300万円の借金は現実的に返せるの?返済総額はどれくらい増える?

何か

借金が300万円に膨らむと、返せるかどうか不安になってしまうもの。借金は計画的に、利息もしっかり計算して利用することが大事ですよ。

借金300万円を完済する場合の利息や必要な年収、返せるかわからなくなった時の対処法を詳しくご紹介しています。

300万円の借金を完済した場合にかかる利息は?

借金が300万円あると、正直返せるのかどうか微妙なところです。早めに計画を見直しておきましょう。

ポイントとなるのは、利息です。借金の困るところは、借りたお金はそれほど大きくなくても利息が付くことで返済額が増大してしまうことですよね。

借金の利息は元金に金利と借入期間を掛けて算出しますが、300万円の借金に対して年率7%が適用される場合の利息を考えてみましょう。

借金300万円を3年で返済するときの利息

元利均等返済によって300万円の借金を3年間で返済するとした場合だと、月々の支払額はおよそ92,600円となります。一方これに発生する利息は約33万円となっており、この額だけ余分に支払うことになってしまいます。

借金300万円を5年で返済するときの利息

元利均等返済によって300万円の借金を5年間で返済するとした場合だと、月々の支払額はおよそ60,000円となります。一方これに発生する利息は約56万円となっており、3年間で支払う額より1.5倍以上大きくなってしまっていますね。

借金300万円を7年で返済するときの利息

元利均等返済によって300万円の借金を5年間で返済するとした場合だと、月々の支払額はおよそ45,000円となります。一方これに発生する利息は約80万円となっており、3年間で支払う額より2倍以上、5年間で支払う額より1.5倍弱大きくなってしまっていますね。

300万円の借金を返済するために必要な年収は?

借金は計画的に借りることが大事ですが、どれぐらいの年収があれば、300万円の借金をスムーズに返せるのでしょうか?

一般的に消費者金融を利用する場合は「総量規制」という制約があり、年収の3分の1を超える借金ができません。これはもともと、借金が年収の3分の1を超えると自力での返済が難しいから設けられた規制。

このことからも、300万円の借金を無理なく返せるのは年収900万円以上だということがわかります。

返済額に対して収入が足りない場合どうすればいい?

借金 滞納

例え年収が900万円以上あっても、借金が300万円もあると返済していくのは簡単ではありません。返せると安易に考えて計画を立てても、利息が膨らんで思うように進まないことも良くあることです。

300万円の借金を返済するのに収入が足りない場合の対処法も、しっかりチェックしておきましょう。

副業をする

300万円の借金を返済するのに収入が足りない場合は、バイトやサイドビジネスなどの副業に積極的に取り組んで、年収を増やすのが手っ取り早い方法です。たとえ月に2~3万円でも、収入が増えれば生活に余裕が生まれますよ。

とはいえ、無理は禁物。昼夜休みなく働いていて身体を壊してしまえば、仕事ができなくなって余計な医療費がかさみます。副業に精を出していて本来の仕事に支障をきたせば、逆に収入が減るリスクも否定できません。

300万円の返済をするために副業をする場合は、無理をしない範囲での収入アップを目指しましょう。

返済計画を見直す

借金が300万円に膨らんで返せるか微妙な立場になってしまったら、積極的な返済計画の見直しが必要です。借金が300万円あると、金利負担だけでも大きいもの。ボーナス等でまとまったお金が入ったら、積極的に繰り上げ返済をしましょう。

両親や兄弟、親戚からお金を借りて、完済を助けてもらうのも効果的です。早めの完済でトータルの返済額を減らせば、その分家族に返済しやすくなります。

借金がいくつかの金融機関に分かれている場合は、「おまとめローン」の利用も検討しましょう。金利面で有利になり、返済計画の立て直しができますよ。

債務整理を行う

300万円の借金を返せる余裕がない場合は、債務整理をするのも選択肢の一つ。債務整理にもいくつかの種類がありますが、おすすめなのは任意整理です。

任意整理とは、弁護士や司法書士などのプロに金融機関との交渉を依頼して、金利や返済期間の見直しをしてもらうこと。金利を大きくカットできる可能性があり、自分の収入や生活スタイルに見合った返済計画にカスタマイズできるのが魅力です。

任意整理は破産手続きと違って借金そのものをなくしてしまうわけではありませんが、返済を継続しやすくすることで、生活に余裕が生まれます。

過払い金の返還請求ができる場合も

長い間300万円もの借金を返済し続けている場合は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金の有無も確認しましょう。過払い金とは、必要以上に支払った返済金のこと。取り戻せば返済が楽になりますし、完済の可能性も見えてきます。

ただし過払い金の有無は素人ではなかなか判断が難しいもの。金融機関と直接交渉するのもリスクが伴うので、債務整理にあわせてプロに相談をしてみることをおすすめします。

300万円の借金が返せるかどうか判断して行動しよう

借金が300万円あると、最初の内は返せるつもりでもなかなか思うようにはいかないものです。お金が必要な時にローンやクレジットは非常に便利ですが、返済計画をしっかり立ててから行動を起こしましょう。

利息を考えに入れておらず、思った以上に負担が大きくて困ってしまったら、債務整理が効果的です。過払い金がある場合は完済の助けにして、早期の解決を目指したいですね。