楽天カードは学生でも審査に通る?審査落ちしてしまう原因とおすすめ他カードも紹介!

この記事では「アルバイトをしていなくても審査に通るのか?」「楽天カードの審査にかかる時間」、楽天カードの審査に落ちる原因」など、学生が楽天カードの審査を受ける際の疑問についてお答えしていきます。

楽天カードは学生でも審査に通るの?

楽天カードといえば、簡単に誰にでも作れるイメージがありますよね。楽天カードの申し込み条件が「満18歳以上「「楽天会員であること」の2点のみなので、誰にでも作ることができます。

つまり、学生でも楽天カードは作れます。ただし高校生は不可です。

アルバイトをしていない学生でも審査に通る

一般的にクレジットカードの審査に通過する条件は、安定した収入がある方が対象になりますよね。しかし、楽天カードではそんな事はありません。

主婦、パート、アルバイト、学生も、申込み可と楽天カードのホームページにしっかり記載されています。特に、学生でアルバイトをしていない場合にでも、審査に通る可能性が十分にあります。

未成年の場合は親の同意が必要

未成年の場合、各クレジットカード会社で必ず親の同意が必要になります。楽天カードも同様です。

直接的な法律規制があるわけではないのですが、日本の法律は未成年に対しての制限が多く、各カード会社はリスクを負わない為に、親の同意を必要としています。

他に気になる事といえば、同意書の提出ですね。楽天カードでは、同意書は必要なく同意があればいいので、基本的に親権者へ確認の電話にて、同意を確認しています。

限度額は最高10万円

学生でも作れる楽天カードですが、利用限度額が最高10万円となっているため、大きな買物や海外旅行といった予定がある場合には、有効にカードを使えません。

なぜ、学生だと利用限度額が10万円と少額なのかと思いますよね。学生では安定した収入が見込めない為10万円と少額に設定しているようです。

限度額はあとで変更可能

学生の内は限度額の引き上げ変更はかなり困難ですが、社会人になることで、限度額の引き上げ変更が可能になります。しかし、社会人になりたてや、学生時代に返済が頻繁に遅れる事があった場合には、審査が厳しくなるので注意が必要ですね。

楽天カードの新規申し込み方法

満18歳以上でも、楽天会員でなければ楽天カードの申し込みをする事ができませんので、まずは楽天会員に登録しましょう。楽天会員に登録した後は、楽天カードのホームページにて新規申込みのリンクから申し込み手続きをするだけです。

では、細くカード受け取りまでの一連の流れを確認していきましょう。

①楽天カード公式サイトから申し込み

先程大まかな流れは説明させていただきましたね。

楽天カードでは、まず申し込み時に3種類のなかから、ブランドを決めます。

  • JCB
  • VIZA
  • MasterCard

と3種類あります。楽天カードを申し込みする前にどのブランドか決めておくといいですね。

他は個人情報を入力していくだけなので、難しい事はありません。しかし学生の場合親権者の同意確認があるため、間違った情報を入力してしまうと、審査に落ちてしまう事があるので要注意です。

②審査終了後、郵送にて楽天カードを受け取る

審査結果に問題がなければ、申し込み時に登録した住所に楽天カードが発送されます。

大体の到着の目安ですが、審査完了から早くて2〜3日、遅くても1週間程になります。ただし、楽天カードの受け取りの際には、申し込みをした本人のみ受け取りが可能で、且つ申し込み時と同じ情報が記載されている身分証明書が必要です。そのため、健康保険証やパスポート、運転免許証の準備を忘れずにしておきましょう。

学生が楽天カードの審査に通りやすくなるポイント

学生でも審査に通過しやすいと言われているけど、本当かどうか不安ですよね。そこで、楽天カードの審査に通り安くなるポイントが3点程あるので確認していきましょう。

キャッシング枠は0円に設定

キャッシングを利用するときは、お金に困っている、急な出費が重なり今月の生活が苦しいというケースがありますが、お金を貸しても返済が滞りそうな方には始めから貸さない方が良いですよね。

学生は安定した収入が社会人程に見込めませんので、キャッシング枠を始めから設定すると審査が厳しくなってしまいます。ですので、必ずキャッシング枠は0円に設定しましょう。

世帯年収は申し込み者の住んでいる世帯の金額

学生楽天カードを申し込む際に、世帯年収の入力欄があります。しかし、学生の中でも、1人暮らししている場合と、実家暮らしをしている場合とありますね。

入力方法が異なってきますので、確認していきましょう。まず、1人暮らしの場合には、アルバイトや仕送りといった、自分だけの収入を年収として申告しましょう。一方で、実家暮らしの場合では、親と自分の収入の合計を年収として申告します。入力の際は、上に挙げた1人暮らしと実家暮らしとの違いを確認した上で、間違えないように気を付けて行いましょう。

入力ミスがないようにきちんと確認する

クレジットカードの審査で重要視されるのが情報の信頼性です。

  • 本人確認書類と生年月日が違う。
  • 電話番号の入力ミスで、自宅や親に連絡がつかない。

申込者側からすればうっかり間違えてしまった程度に感じますね。しかし、申込書の入力ミスによる不備は、信頼性がないと判断され、審査に落とされてしまう原因になってしまいます。情報の送信前には、入力ミスがないか必ず一度は確認しましょう。

学生が楽天カードの審査に落ちてしまう原因

学生でも審査に通りやすい楽天カードですが、それでも審査に落ちてしまう場合もあります。どういった場合に、審査に落ちてしまうのかみていきましょう。

本人がブラックリストに入っている

申し込み者本人が、ブラックリストに登録されてしまっていると、楽天カードの審査に通過する事はできません。まず、ブラックリストについて簡単に説明していきます。

ブラックリストとは、信用情報機関に過去にあったマイナスの出来事が登録されている状態です。自己破産やローンの遅延が原因で登録されてしまう事が一般的ですが、学生に多く見受けられるのが、携帯料金の延滞です。

なぜ、「携帯料金の延滞も?」と思いますよね。携帯を購入する時に本体料金を分割で購入するのが一般的になりましたね。この分割払いで購入する事が、ローンを組む事と同様になりますので、返済の遅延が頻繁に行われている方は要注意です。

親権者の信用情報にキズがある

楽天カードでは、学生の場合には申込み時に、親の同意が必要ですね。審査の対象が親である事が、明確に分かります。ですので、本人がブラックリスト入りしていなくても、親の信用情報に傷がある場合には、楽天カードの審査に通過することができません。

親権者の同意を得られなかった

学生が楽天カードを申し込む際に、親権者の同意が必ず必要です。しかし、申し込む段階で親に相談し、確認はしているはずですが、実際に申し込みをした後に親が電話に気づかず、同意を確認できない場合があります。

何度か楽天カードも電話をしてくれますが、知らない番号だからと警戒して電話に出ない可能性があります。そういった場合に、同意確認の不可と判定され審査落ちしてしまいます。

学生におすすめの審査が通りやすいクレジットカード

楽天カード以外にも、学生でも審査に通りやすい、複数の学生向けクレジットカードがあります。各カードの特徴などを確認していきましょう。

①学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

カード名通り、学生向けに発行しているクレジットカードになりますので、審査はそれほど厳しくありません。学生専用ライフカードの特徴として、18歳〜25歳までの学生限定で、且つ収入が無くても申し込み可能で、在学中は年会費が無料になります。

最大の特徴として、留学や海外旅行の利用時の特典が、他のクレジットカードに比べて圧倒的に強いです。留学や海外旅行によく行く学生に、オススメのクレジットカードです。

②三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友カード

三井住友銀行VISAデビュープラスカードでは、18歳〜25歳までの方が申し込み可能になります。学生専用ではないですが、学生の場合には無収入でも審査にとおります。

デビュープラスカードの特徴は、ポイント還元率が高い事と、年に1回の利用で年会費が無料使用する事ができます。クレジットカードを使って、ポイントを貯めていきたいと学生に、オススメのクレジットカードです。

③JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEでは、18歳〜29歳まで限定のJCBカードとなります。JCB CARD EXTAGEの特徴として、国内最大手のJCBが直接発行している為、ステータスとしての価値が非常に高く年会費も無料です。

他にも、セキュリティや保証といったサービスが充実しています。将来、高いステータスカードが欲しいと思っている学生に、オススメのクレジットカードです。

楽天カードでクレジットカードデビューしてみよう!

楽天カードは学生で無収入でも、ポイントさえ押さえておけば審査に通りやすいです。年会費が無料で、ポイント還元率も高く、学生の時から作成でき、年齢制限もありません。

是非、初めてのクレジットカードは楽天カードで、デビューしてみましょう。