借金を滞納してしまったら誰に相談すべき?

相談

借金を返すことができず、そのままなんとなく放置をし続けると取り返しのつかない大変な事態に陥ってしまうかもしれません。

この記事では借金の延滞で困ったときに専門家に相談するべき理由とオススメの法律事務所をご紹介していきます。

借金の滞納で困ったら専門家に相談を!

借金を返済することが難しくなり、滞納や放置をし続けると裁判になることもあります。更に最悪の場合、返済できなければ給料や財産などを差し押さえられてしまう場合もあります。

そうならないためにも借金の返済が難しく、滞納で困ってしまった場合はすぐに弁護士や司法書士などの専門家に相談することをオススメします。

借金滞納を相談すべき専門家ってどんな人?

借金の滞納に困った場合は弁護士や司法書士などの専門家に相談することで解決することができます。しかし「弁護士と司法書士って何が違うの?」と疑問に思う方も少なくないはずです。

ここでは弁護士と司法書士の違いについて説明していきます。

弁護士は「代理人」となることができ、司法書士は「書類作成代理」をすることしかできません。つまり、弁護士は書類作成も申し立ても全ての手続きをすることが可能です。一方で司法書士は必要書類の指示だしや書類作成しか行うことができません。

また司法書士の場合は債務整理を行うことのできる金額が「140万円まで」と制限されています。弁護士にはこのような金額の制限は一切ありません。

借金額が少なく書類作成のみで構わない場合は、費用の安い司法書士を選ぶことも良いでしょう。しかし借金の額が多かったり、自分の代理人として動いて欲しい場合はオールマイティーな弁護士に相談することをオススメします。

借金滞納を専門家に相談するメリット

適切な対策を講じることができる

債務整理には「任意整理/個人再生/自己破産」の3つの種類があります。もちろんそれぞれにメリットとデメリットがありますが、ほとんどの方はどれを選ぶべきか分からないでしょう。

借金の滞納を専門家に相談することで、あなたにとって最も適切な対策を講じることが可能です。

相談した時点で法的な督促を止められる

全ての連絡は代理人である弁護士を通す必要があるため、弁護士に相談した時点で借金の督促がすぐに止まります。

借金の督促が一旦ストップすることで、精神的に余裕が出来て、今後の返済や生活プランを見直すことができるでしょう。

債務整理によって借金の返済が楽になる

債務整理は貸金業者との「交渉」によって利息カットや返済期限の延長などが決まります。

知識のない債権者本人が交渉を行うよりも、プロである弁護士が交渉を行った方が減額交渉や過払い金返還請求はうまくいくと言って良いでしょう。

専門家に相談して、滞納した借金の対策を相談しよう

借金の滞納で困っている方は自分で解決しようとせず、弁護士や司法書士などの借金のプロに相談してみましょう。

ここでは債務整理の相談ができる代表的な法律事務所をご紹介していきます。

無料の減額診断

初めから法律事務所に相談することに抵抗があり、まずは「いくら減額できるのか?」「過払い金があるのか?」を把握したい方はインターネットでの無料減額診断をオススメします。

スマホでいくつかの質問に答えるだけで司法書士や弁護士が答えを出してくれ、メールか電話で相談をすることができるので気軽に利用をすることができます。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

債務整理の手続き制限がない弁護士事務所で、他の事務所と比べて費用が安いのが特徴です。相談は何度でも無料となっています。

土日祝も対応しており、全国対応が可能。出張面談をしてくれるので地方の方でも安心です。過去10年で3万件以上の実績があり、ノウハウや知識も申し分なしです。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

減額報酬が0円で、過払い請求の成功報酬に関しても0~20%と報酬額が比較的安いのが特徴です。また債務整理の状況が24時間いつでもどこでも確認することができます。

CMも放送中で知名度が高く、全国対応が可能です。土日祝日も対応しているので、平日が仕事で相談できない方でもご安心下さい。

アヴァンスレディース

アヴァンスレディース

ここ最近では借金に悩んでいる女性も年々増加しています。しかし弁護士や司法書士は男性が多く、相談しにくいという女性も少なくないはずです。

アヴァンスレディースは借金に困っている女性のためのサービスで、女性スタッフが対応するので安心して相談ができます。初期費用が無料で減額報酬がないこともオススメするポイントです。

借金滞納について、他の解決方法はある?

①時効(5年)を主張して支払いを無くす

実は借金にも時効があります。最後に返済した日から一定期間で一度も返済を行わなかった場合、時効が成立します。その期間は法人の金融機関から借りた場合「5年」です。

時効が成立するのかどうかを確認することで支払いを無くすことができるかもしれません。

時効主張ができない場合は債務整理へ

時効の主張ができない場合は債務整理を行いましょう。債務整理には「任意整理/個人再生/自己破産」の3つの種類があります。

しかしそれぞれにメリットとデメリットがあります。自分にはどの債務整理が適しているのかを確認するには弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。

③過払い金が無いかを調べる

借金を滞納していると過払い請求はできないと思いがちですが、返済が遅れていたとしても、過払い金を請求する権利は生きています。

過払い金を計算してみると、滞納している分の返済はなくなっていたというケースもあります。そのため過払い金がないか、一度確認してみることをオススメします。

借金を滞納し続けると……?

借金を滞納すると、電話による催促が行われ、その後内容証明などで督促状が届くようになります。そして更に連絡をしなかった場合は自宅への訪問があります。

それでも無視をし続けると、金融機関などの債権者は裁判を起こし、「債務名義」を取得する手続きを行います。債務名義とは借金の金額と返済日などを公的に証明したもので、差し押さえの際に必要になるものです。

そして最終的には債務名義を押さえられ、銀行口座や給料や財産の差し押さえにより債券の回収が行われてしまいます。

一番は債務名義を押さえられる前に対策を講じる事!

債務名義を押さえらえ、銀行口座や財産などが差し押さえられてしまうと、自分だけでなく家族にまでも迷惑をかけ、生活に支障が出ることになってしまいます。

早めに弁護士などに相談することで債務整理の手続きがスムーズにでき、差し押さえを防ぐことができます。

大切なことは手遅れになるまで放置せず、債務名義を押さえられる前に債務整理などの対策を行い、生活を立て直すことです。

借金滞納問題には一刻も早く専門家に相談を!

借金を滞納し続け、督促なども無視をし続けると、裁判を起こされることになります。差し押さえをされてしまった場合は自分だけでなく家族に迷惑をかけることになります。

どうすることもできず、督促を無視して、現実逃避をしていてもデメリットしかありません。借金を滞納して困っている場合は手遅れになる前に専門家に相談をして、何らかの対策をするようにしましょう。