借金が300万円あっても住宅ローンの審査は通る?審査の基準は?

借金300万円を抱えていても、住宅ローンの審査に通るのでしょうか?こちらでは住宅ローン審査の流れや審査基準、借金が300万円あるときの対処法を解説していきます。あわせて審査落ちした時の改善策もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

300万円借金があっても住宅ローンの審査に通る可能性はある

可能性はある

300万円の借金があると、住宅ローンの審査には通らないと思い込んでいませんか?実は、借金があっても審査に通るケースは意外と多いんです。

クレジットカードや消費者金融のキャッシングは総量規制もあって、借金300万円がネックとなって審査落ちすることは良くあることです。ですが銀行の場合は総量規制の対象にはならないので、住宅ローンの審査に通る可能性は十分にあります。

ただし「大丈夫だろう」で申し込むのは、おすすめできません。住宅ローンの審査基準や対策を、事前にしっかりチェックしておきましょう。

借金がある場合の住宅ローン審査基準

住宅ローン

借金がある人にとって重要なのは、住宅ローン審査の次の基準です。一般的に住宅の購入は借入額が大きく、返済期間も長いもの。それだけ審査もシビアなので、一体何が明暗を分けるのかを知っておくことで審査通過を目指しましょう。

借入総額

住宅ローンの審査では最初に借金があることが分かったら、借入の総額を審査します。といっても、クレジットカードのように金額の大小を見ているわけではなく、住宅ローンでは年収額と借金の比率、すなわち返済負担率の方を重視して審査を進めます。

金融機関によって差があるものの、住宅ローンの審査通過は、返済負担率30%以下が目安。もとから借金を300万円抱えていて厳しい場合は、融資を減額するという方法でも対処できます。

毎月の返済額

次に重視されるのは、毎月の返済額です。住宅ローンの場合は返済が長期に渡るため、借金300万円も含めて毎月コンスタントに、確実に返済できるかどうかが、判断が分かれるポイント。

住宅ローンを無理なく返せる返済額は、現在借りて住んでいる賃貸住宅の家賃程度と考えるのが一般的。既にそれ以上の返済額を抱えている場合は、あらかじめおまとめローンなどで返済計画を見直しておくのも良い方法です。

借入先

既に借金が300万円ある場合は、どこから借りているかも調査の対象になります。何故なら、お金を借りている理由によっては浪費癖やギャンブル癖など、本人の金銭感覚や返済能力のなさを疑われてしまうからです。

一般的に学生時代の奨学金や車のローンが残っているのであれば、住宅ローンの審査の支障になることはありません。ですが消費者金融から頻繁に出し入れを繰り返していると「お金の管理ができない人」と判断され、悪影響を及ぼします。

住宅ローンの審査は2つある

審査

借金が300万円もあると審査基準ばかりを気にしがちですが、住宅ローンの審査の流れも無視できません。住宅ローンは最初に事前審査、次に本審査と、段階を分けて進みます。最初の審査をクリアしても後でひっくり返るケースもあるため、最後まで油断は禁物ですよ。

本審査

住宅ローンの場合は最初に「事前審査」を受け、合格したら次の「本審査」に進み、これをクリアしてようやく融資締結に至ります。この内シビアなのは、信用保証会社が行う本審査の方でしょう。本審査では申し込みから結果が出るまで、1週間前後の日数がかかります。

融資を受ける人の源泉徴収票や課税証明書、物件の売買契約書や登記事項証明書などの提出も求められるため、事前に必要書類を確認して用意しておきましょう。

事前審査

最初の事前審査を行うのは、銀行などの金融機関です。場合によっては源泉徴収票などの収入を証明する資料の提出を求められますが、あくまでも融資を受ける人の自己申請に基づいてローン審査を行います。

そのため比較的調査も簡便で、審査結果が出るまでの日数も3~4営業日程度とスピーディー。最近はインターネットでも手続きができるため、借金が300万円あって審査が不安な人も申し込みやすいですよ。

審査の前に300万円の借金を一括返済すれば問題ない?

300万円の借金がネックで住宅ローンの審査に通りそうにない場合は、預貯金をかき集めて一括返済してしまうのも選択肢の一つ。借金が0円になれば、その分借入金を減らす必要も無くなります。ただし無理やり一括返済をしてしまうと、住宅購入に必要な頭金を失いかねません。借金があっても、頭金があることで審査に有利になるケースもあるんです。

頭金があるメリットとしては、まず住宅ローンの借入額をできるだけ抑えることができるということ。また頭金が金利面で有利に働くこともあるため、長い目で見れば借金を一括返済しないほうがお得かもしれません。借金の一括返済は、慎重に検討してくださいね。

過去の借金は住宅ローンの審査でチェックされる?

チェック

完済していても、過去の借金が住宅ローンの審査に悪影響を与えないかと不安になる人もいますよね。事前審査ではあくまでも本人の申告によりますが、信用情報機関の本審査では個人情報をしっかり調べ上げるため、過去に借りたお金や返済状況も全て明らかになってしまいます。

もっとも、過去の借金を支障なく完済しているのであれば、ローン審査に悪影響を及ぼすことはまず無いと考えてかまいません。住宅ローンの審査の支障となるのは、過去の借金で返済を長期間滞納したり、自己破産をしたりしているケース。いわゆるブラックリスト入りなどの事故情報の記録は5~10年程度消えないため、審査の判断に影響を与えます。

住宅ローンの審査に落ちた理由は教えてもらえる?

理由・原因

住宅ローンの審査に落ちたら、誰だってその理由を知りたいですよね。ところが、残念ながら理由は教えてもらえません。過去に借金をしたことがあって不安な人は、自己情報の開示請求で理由の把握に努めましょう。

あわせて、融資の申し込み条件も確認してください。現在の借金300万円がネックになっている場合は返済負担率を下げるか、頭金を増やすことで改善できます。冷静に理由を分析して、次回の申し込みに生かしたいですね。

300万円の借金があってもあきらめなくていい

借金が300万円あると住宅ローンの融資の審査は厳しいものの、絶対に受からないわけではありません。住居は職を得て、返済を続けるために必要な生活拠点です。前向きに審査を受けて、住宅購入を目指しましょう。

一度申し込んでダメだったからと言って、融資をあきらめる必要はありません。確実な原因分析と再度の見直しで対策を立てて、あきらめずに住宅ローンの申し込みをしてみてくださいね。