女性がお金を借りるときはどうしたら良い?安全な手段は?

女性でも、お金を借りたくなる時は出てくるものです。しかし女性の場合、金融業者のスタッフが怖い男性だったら、なんて思うと尻込みしてしまうかもしれません。

女性でも安心してお金を借りられるような手段があれば、利用したいと考える女性だっているはずですよね。

この記事では、女性が安全にお金を借りられるお薦めの手段についてご紹介していきます。

女性がお金を借りるときはレディースキャッシングがお薦め

キャッシングと聞くと男性が利用するイメージがありますが、最近では女性の利用者も年々増加してきています。そういったニーズに応えるため、女性専用のキャッシングを取り扱う企業も増えてきました。

ここではレディースキャッシングについて詳しく説明し、レディースキャッシングを扱っている消費者金融をご紹介していきます。

お金を借りる女性にお薦めのレディースキャッシングとは

レディースキャッシングとはその名の通り、女性利用者専用のキャッシングです。女性利用者限定のお得なキャッシングシステムかと思いきや、金利や限度額などは通常のキャッシングと全く変わりません。

違いは女性専用ダイヤルが設けられており、「女性スタッフが対応してくれる」という点です。怖いイメージのあるキャッシングですが、女性が対応することにより安心して利用することができるようになっています。

女性がお金を借りるときにレディースキャッシングを選ぶメリット

レディースキャッシングを選ぶメリットは女性が対応をしてくれるので、安心して利用ができる点です。キャッシングと聞くと闇金を想像し、ドラマや映画の怖いイメージを連想する女性も多いのではないでしょうか。

申し込みをする際は家族構成やお金の使い道などを細かく聞かれることがあります。男性の担当者に不安を感じる方は女性が対応をしてくれるので、安心してお金を借りる相談ができるのでオススメです。

女性がお金を借りるときにレディースキャッシングを利用する際のポイント

女性だからと言って、キャッシングの審査に通りやすくなるわけではありません。

ここではレディースキャッシングを利用する際のポイントを挙げていきます。

配偶者貸付

配偶者貸与とは、収入のない専業主婦でも配偶者の同意があれば借り入れができるという制度です。

総量規制というルールが存在するため、収入のない方はお金を借りることができません。収入のない専業主婦はこの配偶者貸与を行っている金融機関を選ぶことでお金を借りることができます。

無利息機関

少しでもお得に利用したい方は「無利息サービス」を行っている機関を選ぶと良いでしょう。例えば「30日間無利息キャッシングサービス」があります。30日間は金融機関に支払う手数料が発生しないので、お得にお金を借りることができます。

総量規制

総量規制は賃金業法にある項目の1つで、「年収の3分の1を超える融資を禁止する」というルールです。消費者金融やクレジットカード会社は賃金業法という法律の上で運営されているので、収入が0の専業主婦はお金を借りることができません。

専業主婦が配偶者の同意なしでお金を借りたい場合は銀行カードローンを利用することができる場合があります。

女性がお金を借りるときにお薦めのレディースキャッシングを扱う消費者金融

レディースキャッシングを利用するメリットとポイントを説明しましたが、ここからはレディースキャッシングを扱う消費者金融を紹介していきます。

アイフル

回りにお金を借りていることがバレないか不安な女性はアイフルを選ぶと良いでしょう。カードローンの際は会社に在籍確認の電話がかかってくるのですが、社員証や健康保険証を提出することで、在籍確認としてもらえる可能性があります。

審査時間は最短30分、限度額は800万円で、金利は3.0%~18.0%となっています。

プロミス

店舗に行かずにネットでお金を借りたい女性は、プロミスを選ぶと良いでしょう。借り入れも返済もインターネットで済ますことが可能です。また他の大手消費者金融と比べると金利が低いため、30万円以上借りる場合はプロミスがオススメです。

審査時間は最短30分、限度額は500万円で、金利は4.5%~17.8%となっています。

アコム

お金を借りるための審査が通るか不安な女性は大手の中でも審査通過率の高いアコムがオススメです。他社でもお金を借りている女性は審査の通りやすいアコムを選ぶと良いでしょう。

楽天銀行の口座があれば、即日融資が可能となっています。審査時間は最短で30分、限度額は800万円で、金利は3.0%~18.0%となっています。

レディースキャッシングはお金を借りるときに審査が通りやすいわけではない

レディースキャッシングは女性だからと言って、ローンの審査が通りやすいものではありません。あくまで女性でも気軽に安心して利用ができるように、女性スタッフが対応するものです。入り口が違うだけで、たどり着く先は通常のものと変わりはありません。

レディースキャッシングに対して期待しすぎず、「女性スタッフが対応してくれる窓口」ということを念頭に置いておくようにしましょう。

公的制度でお金を借りる選択肢もある

ここまで金融機関のレディースキャッシングを紹介しましたが、他にも国や市町村などの公的制度でお金を借りる選択肢もあります。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸与制度は障害者や高齢者がいる世帯で、生活保護を受けておらず、毎日の生活がままならない人をサポートするための制度です。利は0~3%台と低いのが特徴ですが、仕事ができて通常の社会生活を送れる場合はお金を借りることはできません。

制度を利用したい場合は、お近くの社会福祉協議会に相談してみてください。

国の教育ローン

国の教育ローンは日本政策金融公庫が実施している貸付制度です。授業料や入学費だけでなく、パソコン購入費や在学するための住宅費用にも利用することができ、柔軟性の高いものとなっています。中学校卒業以上のお子様がいる世帯であれば、お金を借りることができます。

年金担保融資制度

年金担保融資制度はお金を借りることが難しい年金受給者が利用することのできる公的な融資制度です。

受給する予定の年金を担保にお金を借りるしくみで、お金を借りることのできる金額は年金額の8割以内、10~300万となっています。借りたお金は生活費や車の購入費など、自由に使うことができますが、返済は年金から行われる仕組みです。

女性がお金を借りるときはレディースキャッシングなら余計なストレスや心配事も無く利用できる

女性の社会進出が進むにつれ、キャッシングを利用する女性も増加しています。

お金を借りることを考えている女性はレディースキャッシングを利用すると怖い思いをせずに、安心して相談や借り入れをすることができるでしょう。

一方で女性だから審査が通りやすくなったり、利息が安くなったりすることはないので、借り入れをする場合は計画的に行ってください。