配偶者に500万円の借金があったら離婚すべき?

見直そう

もし配偶者が自分に黙って借金500万円も作っていたら、あなたは離婚を選びますか?それとも許して、2人で返済をするべきなのでしょうか。難しい問題ですよね。

こちらの記事では配偶者の借金500万円を理由に離婚するときの注意点や、配偶者としての返済義務、離婚手続きについても詳しくご紹介していきます。

500万円の借金は離婚する理由になり得る

配偶者に借金500万円があったと分かった場合、それは離婚を申し立てる理由の一つに認められます。

愛し合い、信じていた相手に隠し事をされるのはショックなもの。ですが配偶者の借金トラブルは自分や子供にも降りかかってくるため、甘い顔をしているわけにはいきません。

ましてや借金500万円は大金。そう簡単に返済できる額ではないため、将来的に離婚を視野に入れる場合は、身の振り方をしっかり考える必要があります。

500万円の借金がギャンブルや浪費によるものなら離婚すべき

連帯保証人になってはいけない

配偶者が借金500万円を作ったことは立派な離婚の理由になりますが、「即離婚!」と考える必要はありません。お互いに愛情があれば離婚せずに、2人で前向きに借金を解決していくのも選択肢の一つです。

ただし愛情の強さだけで判断するのは、失敗のもと。離婚するかしないか、その明暗を分けるのは、借金の理由や相手の人柄です。

借金500万円をきっかけに離婚すべきかどうか、ケースバイケースで考え方を紹介していきましょう。

ギャンブルや浪費の借金は本人の金銭感覚に問題があります

借金500万円をパチンコや競馬などのギャンブルや、本人の個人的な趣味や買い物、キャバクラ通いなどの浪費で作った場合は、将来的に離婚を考えたほうが良いケースに該当します。

こういった理由の借金はごく個人的なものであり、配偶者は無関係。ましてや500万円もの借金を重ねたということは本人の金銭感覚に問題があり、今後も借金を繰り返すことが予想されるため、民法上でも「婚姻を継続し難い重大な事由」として認めています。

奨学金や病気の治療費などの借金は一緒に返済していくことも考えてみましょう

借金500万円の理由が結婚前の奨学金の返済によるものや、病気の治療費などのやむを得ないものであれば、離婚を考えるのは早計かもしれません。本人に浪費癖がなく、今後借金を繰り返すリスクがないのであれば、夫婦2人で前向きに返済に取り組むことも検討してみてください。

こういった理由の借金の場合は家族の問題としてもとらえられることがあるため、道義的にも離婚の理由として認められないことがあります。

500万円の借金で離婚する前に知るべきこととは

知っておくべきこと

借金500万円の理由だけでなく、離婚する前に配偶者として確認しておくべきこともご紹介しましょう。

配偶者の借金も財産と同様に、離婚の際に夫婦で分与される可能性があります。中には事前確認したことで借金問題が解決し、離婚をせずに済むケースもありますので、しっかりチェックしておきましょう。

500万円の借金以外に借金はないか?

借金500万円を理由に離婚に踏み切る前に、申告している以外に借金がないのか、本当に借金は500万円だけなのかを確認しましょう。本人に借金の常習性が無いかを確認するためにも大事なことです。

借金をもとに離婚を迫られていると、自分が不利にならないように借金をできるだけ隠したいと思うもの。配偶者本人の申告だけで信じてしまうのは考えものです。借用書などの契約書面や、金融機関などの督促状を出してもらい、正確な金額の把握に努めましょう。

配偶者がどうしても教えてくれない場合は、信用情報機関に信用情報の開示請求をする方法もあります。

500万円の借金をどこから借りたか?

借金500万円からどこから借りているかも、重要なポイントです。中には借入先を調べたことで、グレーゾーン金利で借金をしていることが分かり、過払い金請求で借金が解決する可能性もありますよ。

親や知人などから借金をしている場合はまだましだと思うかもしれませんが、自分にとっても知り合いである場合は注意が必要。離婚したからといっても、道義的に借金に対して無関係と押し通すわけにはいきません。

またヤミ金などから借りている場合は取り立てが厳しく、離婚をしていても元配偶者に返済を求めてくるケースも散見されます。

500万円の借金の利子はいくらか?総返済額はいくらか?

金融機関から借金をする場合は元金に対して金利分も返済しなくてはいけないため、金利や発生する利子も確認が必要です。

金利設定は金融機関によって違うものの、借金500万円のように元金が大きいほど利子がかさみ、返済期間が長くなればなるほど総返済額が増えるもの。返済期間や総返済額も調べておきましょう。

例えば金利5%で借りた借金500万円を毎月80,000円ずつ返済する場合は73ヶ月、およそ6年以上の年月がかかり、総返済額は約5,80万円。利子だけでも80万円もかかってしまいますが、債務整理をすれば離婚をしなくても夫婦2人で返済できるかもしれません。

500万円の借金で離婚するときに気を付けるべきこと

配偶者に借金500万円があることを理由に離婚に踏み切る場合、ただ離婚届けにサインをすれば良いというわけではありません。今まで生計を共にしていた人と別れて新しい生活を始めるには、さまざまな問題が付きまといます。

離婚してから後悔をしないよう、正式に離婚をする前に次の3つの点を確認しておきましょう。

勝手に連帯保証人にされていないか

実際に離婚に踏み切る前に、借金500万円の中で勝手に自分を連帯保証人に設定していないかどうかを確認しておきましょう。配偶者の場合は署名や押印の偽造が簡単で、家族を無理やり連帯保証人に仕立てて高額な借金をしているケースは意外と多いのです。

連帯保証人にされていると、離婚をしても配偶者が返済不能になった時に自分に督促状が回ってきます。勝手に連帯保証人にされた場合でも契約上は法的な義務が発生しますが、一切返済に応じてはいけません。1円でも返済に応じてしまうと、連帯保証人の解除ができなくなります。

離婚後の生活の基盤は作れるか

これまで生計を共にしていた夫婦が離婚するわけですから、別れた後の生活基盤が作れるのか、確認しておくことが大事です。

特に注意しなくてはいけないのは、子供がいる場合。500万円もの借金を抱えて返済生活を送る相手に任せておけない場合は当然親権を主張して、子供を養っていく必要があります。

子育てのために専業主婦だった場合はなおさらですが、これまで夫婦共働きで自分に安定した収入がある人でも、子供がいれば何かと支出は増えて生活が厳しくなるもの。不足する分をどこまで配偶者に埋めてもらうのか、しっかり取り決めておきましょう。

配偶者から慰謝料や財産分与の同意が取れているか

離婚後の生計にもかかわってくることですが、借金500万円という離婚の原因を作った配偶者の慰謝料をどうするか決めておくことも必要です。夫婦が共有して所有していた住宅などの財産がある場合は、あわせて分与についても同意を取っておきましょう。

慰謝料は婚姻期間の長さや、配偶者の収入によって金額が左右されがちですが、あるとないとでは大違いです。特にこれまで専業主婦をしていて生計を立てる手段をすぐに得られない場合は、わずかでも慰謝料があれば当座の生活が安定します。

財産分与で住める場所があるだけでも違うため、円満に離婚ができるよう、よく話し合って決めましょう。

500万円の借金の返済義務が自分にもある場合とは

借金はあくまでも借りた人が返すべきもの。基本的に配偶者が個人的に作った借金500万円を返済する必要はありませんが、次のようなケースでは返済義務を免れることができません。

相手が勝手に作ったものだからと軽く考えるのではなく、本当に自分に返済義務がないのか、離婚する前にもう一度確認しておくことをおすすめします。

500万円の借金の連帯保証人になっていた場合

配偶者が自分の遊興費や買い物のために作った借金500万円でも、連帯保証人になっている場合は自分も返済義務を負います。保証人は債務者が返済不能に陥った時に借金を肩代わりする必要があるため、離婚をしたからといって、義務から免れることはできません。

もし自分が配偶者の借金500万円の連帯保証人になっている場合は、離婚交渉の中で保証人を外してもらうことも話し合ってみてください。場合によっては、改めてローンを組みなおしてもらうことも検討してもらいましょう。

500万円の借金が車や日用品など夫婦生活に必要なものだった場合

配偶者が自分に黙って勝手に借りたお金でも、借金500万円が夫婦がの生計に使われていた場合は、配偶者にも返済義務が生じます。

一般的に配偶者にも返済義務があると認められるのは、夫婦で住む家の家賃や公共料金、医療費や子供の教育費など。その他にも、夫婦が生活するうえで必ず必要になる物品の購入費用なども、日常家事債務に該当します。

ボーナスカットなどで収入が減り、本来払えるはずの生活費を家族に内緒で借金で補填していて、500万円にまで膨らんでしまうことはよくあること。こういった場合は共に責任をもって、借金の返済に取り組む必要があります。

500万円の借金で離婚する際、その方法は慎重に選ぶべき

離婚

離婚する方法には次の3つの手続きがあり、メリットやかかる手間も違います。借金500万円が原因で離婚する場合は慎重に、自分たちにあった方法を選びましょう。

離婚は結婚と同様にお互いの意志に基づくものの、合意に至るまでは決して簡単なことではありません。特に借金が原因で離婚をする場合はなおさらですよ。

協議離婚する場合

「協議離婚」とは、離婚の条件や財産分与について当事者2人で冷静に話し合い、双方の合意に基づいて離婚することをいいます。他者が介在しない分余計な手間や費用も掛からず、戸籍上の届出だけで終わるため、解決するまでがスピーディー。実際、一番多く利用されている離婚の方法です。

その反面で素人同士の話し合いで、慰謝料や財産分与についてしっかり話し合わないまま手続きを進めたり、親権者の指定や養育費の取り決め、面会交流などの大事なことを取りこぼしてしまったりして、離婚をした後になってもめるケースも少なくありません。

調停離婚する場合

「調停離婚」とは、当事者の話し合いで諸々の条件の合意に至らない場合にとられる手段で、家庭裁判所の調停手続きによって第3者を介して意見の調整をし、合意に至って離婚する方法です。

当事者同士だとどうしても感情的になって対立しがちですが、男女1名ずつの調停委員が双方から公平に意見を聞いてもらえるため、より現実的な話し合いができますよ。当事者が顔を合わせなくても良いため、借金500万円がもとでとことん夫婦関係がこじれてしまった場合や、配偶者がまったく話し合いに応じてくれなくて困っているケースでも安心です。

裁判をする場合

裁判による離婚は、最後の手段です。日本の場合は調停前置主義を取っていて、まずお互いの協議で解決するのが大前提。当事者の話し合いが決裂する場合は調停や審理の機会が設けられますが、それでも合意に至らない場合は訴訟を起こして、裁判で解決するしかありません。

一般的に離婚裁判では、離婚する原因があるかどうかが争われますが、配偶者の作った借金500万円が離婚事由に認められるかどうかはケースバイケースです。裁判で認められなければ、離婚はできません。

相手が離婚の原因を作ったといっても、裁判の附帯処分で決められる財産分与などが全て自分に対して有利になるとは限らないことも理解しておきましょう。

500万円の借金は高額!離婚を選ぶのは悪いことではない

配偶者の借金500万円が原因で離婚をするのは世間体が悪いと尻込みする人もいますが、借金500万円は大事です。夫婦としての信頼関係も損なわれ、将来も不安になるため、離婚を選ぶことは決して悪いことではありません。

場合によっては500万円の借金を債務整理して夫婦2人でやり直すこともできますが、離婚をすることで相手が立ち直れるケースもあります。家族への悪影響も考えて慎重に、かつ現実的に離婚を考えてくださいね。

▼配偶者に借金がバレたら離婚?慰謝料や養育費、親権はどうなるの?▼
配偶者に借金がバレたら離婚?慰謝料や養育費・親権はどうなるの?配偶者に借金がバレたら離婚?慰謝料や養育費、親権はどうなるの?
▼ギャンブルの借金が理由で離婚ってできる?慰謝料の相場はいくら?▼ 
ギャンブルの借金が理由で離婚ってできる?慰謝料の相場はいくら?