600万円の借金は返済できる?返済するための方法とできない場合の対処法

独身

気が付いたら600万円という高額な借金を抱えていた場合、果たしてその返済は自力で行っていけるのでしょうか?まずは、借金の詳細について自分で整理していくことが必要になります。借入先の数やそれぞれの金利、自分の収入や捻出できる返済額、これらを加味して自力での返済の可否を見極めたいところです。

今回は、600万円という借金の返済方法と仮に返済できない場合の対処法について、詳しく解説していきたいと思います。

600万円の借金は自力で返済できるのか

600万円という借金を抱えている場合、普通に返済しようとしても、利息で手一杯になり、中々返済が進んでいきません。自力で返済していくとなると、収入のほとんどを返済に費やすことになり、生活がままならないという状況すらあり得ます。

このように、600万円という借金を自力で返済していくのは、あまり現実的ではないことがわかります。仮に自力での返済をしていくのであれば、返済していく前に、一度借金の整理をしてみることが大事になります。

600万円の借金を返済し続ける前に整理すべきこと

整理

漠然と借金を返していては、終わるものも終わることはありません。しかも、600万円という多額の借金であれば尚更のことです。まずは以下の事について整理をした上で、600万円の借金返済に挑みましょう。

借入額と借入先を明確にする

600万円という多額の借金であれば、借入先が一つであるということは中々ないことです。ですから、まずはそれぞれの借入先と借入額を明確にしていくことが先決です。

どこの借入先が一番借金が多いのか、どこの借入先が一番金利が高いのか、これらを確認しておくことは、返済に向けて非常に重要なことになります。第一こういった初歩的なことの認識がなければ、借金の完済なんて不可能と言えるでしょう。

完済時の返済総額を計算する

それぞれの借入先には、金利というものが設定されているので、返済シュミレーション上において、完済時の返済総額の計算は容易にできます。借金は元金だけを返済していくものではなく、返済期間が長くなれば長くなるほど、金利による利息が発生します。

この利息をできる限り抑えつつ、完済に向けて返済していきたいところです。そのためには、現在の状況においての、完済総額が今後の返済計画を立てるためには必要なことになります。

現状の毎月の返済額を整理する

借金の返済していくために、毎月の返済額は計画性をもって行わないと、借金地獄となってしまう可能性があります。優先順位としては、金利の高い借入先から終わらせていくことが大切で、そうすることで利息の発生を最小限に抑えることができます。

そして、できる限り毎月の収入の中で、借金の返済に充てられるだけ充てるようにして、早急な完済を図っていきたいところです。借金は期間が長期になればなるほど、返済が苦しくなっていくものなので、自分の首を絞めないよう整理することが必要です。

毎月の支出を把握する

毎月より多くのお金を借金の返済に充てるようにするには、収入はもちろん、支出の把握も大切です。家賃などの固定費は決まっているものですが、食費や光熱費、通信費や交際費などは変動費なので、自分の管理次第で節制が可能です。

それでも、苦しいと思うような生活では身体を壊してしまい、元も子もないので、必要最低限の生活を目指してみることです。意外と日々の生活の中には、様々な無駄が隠れているので、支出を把握し管理するだけでも、多くの返済額の確保が見込めます。

毎月返済に充てられる最大金額を算出する

メインの仕事はもちろんですが、余裕があれば副業などで収入を増やしてみることも必要です。また、最低限の生活をすることにより支出を極限まで切り詰めて、返済に充てれるお金を確保します。

このように、毎月返済に充てられる最大金額を算出し、それを毎月返済していけるような計画を構築します。この最大金額こそが、自分の借金に対しての最大限の努力ということになり、それでも不足であれば、他の方法を考えるしかありません。

整理した後に現実的に600万円の借金を返済し続けられるか判断する

判断

実際に600万円という借金の詳細について、自分なりに整理してみて、返済していくことが可能と判断できれば良いです。収入が不足であれば副業を考えれば良いですし、支出を極限まで切り詰めて返済に充てるお金を捻出するも良いですし、方法は様々です。

しかし、根本的に借入先の金利により、毎月返済していっても元金が全然減らないなどであれば、自力での返済は諦めた方が良いと考えます。その場合は、債務整理などの解決法にシフトチェンジしていくしかありません。

600万円の借金を返済することができない場合の対処法

50万円まで

自力で600万円という借金の返済の目途が立たない場合、それはもう自分の力ではどうすることもできません。この国では、このような借金に苦しむ人のために、債務整理という借金の解決法があり、合法的に借金の減額を図ることができます。

以下について、それぞれ解説していきます。

任意整理

任意整理は、債務整理の中でも唯一裁判所を通さない方法で、その手軽さがうけています。しかも借金の利息カットが可能となり、600万円という借金であればその利息も相応に大きいですから、かなり大きな減額が見込めます。

ただし、借入先との話し合いにより解決するので、借入先が話し合いに応じなければ任意整理はできません。また、3年以内での完済を求められるので、600万円という借金であれば、少々厳しいかもしれないですね。

個人再生

個人再生は、借金の大幅な減額が見込め、借金の金額が多ければ多いほど、その効力は大きいです。借金が600万円であれば、減額幅は1/5なので、120万円になることになります。

任意整理同様、3年または5年以内での完済を求められますが、これだけ減額してもらえるのであれば、完済可能範囲内ですね。600万円という借金を債務整理するのであれば、この個人再生が一番おすすめです。

自己破産

任意整理・個人再生はあくまでも返済能力がある債務者のための債務整理になります。仮に600万円という借金を抱えていて返済能力がない場合は、この自己破産を選択する以外ありません。

自己破産は、借金がゼロになる代わりに所有する財産全てを失い、更に信用情報がブラックになってしまいます。

自己破産の条件は、免責つまりは借金の理由がギャンブルなどの理由ではないことで、600万円の借金の理由がギャンブルではなければ可能です。

600万円の借金を返すためにまずは弁護士に相談しよう

専門家

600万円の借金の返済に悩んでいるのであれば、迷わず専門家である弁護士に相談してください。初回であれば相談料は無料であることが多く、素人が一人で悩んでいても借金がなくなるわけではありません。

弁護士に相談することで、今後の方向性が見えてくる可能性が高く、一気に借金問題の解決の目途が立てられるかもしれません。お金について悩んでいる人は意外と多く、別に恥ずかしいことではないので、大事になる前に早めに相談したいですね。

借金を600万円から増やさないために

最悪のシナリオ

借金を減らしたいにも関わらず、借金を増やしてしまうことは、余計に完済が遠ざかってしまいます。借金を早急に完済したいがために、無理をして身体を壊してしまい、医療費がかさんでしまったりすると、元も子もありません。

なので最低限の生活を維持しつつ、その中で返済に充てれるお金を捻出していかなければ、トータル的にみると大きくマイナスになってしまいます。そうなると、借金の返済どころか、追加融資をして借金を増やしてしまうなんてことにもなりかねないのです。

600万円の借金を返すには悩んでいる暇はない

このように、600万円という借金を自力で返済していくには、強い意志と確実な計画性がなければ実現しません。まずは、自分の借金の詳細について、整理することが大切で、闇雲に返済していくだけでは、効率の良い返済とはいえません。

根本的に、自力での返済は可能であるのかをまず確認していきたいですね。もしそれが難しいのであれば、債務整理という方法を取ることで一気に借金問題の解決を図ることができるので、早急に対応していきたいものです。