20万円の借金が膨らむ前に!確実に返済するための方法とは

20万円の借金が膨らむ前に、確実に借金を返済する方法はあるのでしょうか。借金の話は珍しくないため、20万ほどの借金であれば苦しむことなく返済できるような気がしますよね。しかし、たかが20万だと考えていると、最初は20万だけだったとしても、借金は膨らんでしまうのです。確実に借金を返済する方法はあるのか、みていきましょう。

20万円の借金は返済期間が長くなれば利息が増えていく

20万円の借金は返済期間が長くなれば利息が増えていくものです。返済期間が長くなれば借金が苦しくなるというのは、20万の借金に限らず共通のことですが、20万は借金としては比較的少額で、返済しやすいと思ってしまう金額です。そのため油断してしまい、むしろ返済で苦しむことになってしまうことがあるのです。

20万の借金が返済期間によって、利息がどのように増えてしまうのか、見てみましょう。金利は18%とします。

半年で返済した場合

20万の借金を半年で返済した場合、返済額は210,627円となります。つまり、利息は10,627円となります。

元の借金が20万円で1万円の利息ということは、20万円の借金の20分の1を追加で支払うということです。1万円だけであれば、まだ借金の返済は難しくないですね。

1年で返済した場合

20万の借金を1年で返済した場合、返済額は220,027円となります。つまり、利息は20,027円となります。

元の借金が20万円で2万円の利息ということは、20万円の借金の10分の1を追加で支払うということです。2万円までならば、借金の返済はまだそれほど難しくないかもしれません。しかし、半年で返済した場合の2倍の利息がかかっていることは、頭に入れておきましょう。

2年で返済した場合

20万の借金を2年で返済した場合、返済額は239,627円となります。つまり、利息は39,627円となります。

元の借金が20万円で約4万円の利息ということは、20万円の借金の5分の1を追加で支払うということです。4万円となると返済が少々厳しくなってくる金額ではないでしょうか。1万円、2万円程度であれば少しくらい我慢をしたり、バイトのシフトを少し多めにしたりすればどうにかなる金額ですが、他のお金も支払いつつ4万円を支払うというのは、大きな負担となります。

このように、借金は返済期間が延びれば伸びるほど、支払わなければならない金額が増えていくのです。

借金20万円は短期で返済することが重要

借金は返済期間が延びれば伸びるほど、支払わなければならない金額が増えていきます。そのため、借金20万円は短期で返済することが重要なのです。

借金20万円を短期で返済できず、うっかり返済を後回しにし続けているうちに、利息の金額が元の借金を越してしまうなんてことも考えられます。半年で借金20万円を返済することが難しかったとしても、借金は早く返せば早く返すほど支払う金額が少なく済むので、あきらめたりせずに早めに借金を返すようにしましょう。

短期で返済するためには返済額をあげるか繰り上げ返済も有効

半年で借金20万円を返済することが難しかったとしても、借金は早く返せば早く返すほど支払う金額が少なく済みます。そう、借金は返済額をあげたり、繰り上げて返済をしたりすることもできるのです。早くお金を用意できるならば、早いうちに借金の返済をすますことをお勧めします。

短期で返済することを目指し、返済額をあげるたり繰り上げ返済をしたりするために、何ができるか考えてみましょう。

返済計画を立てる

短期で返済することを目指し、返済額をあげるたり繰り上げ返済をしたりするためにできることとして、返済計画を立てるというものが考えられます。

これはやはり基本です。いつまでに返せばいくら浮く、と考えたほうが、考えも「早く借金を返済しなければならない」というものから「早く借金を返済したほうが得!」というポジティブなものにすることができます。

毎月の支出を見直し返済額を上げる

短期で返済することを目指し、返済額をあげるたり繰り上げ返済をしたりするためにできることとして、毎月の支出を見直し返済額を上げるというものが考えられます。

毎月の支出を見直してみると、小さな無駄は見つけることができると思います。毎日買ってしまう珈琲とか、断ろうと思えば断れる遊びの用事などはありませんか?それらを1か月我慢すれば、数千円分にもなるかもしれません。

短期バイトや単発の仕事で一時的に収入を増やす

短期で返済することを目指し、返済額をあげるたり繰り上げ返済をしたりするためにできることとして、短期バイトや単発の仕事で一時的に収入を増やすというものが考えられます。

短期バイトや単発バイトは意外と稼げる仕事です。1日働くだけで、日当1眞安円がもらえる仕事も少なくありません。20万以上の借金をしている方にも、つよくおすすめします。

利息分を増やさないために親に20万円を借りて返済に充てる

短期で返済することを目指し、返済額をあげるたり繰り上げ返済をしたりするためにできることとして、利息分を増やさないために親に20万円を借りて返済に充てるというものが考えられます。

これは他の手段を尽くしてからのほうがいいでしょう。なぜなら、利息が付かないだけで、借金の「まわし」に他ならないからです。一度借金を返済してしまうと、本当は何も変わっていないのに、油断してまたお金を使いこんでしまうことも考えられます。

また、親から借りたお金も、きちんと返すようにしましょう。そうでないと、また同じ状況に陥った時に、助けてもらえなくなるかもしれません。

なぜ20万円の借金をすることになったのか

そもそも、なぜ20万円の借金をすることになったのでしょうか。20万円は大金ですが、借金としては少額です。上述のお金を貯める方法をしっかりと実践していたら、なかなか背負うことがなさそうな額です。どのような理由で20万円の借金をする方が多いのか、見てみましょう。

ギャンブルがやめられず…

20万円の借金をすることになった理由の一つとして、ギャンブルがやめられなかったというものがあります。これはよく聞く話で、珍しいものではありません。

しかし、ギャンブル依存症となり多額の借金を抱えて返済不能となってしまう方も少なくないなか、20万円のうちにどうにかしようと考えられたのは、本当にすごいことです。今までギャンブルに使っていた時間を短期バイトや日雇いなどに使えば、借金もそこまで苦労することなく返せると考えられます。

急な引っ越しで…

20万円の借金をすることになった理由の一つとして、急な引っ越しというものがあります。こちらもよくある話です。

引っ越し先にもよりますが、この理由も急遽お金が必要になってしまった結果の20万円の借金なので、短期バイトや日雇いなどをすれば、比較的簡単に早く返済することができるのではないでしょうか。

結婚式や出産祝いが重なり…

20万円の借金をすることになった理由の一つとして、結婚式や出産祝いが重なったというものがあります。こちらもよくある話ですね。

結婚式や出産祝いというのは一つ一つであればどうにか対応できる金額ですが、いくつか重なってしまうと、相当な負担となってしまいます。しかし、祝い金を渡さないわけにもいかないというのが難しいところですよね。借金をしてまでひとの結婚式や出産祝いのお金を捻出するくらいまじめな方ならば、頑張れば早く20万円の借金を返済することができるはずです。

人付き合いが増えて飲み代が足りなくなり…

20万円の借金をすることになった理由の一つとして、人付き合いが増えて飲み代が足りなくなったというものがあります。こちらもまた、よくある話ですね。

人付き合いの飲み会は一応強制的ではないものですが、断ったらどうなるかと考えると、なかなか断りにくいものですね。ですがやはり、借金をしてまで人付き合いのお金を捻出するくらいまじめな方ならば、頑張れば早く20万円の借金を返済することができるはずです。

20万円の借金はすぐ返せそうな金額に見えてしまう

20万円の借金をすることになった理由として、20万円の借金はすぐ返せそうな金額に見えてしまうというものもあるのではないでしょうか。テレビやインターネットでよく見る借金はほとんどが100万円を超えた高額なもので、20万円程度であればすぐに返済できるように感じてしまうかもしれません。しかし、そうやって油断していい金額ではないのです。

毎月の支出に返済額が上乗せされていく

20万円の借金でも油断できない理由として、毎月の支出に返済額が上乗せされていくということがあげられます。様々な理由で貯金がぎりぎりになってしまい20万円を借金した方ならば、毎月の支出に返済額が上乗せされていくというのは大きなダメージであると考えられます。

そう考えると、多少厳しいかもしれませんが、なおさら借金を早く返済することをおすすめします。

まだ数ヶ月返済が残っていると思うだけでストレスになる

20万円の借金でも油断できない理由として、まだ数ヶ月返済が残っていると思うだけでストレスになるということがあげられます。

借金がもし自業自得のものだったとしても、借金したことを反省はしても自分を責めることはしてはいけません。ストレスは目に見えないものなので意外とためてしまいがちですが、それが許容量を超えると、病気になったり障害になったりしてしまうため、今よりさらにお金がかかってしまう可能性すらあります。自分を責めずに、反省だけして、前向きに返済を目指しましょう。

今以上にお金が必要になってしまい返済が遅延してしまうことも

20万円の借金でも油断できない理由として、今以上にお金が必要になってしまい返済が遅延してしまうこともということがあげられます。

急遽お金が必要になって20万円の借金をした方ならばわかっていらっしゃると思うのですが、お金が必要な場面は急にやってきます。とりあえず今必要な分がどうにかなったからといって、油断してはいけないのです。

20万円の借金でも債務整理ができる

整理

どうしても20万円の借金が苦しくて、返済することも難しいという方もいらっしゃると思います。入院費用として20万円の借金をした方や、今以上働く時間が取れない方などですね。その場合は、債務整理を検討するようにしましょう。20万円の借金でも債務整理ができるのか?と思う方はいらっしゃると思いますが、大丈夫です。20万円の借金でも、債務整理は行えるのです。

債務整理とは、法的手段を用いて、借金を今より楽にしてもらえる手続きです。債務整理には複数の手段があり、基本的にメリットが大きいものはデメリットが大きくなっています。20万円の借金の場合には、最もデメリットもメリットも小さい、任意整理をが行いやすいと考えられます。それでも返済ができるかわからない、という方は他の債務整理を検討しましょう。

短期で返済できるなら20万円の借り入れは便利に利用できる

できる

20万円の借金だといって油断してはならないという話を書かせていただきましたが、かといってそれだけというわけではありません。繰り上げ返済や返済額をあげることができたり、短期で返済することができるならば、20万円の借り入れは便利に利用できるのです。

今しかできないことが20万円借りることでできるようになる

どうしてもそのタイミングでなければできないこと、難しいこともあります。それらも、20万円借りることでできるようになるかもしれないのです。考え方としては、奨学金と同じですね。その20万円を返済できる見込みがあって、有効な使い方ができるのならば、20万円の借金も悪いものではないのです。もちろん、油断をしてはいけません。

ざっくりとした返済計画しか立てられないならオススメしない

ただ、ざっくりとした返済計画しか立てられないならば、おすすめはできません。20万円の借金だとしても、借金は借金です。また、何もせず手元にお金が入ることに慣れてしまうと、うっかりまた借金をしてしまうことの考えられます。20万円の借金でも、油断してしまうことがあれば、あっという間に借金地獄に陥ってしまうことになるのです。20万円の借金は油断をすることなく、計画的に利用できる方だけ、利用しましょう。

20万円の借金は短期で返すことが一番の利息の節約になる

20万円の借金は、短期で返すことが一番の利息の節約になります。借金をすること自体は何も問題ありませんが、返済を伸ばしてしまうと、返済しなければいけない金額がどんどん増えていってしまいます。

20万円の借金だからといって油断することなく、しっかり返済計画を立て、できる限り早く返済していくようにしましょう。それが結果的に節約につながるのです。