借金を完済した後でもクレジットカードの審査に通るのは難しい?

カード

借金を完済した後でもクレジットカードの審査に通ることは可能です。しかし、借金を返済中に長期で延滞をした場合などは審査に影響を及ぼすこともあります。

カード審査に影響を及ぼすのはどのような時なのでしょうか、この記事で詳しく見ていきましょう。

借金の完済はクレジットカードの審査にプラスになるわけではない

金融機関から借金をしていた場合、完済しているのであればカード審査に影響がないように思えますよね。しかしたとえ借金を完済していても、個人信用情報機関には借り入れの記録などが残ってしまいます。

ここで注意したいのは、借金の返済中に長期間の遅延・延滞・滞納をしてしまった方です。上記に当てはまる方は、たとえ借金を完済していてもクレジットカードの審査に影響があると考えられます。

借金完済後にクレジットカードの審査に落ちるケース

落ちる

借金を完済したからといって、必ずしもクレジットカードの審査に通過するとは限りません。中にはクレジットカードの審査に落ちてしまうケースも存在します。

なぜカードの審査に落ちてしまうのでしょうか、それには当然ながら理由が存在します。下記の項目に当てはまる方は、カードの審査に落ちる可能性が高いといえるでしょう。

過去に借金を滞納してブラックリストに登録されてしまった

過去に借金をしていた際、滞納をしてしまったことはありませんか?数日の滞納でブラックリストに登録されることはまずありません。注意すべきなのは、61日以上または3ヶ月以上にわたって滞納していた場合です。携帯電話の機種代金を割賦払いで支払っている方がいますが、こちらも2~3ヶ月引き落としができないと滞納の対象となるので注意が必要です。

ブラックリストに登録されてしまった場合、最低でも5年間は新規でクレジットカードを作成することができません。借金を完済していてもカードは発行できませんので気を付けましょう。

債務整理をして完済した

債務整理とは債務の免除や返済額の軽減など、合法的に借金を整理する方法です。債務整理を行った人は「経済的に信用できない」とみなされてしまい、個人信用情報機関にその情報が記録されてしまいます。

そのため、新規でクレジットカードを作成することが難しくなり、審査にも落ちてしまうケースが多いのです。こちらも一定期間が経過すれば新規でカードを作成することができます。借金生活を見直す機会ととらえ、カードの作成はしばらく見送りましょう。

ブラックリストにはどれくらいの期間載ってしまうのか

ブラックリスト

基本的にブラックリストに載ると、5年~10年間は情報が残るとされています。ブラックリストに載ってしまうと、新規でクレジットカードを発行できなくなる他、自動車ローンや住宅ローンなどの利用も制限されるので非常に不便です。

「5年~10年間なら待てそうだ」と思われる方もいるかも知れませんが、想像以上にクレジットカードは私たちの生活にとって身近な存在となっています。キャッシュレス化が進んでいる現代において、クレジットカードを使えないのはかなりの痛手でといえるでしょう。

信用情報が消えているか確認する方法

確認

信用情報が消えているかどうかは、自分で「信用情報開示制度」を利用して確認する必要があります。代理人が申し込むことも可能ですが、各信用機関によって手続きや費用が異なるので注意しましょう。

例えば全国銀行個人信用情報センター(KSC)へ開示請求をする場合は、郵送での申込みのみとなっています。他の機関ではインターネット・窓口などで対応している所もありますので、申し込む前に必ず確認しましょう。

また、引越して住所が変更になっているなど登録時と現在の情報が一致しない場合は、情報の開示が遅れる可能性があります。その際は、引越し前の住所などを確認できるものを事前に準備しておきましょう。

借金完済後などの理由に関係なく審査に落ちるケース

どうなる

たとえ借金を完済していたとしても、返済能力が低いとみなされればクレジットカードの審査に落ちる可能性があります。下記に当てはまる方は、審査を通過することが難しいかもしれません。まずはコツコツと社会的信用を培うことから始めましょう。

職業がコロコロ変わる

クレジットカードの申込条件として「収入が安定しており継続している」ことを掲げているカード会社は多数存在します。もし職業がコロコロと変わっていたら、安定した収入が得られているとは考えにくいでしょう。

また、継続して働いているという条件にも合致しません。返済能力に問題があるとみなされてしまうので、カードの審査に通ることは難しいといえます。もし新規でクレジットカードを作成したいのであれば、安易に転職を繰り返すことは避けましょう。

勤続年数が短い

1年未満という短期間で何度も勤務先が変わっている場合は、安定した収入がないと判断されてしまいます。そのため、クレジットカードの審査に落ちてしまう可能性も高いといえるでしょう。

カードの審査に通過したいのであれば、最低でも1年以上同じ勤務先に勤めることをおすすめします。同じ勤務先で長く働いているほど、社会的信用度も高くなるため審査にも有利です。年収が100万円未満の方は、勤続年数5年以上が望ましいでしょう。

収入が不安定

収入が安定していないと、返済能力に問題があるとクレジットカード会社にみなされてしまいます。返済能力が低いとカード会社に判断されてしまった場合、原則クレジットカードは発行してもらえません。

返済能力が低い人にカードを発行した場合、貸したお金を返してもらえず、貸し倒れされる危険性があるためです。毎月の収入が10万円を下回る場合は、審査に落ちる可能性が高いといえるでしょう。

他社のクレジットカードを複数作っている

同時に複数のクレジットカードを申し込むことを「多重申込」といいます。カード会社は自社のクレジットカードを作って欲しいと考えているため、複数のカードに申し込みをしている人に良い印象を抱きません。

また、多重申込をする人はカード会社に「お金に困っている人」と推測される可能性が高いのです。このような理由から、多重申込を行うとカード審査に通過しにくくなります。

借金完済後でもクレジットカードは作れる!

借金を完済後でもクレジットカードを作成することは可能です。借金を延滞などもせずに完済できた場合は、カードの審査にも影響がないと考えても良いでしょう。

一方で、借金の返済が滞りブラックリストに載ってしまった場合は、5年~10年間カードを作成することができません。クレジットカードを作成する時は、自分がブラックリストに載っていないか確認してから作ると良いでしょう。