15万円の借金返済にはどうしたら良い?【利息についても解説】

税金滞納

いろいろな理由によって、借金してしまうことがあると思います。その額が15万円程度であれば、精神的にもそんなに辛いと思うことはないと感じます。しかし、借入先や金利の関係があり、借金には変わりないので、あまり気は抜けないのは確かです。

今回は、15万円という借金がある場合、その返済について、詳しく解説していきたいと思います。

借金15万円の返済は難しいことではない

正直なところ、15万円程度の借金はそんなに辛いとは感じる段階の金額では無く、余程贅沢をしていなければ短期間で完済できる額だと言えます。

また15万円という金額はちょっとした家電を買うレベルなので、そんなに危機感がないこともわかります。

15万円のお金を借りることはよくあること

15万円という金額は、ちょっとした買い物において、よくある金額になります。それは、ブランド品などの嗜好品や生活に必要な家電など、ジャンルは多岐にわたります。

このような高額なショッピングの際に、借金をすることは多くあるといえます。

毎月1万ずつ返済できれば1年半足らずで返済が完了する

借金は、金額が多ければ多いほど、かかる金利も高くなります。しかし、15万円であれば金利もそこまで高くなく、毎月1万ずつ返済していったとしても、1年半ほどで完済できるレベルです。

収入によりますが、毎月1万であれば、捻出することは、そう難しいことでもないはずです。

元金が小さいと支払い利息も小さくなる

上記でも解説した通り、元金が小さいとかかる金利も少ないので、返済が辛いと感じることはないはずです。借金において、辛いのは返済に困ってしまい、結果資金繰りが辛くなり、滞納してしまうということです。

しかし、15万円という借金であれば、その可能性も低いと言えます。

15万円だからと気を抜くと、借金返済は上手く行かない

15万円という借金は、悲観するような金額ではないということですが、気を抜くと一気に返済が苦しくなります。

金額問わず、借金であることの認識をしっかり持つことが大事です。

以下について、それぞれ解説していきます。

適切な利息で借りられているか

まず利息は適切であるのか、つまりは正当な借入先から借りていることが必須です。

闇金のような悪徳業者からであれば、その利息は法外なものになり、返済しても元金が減ることはありません。

消費者金融の金利は高いといいますが、それでも法律で決められた金利内であります。

計画的な返済が行えるか

借金を返済する上では、返済計画を立てることはとても重要なことになります。収入に合った返済額であるのか、まずは確認していきたいですね。

多すぎても継続的な返済ができなくなりますし、少なすぎても完済にかかる期間が長くなり、その分金利も多く発生してしまいます。

新たな借金を増やさないか

借金を返済中に、別の借入先で新たに借金をしてしまい、負担を増やしてしまうことは避けたいです。それに返済する為に借金をするという、めちゃくちゃな行動を取る人も中にはいます。

借金を減らすためには、まずはそれ以上借金を増やさないこと、これを肝に銘じることが大事です。

15万円の借金返済のためにするべきこと

するべきこと

確実に15万円という借金を、完済する為にすべきことがあります。それらはごく当たり前のことなのですが、できない人が多くいるのが現状で、そういった人たちは借金返済が下手な傾向にあります。

借入状況を確認する

実際の借入状況を確認してみることは、大事なことです。借入をしている本人ですから、その金額や金利に間違いはないと思いますが、今一度確認してみることも必要です。

このように、自分の借金と向き合うことで、返済へのモチベーションを高めることができます。

利息を計算してみる

実際に借入をした日から起算して、金利を計算してみることで、現在までにどれほど利息が発生しているのか把握できます。借金の返済において、利息がネックになりますので、確認しておくのは間違いないです。借入先によって、かかる金利は違ってくるので、できれば金利の高い借入先から完済を目指していきたいところです。

毎月の支出を把握

返済していくためには、収入も大事ですが、支出も非常に重要です。収入というのはそう簡単に増えるものではなく、その中で返済額を捻出するには、いかに支出を抑えるかがカギとなります。

意外と無駄な支出があるので、そういった無駄を省いて、借金の返済に充てていきたいところです。

返済計画を検討する

現在の返済計画に問題がないか、もし問題があれば早急に検討するようにします。返済計画がきちんとしていないと、円滑な返済ができず、滞納などトラブルを起こす原因になります。

今一度返済計画を練り直すことで、現状における最良のプランを考えるようにしたいですね。

借金15万円の月々の返済額と発生する利息

借金15万円という金額は、それほど難しいわけではないと言いましたが、具体的な数字で解説したいところです。下記について、具体的な数字で、その返済にかかる金額、期間をまとめました。

15万円の借金を6ヶ月で返済する場合

毎月約26,000円を返済して、6ヶ月で完済します。かかる総額の利息は、約8,000円となります。

15万円程度の借金であれば、6ヶ月完済見込みでも、毎月の返済額はこの程度です。かかる利息も考えると、このペースで返済できれば、利息貧乏にはならなそうですね。

15万円の借金を12ヶ月で返済する場合

毎月約13,000円を返済して、12ヶ月で完済します。かかる総額の利息は、約15,000円となります。

毎月の返済額は1万ちょっとということで、毎月返済していく中では、生活が圧迫することもなく、ちょうどよいくらいです。ちょうど1年で完済できるということで、3つのパターンでいうと、これが最善かと思います。

15万円の借金を18ヶ月で返済する場合

毎月約9,500円を返済して、18ヶ月で完済します。かかる総額の利息は、約22,000円となります。

毎月の返済額は、1万を切る程度で、返済していくという面でみると、非常に楽です。しかし期間が少しかかりすぎている分、利息も少々かかっているのが気になります。

15万円の借金を着実に返済していくためのポイント

15万円という借金でも、確実に返していく方法を模索するようにします。それは日々の節約による返済額の捻出であったり、収入を増やしてみることであったり、様々あります。

毎月の支出を減らして返済額を増やす

光熱費

家賃のような固定費は減らしようがないですが、水道・電気・ガスのような光熱費は、本人の使用次第でなんとでも節約できます。

電気はできるだけ使わない、水道も出したままにしない、ガスも極力使わない、それだけで月の利用料金は安くなり、年でみるとその額は大きいものになります。

通信費

昔のように固定電話のない現代では、スマートフォンがその役割を担っており、社会人として電話がないことは致命的です。

持たない選択はないので、できる限り費用を抑えるように考え、料金プランも最低にするなど対応していきたいです。

交際費

社会人であれば、ある程度の交際費は必要ですが、あくまでも仕事だけにして、プライベートでの使用は控えるようにすれば、必然と交際費は減るはずです。

交際費は、その他の費用に比べると、必要性があまりないので、削れるだけ削りたい費用です。

副業や掛け持ちで収入を増やす

確実に返済をしていくには、やはり収入を増やすのが一番早いです。

メインの仕事を変えるわけにはいかないので、副業や掛け持ちを利用するようにしたいです。

収入が増えると、返済額も増やせるだけではなく、心の余裕も生まれます。

借金返済のストレスに散在しない

借金を返済していく生活は、どうしてもストレスが溜まりやすい傾向にあります。

そのため、ついストレスの発散に、散財してしまう人も中には存在します。

しかし、それではせっかく借金の返済に向かっている計画が、台無しになってしまいます。

15万円の借金は油断せず確実に返済していこう

15万円という借金は、決して悲観するような金額ではなく、当たり前に生活していれば、何の問題もなく返済できます。だからといって、軽い気持ちでその借金と向き合うことは、返済に対する意識を著しく低下させてしまいます。

金額に関係なく、借金という意識を強くもつことが、確実に完済するためのステップになります。無理のない返済計画をしっかり持ち、日々の生活を送るようにしていきたいですね。