ギャンブルが原因で多額の借金がある彼氏との結婚はあり?なし?

借金 滞納

好きな彼氏と結婚を意識し始めたとき、彼氏の借金が発覚したらどうしますか?愛する気持ちが強ければ、それでも構わないと思うかもしれません。でも、借金の原因がギャンブルだったとしたら、問題はさらに深刻になります。

今回の記事では、シャンブルが原因で多額の借金を抱える彼氏との結婚はどうなのか、結婚するべきかどうかの判断のポイントについても紹介していきます。

付き合っている彼氏がギャンブル依存症で借金が発覚

付き合っている彼氏とそろそろ結婚しようかなと考えた矢先、色々な問題が発生することがあります。結婚を前提にしているからこそ、今まで秘密にしていたことを打ち明けることもありますよね。

その中でも、結婚を考え直すぐらいの大きな秘密の一つとして、彼氏の借金問題が挙げられます。借金と言っても、新車や家を購入してローンを抱えているかもしれませんし、家庭の事情でやむなく借りたお金ということもあるでしょう。ただ、問題なのは借金の原因がギャンブルだったことです。

ギャンブルが原因で借金をしているなんて、恋人に言わないほうがむしろ自然なので、彼氏が隠していたことが結婚前になって発覚するケースがほとんどかもしれませんね。実は、そんなギャンブル依存症の彼氏の借金で結婚に悩む女性はたくさんいるのです。これからどうしていけばいいのか、一緒に考えていきましょう。

ギャンブル依存症と借金問題は大きなデメリット

まず初めに、ギャンブル依存症と借金問題は、この先の結婚を考えても大きなデメリットでしかありません。

ギャンブル依存症は、ギャンブルをやりたいという欲求に自分がコントロールできない状態です。心の問題も関わっていることがあり、自分ではどうすることもできません。だからこそ、借金をしていても、さらにギャンブルを繰り返してしまうのです。

また、現在彼氏にどのくらいの借金があるのかによっても違いますが、結婚後にその借金問題を解決していけるかどうか分かりません。

結婚後もギャンブル依存症が治らず借金を続けていくことがあれば、金額が膨らんでいくだけでなく、あなた自身が彼氏の借金の連帯保証人になる可能性もあります。

さらに、二人の生活では良くても結婚後に子供ができたらどうでしょうか。生活費に加え養育費も必要になると、借金問題は想像以上にデメリットになります。

彼と結婚するか別れるかを判断するポイント

彼氏がギャンブル依存症で借金を抱えていたら、大きなデメリットであるは確かです。でも、だからと言って好きな彼氏とすぐに別れることはできませんよね。

では、彼氏とこのまま結婚をするか別れるかどこで判断すればいいのか、ポイントを見てみましょう。

ギャンブル依存症の重症度

彼氏と結婚するかどうか見極めのポイントとしては、彼氏のギャンブルに対する依存症の度合いが挙げられます。

前述したとおり、ギャンブル依存症は自分でコントロールできるものではありません。重症化してしまうと、ギャンブルをしないでいると落ち着かない状態になります。

ギャンブル依存症が重症化している彼氏は、今の借金が解決しないままに、借金を重ねてしまう可能性が高いです。ギャンブル依存症が重症化している彼氏は、別れる決断をするほうがいいでしょう。

ギャンブルをやめているか

ギャンブルが原因で借金をしていたとしても、今現在ギャンブルをやめているなら、彼氏と結婚を考えてもいいかもしれません。

ギャンブル依存症になると、自分自身でギャンブルを辞めるのはかなり難しいです。ただ、すでにギャンブルをやめているのであれば、ギャンブル依存症ではないか、ギャンブル依存症を克服した状態でしょう。

借金があったとしても返済が滞ることがなければ、借金問題はいつか解決するからです。ギャンブルを辞めているかどうかを結婚の判断の基準にするのも、おすすめです。

借金は返済できる金額か

同じ借金を抱えていても、金額によって大きく異なります。当然ですが、抱えている借金が少額であれば、今からきっちり返済していけば借金問題は解決するでしょう。

でも中には、ギャンブル依存症が重症化していて、何百万・何千万という借金を抱えている人もいます。

結婚するか別れるどうかを判断するポイントは、借金が返済できる金額かどうかということです。また、借金返済の手立てがあるのかどうかもポイントになります。

借金を返済しているか

借金は返済しなければ永遠に解決することはありませんし、金額が膨らんでいきます。借金でよくあるのが、滞納してしまったために元金が減らずに利息ばかりを返済するという最悪な状態です。

そうならないためにも、借金をしているときはきっちりと返済していることが大切です。もし、ギャンブルで作った借金を全く返済していないのであれば、それは大問題です。

彼氏との結婚を考える判断材料として、借金をちゃんと返済しているかどうかもチェックしましょう。

借金を返済しつつ普通の生活ができているか

ちゃんと借金を返済しているのはいいことですが、借金返済のために生活に支障がでているようであれば、そこはしっかりと考えなければいけません。

生活をするためには、必要最低限のお金は必要です。自分の収入以上に借金の返済にかかっているようなら、自己管理ができない人ということになります。

借金を返済しつつも普通の生活ができているかどうかも、結婚を考えるなら見極めるべきです。

ギャンブル依存症で借金がある彼氏と結婚した場合

10代 お金借りる理由

今、ギャンブルが原因で借金をしている彼氏と結婚を考えているなら、これからどうなっていくのか気になりますよね。

そこで、仮にギャンブル依存症で借金がある彼氏と結婚したとして、考えられる状況を見てみましょう。

幸せになれるパターン

ギャンブル依存症で借金がある彼氏と結婚すると言ったら、ほとんどの人は間違いなく反対するでしょう。結婚というのは当事者だけの問題ではなく、家族も巻き込むことであるからです。でも、そんな彼氏と結婚してそれでも幸せになれる可能性はゼロではありません。

幸せになれるパターンの典型的な例は、二人でギャンブル依存症を乗り越え、借金問題も解決できた場合でしょう。借金を返済しながら、生活を切りつめて苦しい時間を過ごすことは目に見えています。ただ、地道に返していけば借金の額は徐々に減っていきますよね。

ギャンブル依存症が病気であることを彼氏自身もあなたも理解して、根本から克服していけば、長く幸せな時間を過ごすことができるはずです。

不幸になるパターン

ギャンブル依存症で借金がある彼氏と結婚すると、不幸になることもあります。幸せになるパターンとは逆で、結婚後に彼氏のギャンブル依存症が重症化した場合です。

ギャンブル依存症が重症化すると、ギャンブルなしでは生活が送れなくなります。当然ですが、現在の借金がより膨らんでいくことになりますね。

しかも、彼氏が自分自身で借金を作るだけでなく、あなたに頼ることも考えられます。借金の連帯保証人になってしまったら、あなたが借金の肩代わりをしなければなりません。だからと言って、結婚後に別れる選択をしても、連帯保証人としての責任がなくなるわけではないので借金は残ります。

ギャンブル依存症は、辞めると決意しても簡単に辞められるわけではなく、その言葉にだまされたと語る経験者もたくさんいるんですよ。

ギャンブル依存症と借金をどうにかしてあげたい場合

正直に言う

ギャンブル依存症は一人で立ち向かうには、あまりにも大きな壁です。大好きな彼だからこそ、彼氏のギャンブル依存症と借金をどうにかしてあげたいと考える人もいるはずです。

でも、どうすれば苦しんでいる彼氏を助けてあげられるのでしょうか。ここでは、具体的にギャンブル依存症と借金を助ける方法を紹介します。

ギャンブル依存症を克服するサポートをする

ギャンブルから彼氏を助けるためには、ギャンブル依存症を克服させる必要があります。まずは、自分がギャンブル依存症であることを理解させ、通院させるようにサポートしましょう。ギャンブル依存症の具体的は克服法は、下記のとおりです。

投薬治療をする

ギャンブル依存症には、心の病気も絡んでいると前述しました。そのため、適切な薬を医師に投薬してもらうことも必要です。まずは、心のコントロールができるように薬で調整していきましょう。

カウンセリング受けてもらう

ギャンブル依存症を改善するために、薬を服用することも大切です。でも、残念ながら薬だけでギャンブル依存症が治るわけではありません。ギャンブル依存症は習慣なので、その良くない習慣を改善する必要があります。カウンセリングを受けてもらって、ギャンブル依存症改善に向けて心のケアをしましょう。

グループセラピーを受けてもらう

ギャンブル依存症は、一人では解決するには一筋縄ではいきません。自分では、コントロールができないからです。グループセラピーでは、同じようにギャンブル依存症に悩む人が集まっているので、ギャンブル依存症改善に役立てることができます。

借金返済の計画を立てる

ギャンブル依存症を改善させることは最優先ではありますが、現在ある借金も解決しなければなりません。次に、借金返済の計画を立てる方法を考えましょう。

任意整理

任意整理というのは、利息を再計算することで借金を減額させる方法です。具体的には、子息制限法で定められている上限金利に引き下げて、取引開始時にまでさかのぼって再計算します。原則的には、金利をカットして元本のみを分割で返済することになります。

個人再生

個人再生は、マイホームや車などの財産を維持しながら5分の1程度に減額した借金を返済していく方法です。減額してもらった借金を原則として、3年で分割返済していきます。

自己破産

借金額が大きく、現在の収入では借金が返済しきれないと判断される場合は、自己破産を選択することになります。裁判所に申請して許可をもらえば、借金がすべて免責になります。とは言え、デメリットも大きいので、よく考慮した上で自己破産は選択するようにしましょう。

どんなに好きでもどうにもならない場合もある

ギャンブルが原因で多額の借金がある彼氏の結婚について、解説しました。好きな彼氏となら、結婚して一緒に歩みたいという気持ちは分かります。でも、ギャンブル依存症や借金は簡単な問題ではなく、デメリットが大きいことは大前提として把握しておかなければなりません。

どんなに好きでも、状況が変えられないこともあります。もちろん、別れるのは辛いですし、別れだけが選択肢だということもありません。

ただ、ギャンブル依存症を克服するのは時間がかかることや、借金が自分の身にふりかかってくる可能性もあることは知っておきましょう。