に相手の親に反対される可能性がある

200万円という借金を抱えている事実を相手の親が知った場合は、結婚を反対される可能性が少なからずあります。親からしても借金のある人と結婚するなんて、そう簡単に許すものではありません。

結婚前から借金がある人は、相手の親からすれば結婚後の金銭面において前途多難な印象を与えてしまいます。

返済で生活が苦しくなる可能性がある

いくら結婚前の借金が結婚後の配偶者に影響しないといっても、実際に生活していく中でその借金の返済を行っていれば、少なからず生活に影響することになります。

しかも200万円という金額であれば、利息面を考えても毎月の返済額はそれなりになると予想されます。そうなってしまうと最悪離婚の理由にもなってしまう恐れがあるので、順風な結婚生活を送りたければ絶対に借金の完済が求められます。

借金が残ったままだと新たにローンが組めなくなる

結婚すると、住宅ローンや車のローンを利用するようになると思います。しかし借金が残った状態でいると、その新たなローン組みができなくなり、家や車などの大きな買い物ができないことになります。

このように、結婚後の生活の充実を図ることができなくなる恐れがあるのです。

200万円の借金がある人をパートナーはどう思うのか

実際に200万円も借金を抱えている婚約者について、相手はどう思うものでしょうか?おそらく、プラスに働く要件は一切なく、現在もそして将来的にも不安を覚えるはずです。

以下について、それぞれ解説していきます。

金銭面にだらしがない人なのかな・・・

借金に至った理由にもよりますが、おそらく金銭面にだらしがないという印象を与えることになります。中でも借金の理由が浪費によるものであったら、借金は定期的に続いていくことになり婚約者は大きな不安を覚えるはずです。

浪費癖があると心当たりがあるのなら、早急に専門機関を受診するよう促す必要がありますね。

一緒に生活していけるのか不安・・・

結婚前から200万円もの借金を抱えているのであれば、当然結婚後の生活にも不安を感じるはずです。また、借金によって家計の支出が多くなり、婚約者もまた長時間の労働を強いられる可能性もあります。

このように婚約者に将来的な不安を感じさせないためにも、借金を完済しておく必要があるのです。

他にも借金があるのではないか・・・

いくら婚約者としても、借金がある事実を知ってしまったら、その件については、疑うことしかしなくなってしまいます。200万円の他にも借金があるのではないか、という猜疑心が生まれてもおかしくはないです。

よからぬ疑惑を持たれないように、婚約者に借金を告白する際は、誠意を込めて話すようにしたいですね。

借金200万円があることは結婚前に正直に話しておこう

借金があるという事実は、確かに良いことではないですが、終わってしまったことなので、今更どうすることもできません。そんなことよりも大切なことは、婚約者にしっかりと事実を伝えることになります。

仮に借金がある事実を隠し続ていると、離婚の理由にもなるので、決して良い選択ではありません。誠心誠意伝えて、それでも婚約者が納得しなければ、それは仕方のないことだと割り切るしかないのです。

大事なことは隠さず伝えるくせをつけよう

これは、今だけにいえることではなく、これからにおいてもですが、大事なことはきちんと伝えることが大切です。自分のことを、ある程度理解してくれている婚約者でも、口に出していないことまでは、超能力者ではないのでわかりません。

また、大事なことを逐一報告することで、信頼関係も作られていきます。

信頼関係を築ける3つの伝え方

パートナーの気持ちを考えて言葉を選ぶ

相手に伝える際には、相手がわかるような言葉を選ぶことは大前提です。また、時には相手の気持ちを理解しつつ、言葉を探すことも必要なことです。

言葉や感情を省略しない

何かを伝える際には、言葉や感情を省略してしまうと、わかりにくいですし、変な意図で伝わってしまうという恐れがあります。また、自分勝手な考えで、わかってもらえると思わないことです。

他人のせいにしない

借金をしたのは紛れもなく自分であり、誰のせいでもありません。このように借金をした理由を他人のせいにするような人は、誰からも信用されません。

借金200万円を結婚前に完済するためには?

結婚前に200万円という借金を完済するためには、どのような方法をとる必要があるのでしょうか?まずは返済計画を立てることが必要で、早急な方法としては債務整理などがあります。

借金完済までにどれくらいの期間がかかるか把握する

借金が200万円あるという事実だけでは、借金の完済を図ることはできません。実際に金利などで利息を計算した上で、毎月の返済額を決めて、完済期間を把握することが必要です。

完済期間によっては、返済額をもう少し増額しなければならないこともあると思います。

毎月の支出を把握し、借金の返済額を増やせるか検討する

毎月の支出を今一度確認した上で、返済額の増額ができないかを見極めることも必要です。この場合返済を一番と考えて、余裕のあるお金を全て借金返済に充てていきたいところですね。

場合によっては、副業などで収入を増やすことも考えなければいけないかもしれません。

毎月の支出を減らせるか見直す

借金の返済も確かに大切ですが、それはあくまでも日々の生活ができるということが前提となります。その際に、無駄な支出を極限まで削り、返済に充てるお金を捻出することが必要です。

収入を上げるよりも、支出を見直すことのほうが容易にでき、自分次第でなんとでもなります。

パートナーに相談の上で債務整理を検討する

早急な借金解決となれば、債務整理が一番の方法になります。その際は相手に相談した上で行い、決して勝手にはやらないことです。

200万円という借金ですから、できれば個人再生による大幅な減額を検討したいところです。

結婚前に借金200万円を完済できない場合はどうするべき?

結婚前に自分で作った200万円という借金を完済しようとしていたが、結果できそうにない場合どうしたら良いのでしょうか?とりあえず相手にその旨をしっかり伝えて、場合によっては債務整理を選択する必要があります。

自分だけで借金を返済することを伝える

結婚前に完済しなくても、結婚後、その借金の返済は自分でするということを、まずは伝えることが大切です。当たり前のことですが、当たり前だからこそきちんとその旨を伝えておく必要があります。

結婚前に完済しようと思ったことは良いことですが、結果としてできなかったのならこれ以上相手に迷惑をかけることはできません。

生活水準を下げず借金を返済する計画を立てる

結婚後、借金の返済があるからと、生活水準を下げることは絶対にダメです。相手に大きな迷惑がかかっていますし、相手にとってその借金は関係のない話になります。

なので、結婚後完済に向けた返済計画を立てる際は、最悪あくまでも自分だけが困窮する形にしてください。

パートナーに相談の上で債務整理を検討する

債務整理は借金問題解決に大きな力となりますが、問題はどの債務整理を選択するかですね。任意整理や個人再生であれば、家庭において、そこまで大きな影響はないですが、自己破産を選択する際は注意が必要です。

確かに借金がゼロになり、すぐに借金問題の解決はできますが、最低でも5年はローン組みなどができなくなるので、結婚後すぐには、車や家などの大きな買い物はできなくなります。

200万円の借金は極力相手の負担にならないように

200万円という借金は確かに多額であり、返済には苦労することと思います。しかし、苦労するのはあくまでも本人だけに留めるようにして、相手にその影響を与えないようにすることが必要です。

それは、本人の個人的な借金ということもありますし、そうすることが少なからずとも誠意ということになるからです。

200万円の借金は結婚前に何とか完済しよう

結婚前に借金があるということは、相手にも迷惑がかかってしまう事態にもなりかねません。そのため、できれば結婚前に借金の完済をして、新たな生活をスタートするようにしたいところです。

200万円という借金なので、そう簡単に完済できるものではないので、早めに債務整理を行っておくと、円滑に返済を進めることができますね。せっかく結婚という新たな人生を迎えるというのに、お金で台無しにすることがあっては、目も当てられません。