50万円の借金は完済できる?少額の借金を返すためのポイント

50万円

借金50万円は、金額的にも小規模と言えるでしょう。生活費の補てんなど、誰しも背負う可能性のある借金額です。借金50万円は、その軽めの金額から返し方についてあまり深く考えられないことかもしれません。

しかし返し方を誤ると、50万円の借金でも生き地獄を経験する可能性があります。今回は、借金50万円の返し方やなるべく短期間で完済するポイントなどをご紹介します。

50万円の借入状況は把握できていますか?

50万円

50万円は、比較的小規模な借金額です。比較的短期間での返済も可能のため、返し方に関して特別考えたことがない方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、借金というものは油断をしているとどんどん膨らんでいくものであることは、言うまでもありません。いま抱えている50万円の借金が、あちこちの金融機関で借りてきたものであった場合、どこでいくら借金したのかという借り入れ状況を把握していないととんでもないことになってしまいます。

月々の収入が返済に間に合うものであったとしても、返し方をかんがえていかなくては50万円の借金で自身の首を絞めることにもつながりかねないのです。

50万円の借金を返すためのポイント

ポイント

では、50万円の借金の返し方とはどういったものなのでしょうか。収入を増やす、出費をおさえて返済額を増やすなど様々な方法がありますが、ただやみくもなだけの返し方では、50万円といえど借金はスムーズには減っていきません。

ここでは、借金50万円の計画的な返し方のポイントをご紹介します。

借入状況の確認

上述したとおり、どこでいくらの借金をしたかなど自分自身の借り入れ状況を把握・確認することはとても肝心です。借金をすると、利息など本来借りたお金以上のものが50万円の元金の上に上乗せされるうえ、金融機関によってかかってくる利率もバラバラです。

自分が何%の利息でいくらの借金をどこで行ったか、隅々までしっかりと確認しておくことが返し方のポイントであり、スタートラインです。

今の返済計画を把握

借り入れ状況を確認した後は、いつまでにどこにいくら返すのかなど、現在の返済計画を把握しましょう。返済計画は金額の計算だけにとどまらず、生活や身の回りの水準を落とさずに節約し、暮らしとバランスのとれた借金の返し方が問われます。

返済計画を把握することにより、やみくもに返すだけで上手く減らなかった借金も、スムーズに減らせる返し方も見つかります。

利息の計算

借金をするとどうしてもかかってきてしまうのが「利息」です。利息はどこでいくら借りても、銀行でも金融機関でも借金をしたら上乗せされる「お金のレンタル料」のような料金であり、元金のほかに上乗せされるものとなります。

50万円の借金をした場合、一般的にはおよそ7%~18%の利息を支払わなければならず、利用している金融機関などの利息を細かく計算しておかないと、計画や返し方にかなりのズレが生じることとなります。

毎月の支出を把握

借金額が50万円とはいえ、返し方のキモとなるのは自分自身のお金の動きを熟知しているか否かでしょう。毎月の支出を把握し、上手にコントロールすることでスピーディな返済を実現します。

また月々の支出を把握することは、日々の生活の中に生じていた無駄遣いを明らかにする利点もあるため、50万円の借金を返済し終わった後の生活にも工夫が生まれます。

毎月の返済額を増やせるか検討

50万円の借金でも、早く返済してしまった方が気持ちが軽くなることは間違いありません。しかし、いくら計画を練ったり返し方に工夫を持たせても月々の収入額や返済に充てられる金額などにはどうしても限界があります。

そういった場合は、残業を増やしたり副業を始めるなどして、毎月の返済額を強制的に引き上げるという返し方も手段のひとつ。

また利息などの観点からも、毎月の収入を増やして一時的な返済金額を引き上げることは、利息を安く抑えながら短期間で借金を減らせる理想的な返し方といえます。

50万円の借金を短期間で返済するためのポイント

ポイント

50万円の借金は比較的小規模ですが、返し方に工夫をしなかったり油断があると利息などで借金額がふくれ、返済生活は長期化していきます。しかし、なるべく短い期間で借金から解放され自由な生活を手に入れたいですよね。

そのためには、ざっくばらんだった返済計画を細かくたたき直し、返し方を考えるなどしなくてはいけません。短期間で50万円の借金を返済するには、いったいどういった返し方が効果的なのでしょうか。

毎月の支出を減らして返済額を増やす

50万円の借金を計画的に減らす返し方のひとつとして、仕事の掛け持ちなどをして収入を意図的に引き上げるというものがあります。

しかし、体力的な面や職業的なもので掛け持ちで仕事をすることが難しい場合ももちろんあることでしょう。そういった場合は、毎月の支出を上手に減らし、返し方に一工夫をくわえていかなくてはいけません。

光熱費

1人暮らしをしていると一番厄介なのが光熱費です。電気や水道、ガスなど、生活するうえでどうしても必要になってきてしまうことのほとんどにお金がかかってくるため、削ることはどうしても難しいと考えがち。

しかし光熱費は、暮らしの中でも比較的節約しやすいお金といえます。エアコンや家電、部屋の明かりなど、つけなくてもいい電気やコンセントをさしっぱなしにしておかなくてもいいものはすべて「電源オフ」の状態にする、またかけ流していたシャワーをこまめに止めるなどするだけでも光熱費はかなり下げることができます。

家賃

暮らしていて一番重くのしかかってくるのが家賃ですね。都内であれば、ワンルームのアパートを1ヵ月借りるだけで、結構な金額が飛んでいきます。

家賃を引き下げることこそ難しく感じますが、更新時期を狙ったタイミングや周囲の環境・建物自体の劣化などを引き合いに、交渉次第で家賃を引き下げることは不可能ではありません。また、設備が不十分であったりなどを理由に、管理費の値下げを交渉するということも可能です。いずれも、不動産会社との交渉になります。

保険

社会保険などを節約することはできませんが、銀行などで手続きする生命保険や、50万円の借金の返済が終わるまでは一時的に支払いを止めるなどして出費を削ることができます。また、ガンや突然の入院などにそなえて加入することが多い生命保険は、実は今必ず入っておかなくてはいけないプランというのもあまり多くないかもしれません。

50万円の借金を機に、保険内容を見直してみるというのもいいでしょう。

通信費

スマホやネット社会の波を受け、現代人にとって欠かせない出費となっているのが通信費。こちらの節約は、今の時代かなり苦しいことを強いられてくるかもしれません。

スマホを使わないということは無理に等しいことですが、できるだけ通信費の安い携帯会社に乗り換えたり、なるべくカフェや駅のフリーWi-Fiを活用するなど、通信費そのものを節約することは難しくはありません。仕事などでどうしてもスマホを使わなくてはいけない場合などは、必要な面以外ではスマホを極力いじらないようにするなど、通信費を抑える工夫が必要となってくるでしょう。

交際費

返済生活を送るにあたって、まずはじめにカットしようと思い立つのがこの交際費かもしれません。日々のランチ代や飲み代、趣味に充てていたお金などがこれにあたり、50万円の借金を返し終わるまではいずれも返済に充てて我慢しなくてはいけません。

どうしても交際費を削れない場合でも、出費を最低限とし、50万円が完済できるまでのお楽しみとして耐えることが上手な返し方かもしれません。

副業や掛け持ちで収入を増やす

上記の「返済額を増やす」でも述べたとおり、収入を一時的に引き上げて返済額を増やすことは短期間で借金50万円を返済するのにもっとも効果的な返し方といえます。借金は、返済期間が短ければ短いほど利息なども安く抑えられ、返済という点でとても有利になります。

生活費を節約したり、通信費や公債費も我慢しているのに減らない、という場合は日払いなどで一時的な収入を得て返済金額そのものを増やす返し方をすると良いでしょう。

親から無利息で借りて返す

上記のことをしてもまだ返し方に工夫ができないほど追いつめられている場合、考えられる手段は他金融機関から二十で借金をする方法です。しかし借金を返済するためにまた借金を重ねていては、無限に続く借金地獄が口を開けて待ているのは明確。

返し方の最終手段として、親(または友達など)からお金を借りるという方法があります。親などの身内は金融機関のように利息などが発生しないというメリットがありますが、金融機関よりも借金をするときに心理的な葛藤が生まれるというデメリットも持ち合わせています。なるべく自分の力で踏ん張って、最後に親を頼るくらいの返し方のほうが双方納得できるかもしれません。

50万円の借金を返せそうにない場合

借金を返せそうにない

50万円の借金は比較的小規模な部類に入りますが、返し方を誤ったりあちこちの金融機関から少額の借金を繰り返すなどしていると、元金以上の利息などのために50万円の借金でも返し方がわからなくなるということも起こり得る事態です。50万円の借金を返せそうにない場合、自己破産など債務整理を行い借金を清算するという最終手段が残されています。

ですが、自己破産をすると周囲に迷惑がかかったり持っている財産が処分される、就ける仕事が限られてくるなどのデメリットも持ち合わせているため、じゅうぶん考慮してから踏み切るべき選択肢といえます。また、あちこちの金融機関で借金をしている場合は、借金の一本化をして利息を軽減するなど多様な返し方があるので、他記事を参考としてさまざまな返し方を探ってみても良いかもしれません。

50万円を借りる前に必ず返済計画を立てよう

いかがでしょうか。50万円の借金は一見返しやすい印象のある金額です。しかし、利息など他の要因から、返し方を誤ると雪だるま式に債務が増えていくという恐ろしい側面も持ち合わせています。

50万円の借金は、一時的な生活費の補てんとして行う場合が多いかもしれません。とはいえ、翌月の収入や生活費などの出費を計算し、どれくらいの期間でどれだけ返済するかという借金50万円の返し方のシミュレーション、返済計画を立てて借金を行うべきであることは、間違いのないことだちえるでしょう。