大変な借金返済を楽しいと思うためにはどうしたら良い?

借金返済は、やはり多くの人にとって大変なことです。借金の返済額によっては、ひたすらに苦難の道を歩み続けなければいけません。けれどもそんな返済生活を楽しむように工夫することで、私たちの生活はより充実して輝くものになるのです。

では借金返済を楽しいと、前向きに思える様にするにはどうすれば良いのでしょうか。この記事では、そんな「借金生活を楽しむ方法」を共有したいと思います。

Table of Contents

借金返済を楽しいと思えると何が起きるか

頑張る

「借金返済」という言葉にポジティブな印象を持つ人は少なく、返済生活は多くの人が出来る限り避けたいものでしょう。けれども借金返済をより前向きに捉えて楽しいと思えれば、私たちの生活は劇的に好転するのです。

借金返済が自ずと進み、完済が近付く

借金返済に苦しんでいる人は「借金から逃げたい」と思うあまり、現実の返済からも目を背けてしまいがちです。現実から目を背けていれば返済残高をきちんと直視する機会も減り、返済までの正確な道のりも描けないままになってしまいます。

けれどももし返済することが楽しいと思えるのであれば自ら進んで借金と向かい合うようになるため、借金完済への道も近づいてくるのです。

借金に対するストレスなどネガティブな感情が低減される

借金返済に当たって返済金額や予定の管理と同様に大切なのが、心身の管理です。ただでさえ返済生活には不安やストレスが常に付きまとい、そこに仕事やプライベートの悩みも重なれば精神的に追い詰められてしまう事もあります。

借金を返済することが楽しいともし感じることができるであれば、ストレスやネガティブな感情が軽減されより前向きな生活を送ることができるのです。

▼借金があるときはポジティブでいた方が良いって本当?▼
ポイント借金があるときはポジティブでいた方が良いって本当?

借金返済を楽しいと思うためには、自分の未来を考えてみよう

借金返済を楽しいと思うために、まず守ってほしいシンプルな基本があります。それは、自分の未来を考えてみることです。これからのことを考えてみることで、借金返済をポジティブに捉えることができるようになるのです。

借金から解放された自分を想像することで返済のモチベーションになる

借金を全て返済し終わった後の自分をイメージすると、気分は明るくなり、とても前向きな気持ちになれます。そしてその気持ちを現実にするため頑張ろうと、返済のモチベーションにつなげることができるのです。

返済した時の時期やその時に感じた自分の思い、返済し終わった時には何をしたいか等なるべく詳細に想像し、書き留めてみてください。「なるべく早く返済するために頑張ろう」という気持ちにつながり、そのために何をすれば良いのかを具体的に考えるきっかけにもつながります。

借金返済で得た経験は間違いなくあなたの人生のプラスになる

借金返済中の生活は大変なものであり、状況によってはとても辛い経験にもなり得ます。けれどもそれだけに、返済をするために一生懸命考え奮闘したという経験はあなたの人生にとって本当に大きな財産となるのです。

誰もが避けたいことを経験できているのですから、ここで得られたものは今後の生活でも間違いなくプラスとなって働いてくれるでしょう。

借金返済を楽しいと思うために重要なこと

これまでお話しした通り、自分の未来を想像してみることが借金返済を楽しいと思うための大原則です。そしてここでは更に借金返済を前向きに捉えるためのポイントを共有いたします。

夢や望んでいる未来など前向きなことを考える

想像する未来は、夢や臨んでいる未来など出来る限り前向きで楽しいことである必要があります。今自分が頑張った先にある未来が楽しいものでなければ、そこに向けて頑張るだけのモチベーションが上手く出てきません。

「頑張った先にきっと良いことがある」と想像しながらであれば、大変な返済生活も不思議と充実してきます。そうしてできたポジティブな感情が、あなたを前に進める推進力となってくれるのです。

借金返済に追われる今や未来を不安視しない

借金返済にはどうしてもストレスが伴い、ネガティブな感情も生まれやすくなります。けれども、だからといって現在の生活や未来に必要以上の不安を感じながら過ごすのは避けましょう

不安は頭の中で勝手にますます大きくなっていき、そのままでは集中力を削ったりと生活にも悪影響を及ぼします。借金返済のために今頑張っているのであれば、現状や未来を不安視して過ごす必要は無いのです。

借金について考えすぎない

借金返済中は、どうしても頭の中で借金のことが引っ掛かり続けてしまうものです。けれどもだからこそ、借金について考えすぎないようにしましょう。

あなたの生活には仕事やプライベートなど、借金以外にも沢山のことがあります。なるべく視野を広く保ち日常のささやかなことにも楽しみを見いだせるように過ごすことが、心の平穏を保ち借金返済を楽しむコツの一つなのです。

周囲と自分を比べ悲観的にならない

延々と続く返済や自分のお金が自分で自由に使えない状況になると、ついつい自分と周りとを比較して悲観的になってしまいます。このままでは借金返済を楽しむどころか、「情けない」「辛い」などと嫌な面ばかりに目を向けて自分を自分で傷つけてしまいます。

他人と自分とを比較すること自体が実は建設的でなく、辛い時ほど今自分が出来ることに目を向けてエネルギーを注いでいくことが大切なのです。辛い中ではありますが、もう少し心を軽くしていきましょう。

借金返済を上手く進めるためのコツ

ここからは更に具体的に、借金返済をうまく進めるための手順を共有いたします。返済生活を楽しむための方法ですので、1つずつ確認してみましょう。

現在の借金状況を取りまとめる

人間は目に見えないものに対して必要以上に恐れや不安を抱くもので、借金にもこれは当てはまります。自分が一体「誰に」「いくら」借りていて「いつまでに」「いくら」返さないといけないのかがきちんと可視化し整理できていないと、頭の中がモヤモヤしたまま必要以上に不安を抱え続けることにつながってしまうのです。

現在の借金状況を取りまとめて、「借入先」「借入金額」「金利」「毎月の返済額」を整理し目に見える形にするだけでも、不思議と抱えている不安の多くの部分を取り払うことができます。

借金を少しでも早く返済する計画を立てる

最後にとても大切なのが、少しでも早く借金返済を終わらせるための計画を立てることです。借金は長期になればなるほど利息がかさみ、最終的な返済額も多くなっていきます。

そしてそれだけではなく、長く続く借金生活はどうしても私たちの心を削り、ストレスや不安を感じ続けることになってしまうのです。生活費を限界まで切り詰める必要はありません。けれども返済に回せる収入が既にあったり臨時収入があったりした場合には、なるべく早期に返済を進められるよう計画をしていくようにしましょう。

借金返済がきつい、楽しくないと感じる理由とは

理由


ここでは、借金返済がきつい、楽しくないと感じてしまう理由を改めて整理していきます。あなたがもし今辛いと感じているのであれば、当てはまるものが無いか確認してみてください。

借金を返済し終える目途が無いから

ゴールの見えない不安は、私たちが想像する以上に大きいものです。今いくら頑張れていたとしても、いつ頑張れば良いのかが分からなければ、必要以上の苦痛を感じ続けることになってしまいます。

あなたが今もし借金返済の目途を立てられていないのであれば、不安は募り続けるかもしれません。今一度借金と向き合い返済計画を立てていく必要があるでしょう。

借金の自転車操業に陥っているから

借金返済の生活を送っている人は多くの場合で、生活費やその他必要な支出と毎月の返済で経済的余裕がありません。そしてどうしようもなく苦しくなると、借金を返済するために更に別の借金を作る悪い悪循環に陥ってしまいます。こうした借金の「自転車操業」状態になってしまうと、心も体も常に張り詰めた状態になって余裕をなくし、疲れ果ててしまうのです。

1人で悩みを抱え込んでしまっているから

悩みや不安は、誰かに相談するだけで不思議なくらい軽くすることができます。けれども借金の不安や悩みとなると「お金にだらしないと思われる」「情けない」と感じてしまい、周囲の人に相談できなくなってしまうのです。

そのまま1人で悩みを抱え込んでしまい、孤独になってしまう。借金返済は、このままだと本当に苦痛で大変なものになってしまいます。

借金を返済し楽しい未来を迎えるためにできる手段

借金返済を楽しむために取れる手段は、意外にも沢山あります。ここではその方法を厳選して共有いたしますので、ご覧ください。

繰り上げ返済で借金を少しでも早く返済する

借金はとにかく早期に返済することが重要だという話は先ほどしましたが、そのための方法としてまずご提案できるのが、繰り上げ返済を利用することです。借金の元本が予定よりも早く減っていくと感じられると、想像以上に前向きな気分になれます。

前倒しで返済が進んでいくことに楽しさを感じることができるようにすらなれば、良い循環に入ることができるでしょう。

副業での収入増を検討する

どんなに前向きになって頑張ろうとしても、現在の仕事での収入をすぐに増やすことができる人は多くありません。特にサラリーマンであれば毎月の収入はほぼ一定であり、どんなに頑張ろうと返済に回せる金額には限界が出てきてしまいます。

そこで有効なのが、副業での収入増を検討することです。現在では初期投資がほとんどいらずに始められる副業も多くあり、パソコン一台あればできることも沢山あります。本業が終わった後の自分の時間を借金返済のための時間に費やせると思うと、それだけで楽しい前向きな気持ちになることができるのです。

おまとめローンなど低金利のローンに借り換える

特に複数の会社で借り入れを行っている人へお勧めしたいのが、おまとめローンなどで低金利のローンに借り換えることです。金利が低ければ同じ返済額の負担でもより元本部分の返済に充てられるため、早期返済にもつながりやすくなります。

借入先をまとめることで借金の管理もしやすくなるため、心理的にも負担が減るのでおすすめです。

親に借金を相談してみる

先ほどお話しした通り、借金を誰にも相談できないということは大変苦しいことです。そこで不安を減らし前に進んでいくためには、親に借金を相談してみるというのも現実的な対処法ではないでしょうか。
自分の経済的な話をするには、確かに親は勇気が要る存在ですし、叱責や厳しい指摘を受けてしまうようなこともあるかもしれません。

けれどもどんな時でも味方になってくれるのもまた親であり、完済に向けて懸命に考え努力して姿を見せれば、一定の協力をしてくれる可能性もあるのです。「無償の愛」にすがってばかりではいけませんが、現実的な方法として身近な人に頼ることも検討してみましょう。

借金返済できないときの最終手段:債務整理

これまでお話ししたコツや方法を活用しても借金がどうしても返済できない時には、次の手段も検討しなくてはいけません。ここではそんなどうしても困り果ててしまった時の最終手段を共有いたします。

任意整理

任意整理とは、債務者との話し合いによって債務整理を行う方法です。法律の専門家である弁護士や司法書士をに依頼をして行うのが一般的であり、専門家が手続きを進めてくれる分物理的にも精神的にも負担は非常に軽くなります。

基本的に公的機関を介す手続きではないため、裁判にでもならない限りは家族に知られることなく進めることも可能です。

自己破産

自己破産とは、財産や収入が不足して返済の見込みが無い事を申し立てて認めてもらうことで、借金の返済義務を免除してもらう方法です。返済義務を公的に免除してもらえるという絶大な効力を有するのですが、家や車などの財産を手放さなくてはならなくなったり一定期間就業できる職業に制限があったりと相応の大きなデメリットもあります。

正に最終手段と言える、借金に困った人が最後に利用できるような法的手続きが債務整理なのです。

個人再生

個人再生とは、裁判所への申し立てを行い裁判所が選任した個人再生委員の助言や指導のもとに債務整理を行う方法です。任意整理と違い裁判所への申し立てを行うため、裁判所への出頭や書類のやり取りが必要となります。

場合によっては収入証明書等を家族にお願いすることにもなるため、家族に内緒で手続きを進めるのは困難であると認識置いた方が良いでしょう。

借金返済を楽しいと思えれば、完済も近くなるはず

借金返済には特有の悩みや困難が付きまとい、時には先の見えない生活が苦しくなるほど大変だと感じることもあるかもしれません。経済的な自由も一定制限され、思うような生活ができないことだってあります。
けれどもだからこそ、借金返済を楽しいと感じることが出来るのであれば完済までの道のりも近くなるはずです。ただでさえ大変な返済生活を必要以上に辛いものにするのではなく、時には楽しみ時には自分の糧に変えるくらいの視野の広さを保って充実した生活を過ごしていきましょう。