親の借金を相続放棄したい。メリットとかデメリットって何?

どの選択肢を取るべきか悩む

親が亡くなった際に、実際に遺産の話になると借金があったなんてことも少なくはありません。不動産などの財産なら飛びつくところですが、借金というとやはり懸念してしまいます。

しかし、相続を簡単に放棄してしまうと思わぬところで損をしてしまう場合もあります。今回は借金の相続放棄によるメリットとデメリットについて考え、実際に遺産相続を放棄する場合に必要になる手続きや費用についてもご説明いたします。

親の借金を相続放棄するときはメリットとデメリットを天秤に掛けた上で判断しよう

判断

遺産相続のパターンでよくあるのは、遺産というより借金が残っていたケースです。もちろん、借金なんて相続したい人はいないでしょうが、遺産が借金だけでない場合はそういうわけにもいきません。

借金をしてでも相続するべきなのか、放棄するべきなのかメリット、デメリットを比べてみました。

親の借金を相続放棄するメリット

メリット

親の借金に対する返済義務が無くなる

まず、大きなメリットとして『借金を返済する義務がなくなる』というのが大きなメリットです。もちろん、債権者も遺産を放棄されてしまえば遺族に返済義務がなくなるため、請求することが出来ません。

父の借金が5000万あったとして、母と子供2人が相続する場合、あなたが子供なら1250万円の返済義務が発生しますから、借金の額が多ければ多いほどメリットは大きくなります。

相続の手続きをする必要も無い

遺産相続で面倒な事ってやはり手続き系ではないでしょうか?

遺産を相続するにはもちろん税の問題なども関わってきますし、親戚や家族と話し合いもしなければなりません。必要な書類もかなり多いですし、その分時間もかかります。なので、借金の相続放棄をするとかなり手続きは楽になります。

相続争いに絡むことも無い

ドラマとかでも、遺産相続は結構題材にされています。親戚や家族などが集まってお互いが醜い争いをしなければなりません。

誰だってもらいたいものはもらいたいですからね。親戚や家族との不仲の原因にもなってしまいますので、相続争いに巻き込まれたくないという方には相続放棄はメリットだと言えます。

親の借金を相続放棄するデメリット

デメリット

親族に無断で親の借金を相続放棄すると、関係に影響が出る可能性がある

独断で借金の相続放棄をすると親族に迷惑をかけてしまう場合があります。例えば、相続人が子供である場合、母も他界しているので相続人は自分しかいないだろうと考えた時に相続放棄をしていまうと、もし、相続人の祖父母が生きている場合にそちらに相続権が移ります。

そうなった場合、何も知らない祖父母が安易に相続を承認してしまうと借金の存在を後で知ってしまうことになり、大変大問題に発展する場合があります。相続を放棄する場合は事前に親族に相談するのを忘れないようにしましょう。

住居や家宝など、正の財産も相続できなくなる

もし、借金以外に住居や土地、その他の財産がある場合に、その財産も相続することが出来なくなってしまいます。

例えば借金が5000万あっても、土地や財産を合わせると5000万円以上になることが想定出来るのであればまずは、もう少し考えてみましょう。もし、財産が1億円以上あったなんてことになったらかなり損ですね。

生命保険や退職手当の非課税枠から対象外になる

例えば、生命保険を契約していてあなたが妻であり、死亡保険金の受取人をあなたにしているとします。遺産相続を放棄していない場合は、この死亡保険金は一定額までは非課税の対象になるのです。しかし、相続を放棄した場合には、死亡保険金を受け取る事は出来るのですが保険金は課税対象になってしまうのです。

親の借金を相続放棄するときの注意すべきポイント

ポイント

親の借金を相続放棄できる期限がある

相続を放棄出来るのは3ヶ月という期限がありますのでご注意ください。しかし、親が亡くなってから3ヶ月ではなく『親が亡くなった事を知ってから3ヶ月』です。

例えば、あなたが父が亡くなったことを1ヶ月後に知れば、相続放棄の期限が父が亡くなってから4ヶ月後になります。

一度親の借金を相続放棄してしまうと後から撤回不可能

一度親の借金の相続を放棄してしまうと、その後の撤回は不可能です。

借金の存在だけで簡単に相続放棄してしまうと後々出てきた遺産があった場合にそちらも遺産相続できなくなってしまいます。相続放棄する際は、期限内によく考えてから申請しましょう。

単純承認してしまうと親の借金を相続放棄できない

もし、あなたが相続を単純承認してしまっていたら、相続放棄は出来ません。相続放棄や限定承認は家庭裁判所での手続きが必要になるため、少々手間がかかりますが、単純承認は特に手続きなどの必要がないので簡単に単純承認してしまった場合があります。

また、注意しておきたいのが相続放棄した後でも、相続放棄をしたことを隠していたら単純承認をしたとみなされ、相続放棄した事実がなかったことになってしまいます。相続を安易な事と考えず慎重に行っていきましょう。

親の借金を相続放棄する手続きに掛かる費用

費用
まずは、自分で手続きを行う場合の費用のご説明をします。相続放棄するために必要な費用は

相続放棄を申請するための印紙代:800円
亡くなった方の戸籍謄本:450円
亡くなった方の除籍謄本・改製原戸籍謄本:750円
亡くなった方の住民票:300円程度
申請者の戸籍謄本:450円
郵便切手:500円程度
交通費:人によって異なる

が必要です。相続放棄の手続きは弁護士や司法書士に代行でしてもらうことも出来ます。その際の費用の相場は司法書士であれば3万円程度、弁護士であれば5万円程度の用意は必要です。

親の借金を相続放棄する手続きに必要な書類

書類
相続放棄の手続きに必要な書類は以下になります。

相続放棄申述書

相続を放棄するという申し立てを裁判所に提出するための書類です。家庭裁判所で用意出来ます。

申述者の戸籍謄本

相続を放棄する方の戸籍謄本が必要です。市町村役場で用意出来ます。

亡くなった方の戸籍謄本

亡くなった事が確認できる戸籍謄本が必要です。市町村役場で用意出来ます。

亡くなった方の住民票

正式には亡くなった方なので住民票の除票になります。市町村役場で用意出来ます。

収入印紙(800円)

相続放棄申述書に収入印紙を貼って提出します。その際に印紙に印鑑は押さないようにしましょう。こちらはコンビニや郵便局で簡単に用意出来ます。

切手

家庭裁判所から通知などを送るためのものです。裁判所によって異なりますが数百円程度かと思われます。

親の借金を相続放棄するときは事前に親族に連絡しよう

借金を相続放棄する際に重要なのは、まず親族としっかり連絡を取り合うことです。相続問題は個人の問題ではありません。相続する場合も放棄する場合もしっかり周囲とコミュニケーションを取り、円満な解決を心掛けましょう。