100万円以下の借金は簡単に返せる?返せない場合債務整理は可能?

ネットで借金について調べてみると、何千万もの借金を抱えている方も珍しくありませんよね。では、100万円以下の借金ならば、簡単に返すことができるのでしょうか。また、100万円以下の借金が返せかった場合は、債務整理は可能なのでしょうか。以下、みていきましょう。

借金100万以下でも利息が膨らんでいく

利息

100万円以下の借金であれば簡単に返せるかと言えば、そんなことはありません。借金が100万以下であっても、利息がかかるためです。

借りたお金が100万だったとしても、借金を返すときには利息分が増えているわけです。それによって100万以上、返し方によっては倍以上の借金になっていってしまうかもしれないのです。100万円以下の借金だからといって、油断してはいけません。

利息のシミュレーション

シミュレーション

では、100万円以下の借金の利息はどのようになっているのでしょうか。100万円以下の借金を借金10万円の場合、借金30万円の場合、借金50万円の場合、借金100万円の場合に分けて、100万円以下の借金の利息のシミュレーションをしてみましょう。金利は以下どれも18%とします。

借金10万円を毎月1万円返済する

金利が18%で、借金10万円を毎月1万円返済する場合の返済期間は11か月です。返済総額は109,158円、つまり9,158円の利息がかかります。

この場合の利息は約1万円なので、借金のほぼ10分の1程度になります。10万円を借金しなければ難しいという状況の方であるならば、1万円の利息も易しいものではないのではないでしょうか。

借金30万円を毎月1万円返済する

金利が18%で、借金30万円を毎月1万円返済する場合の返済期間は41か月、3年5か月になります。返済総額は401,523円、つまり101,523円の利息がかかります。

利息だけで10万円を超えてしまうとなると、返済は容易なものではないですよね。最後の10か月は実質かからなかったはずのお金を返す状態となるため、苦しいものがあります。

借金50万円を毎月1万円返済する

金利が18%で、借金50万円を毎月1万円返済する場合の返済期間は7年10か月です。ただし、毎回の返済が1万5円であれば、7年9か月で終わらすことができます。その場合の返済総額は930,470円、つまり430,470円の利息がかかります。

これでは、返済総額がもとの借金の、ほぼ2倍になってしまいますね。当然、返済はとても苦しいものとなります。

借金100万円を毎月1万円返済する

金利が18%で、借金100万円を毎月1万円返済する場合、なんと100年かけても返済は終わらなくなってしまいます。実質、返済しきることは不可能ということですね。

当然ですが、シミュレーションをするどころか、毎月1万円返済の予定で100万円借金をすることは許されないと考えられます。貸金業者も、返ってこないお金は貸したくないですからね。到底現実的とは言えません。借金が100万円以下だとしても、こうなってしまうこともあるのですね。

借金100万円以下の場合は毎月の返済額を増やそう

頑張る

上記の通り、借金が100万円以下だったとしても、利息が積み重なり、返済が難しくなることがあります。100万円以下の借金を利息をできるだけかけないようにして返済するために、借金100万円以下の場合は、毎月の返済額を増やすようにしましょう。どうしたら毎月の返済額を増やせるか、以下、考えてみましょう。

収入を増やして返済を最優先する

収入を増やして返済を最優先するというのは、基本的なことですが大事なことです。借金は早く返し切れば早く返しきるほど、その分の利息が減り、結果的に出費を抑えることができることになります。最近では安定した雇用の減少から副業が流行っており、根気さえあれば簡単に収入を増やすことができるようになっています。検束してみたら様々なものが出てくるので、まずは調べてみることをお勧めします。

収入が増やせないなら無利息で親や友人に借りる

どうしようもできない理由により、収入がこれ以上増やせない方や、返済に充てるお金を増やせない方もいらっしゃいますよね。その場合には、借金返済の最終手段として、無利息で親や友人に借りるようにすることをおすすめします。どうしようもできない理由によって借金をしてしまった場合や、返す意思はあるがどうしてもこれ以上収入を増やすことができない場合には、周りの方を頼るのも一つの手です。もちろん、そうした場合には貸金業者への借金を返済したあと、親や友人にもお金を返すようにしましょう。

100万円以下の借金を返済しつつ貯金をしているという方は、その貯金を借金の返済に充てたほうがお得になります。

毎月の返済が滞ってきたら「任意整理」を検討

任意整理

100万円以下の借金の毎月の返済が滞ってきたら、任意整理を検討するようにしましょう。100万円以下の借金とはいえ、利息が積み重なると返済は苦しいものになります。

急に病気になり返済が難しくなってしまう場合だってあります。借金の返済が滞ってしまうと、家に督促状が来たり、督促の電話がかかってきたりと、家族にも迷惑をかけてしまうようになります。そんな人たちの助けとなる制度が、任意整理です。任意整理では、いくつかのデメリットを被ってしまう代わりに、借金の返済を楽にしてもらえるものです。

任意整理は100万円以下の借金でも利用することができます。100万円以下の借金の毎月の返済が滞ってきたら、この任意整理を検討するようにしましょう。

任意整理のメリットデメリット

どちら

では、任意整理のメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか。前提として、債務整理にはいくつかの種類があり、任意整理もそのひとつです。

債務整理ではメリットが大きくなることに比例し、デメリットも大きくなります。任意整理では難しいと感じた方は、他の債務整理の方法についても調べてみることをお勧めします。

そして、法的行為であるため、かならずそうしなければならないというわけではありませんが、弁護士などの専門家に依頼をすることが一般的です。以上を踏まえ、任意整理のメリット・デメリットを、以下でみていきましょう。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、やはり借金の返済が容易になることです。任意整理をすると利息を減らしてもらったり、返済期間を延ばしてもらったりすることができ、基本的に3~5年で完済できるようにしてもらえます。

任意整理は債務整理の中で最もメリットもデメリットも小さく、裁判所を介する必要もないため、他の債務整理の方法に比べ行うハードルが低いこともあげられます。100万円以下の借金には、ちょうどいいですね。

任意整理のデメリット

任意整理を行うことのデメリットは、ブラックリストに載ってしまうことです。ブラックリストに載ると、その後5年間新規のクレジットカードをつくることができなくなったり、新規のローンを組むことができなくなったりします。

また、借金の返済が楽になるとはいっても、借金そのものを減らしてもらえるわけではないので、100万円以下の借金でも利息が膨れ上がってしまった方には難しい方法です。任意整理をすべきかどうかは、まず専門家に相談してみてもよいかもしれません。

100万円以下の少額を借りても返せなくなる場合がある

以上から、100万円以下の借金だったとしても、返済が容易とはいえないという結論になります。借金は利息が膨らむと、100万円以下の少額を借りただけでも返せなくなる場合があるのです。

利息対策として、借金が100万円以下の場合はもちろん、100万円以下でない場合にも、できる限り前倒しで返済をすることをおすすめします。