旦那が結婚前にした借金に返済義務はある?

結婚して順調に結婚生活を送っている中で、急に旦那の結婚前の借金が判明したとしたら、誰しも間違いなく驚くでしょう。しかし、この借金は夫婦間の借金ではなく旦那個人のものとして扱われますから、妻に返済義務はありません。

しかし借金を急に打ち明けられても、どうやって返済していけばよいのか分からなくなってしまいますよね。今回は、旦那に結婚前からの借金が判明した場合の対処法について、詳しく解説していきたいと思います。

旦那が結婚前から抱えていた借金は、妻には返済義務は無い


結婚後旦那に借金があることが分かれば、誰しも非常に驚くことかと思います。しかしその借金が、結婚前にできたものであれば、妻に返済の義務はないのです。結婚前の財産および負債には、夫婦の財産とはならないので、安心してください。

旦那に結婚前からの借金が発覚したら聞くべきこと

旦那の借金が判明したあとは、驚いてるだけではいけません。きちんとその借金の詳細について、詳しく追及することが、妻としての務めになるのではないでしょうか。

旦那に結婚前からの借金の借り入れ先・残高を聞く

どこから借り入れたのか、またその借金の金額について、詳しく聞く必要があります。その借入先が、銀行や消費者金融であれば、当然利息が発生していますし、家族や友人などの個人間であれば、どういった約束となっているのかも確認しておきたいですね。

借金金額によっては、債務整理なども検討しなければいけないかもしれません。

旦那に結婚前からの借金の理由を聞く

借金の借入先や金額はもちろん重要ですが、理由についても突き詰めたいところです。借金するには必ず理由があるはずですし、その理由によっては、夫婦間の関係が悪化するかもしれません。

それでも今後の為にも、妻は理由を知っておく必要があります。

旦那に結婚前からの借金が発覚するきっかけ

旦那の借金がどういった経緯で、発覚するのか、気になるところです。本人の口から知るのが一番ですが、そうではない場合ももちろんあります。

結婚前からの借金について旦那から打ち明けられた

一番波風が立たないのは本人の口から借金の事実を打ち明けられた場合ではないでしょうか。借金があることについて文句を言いたくなるでしょうが、まずは隠さずに、話してくれたことは評価してあげたいですね。

このように正直に打ち明けられると、あまり責めることはできなくなるのではないでしょうか。

結婚前からの借金の明細書があった

本人の口からではなく、借金の明細書の発見によってその事実を知った場合は、2人の関係に溝が生まれるかもしれません。借金の存在もそうですが、それを隠していたことに妻は怒りを覚えるはずです。

仮に結婚後すぐに完済する予定だったとしても、その事実を伝えておかないと予期せぬところで事実が明らかになったときが怖いですね。

結婚前からの借金が返済できず縋られた

借金が結婚前のものでも、自分の力で借金を完済できれば、その事実が公になることはありません。しかし、結婚後は支出が多くなり、その借金の返済に困り、つい妻を頼ってしまうことがあります。こうした場合に借金の事実が明らかになります。

旦那に結婚前からの借金が発覚したらどうするべきか

結婚前からの借金が発覚したら、当然その借金の返済方法を早急に考える必要があります。旦那を責めるのはその後でもできますし、早急に方向性を話し合うことが先決ではないでしょうか。

家の財布は借金完済まで全てこちらで管理する

仮に旦那が家計の紐を握っていた場合は、妻がその管理を行うことで、家計のやりくりを円滑にします。借金をしていたような旦那に、大切な家計のお金を管理させることはできませんよね。

また、妻がしっかりと管理することで、旦那が返済するよりも確実に完済に向かうことができます。

借金の返済は旦那の収入から行わせる(肩代わりはしない)

旦那の借金は、旦那に返済させるようにしなければいけません。安易に家の財布から返済に充てるようなことをしては、旦那の為にはならないでしょう。

二度と借金をさせないように、全て返済させることで、その責任を感じさせることが狙いです。

借金の返済計画を立て、その通りに返済することを約束させる

借金の返済には、きちんとした返済計画が必要で、まずは立てさせることが必要です。また、その通りに返済できるように調整して、月の小遣いから返済額を差し引くことで、家計の圧迫を防げます。

返済計画は、しっかりと守らなければ意味がないので、その通りに返済させる約束をつけることが重要となります。

旦那の結婚前からの借金は債務整理を検討するのも手

流れ結婚前の借金は夫婦の共通の借金にはならず、あくまでも旦那の借金となります。なので仮に債務整理を選択しても、妻には影響がありません。

借金の返済が苦しいのであれば、任意整理による利息カットや、個人再生による大幅な減額を求めることも必要です。自己破産は、借金が多額であればあるほど有効な手段ではありますが、信用情報機関に破産記録が登録されて、最低5年はローン組みなどができなくなるというデメリットがあります。そうなると、車ローンや住宅ローンを利用することができなくなるので、将来的な部分に影響を及ぼします。

旦那が結婚前からの借金を黙っていたことは離婚事由になる?

結婚前の借金は金額や理由によっては、もう一緒にいたくない、離婚したいと考える人も少なくないと思います。いくら結婚する前の借金だからといっても、結婚後に高額な買い物ができないという、不満はもちろんあります。

しかし、結婚前の借金はあくまで個人の借金として見なされ、その借金の返済のせいで生活が激しく困窮しているわけではないのなら、離婚事由としては認められにくい傾向にあります。

それでも、その事実を黙っていたのですから信用できるわけはないですよね。双方が納得すれば理由に関係なく離婚できるので、一度話し合ってみることをおすすめします。

旦那に結婚前からの借金が発覚して困ったら一度専門家に相談するのも手

実は旦那に結婚前に作った借金があるらしいのだけどという状況になってしまったとき、妻はどう対応すれば良いのか悩んでしまいますよね。まずは話し合って、借入先や金額、理由を問い詰めることから始まります。しかし話し合うだけでは借金は解決しませんから、途方にくれてしまう可能性の方が高いでしょう。

そうなった場合は専門家に相談すると、具体的な打開策が貰えるかもしれません。旦那と話し合っても具体的な解決策は見えてこないときには借金解決のプロに頼ることが最良の選択肢ではないでしょうか。

▼ギャンブルの借金が理由で離婚ってできる?慰謝料の相場はいくら?▼
ギャンブルの借金が理由で離婚ってできる?慰謝料の相場はいくら?