1000万円の借金を返済する方法はある?毎月の返済額はどれくらい?

1000万円もの借金をつくってしまった時、完済できるのだろうかと不安に陥ってしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、そんな時こそ冷静な判断が必要です。焦っては適切な返済計画を立てることもできません。

1000万円の借金を返済する方法や毎月の返済額など、借金を返済する具体的な方法について見ていきましょう。

1000万円の借金は返済できる額なのか

1000万円

ギャンブル、奨学金、マイホームの購入など、1000万円の借金を背負ってしまう理由は人それぞれでしょう。どんな理由でお金を借りたにしろ、お金を借りたのであればきちんと返済しなければなりません。

しかし、1000万円もの金額になると、本当に返済できるか不安になりますよね。1000万円の借金を返済することは現実的に可能なのか、一度シュミレーションしてみましょう。

5年で完済したい場合の返済額

金利によって返済総額も異なってきますが、単純に1000万円を5年で完済したい場合を考えてみましょう。5年で完済したいのであれば、1年で200万円の借金を返済する必要があります。

これを12ヶ月で割ると1ヶ月あたりの返済額が計算できますが、その額はなんと約17万円にもなるんです。もし手取りで20万円もらっていたとしても、使える金額は3万円ほど。お金持ちでもない限り、5年で完済することは非常に厳しいといえるでしょう。

10年で返済したい場合の返済額

続いて10年で完済したい場合、月々の返済額がいくら位になるのかを見ていきましょう。1000万円を10年かけて返済するのですから、1年あたり100万円の借金を返済する必要があります。100万円を12ヶ月で割ると、月々の返済額は約8万円ほどになります。

先ほどの5年で完済するケースに比べると現実的ではありますが、月々8万円の返済を10年間続けるというのは簡単なことではありません。こちらの場合も、1000万円を完済することは非常に厳しいといえるでしょう。

20年で返済したい場合の返済額

さらに期間を長くして、20年で1000万円の借金を返済する場合はどうでしょうか。その場合、1年あたりの返済額は50万円となります。月々の返済額は約4万円ほどになります。

こちらのケースが1000万円を返済していく上で一番現実的ではありますが、返済期間が長いのがやはり気になります。20歳で借金の返済を始めたとして、借金を返し終えるのは40歳を過ぎてからと考えると気が遠くなりそうです。いずれの場合にせよ、1000万円もの借金を返済することは非常に大変であるということが理解できるでしょう。

1000万円の借金は毎月いくら増える?

利息は増える

無利子で借りている奨学金などを除いて、通常借金を返済する時は利子を含めて返済をしていくことになります。例えば銀行の住宅ローンから1000万円借りて、金利が1.5%だったとしましょう。完済までの期間が5年だった場合、合計返済額は10,385,906円 となり40万円近い利息を支払うこととなります。

もし同じ条件で完済までの期間が10年だった場合はどうでしょう。この場合は合計返済額が10,774,922円となり、なんと80万円近い利息を支払うことになるのです。利息だけでもその差は40万円。返済までの期間が異なるだけで、これだけの差が生じてしまうのです。

1000万円の借金を返済する方法

方法

1000万円もの借金を返済することは非常に大変ではありますが、決して不可能ではありません。収入が少ないようであれば他の収入源を確保する、金利の低いローンに変更するなど、解決の糸口がいくつかあります。

返済できないと最初から諦めるのではなく、どうすれば完済できるのかを具体的に考えることが大切です。

収入を増やす

収入が少ないようであれば、他に収入源を増やすという方法があります。休日を利用して日雇いのアルバイトをしたり、在宅でできる仕事を始めるなど方法は様々です。

ただし、株の投資やギャンブルなどは失敗して借金を増やしてしまう可能性もあるので辞めましょう。また、働き過ぎて体調を崩してしまっては本末転倒です。複数の収入源をもつことによって金銭的な面では余裕が生まれますが、あくまでも無理のない範囲で取り組むようにしましょう。

金利が低いローンに借り換えて利息を抑える

利息額や毎月の返済額を減らしたい方には、低金利なカードローン会社に借金を借り換えるという方法もあります。銀行系のカードローンは低金利なので、借金を借り換えることにより利息額や毎月の返済額を減らすことも可能でしょう。

借り換えることによって金利を下げることができ、その結果カードローン会社に支払う利息を抑えることができるのです。合計返済額を抑えたい方にはおすすめの方法ですが、一方で審査が厳しく行われるというデメリットもあります。

また、よく確認せずに申し込みを行った場合、返済総額が増えてしまったり詐欺の被害にあってしまったりということもあり得ます。ローンの借り換えを行う場合は、事前によく確認した上で申し込むようにしましょう。

一番現実的な方法は債務整理

借金を減額させたり支払いに猶予を持たせてくれるのが「債務整理」です。借金で苦しむ人にとっては救世主ともいえる存在で、借金を抱えている人であれば誰でも利用することが可能です。

1000万円の借金を返せそうにないという方は、債務整理を検討してみましょう。手続きの方法がいくつかありますので、簡単にご紹介します。

任意整理

借金の減額などについて借入先の債権者と交渉し、借金の返済方法を決め直す手続きのことをいいます。債権者との合意後は支払い利息が全てカットされるため、借金の合計返済額を大幅に減額できるというメリットがあります。

また、利息がかからない状態で返済期間を延長してくれるので月々の返済が楽になるのも嬉しいポイントです。生活に支障のない範囲で借金を返済できるようになるので、精神的にもゆとりを持てるようになるでしょう。

個人再生

現在の借金が返済困難であることを裁判所に申し立てをして、借金を大きく減額してもらう方法です。先ほどの任意整理とは異なり、借金の元本自身を減額してもらえるのが特徴です。

元本を5分の1~10分の1ほど減額してもらえる可能性があり、減額されたものを3〜5年の分割で支払います。住宅を手放さずに手続きを行うことができる、家族に迷惑がかからないというメリットがあります。返済期間が定められており返済額も大幅に減額されるので、借金の返済を前向きに考えることができるでしょう。

自己破産

裁判所に申し立てをして、全ての借金を免除してもらう手続きです。1000万円の借金があったとしても返済しなくて良くなるという点は大きなメリットといえるでしょう。

その一方で、住宅や車といった価値がある財産を手放す必要がある、一定期間クレジットカードが利用できなくなるといったデメリットもあります。また、借金をつくってしまった根本的な理由を解決することなく借金が0になるので、また新たに借金をしてしまうというケースもあるようです。自己破産はあくまでも最終手段として考えるようにしましょう。

なぜ1000万円の借金をしてしまうのか

1000万円もの借金をしてしまうのには様々な理由があると考えられます。例えば奨学金、大学へ進学する際に申し込んだ方も多くいるでしょう。

何かとお金が必要な大学生活において奨学金は頼もしい存在ではありますが、大学院へ進学する人の中には1000万円以上借りている人もいます。また、住宅を購入する時に住宅ローンを組んで借金を背負う方や、事業に失敗して借金を背負ってしまったという方もいます。

借金をしてしまった理由は多々あるでしょうが、決して他人事ではありません。奨学金や住宅ローンなど、意外と身近なところに借金を背負ってしまうキッカケがあるのです。もしお金を借りることがあるならば、十分に検討した上で借りるようにしましょう。

返済する方法を自分で考えるよりプロに任せるべき

もし借金を抱えていて返済に困っているようであれば、すぐにでも弁護士や司法書士といったプロに相談してみることをおすすめします。借金については身近な人にも相談しにくい話題ですし、自分で考えても解決の糸口はなかなか見いだせません。

借金が返済できず、延滞している場合などは尚更です。一人で抱え込んでいても良い方向には向かいません。近年は電話で無料相談ができたり、プロによる無料の相談会が行われていることもあります。

借金で苦しんでいるのであれば、利用しない手はないでしょう。これ以上借金で苦しまないために、また自分を追い込まないためにも、まずはプロに相談してみましょう。そうすることで解決の糸口が見えてくるかもしれませんよ。

1000万円の借金が増える前に早めに手を打とう

返済する期間が延びると、それに応じて返済する額も増えていきます。もし返済が困難な場合は、一人で抱え込まず誰かに相談してみましょう。

悩みを抱え込んでいたところで借金は減りませんし、自分が辛くなっていくだけです。1000万円の借金が増える前に早めに手を打つことで、精神的にも随分と楽になりますよ。1000万円の借金は、決して返せない額ではありません。様々な手を打って、借金の完済を目指しましょう!