700万円の借金は返済可能?どうすれば良い?

700万円という借金は、とても自力での返済は厳しいです。そのため、おまとめローンや債務整理といった方法を取ることで、その返済を一気に楽にできます。

1人で抱え込まずに、まずは専門家に相談してみることが、解決への第一歩と言えるでしょう。今回は、700万円という借金についての解決方法について、詳しく解説していきたいと思います。

700万円の借金は返済より債務整理が良い?

どういった経緯で、700万円という借金を抱えることになったのかはわかりませんが、まともに返済していては何十年かかるかわかりません。このような多額の借金である場合は、債務整理を選択するのが良策といえます。

債務整理することによって、借金の大幅な減額が見込めるので、ざっくりと完済の目途が見えてきます。またデメリットも相応に大きいですが、自己破産すれば借金がゼロにすることも可能です。

▼1000万の借金のケースを紹介!
20代で借金1000万円を返済するのは無理?自己破産のメリットとデメリットをご紹介!

700万円の借金を返済するには?

700万円という借金を債務整理せずに、自力で解決するとしたら、実際どれほどの返済額が必要になるのでしょうか?

また、発生する金利なども気になるところですよね。以下について、それぞれ解説していきます。

借金700万円の返済には相当な根気が必要

実際700万円という借金を自力で返していくには、相当根気がいります。まずはその完済までの期間が長期に及び、気の遠くなるような返済を続けなければなりません。

発生する金利も相当多額であり、毎月の返済額によっては元金の返済もあまり進まないと思われます。

毎月7万ずつ返済できれば10年10ヶ月で返済が完了する

700万円を金利5%で借入した場合、毎月約7万の返済で、おおよそ11年かかることになります。この場合の金利5%も銀行などで借入したケースであり、消費者金融になると金利はもっと高い傾向にあります。

毎月7万の返済は辛いものがありますが、利息だけ見ても約200万円以上が発生していることになります。

元金が大きいと金利によって毎月の支払い利息が負担に

元金によって金利は発生するので、700万円という借金であれば、当然金利も高くなります。10年で完済すると仮定した場合、金利3%と7%の返済額に、どれほどの差があるのでしょうか?

金利3%の場合、毎月約67,000円の返済で、かかる金利総額は約110万円です。金利7%の場合、毎月約81,000円の返済で、かかる金利総額は約270万円です。このように、金利が数%違うだけで、これほどまでの差が生まれるのです。

複数借入がある場合1カ所で借り直すと金利を下げられる可能性がある

700万円という借金を一社から借入している方が、複数社から借入するよりもかかる金利が違うので、お得になりやすいです。業者の金利設定は、基本的に元金の金額が高ければ高いほど、その金利は低くなる傾向にあります。

なので現在複数社から借入をしているのであれば、1社にまとめることで、金利を低く設定しなおせる可能性があります。

返済困難な場合700万円の借金は債務整理で負担を低減する

700万円もの借金を解決していくには、やはり債務整理が妥当だと思われます。自力に返済していくことも悪いことではないですが、やはりかかる期間が長期になることを考えると、得策とは言い難いです。

任意整理

借入先との話し合いによって、借金の返済についての相談ができます。この際返済期間を定められることを条件として、利息カットなどの好条件が受けられることがあります。

700万円という多額の借金において、かかる利息も少なくないですから、これは嬉しい処置になります。

個人再生

裁判所を通すことになりますが、借金の大幅な減額が見込めるのが、この個人再生です。最低弁済額というものがあり、借金の金額によって減額幅が変わってきます。

700万円であれば、4/5もの減額が見込めるので、実質返済する金額は、140万円ほどになります。これだけ減額されれば返済もかなり楽になり、完済が見えてくるはずです。

自己破産

700万円の借金であれば、個人再生がおすすめですが、返済能力に自信がない場合などは、自己破産を検討するべきです自己破産をすると、借金がゼロになり、返済義務が一切なくなります。

しかし自己破産をすると、所有する全ての財産を手放す必要があり、信用情報機関に自己破産の記録が登録され、向こう5年はローン組みなどができなくなるので。注意が必要です。大きなメリットには、大きなデメリットはつきものですね。

700万円の借金を自己破産や個人再生する際の専門家への相談費用は?

実際に債務整理をするとして、自分でやると費用がかからず、経済的に良いですが、やはり不安はあります。その場合、専門家に相談すると思いますが、費用が気になりますよね。

自分で債務整理の手続きをする

債務整理をする上では、費用がかかってしまうので、自分でやれるならやりたいと考えますよね。確かに自分でやれば専門家に支払う依頼料などを節約でき、発生する費用は裁判所での手続きにかかる費用程度になります。

しかし全ての手続きを自分でやるのはあまり現実的ではなく、あまりにやることが多すぎてしまいます。費用がかかっても、専門家に依頼する方が得策であります。

弁護士に依頼する

借金問題はやはり弁護士に頼むのが間違いないです。確かに費用はかかりますが、その仕事は確実なので、安価に済ませようと自分でやるよりも、手間もかからずおすすめです。

各事務所では無料相談を構えているので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

司法書士に依頼する

弁護士と同じように専門家と言えば司法書士がいますが、司法書士は弁護士よりも費用が安価になる傾向があります。しかしそれは司法書士は弁護士とは違い全ての手続きをしてくれるわけではなく、自分でやらなくてはいけない部分も発生するのです。

また、自己破産をするケースにおいては、弁護士に依頼した方が安価で済む場合もあります。

費用はかかるが専門家に依頼した方が良い

結果的にいくら費用を抑えられるからと、自力でやるのは、その手間がかかるという観点からおすすめはできません。費用がかかってでも、専門家に依頼するようにしたいところです。

その際は、司法書士ではなく弁護士に依頼することで、全てを任せることができます。

700万円の借金が苦しくなったら専門家に相談してみよう

借金に悩んだら、すぐに専門家に相談してみることで、一気に700万円という借金の解決が見込めます。初回であれば無料相談している事務所も多く、気軽に利用してみたいですね。

プロに相談できると不安が少なくなる

借金問題について、素人である本人がいくら抱え込んでいたって、解決への道は開きません。そこで、借金問題のプロである専門家に相談することで、解決法を導いてくれます。

また専門家の言葉によって、今まで抱いていた不安も一気に軽減されるはずです。

実現可能な返済計画を立てられる

専門家は無理難題は言いませんので、実現可能な返済計画を立ててくれます。また、素人の立てた返済計画に、的確に指摘をしてくれるので、返済がより容易になります。

掘り下げた相談でなく、返済計画の相談だけでも、非常に力になってくれます。

借金問題が解決できると人生が豊かに

700万円という借金を抱えている今は辛いかもしれません。しかしこの借金問題を解決した後は、良い経験として残るはずです。なので、早急に解決を図るためにも、専門家の相談を受けてみる必要があります。

おすすめの債務整理の専門家

みつ葉司法書士事務所

24時間365日対応可能な、司法書士が運営する事務所になります。創業は2012年と浅いですが、その確かな実力で、豊富な解決実績を誇っています。

身近な司法書士事務所を目指すがモットーで、利用者の満足度は非常に高いです。

ウイズユー司法書士事務所

相談は無料は当たり前として、着手金や減額報酬がゼロなのは、利用者にとって非常に有難いです。報酬の分割払いができるため、まとまった費用の心配をする必要がないのも特徴です。

特に闇金案件に対して、非常に強いことで有名なので、700万円の借金が闇金からのものであれば、是非利用したいところです。

東京ロータス法律事務所

有名な司法書士事務所も良いですが、やはり弁護士事務所の安定感には敵いません。同事務所では、その圧倒的な知名度と実績で、借金解決のプロ集団として、業界のトップを走っています。

弁護士事務所でありながら、その特出すべきは費用の安さにあり、特に任意整理は業界最安値の呼び声が高いです。

700万円の借金の返済はおまとめローンや債務整理を活用しよう

700万円という借金を解決するには、普通に返済していてはダメです。借入先の金利が高いのであれば、金利の安い借入先を利用して、借り換えなどを検討する必要があります。

また債務整理をすることによって、借金の大幅な減額が望めるので、返済が一気に楽になりますね。自分の状況によって、様々な制度を使いつつ、確実に返済していきたいところです。

▼借金の減額の仕組みを解説
借金の連帯保証人は追加できる?保証人との違いは?