無料で借金の相談ができる法テラスとは?メリット・デメリットを解説

借金問題については各法律事務所または各司法書士事務所において、相談するかと思います。しかし、いきなりそういった格式の高い場所の利用は気が引けてしまうと思っている人は多いのではないでしょうか?お金の面でも、もしかしたら払えないかも、と尻込みしてしまうかもしれませんね。

しかし法テラスは国が運営する組織なら、なんと借金などの相談も無料で行ってくれるというのです。今回は法テラスについて、メリット・デメリットと合わせて解説していきたいと思います。

借金の相談が無料でできる法テラスとは

法テラスとは、国が運営する法律を含む、様々なトラブルに対しての相談窓口になります。正式名称は、日本司法支援センターといい、法律事務所などに相談するまでもないような、簡単な相談などをすることができます。

1回の相談時間はおよそ30分で、ひとつの案件において3回まで無料で行うことができます。敷居は低く本当に気軽に相談できるので、周りには言えないような問題もここで吐き出すことが可能です。

法テラスのサービス

法テラスでは、様々なサービスを利用することができ、さすがは国が管轄する施設というところです。1人でも多くの人に、法に関する問題から抜け出してもらいたいという、国の意図が伝わってきます。

情報提供

法テラスでは、利用者の相談内容に応じて、法制度などの情報や、弁護士などの専門機関などの情報を無料で提供してくれます。実際利用者はそういった知識もなくどうしたらよいのかわからないといった状況になっているわけですから、この情報提供は非常に助かりますよね。

利用者の相談内容に、できる限り応えられるように、法テラスのスタッフは誠意を込めて対応しているのです。

民事法律扶助

このサービスは、利用者に経済的な部分で不安が見られた場合、弁護士や司法書士に依頼する費用を立て替えてくれるものです。最も案件として多いのはやはり借金トラブルによるもので、そういった人は金銭的な余裕がないのでこのサービスは有効的です。

法テラスに相談するだけでその後の専門家への手続きまでやってくれるのですから、本当にありがたいサービスだと言えますね。

犯罪被害支援

犯罪なども巻き込まれた利用者などが、最適な支援を受けられるようにしてくれるサービスです。その利用者にとって、必要な情報の提供などを行い、その後の最適な窓口に案内します。また、利用者の精神的なケアも忘れることはありません。

国選弁護関連

刑事事件では、検察官と闘うことになりますが、こちら側は素人であり、専門的な知識も有してはいません。そういった場合において、法テラスのほうで、国選弁護士を付けてくれる手続きをしてくれます。

この国選弁護は憲法においても記載がある、国民の権利なのです。

司法過疎対策

身近に相談できる窓口があるような都会ではなく、極めて過疎な地域に、その地域事務所を設置するというものです。これにより、過疎地域においても法テラスのような施設を利用できることになり、日本の全ての人に相談窓口を提供することが可能になります。

地域事務所には、法テラスの所属する弁護士が在籍することになるので、専門的な相談を受けてもらうことができます。

法テラスで借金の相談が無料で受けられる条件

法テラスでは、ある条件を満たしていれば、無料で相談を受けることができます。その条件とは、まずは日本に住所があるということを前提として、収入・資産要件が基準以下であること、民事法律扶助に適していることです。

収入が一定額以下

収入要件は、世帯人数によってその金額は変わり、居住地が大都市とそれ以外でも変動します。また、家賃や住宅ローンによって、その加増額も変わり、それぞれ基準以下でなければいけません。

資産要件は、預貯金の合計金額が基準以下であることが求められます。収入要件同様に、世帯人数によって、その金額が変動します。

民事法律扶助の趣旨に適すること

民事法律扶助は、様々な問題によって、裁判を受けることができない人をサポートしてくれる制度になります。経済的弱者を救済するために作られた制度でもあり、実際にこの制度を利用する人は多い傾向にあります。

まずはこの条件に適するかどうかの審査が行われ、困窮している人でも法の権利を受けられるということですね。

法テラスのメリット・デメリット

国が運営し、様々なサービスが利用できる法テラスですが、良い部分もあれば、当然悪い部分もあります。しかし、ここで紹介するデメリットは、人によってはそこまで大きなものには感じないかもしれません。

メリット

公的機関だから安心して利用できる

法テラスは国で運営するものなので、まさに国が認定している母体です。そのため、知名度が低く得体の知れない団体などではないので、秘密保護の観点もしっかりしておりプライバシーなどの面でも不安になることはないです。

また国営ということから悪徳業者などという心配もありませんので、安心して利用できます。

無料で相談できる

なんといっても無料で相談できるという部分が非常に魅力的です。しかも1つの案件において、3回まで相談できるということで、利用者にとっても満足度の高い答えが得ることができるはずです。

大体法テラスを利用する人の多くは金銭トラブルによる問題を抱えている人が多数なので、このメリットはかなり強いですね。

弁護士費用を立て替えてくれる

民事法律扶助制度によって、弁護士事務所など、より専門的な機関において解決を目指す場合の費用の心配がいりません。なぜなら、法テラスがその費用を立て替えてくれるので、金銭面で不安がある人でも大丈夫です。

またその費用の返済も要相談なので、返していける金額を決めることができます。

デメリット

審査に時間がかかる

資力条件を満たしているかという審査において、時間を要してしまうという部分があります。

債務整理するような人はすでに借入先から督促をされていることが多く、早急に手続きを進めたいところですが審査に時間がかかってしまうのでその分足止めをくってしまうことになります。なので、債務整理をする際は、できるだけ早めの行動が求められますね。

弁護士や司法書士を選べない

法テラスでは、相談相手である弁護士を指定することはできません。なので1回目に相談した人と2回目に相談した人が違うというのは珍しくありません。

法テラスのほうでランダムで選出しており、希望を出したとしても、その希望に沿ってくれることはありません。

法テラスを利用する流れ

分割払い

実際に法テラスを利用する際の流れについて、特に難しくもないので、誰でも簡単に利用することができます。以下について、それぞれ解説していきます。

メールや電話で情報提供を受ける

法テラスには情報提供業務というものがあり、利用者の相談について、それを解決するために情報の提供をしてくれます。この情報提供の際は、電話やメール、窓口など様々な方法でそのサービスを受けることができます。

事前予約をする

情報提供を受けた後、実際に予約をするのですが、どこの法テラスでも構いません。できれば、自宅から近い法テラスで予約しておきたいものですね。

窓口で援助申込書を記入

予約した法テラスに向かうと、その場で援助申込書に必要事項の記入をします。この援助申込書を提出すると、いよいよ法律相談を受けることができます。

弁護士や司法書士の法律相談を受ける

実際に弁護士や司法書士と法律相談をします。この際、収入が一定額以下であり、民事法律扶助の趣旨に適していると、無料で相談を受けることができます。

債務整理をする場合は代理援助申し込みをする

債務整理をする際は、代理援助申込をすることによって、弁護士費用などを法テラスが立て替えてくれます。もちろん、事後において返済する必要はありますが、その返済額は要相談なので、利用者にとって最適な金額を設定できます。

法テラスで借金の相談をする場合に事前に準備すべきものは?

借金の相談する前に準備しておくものとしては、まずはその案件の証拠となるべきものです。そういった確固たる証拠があることで、話し合いも円滑に進めることができます。

あとは、1回30分という制限時間があるので、いかに状況を分かりやすく要約できるかが非常に重要になります。話がうまくまとめられなくて、時間を過ぎてしまっては不完全燃焼で終わってしまうので、注意したいですね。

無料で相談できる法テラスを試してみるべき

借金問題で困っているけど、いきなり弁護士事務所や司法書士事務所は敷居が高いと思っている人は多いと思います。また、ちょっとした相談などであれば、その敷居は余計に高く感じてしまいます。

そこで、法テラスという存在がその悩みを解消してくれるのです。国が運営しているので、安心安全な組織であり、また1つの案件であれば3回まで無料という大きな魅力もあります。少しでも不安があるのであれば、一度相談してみることをおすすめします。