350万円の借金を返済するためには?債務整理って可能?

借金が350万円もあれば、地道に返していこうとしても、相当の期間がかかるはずです。では、なにか良い方法はないのでしょうか?

この場合は、債務整理を選択することで、350万円という借金も容易に返済できる可能性が高まります。今回は、350万円という借金の、その返済方法について、詳しく解説していきたいと思います。

350万円の借金は返済が厳しい?

数万円程度の借金であれば、すぐにでも返済できるでしょうが、借金が350万円にまで及んでしまうと、その返済は中々骨が折れそうです。かかってくる金利によりますが、借入先によってはその金利が低いものであったりするので、返済も難しくは感じないかもしれません。

車や学費で350万円を借りることがある

車を購入する際は、中々一括での購入は厳しいので、350万円という借金をすることもあるはずです。できれば、金利の低い会社でのローンを検討したいところですね。

また学費で350万円という金額を借りることもあります。よって、350万円という借金は、決して非現実的なものではなく、極めて身近なものであるということです。

毎月5万ずつ返済できれば7年3ヶ月で返済が完了する

仮に金利が6%であった場合、毎月5万ずつの返済で、完済までは約7年ちょっとかかることになります。この毎月の返済額である5万を高いとみるか、安いとみるかで話は変わってきます。

それでも大多数の人は、高いとみるはずで、7年近くも毎月5万も返済に費やさなければならない事実があります。また、この際のかかってくる金利総額は約80万円となっています。

元金が大きいと金利によって毎月の支払い利息が負担に

借金は元金が大きければ大きいほど、かかる利息も当然大きくなります。金利を4%と10%で比較したときに、完済期間を5年と定めた場合、どれくらいの違いがあるのでしょうか?

金利4%で、毎月約64,000円返済し、かかる総額利息は約360,000円、金利10%で、毎月約74,000円返済し、かかる総額利息は約960,000円です。毎月の返済額はもちろん違いますし、特出すべきはその総額利息で、いかに短期間で完済を目指すべきかがわかります。

複数借入がある場合1カ所で借り直すと金利を下げられる可能性がある

350万円という借金であれば、借入先も複数になっている可能性があります。借入先が複数であると、その分返済先が増えることになり、その分金利も発生することになります。

なので一度低金利の業者を利用して借り換えすることにより、金利を抑えることができます。このように大きい金額だと低金利で借りやすいので、複数箇所から借りるよりお得に借りられるということですね。

350万円の借金は金利の高いカードローンから優先して返済していく

350万円という借金がある場合は、借入先も複数である場合が多いと思います。その場合、借金を計画的に返済する方法としては、金利の高いところから返済していくことが求められます。。

カードローンやフリーローンは金利が高い

カードローンやフリーローンは総じて金利が高い傾向にあります。そのため、借金の返済においては優先して返済していきたいところです。これらを後に回してしまうと、金利の発生により、借金が増えてしまうからです。

オートローンや教育ローンなど目的限定型は金利が低い

ローンの中には目的限定型というものがあり、これらは金利設定は低くなっています。そのため、目的に合わせてうまく利用していければ、賢くお金を借りることができます。また返済の優先順位も後回しにすることで、金利の高い業者から完済を目指していけます。

借金をまとめてしまうのも手

どうしても現在の借金の返済が苦しいのであれば、借金を一社にまとめてしまうと良いです。その場合は、できる限り低金利の業者を選択することで、金利をグッと抑えることができます。

一社にまとめる利点は金利だけではなく、返済先が一社になることによって返済の手間も減ることが挙げられます。

350万円の借金は債務整理をおすすめします

50万円まで

350万円という借金は、自力での返済もできなくはないですが、債務整理を利用することで、もっと楽に返済が可能になります。なぜなら、自力での返済はあまり現実的ではないという背景があります。以下について、それぞれ解説していきます。

350万の借金は返済が月々の負担が大きく返済困難になりやすい

350万円という借金を返済していくには、毎月の返済額が多額になり、とても長期間に及ぶ返済を続けていけるとは思えません。実際に金利6%で350万円の借金をして完済期間を5年または10年としたとき、どれくらいの利息が発生するのでしょうか?

5年計画である場合の利息総額は約60万円、10年計画である場合の利息総額は約116万円となります。早急に返済したいところですが、5年計画の場合でも毎月の返済額は、約7万円となるので、相当厳しい生活を強いられます。

350万の借金は完済までに多くの時間がかかる

当然早めに返せば、その分利息の発生を抑えられますが、そうなると毎月の返済額がとんでもないことになります。借入先の金利にもよりますが、おおよそ5~10年前後を見ておくのが、現実的です。

このように完済までに、長い期間を要してしまうので、結果的に債務整理を選択するほうが賢いといえるのです。

350万円の借金解決に適した債務整理は?

実際に債務整理をするとして、350万円の借金に対する有効的な方法はなにがあるのでしょうか?債権者との話し合いで解決するものから、裁判所を通さなければならないものまであります。

利息をカットし3年間で分割返済する任意整理

裁判所を通さない唯一の債務整理の方法になります。この任意整理では、債権者の承認によって、利息のカットが認められ、その代わりに、3年以内の完済を求められます。

350万円の借金で利息がカットされたのですから、毎月約9万円前後で完済ができれば、この方法をおすすめします。

最大で1/5まで借金を減らせる個人再生

350万円という金額であれば、個人再生もおすすめしたいところです。借金の大幅な減額が見込めるので、収入に不安がある場合などに有効です。

また最低弁済額というものがあり、350万円であれば、100万円の返済で済むことになります。

返済が完全に不可能な場合は自己破産

350万円程度の借金では、あまりおすすめはしないですが、借金がゼロにできる自己破産もあります。大きなメリットですが、当然その分デメリットもあり、所有している財産を全て手放す必要があり、信用情報機関にその記録が登録されるので、5年はローン組みができなくなります。

ですが、返済が不可能な状態であれば自己破産以外の解決法は無いと言っても過言ではないので、デメリットを考えている余裕はないでしょう。

裁判所で行う特定調停

特定調停とは、債権者を通さないで、行う任意整理のようなものです。書類作成などは自分でやらなければいけないという手間がありますが、大きく借金の解決が見込めます。

この場合の借金の用途も追及されることはありません。

おすすめの債務整理の専門家

みつ葉司法書士事務所

24時間365日対応可能な、主に司法書士が運営する事務所になります。創業からまだ10年も経っていませんが、その確かな実力で、豊富な解決実績を誇っています。親身になってくれる姿勢で、利用者の満足度は高いです。

ウイズユー司法書士事務所

相談は無料は当たり前として、着手金や減額報酬がゼロなのは、利用者にとって非常に有難いです。報酬の分割払いができるため、まとまった費用の心配をする必要がないのも特徴です。

特に闇金案件に対して非常に強いことで有名なので、350万円の借金が闇金からのものであれば是非利用したいところです。

東京ロータス法律事務所

有名な司法書士事務所も良いですが、やはり弁護士事務所の安定感には敵いません。同事務所では、その圧倒的な知名度と実績で、借金解決のプロ集団として、業界のトップを走っています。

弁護士事務所でありながら、その特出すべき特長は費用の安さにあり、特に任意整理は業界最安値の呼び声が高いです。

350万円の借金は債務整理での解決がおすすめ

350万円という借金を返済していくのは、決して生易しいことではありません。自力での返済はできなくはないですが、現実的ではないので、できれば債務整理をするようにしたいです。

350万円の借金を返済していく上での、最大のネックは金利にあり、かかる利息が非常に重たいのです。その返済も長期に渡ることになるので、それを考えると債務整理を利用したほうが良策といえます。