300万円の借金は自力で完済できる?返済できない場合の解決策とは

計算

「自力で借金をなんとか返済していきたい。」そう思っていても生活もあるしなかなか返済出来ない。そういう方って結構たくさんいるのではないかと思います。

今回は、自力で借金を返す方法や返済のシミュレーション、借金を減額して月々の返済額の負担を減らす方法などを調べてみました。それでは早速一緒に見ていきましょう。

収入が少なくても300万円の借金は自力で返せる

自力
気づけば借金が膨れあ上がっていた。そして返すために借金をして自転車操業に陥り、総額がどんどん増えている。そんなことはありませんか?

自力で借金を返す為に借金をしても、当たり前ですが借金は減っていきません。借金を重ねなくても、300万円ほどであれば少し工夫するだけで返済可能です。

自力で返済する方法を具体的に調べてみましたので参考にしてください。

300万円の借金を自力で返した人がやっていること

やっていること
300万円ほどと言いましたが、当然ながら事情は人それぞれあります。一般的なサラリーマンの年収程ありますので大きな壁に見えるかもしれません。

こんな事、私には出来ないということがないように誰にでも出来るような方法が知りたいですよね。実際に300万円の借金を自力で返済した方はどうやって返済したのか、返済するために行ったことを実際にまとめてみました。

返済計画をしっかり立てる

まずは返済の計画をしっかり立てていきましょう。300万円をいつまでにどうやって返すのかを考えなければ解決の糸口は見いだせません。返済する方法が見出せたとしても、計画していなければ本末転倒です。必ずはじめに返済計画を立てましょう。

まずは、300万円をいつまでに返さないといけないのかを考えましょう。そして、300万円をその日までに返すには1ヶ月あたりいくら必要になってくるのか計算します。消費者金融に借りている方は利息などもありますので、それも考慮して考えていきましょう。

返済することに集中して無駄な出費をしない

返済するまでは様々な欲求は捨てましょう。返せなければ借金はどんどん膨らんでいきます。利息だけ、利息だけという返済を続けていれば気づけば利息だけで300万払ってたなんてこともあります。今我慢すれば、300万円返済で済みます。今、我慢出来ないのであれば一生利息を払い続けるという可能性も十分あります。

返済するまではとにかく借金を完済してしまうことを第一に考えていきましょう。外食をやめる、電気をつけたままにしないという様な小さなことでも、無駄な出費を抑えることが出来れば大きな額になります。

副業や掛け持ちで仕事をして収入を増やす

今はパソコン1台あれば様々な副業をすることが出来ます。パソコンがない方もアルバイト程度であれば掛け持ちで…という方法もあります。今の収入では返せないと考えている時間が勿体ないです。

その考えている時間も副業をすれば収入につながります。今でも十分厳しく節約しているし、無駄な出費なんてない。という方は副業を検討してみてはいかがでしょうか?

金利が低いローンに借り換えて返済総額を減らす

借金を返すために借金をするな。と言いましたが、借り換えという手段があるのはご存知でしょうか?もし、現在借りている借金の利息がやけに高いな…。と感じる方がいましたら借り換えを検討してみるのもいいと思います。

借り換えとは、今借りている会社より利息が低いところに借りるということです。携帯会社でも乗り換えという言葉がありますよね?各会社が少しでも他社より安く携帯料金を抑えて営業をかけています。それと同じように、消費者金融でも借り換えローンで勝負している会社もありますので、検討してみてください。

300万円の借金を返済計画をシミュレーション

シミュレーション
では、実際に月いくらずつ返すとどれくらいの期間で自力で返済可能なのか説明していきます。実際にシミュレーションすることで自分がどれくらいの期間で返済出来るのか分かるのでシミュレーションはしておくことをオススメします。

今回は一般的に多いフリーローンの利率(15%)で計算してみました。参考にしていただければと思います。

返済額月10万円

返済額を月10万円で設定すると、38ヶ月かかるそうです。38ヶ月というと3年2ヶ月ですね。10万円でこの期間だとなかなか気が遠くなりますね。

10万円を普通に返済していくとなると一般のサラリーマンで、更に家族がいたりするとなかなか収入から支出するのは困難だと思います。どうしても10万円ずつ返済するとすれば、副業で収入を増やすなどの対策は必須ですね。

返済額月5万円

返済額を月5万円で設定すると、返済までに114ヶ月かかります。9年6ヶ月の間、毎月49,515円を払い続けるのは大変です。

実際に返済していくとなると9年半はあまり現実的ではありませんが10万円での返済がどうしても難しい場合、5万円ずつ支払いして、余裕が出来たら返済額を上げていくなどの工夫が必要ですね。

返済額月3万円

毎月の利息分だけで37,500円必要なため、元金が減らず返済ができません。現実的に利息の話が無くても100ヶ月必要ですからね。3万円は不可能ですね。300万となるとやはり10万円は必要なのでしょう。

300万円の借金を自力で返せない場合の解決策

解決法
先程シミュレーションした通り、月々10万円は返済していかないと完済の日は見えてこないのが現状です。では、借金の負担を減らす方法はないのかとお考えの方もいると思います。今回は借金を減額出来る可能性のある方法を2つご説明いたします。

過払い金が返還可能か確認して借金を減らす

『過払い金』という言葉をご存知でしょうか?過払い金とは、本当は支払わなくていいお金まで、利息などで支払い過ぎていたお金のことです。

もし、あなたがもう長く借金を返済していたり、更にその借り入れをしたのが2010年6月17日より前ならば大幅に借金を減額出来る可能性があります。弁護士に依頼することによって簡単に出来ますし、費用もリーズナブルな価格であることが多いのでかなりオススメです。

債務整理を行う

過払い金がない場合でも債務整理という方法もあります。過払い金請求も債務整理の一つですが、他にも、『任意整理』、『民事再生』、『自己破産』という方法があります。借金の額が300万円の場合は自己破産よりは、任意整理の方をオススメします。

任意整理を弁護士に頼むことで、借金の減額や利息の見直し、無理のない支払い計画を実現することが可能です。これから無理な生活をしながら返済していくことを考えたら弁護士費用がかかったとしても、任意整理をする方がお得だと思います。是非検討してみてくださいね。

借金が返せないとどうなる?

借金が返済できないしもう放っておこうかな、そう考えたことはありませんか?実は借金から逃げてしまうとその時解放されたとしても後々地獄を味わうことになるのです。では実際に放っておくとどうなってしまうのか具体的に説明します。
どうなる

借金の催促が来る

まず、支払いを放っておいて少し経つと借金の督促の郵便物がきたり、電話がかかってきたりします。郵便物も一度だけでなく、何度もきますし、電話はもちろんひっきりなしにかかってきますので精神的にも追い詰められてしまうでしょう。最悪の場合、実際に消費者金融でも取り立てが家に来たなんて事例もありますから落ち着いて毎日を過ごせません。

ブラックリストに登録される

次に督促も無視し続けると『ブラックリスト』というものに登録されます。ブラックリストとは、実際に存在するものではなく、CIC、JICC、全銀協などの信用情報機関に自分が借金を放置している記録を登録されるということです。

では、CICなどの信用情報機関に記録されるとどうなるのか。まず、消費者金融やクレジットカードはほぼ審査に通りません。それが5~7年間続きます。もちろん家も建てられませんし、車もローンが組めません。生活がとても不便になってしまいます。

裁判を起こされる

更に借金を放置していると次は裁判所から書類が届きます。この時点で対応しなければ、とても大変な事になってしまいます。簡単に言うと、あなたは何度も督促を無視してますからもう一括で支払ってくださいねという内容の書類が入っているのですが、この時点ならば、まだ分割にすることは可能です。

弁護士に相談していないのならばこれを機に弁護士に相談して分割方法や利息についても一緒に見直してもらうことをオススメします。

強制的に財産を差し押さえられる

さて、最終段階です。もうここまできたらどうしようもありません。自分が無視してしまったことで引き起こしてしまった不幸です。裁判所からの書類を無視してしまうと、消費者金融の言い分が通ってしまいます。

よって、財産の差し押さえがおこなわれます。持ち家がある方は家も差し押さえ対象ですし、車ももちろん、テレビや家具も差し押さえされます。
仕事をしている方は給料の差し押さえも入るので仕事場に借金を踏み倒した事がしっかりばれます。そうなる前に絶対に借金から逃げないで向き合いましょう。

借金を返すためにさらに借金を重ねてはいけない

借金
借金を返すために借金を重ねてしまうと多重債務という負のスパイラルに飲み込まれてしまいます。1つの消費者金融に返済するために2つの消費者金融から借金することによってそれぞれに利息もかかってくるのです。

支払いの額も恐らく増えます。それによって1つ、また1つと借金が増えていきます。そうなると消費者金融ももう借金出来るところがなくなって闇金に手を出したりする方もいます。

闇金に手を出してしまうともうそれまでです。消費者金融の督促とは全然違いますし、利息ももちろん借金の額を余裕で超えてきますので一生返すことが出来なくなってしまい、借金まみれの人生になってしまうでしょう。

プロに相談すれば解決の糸口が見える可能性も

自力で借金を返済する方法についてご紹介させていただきましたが、自分だけで解決しようとすると上記のように多重債務者になってしまったり、闇金に手を出してしまったり、差し押さえされてしまったり最悪の結末を迎えてしまう可能性もあります。

弁護士はその道のプロです。何人もの債務者を解決に導いています。
最初の相談は無料だったり、弁護士費用を分割対応にしてくれる弁護士さんもたくさんいますから、自分にあった弁護士さんを見つけて早く借金苦から解放されるといいですね。