借金を返せない人に共通する特徴って何?どうしたら良い?

税金滞納

利息だけ支払っておいて来月は頑張って多めに入れよう、毎月そう思っているんだけど利息だけ支払ってなかなか元金を減らすことが出来ない。そういう方、きっと多いと思います。

計画をしっかり立てて、支払うべき金額は支払っていかないともちろん借金が減ることはありません。利息だけ支払うのは、はっきり言って無駄遣いをしているのと変わりません。

今回は借金を返せない人に共通する特徴と、返せない方が返せるようになるための解決策についてご紹介いたします。

借金を返せない人は自分の生活を見直そう

どうなる

「今月お金が厳しいから来月でいいかな」と考えていても、いざ来月になったらまた「今月は厳しいから…」と繰り返す。そんな経験ありませんか?

確かに借金の返済は一番嫌な支出ではありますよね。しかし、必ず返していかなければならないお金でもあるのです。

一度自分の生活を見つめなおしてみましょう。生活を少し改善するだけでも、スマートに返済出来るかもしれません。

借金を返せない人に共通する特徴一覧

我慢するのが苦手な人

例えば明日になれば無料で読むことが出来る漫画を今日課金して読んでしまう。そんなことありませんか?

少し我慢することによって、数百円を無駄にせずに済みます。全部我慢は誰だってできませんが、小さな我慢を積み重ねることで大きな利を得る事が出来るかもしれませんよ。

ギャンブルが大好きで借金してまでやってしまう人

パチンコや競馬は特に手軽に手を出すことが出来るため依存性も高く、ギャンブルで借金してしまう人は少なくはないんじゃないでしょうか?しかし、一度立ち止まって考えてみましょう。

借金したお金でパチンコや競馬をするとします。偶然勝てたとしても、次の日にまた勝てるかもと思い行ってしまいますよね?その繰り返しで気づけば借金したお金は手元に残っていない、というケースがほとんどだと思います。借金をギャンブルで返そうという考えはそもそもやめましょう。

整理整頓が苦手な人

整理整頓が苦手な方はおそらく自分が借金をどれくらい抱えていて、あとどのくらいの期間払い続ければならないのか、把握できていないのではないでしょうか?

整理整頓が出来ず部屋が汚いと、もし督促が来ていたとしても気づかずに裁判所からの手紙なども見逃して、差し押さえなんてこともあるかもしれません。特に書類などはきっちり整理することを心掛けておきましょう。

周囲からの評価が気になり、見栄を張ってしまう人

周りの評価が気になってついつい見栄をはってしまうこと、誰にだってあるとは思います。しかし、見栄をはるにも限度を理解しておかないと大変なことになります。

例えば仕事の後輩と飲みに行く時に、やはり先輩が出さないとという気になる方が多いと思います。生活費もピンチな中だと迷うはずです。しかし奢らなければ、もし後輩が周囲に言いふらしたらなんて考えて借金をしてしまう人も出るでしょう。

そこまで気になるなら飲み会自体をキャンセルした方が良いです。一度の過ちが一生の過ちになる前に限度を理解しておきましょう。

借金が返せない人が取り組んだ方が良い事

クレジットカードは使わず、財布にも最低限のお金しか入れない

クレジットカードを持っているとその手軽さからすぐに『カードで』と買い物してしまい、無駄遣いが多くなってしまいます。クレジットカードは持っていても家に置いて使わないようにしておく、現金も最低限必要な金額だけ持ち歩くようにしておくと必然的に無駄遣いは減らせます。

クレジットカードは特にリボ払いにしておくと金銭感覚が完全に狂ってしまうので気を付けてください。

レシートは保管し、家計簿をつける

私も元々家計簿はつけないタイプだったのですが、一度一ヶ月の支出を知っておきたいと思い、レシートを見ながら家計簿を細かくつけてみました。すると、節約しているつもりでも、「これ、いらなかったな。」と思うものが多かったです。

家計簿をつけることでその月の反省を来月に生かすことが出来るので徐々に支出額が減っていくのでオススメです。

給料は返済用と生活費に分けておく

給料日に、まずはお金の仕分けを行いましょう。

  • 食費、雑費
  • 返済
  • その他支払い
  • 貯金

と、大まかな仕分けでも構いませんので予算を計算してあらかじめ分けておきましょう。こうしておけば、後で返済のお金が足りないなんてことになることがありません。そして、出来るだけその日のうちに返済を済ませましょう。

後で後でと後回しにしてしまうと結局生活費に回して返済出来なかった…なんてことになりかねません。

借金が返せない人はどうなってしまうのか

借り入れ先から借金返済の督促が来る

まずは返済期日に間に合わなかった場合、数日後に電話で督促があると思います。

電話で相談などの対応は可能ですが、電話に応答しなかった場合は家に督促状が送られてくるので、最悪家族が同居している場合は家族に借金がばれてしまう可能性があります。

遅延損害金が発生し、借金が更に返せない状況になる

更に、借金を返済期日までに返済しないと遅延損害金が借金に上乗せされてしまいます。

借金の金額によりますが、大きい額を借りている方はそれだけ遅延損害金は大きくなります。遅延損害金がどんどん上乗せされていくことで借金が益々膨らみ、更に返せなくなるという状況に陥ってしまいます。

ブラックリストに載り、信用情報に傷がつく

借金の返済を少しでも怠ってしまうと、CICやJICCなどの信用機関に遅延情報が載ってしまいます。これを俗に『ブラックリスト』といいます。

CICやJICCに情報が載ってしまうと5~10年は情報が消えません。

クレジットカードが作りたくても、車をローンで購入したくてもこの1回の遅延により借りられない場合があります。

借金が返せないことで最終的に差し押さえされる可能性がある

何ヶ月も返済を怠っていると、裁判所からの督促通知が来る場合があります。こちらを無視してしまうと更に大変なことになってしまいます。

裁判所からは恐らく一括で返済するようにと通知が来るかと思いますが、これは応答さえすれば分割での返済は可能ですし、減額の交渉なども出来ます。しかし、無視をすると…一括で返済することに同意したものとみなされ、差し押さえの通知がきます。

こちらも無視すると強制的に給料を差し押さえられたり、車や家がある場合はそちらも差し押さえの対象になってしまいます。

借金がどうしても返せない人は債務整理するのもあり

債務整理
借金が大きすぎて返済出来る気がしない。毎月の返済額が大きすぎて利息ばかり払っていて元金が減らない。

そんな方は債務整理をするという選択肢もあります。長いこと借金の返済をしている方は、もしかすると過払い金で返済出来るかもしれませんし、弁護士にお願いすると一番いい方向で話を進めてくれるので気持ちが楽になると思います。

一人で悩んで結局、借金の返済を怠るくらいならば相談無料などの弁護士もいますので相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

借金が返せない人は専門家に相談してみよう

借金が返せない人の特徴についてお話させていただきましたが、努力をしていても借金が返せない境遇の方もいると思います。そんな方のために専門家がいるのです。

悩んでいる間にも利息は増えます。もう返済出来る気がしない…。と思うならば返済を無視して最悪の結末を迎えてしまう前に、専門家へ相談してみましょう。新たな解決の糸口が見つかるはずです。