借金の返済を債権者に待ってもらうことはできる?

お金を借りたら、決められた期日までに返済するのは当たり前のことです。しかし様々な事情が絡むことで、全ての人が確実に期日を守れるわけではありません。その場合はどのような対応をしたらよいのでしょうか?そこは、きちんと誠意をもってありのままの状況を債権者に伝えることが重要です。

この記事では借金の返済において返済を待ってほしい場合について、詳しく解説していきたいと思います。

Table of Contents

借金の返済を待ってもらえるケースは?

貸主において、一番避けたい状況は、借主が返済しなくなることです。しかし借主が返済を待ってほしいと申し出てくるということは、少なからず返済の意思はあるということなので、その意思を踏みにじることはないと思われます。

ただしやはり返済期日を設けた上での約束だったのでしょうから、安易にこのようなことを許していては最悪の場合信頼関係の破綻にも繋がります。

友人、知人間の借金のケースは交渉次第で可能かも

友人間もしくは知人間による借金であれば、交渉次第で返済を待ってもらえる可能性はあります。しかし、返済できない理由は貸主には一切関係なく、返済期日を守れないという事実だけが残り、信用を落としてしまうことになります。

なので、確実に返済できる期日を申し出て、次回は確実に返済できるようにしたいところです。

金融企業から借りているケースだと遅延損害金がかかる

銀行や消費者金融のような企業からの借金の場合、仮に待ってもらえたとしても、遅延損害金というものが発生します。損害遅延金とは、期日までの返ってくる見込みのあるお金が返ってこないことにより、企業は新たな融資ができなくなるという名目での違約金になります。

遅延損害金は1日ごとにその金額が増えていくので、早急な返済が求められます。

1~2週間の期間なら、借金の返済を待ってもらえる可能性は高い

利息は増える

どうしても返済できない旨を伝えることにより、企業からの借入であれば遅延損害金は発生しますが、数週間の猶予はもらえる可能性があります。ですが、金策が立ち次第、早急な返済をしなければ、信用問題に大きく関わってくることになります。

1〜2週間以内に支払う目処が立っていれば入金日まで待ってもらえる

借入先にもよりますが、1~2週間以内に返済の目途が立っていれば、入金日まで待ってもらえることがあります。

もちろんどのような金策によって捻出するかは、根掘り葉掘り聞かれることになりますが相手が了承してくれれば返済の猶予を得ることは可能です。できれこのような事態は二度とないようにしたいですし、複数回に及ぶと相手も交渉に応じてくれない可能性もあります。

入金日まで支払い催促の連絡がこなくなる

借入先が了承さえすれば、新たに定めた入金日まで支払いの督促がくることはなくなります。これによって毎日督促の連絡に怯える必要もなくなり、金策に集中できます。

もちろん入金日を過ぎればまた督促の連絡がくることになるので、確実に入金日までに返済するようにしたいですね。

61日を超えると借金の返済を待ってもらうのは難しくなる

なかなか借金の返済ができずに何度も借入先に待ってもらっている状況を続けていると、ある期間を過ぎるとそれは難しいものになってしまいます。それは信用情報機関に延滞記録が登録されたり、カードローンであれば、カードの強制解約となる場合があるからです。

信用情報機関に返済延滞情報が登録される

借金の延滞期間が61日間を過ぎてしまうと、信用情報機関に延滞情報の記録がされます。この信用情報機関は全ての銀行または金融会社などで共有される情報なので、情報に傷が付くと5年間はその記録が残りその間のローン組みなどが厳しくなってしまいます。

このように、延滞したとしても1日でも早い返済が求められるのは、借入先の為だけではなく自分の為でもあります。

カードが強制解約となる場合がある

長期間延滞することによって、所有するカードが強制解約となる場合があります。それは、延滞するということは返済能力が怪しいと判断されることになるので、容易に決済できるカードであれば利用が制限されることになります。

それどころか強制解約となり、再び申し込むとしても信用情報に傷が付いた状態となっているので非常に厳しいことが予想されます。

借金の返済を待ってもらうためのポイントとは

借入先が了承すれば、返済の猶予は可能になりますが、やはり誠意が必要になります。返済を待つということは、借入先もそれなりに確信がなくては、判断できませんよね。

借金返済日より前に待ってほしい旨の連絡をする

借金の返済日当日に返済できないという旨の連絡をすることは避けたいところです。もしかしたらギリギリまで金策に走っていての結果かもしれませんが、常識的に期日当日やそれを過ぎたあとの連絡は論外です。

むしろある程度の予測を立てた上で早めに報告することが、借入先との信用関係にも関わってきます。

返済できる金額を少しでも払い借金の残高を減らす

単純に返済できないというわけではなく、現在可能な限りの金額を返済することによって、借入先も安心します。借入先からすると、安易に返済できないということは、今後の借金回収ができないかもしれないという不安が募ります。

しかし、少しでも返済に応じていれば返済する意思はあると判断できるので、ひとまずは安心するはずです。

どうしても借金返済が厳しいときは、誠実にその理由を話す

いくら約束したからといっても、返済が難しくなった経緯があると思います。また借入先も人間ですので、一方的にダメだなどとは言いません。大切なことは誠意であり、きちんと理由を伝えれば相手も応じてくれるはずです。

返済できる期日は具体的な根拠を合わせて伝える

安易に返済できないではなく、確実に返済できる期日を伝えることが重要になります。また、なぜその期日に返済が可能なのかという、具体的な根拠を添えることも大事なことです。返済する意思さえ見せておけば、借入先もそこまで悪い印象は持たないはずです。

借金の返済を待ってもらうためにしてはいけないこと

違法

借金の返済を待ってもらうためには、借入先との密なコミュニケーションが非常に重要となります。また、借金の返済の猶予をもらうために、してはいけないこともあります。以下について、それぞれ解説していきます。

返済予定日に入金が遅れる

返済予定日に入金ができない状態で、後日返済できないと伝えてしまう場合は、信用問題に大きく影響します。借入先からしても、期日に守れない上に連絡もない相手のいうことを信用できるでしょうか?

もちろん、そうなってしまうと厳しいですから、遅れる場合には必ず連絡を入れるようにしたいところです。

返済をしないと言ってしまう

借金を返済しない旨を伝えてしまうと、いくら交渉しても、返済を待ってもらえることはないです。

借入先にとって、最低でも返済が遅れたとしても、確実に返済してもらうことが非常に重要なことになります。

もとより返済しないと伝えられれば、返済を待つどころか、確実に回収する手段を考えさせてしまう事になってしまいます。

どうしても借金が返済できないときは債務整理を検討しよう

流れ

返済を待ってもらっても、返済が難しい場合であれば、債務整理という方法を選択するのが最良です。返済できないものを放置していては、最悪裁判になってしまうこともあるので、早急な決断が求められます。

以下について、それぞれ解説していきます。

プロに相談すると借金の不安が解消される

借金問題は1人で抱え込んでいても余計に不安になるだけで、解決に至ることはありません。そういった場合、プロである専門家に相談することで、精神的な不安が払拭されます。

的確なアドバイスなどは、非常に助けられることになります。

返済まで実現可能な計画を作れる

自力では中々、確実な返済計画を作ることは難しいとは思いますが、専門家に相談することでそれは容易になります。返済計画を立てても、それが実行できなければなんの意味もありません。

実現可能な計画を立てるためには、専門家の力は必要不可欠なのです。

債務整理をするときは自分の状況を顧みて方法を選ぼう

借金を解決する際に、非常に有効となる債務整理ですが、いくつか種類があり、自分の状況に合った最適な方法を選択したいところです。利息カットから借金ゼロになる方法まで、様々な方法のある債務整理について触れていきます。

以下について、それぞれ解説していきます。

任意整理

借入先との話し合いによって、主に利息のカットが認められ、返済が一気に楽になります。債務整理の中でも、唯一裁判所を通さないこの方法は、借入先が承認することが絶対条件となっています。

また、譲歩した条件と引き換えに、3年での完済を求められるので、見込があれば是非利用したいところですね。

自己破産

その大きなメリットは、借金がゼロになり、一気に借金問題の解決を図れます。しかしその分デメリットも大きく、所有する財産を全て放棄することになり、ブラックリスト入りします。

そうなると、最低でも5年はローン組みやクレジットカードの作成などができなくなるので、注意したいですね。今後の返済に全く見込がない人であれば、自己破産するしか方法はないといえます。

個人再生

自己破産のように、所有する財産を放棄する必要がない個人再生は、自己破産までの減額はないが、借金の大きな減額が見込めます。金額が大きければ大きいほど、メリットは大きく、最大で4/5もの借金の減額が見込めることになります。

こちらも任意整理同様に3年ないし5年の完済計画が条件になりますが、借金が多額である場合は利用したいところです。

おすすめの債務整理の専門家

みつ葉司法書士事務所

みつ葉

ネットにおいていつでも対応可能な同事務所は、24時間365日司法書士の相談が受けられます。創業は新規と呼べるほど浅いですが、確かな実力で、豊富な解決実績を誇っています。

利用者に親身になれる、敷居の低い事務所を目指しており、利用者の満足度は非常に高いです。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー

相談は無料、着手金や減額報酬がゼロなのは、お金に問題を抱える利用者にはとてもありがたいですね。支払う報酬については分割払いの対応があり、まとまった費用の心配をする必要がないのも強みです。

債務整理はもちろん闇金撲滅に非常に力を入れているので、まさに正義の味方と呼ぶに相応しい事務所です。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

借金問題と言えば、やはり弁護士事務所の安定感には敵うものはないと言って良いでしょう。同事務所では全国出張による無料相談によって、その顧客を全国に広げています。

弁護士事務所でありながら業界基準での費用の安さには定評があり、特に任意整理の費用は業界最安値ともいわれています。

借金の返済を待ってもらうには誠実な態度が何よりも重要

借入先に返済を待ってもらうことは、やむなしの場合では仕方ないことですが、やはり誠意がとても大切になります。借入先としても、そのまま債務整理などを行われれば、大きく損をしてしまうことになるので、あまり雑にはできない案件です。

しかしそれ以上に、債務者に返済する意思が見られなければ、借入先としても待ってあげるメリットはないというものです。仮に返済期日に間に合わないようであれば、事前に連絡をしたうえで、返済できない経緯と確実に返済できる期日を伝えるようにしたいところですね。