借金を完済しても信用情報は消えない!記録が消されるのはいつ?

万円

借金をした時、信用情報というものに契約内容などが記録されることを知っていますか?借金をする時にはぜひ知っておいてほしい信用情報について、今回はご紹介します。

信用情報とは

信用情報とは、個人の年収や勤務先、住宅情報、ローンなどの契約情報に加え、返済・支払状況・利用残高などに関する情報が記録されているものです。新たにクレジットカードを作成したい時やローンを組みたい時、カード会社やローン会社などが「信用力」を判断する際に参考とする情報でもあります。

個人の信用力を表す唯一の情報なので、情報の内容によっては借入ができないなどの不利益を被ることがあります。

信用情報は何に使われる?

整理

新しくクレジットカードを作成する時や新規でローンを組みたい時には、信用情報が必ず使われます。もしそこに悪い情報が記載されているようであれば、新規でカードを作成することなどはできません。

例えばクレジットカードを支払いを延滞しているという情報があった場合、その人を他のカード会社などは信頼できるでしょうか。恐らく信頼することはできず、自社のカードを利用してほしいとも思えないでしょう。

それほど信用情報に記載されている内容は重要なものであり、新規でローンを組みたい方などは留意しておくべき事柄でもあります。

「借金を完済したら信用情報は消える」は間違い

連帯保証人になってはいけない

「以前は借金があったけど、完済したから信用情報には残らないだろう。」と思っている方もいるのではないでしょうか。実は借金を完済した場合であっても、借金をしていたという情報は個人信用情報に記録されてしまいます。

「新規で借り入れなどができないのでは」と不安に思うかもしれませんが、事故情報に記録されているわけではないので借り入れなども可能です。ただし、別の借り入れ記録がある場合、クレジットの審査などに影響する恐れがあるため注意が必要です。

借金を完済し解約した後に信用情報が消えるタイミング

タイミング

できれば、信用情報に借り入れ記録などは残しておきたくないですよね。そもそも、信用情報にもいくつか種類があります。その内容と情報が保有される期間について詳しく見ていきましょう。

申込情報

申し込み情報は、クレジットカードやローンの新規申込みにおける支払い能力を調査する目的で利用されます。クレジットカードなどを申し込むだけでも申込情報として信用情報に記録が残り、審査に通らなかった場合でも申込みをした記録は残るので覚えておきましょう。

ちなみに、申込みをした日、申込み者の個人情報、どんな契約をしているかといった商品情報などが申込情報には記録されています。保存期間は最長6ヶ月と、他の情報と比較しても短い点が特徴です。

契約情報

クレジットカードやローンなどの審査が無事に通り契約を結ぶと、その契約内容が信用情報に記録されます。たとえば契約日や契約の種類、契約金額、貸付金額などが契約情報には記載されています。

契約情報は契約継続中及び契約終了後の最長5年間保存されるため、信用情報から消えるのは時間がかかるといえるでしょう。また、完済=解約ではないので注意が必要です。

限度額まで繰り返し借入ができる包括契約の場合、完済しても契約が継続します。信用情報に記録が残ることもありますので、契約を解消したい場合はその旨を借入先に伝えるようにしましょう。

返済情報

返済情報には、返済日や返済予定日、残高といった情報が記録されています。情報が保有される期間は解約後最長5年間となっており、契約情報と同程度の期間情報が残ります。

注意すべき点は、こちらも完済=解約ではないという点です。完済した際は完済日も記録されますが、完済しても解約できているとは限りません。解約できているか分からない場合は、問い合わせて確認されることをおすすめします。

借金を完済後解約しても事故情報は残る

返済が長期間にわたって遅れた場合などは、事故情報として記録に残ることがあります。借金を完済後に解約した後もその情報が残るため、デメリットを被ることも。

事故情報が記録されないよう計画的に返済していくことが大切なのですが、そもそも事故情報とはどのようなものなのでしょうか。また、事故情報にはどのような内容が記録されているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

事故情報とは

返済遅れや返済不能に関する情報のことを事故情報といいます。もし毎月きちんと返済しているようであれば、この事故情報に記録が残ることはありません。

ただし、2〜3ヶ月以上、もしくは61日以上の長期にわたって返済が遅れている場合は注意が必要です。「長期延滞」として事故情報に記録されてしまうことになります。この他にも事故情報には様々な種類があるので注意が必要です。

事故情報の記録内容

先ほどの長期延滞の他にも、代位弁済、債務整理、自己破産などが事故情報として記録されます。代位弁済とは、本人に代わって保証会社が借金を返済した状態のことをいいます。

お金を貸した金融機関には返済が終わっているものの、保証会社には債務が残っている状態です。続いて債務整理ですが、こちらは合法的に借金を整理することをいいます。

返済額の軽減など、法的な手段で借金の負担を軽減することができます。最期に自己破産についてですが、こちらは借金を全額免除する方法です。これらが主な事故情報の内容となります。

事故情報がある場合のデメリット

デメリット

借金の長期延滞をしている人や返済不能に陥ってしまった人に対し、お金を貸してくれる金融機関はまず無いでしょう。事故情報に記録が残ってしまうことで生じるデメリットはそれだけではありません。

日常生活にも大きな影響があるかもしれませんよ。

新規の借り入れができない

一切の新規借り入れができなくなります。信用情報機関には相互ネットワークがあり、クレジット業を行うあらゆる会社が事故情報にアクセスすることが可能です。そのため、どの金融機関や消費者金融からも一定の期間は新規借り入れができません。

クレジットカードが作れない

事故情報があると、返済能力に不安があるとクレジットカード会社にみなされてしまいます。そのため、新規でクレジットカードを発行することができません。

インターネットでの買い物や普段の買い物が不便になるなど、カードがない生活は想像以上に苦労することとなるでしょう。

ローンが組めない

ローンが組めないので、車や住居といった大きな買い物をすることが非常に困難になります。事故情報が消えるまで待つことができればローンを組むことも可能ですが、最低でも5年は待つ必要があります。

自分のライフプランにも大きな影響を与えることになるでしょう。

保証人になれない

保証人になる時も個人信用情報による審査があります。事故情報に記録がある場合は返済能力が低いとみなされてしまうので、保証人になることができません。

奨学金を借りる時の連帯保証人になれないなど、場合によっては困る場面もあると考えられます。

信用情報の事故情報はいつ消えるのか

いつ

事故情報は原則として5年で個人信用情報機関から消えます。ただし、自己破産のみ最長で10年間記録が保管されることがあります。

それぞれの信用情報機関によって事故情報が消える期間は異なるので、気になる場合は各機関のHPなどを確認してみるとよいでしょう。個人信用情報機関から事故情報が消えると、新規の借り入れなども可能となります。5年という期間は長いですが、自分のお金の使い方を見直す大切な期間ともいえるでしょう。

信用情報が消えたか確認したい場合

確認

事故情報が消えたか確認したい場合は、自分で「信用情報開示制度」を利用して手続きを行う必要があります。

尚、代理人の方が申し込みをすることも可能です。

手続きの方法や費用はそれぞれの信用情報機関によって異なるため、信用情報が気になる場合は問い合わせてみることをおすすめします。

ただし、転居して住所が変わっているなど登録した時と現在で合致しない部分がある場合は、情報の提示に時間がかかることがあります。

転居前の住所をすぐに確認できる書類を準備しておくなど、正確な情報を事前に準備しておくようにしましょう。

借金完済後に解約をすると他にもメリットが

メリット

借金の返済は、金額が多くなればなるほど完済が難しくなります。しかし、借金を長期滞納することなく計画的に返済できた場合は、事故情報に記録が残らないというメリットが得られるのです。

その他にも、借金完済後に解約することによって得られるメリットがいくつかあります。

新たな借金をしなくなる

一度借金をして完済すると、いかに借金を返済することが大変か身をもって知ることができます。再び借金をして返済していこうとは思えず、新たな借金をしなくなるというメリットがあります。

借金をしないので事故情報に記録されるというリスクもありません。借金の返済に困るという生活を回避できるため、精神的にもゆとりのある生活を送ることができます。

借金に頼る生活を見直せる

借金をしてしまうと、それが癖になって借金がどんどん膨らんでしまう人が中にはいます。それは自分のお金ではなく、もはや借金に頼っているといっても過言ではないでしょう。

借金を完済すると、そういった借金にまみれた生活は嫌になります。精神的にも辛いですし、自分にとってのメリットがあまり感じられないからです。借金に頼る生活を見直せる機会はあまりないので、大きなメリットであるといえます。

借金をする場合は信用情報も気にするべき

借金をした時に、信用情報まで気を配る人はあまりいないように思います。借りたお金の使い道をまずは考えますし、中には信用情報について知らない人もいるからです。

しかし、信用情報に傷が付いた時のデメリットは非常に大きく、しかも長期間にわたります。だからこそ、借金をする場合は信用情報のことも踏まえた上で完済できる額を借りるべきでしょう。