ギャンブル依存症で借金まみれに!人生をやり直すためにすべきこと

ギャンブル依存症で借金まみれになってしまったとき、人生をやり直すためにすべきことはなんでしょうか。なぜ多額の借金を背負うまでギャンブルにはまってしまうのか、ギャンブル依存症とはどんなものなのでしょうか。

人生をやりなおすために、見ていきましょう。

なぜ借金をしてまでギャンブルにハマってしまうのか

なぜ借金をしてまで、ギャンブルにハマってしまうのでしょうか。ギャンブルにはまってしまう理由や、ギャンブルにはまりやすいひとの性格など、ギャンブルで多額の借金を作り人生をやり直すことが必要になる前に、みていきましょう。

過去にギャンブルで勝った経験が忘れられない

借金をしてまでギャンブルにハマってしまう理由として多いものの一つが、過去にギャンブルで勝った経験が忘れられないというものです。

はじめてのギャンブルでの成功体験は記憶に残りやすいもので、短時間で大金を手に入れる快感が忘れられず、もう一度ギャンブルをしてしまうのです。そこで負けてしまい、浪費をしてしまう。

そして、負けた分を取り返そうと、さらにギャンブルにのめりこんでしまい、借金を負っていってしまうのです。

すぐにお金を増やしたい理由がある

また、借金をしてまでギャンブルにハマってしまう理由として多いものの一つが、すぐにお金を増やしたい理由があるというものです。

既に借金をしていて、返済が間に合わない状態だったり、急に事故を起こしてしまい大金が必要になったときなど、藁にも縋る気持ちでギャンブルを行うのです。その結果さらに借金や支払わなければならないお金が増え、お金を増やそうとまた借金をしてギャンブルをしてしまうのです。

勝負ごとには勝たないと気が済まない性格

さらに、借金をしてまでギャンブルにハマってしまう理由として多いものの一つが、勝負ごとには勝たないと気が済まない性格であるというものです。

負けるのが好きではない、勝たないと気がすまないという性格は、基本的に長所であると考えられますが、ギャンブルにおいては短所となってしまいます。ギャンブルというのは運営が利益を得るために、勝ち数よりも負け数が多くなるように設定されています。そのため、どうしても損をしてしまいやすく、借金も負ってしまいやすいのです。

ストレスが溜まっている

さらに、借金をしてまでギャンブルにハマってしまう理由として多いものの一つが、ストレスが溜まっているというものです。

ストレスの発散方法は人によって違いますが、浪費ができる、儲けられる可能性がある、簡単にできるなど、様々な要因から、ストレス発散の娯楽としてギャンブルを行う方は多いです。そこまでなら問題はないものですが、中にはハマりすぎて借金を負ってしまう方がいるので、注意は必要です。

ギャンブル依存症の特徴

FX

借金をしてまでギャンブルにハマってしまう方、人生に影響を与えてしまうほどギャンブルにのめりこんでしまう方は、ギャンブル依存症であると考えられます。ギャンブル依存症とはどんなものか、特徴を見ていきましょう。

常にギャンブルのことばかり考えている

ギャンブル依存症の方の特徴の一つとして、常にギャンブルのことばかり考えていることがあげられます。

その物事をしていないときでも、その物事について考えてしまうのは依存症の症状です。ギャンブル依存症ならば、ギャンブルをしていないときにも勝ち方を考えている、仕事中にもギャンブルのことを考えてしまうなどが考えられます。

財布の中にあるお金をすべて使ってしまう

ギャンブル依存症の方の特徴の一つとして、財布の中にあるお金をすべて使ってしまうことがあげられます。

お金が手元にあると使ってしまうという方は少なくないですが、それは浪費に関連する依存症の症状である可能性があります。ギャンブル依存症でも、後先考えず手持ちのお金を使い切ってしまうという症状例があるのです。

ギャンブルしていることを隠す

ギャンブル依存症の方の特徴の一つとして、ギャンブルしていることを隠すことがあげられます。

ギャンブルにのめりこむことは、一般的にいいこととはされていません。ギャンブルしていることを隠す方は、自分がギャンブルにはまっている自覚があることが多いのです。ギャンブルしていることを隠し続け、まわりのひとが依存症だと気づくころには、すでに多額の借金を負ってしまっているということもあります。

ギャンブル依存症で借金まみれの人生をやり直す方法

ギャンブル依存症となってしまい、借金まみれになってしまった場合、人生をやり直す方法はあるのでしょうか。適度なギャンブルは認知症対策にもなるような有用のものですが、ハマりすぎて借金を負うようになってしまったら、人生に影響を及ぼすことになってしまうのです。

借金だらけの人生をやり直すには、どうすべきなのでしょうか。

ギャンブル依存症を克服する

人生をやり直すためには、まずギャンブル依存症を克服することが大事です。

借金の原因となってしまったギャンブル依存症を克服すれば、それよりも借金を増やしてしまうことはなくなります。人生をやり直すために、まず最初にギャンブル依存症を克服しましょう。

カウンセリングを受ける

人生をやり直すためにギャンブル依存症を克服する方法として、カウンセリングを受けるという方法があります。

ギャンブル依存症となってしまう原因には、様々なものがありますが。もともとほかの問題を抱えており、ギャンブルで簡単に成功体験を得ることにはまってしまったという方が多いです。カウンセリングでは、そのもともとの問題を緩和させるのです。

ギャンブル依存症の再発を抑えるために、カウンセリングは大切な手段です。人生をやり直すために、ギャンブル依存症に心当たりのある方は、カウンセリングを受けてみましょう。

グループセラピーに参加する

また、人生をやり直すためにギャンブル依存症を克服する方法として、グループセラピーに参加する方法があります。

ギャンブル依存症のグループセラピーとは、同じギャンブル依存症患者が互いを励まし合いながら、ともに克服を目指すものです。自助グループは依存症の克服に有効だとされています。特にギャンブル依存症の方は、こんなことで悩んでいるのは自分だけだと思っている方が多く見られますが、実際はそんなことはないのです。ギャンブル依存症のグループセラピーは各地に存在するので、通うこと自体も難しいものではありません。

人生をやり直すために、ギャンブル依存症に心当たりのある方は、グループセラピーに参加しましょう。

投薬治療を受ける

さらに、人生をやり直すためにギャンブル依存症を克服する方法として、投薬治療を行う方法があります。

ギャンブル依存症の患者さんには、どこにも相談することなく、自分を責めてしまう方も少なくありません。しかし、ギャンブル依存症は立派な病気です。実は、ギャンブル依存症の方の脳は脳内報酬系の動きが健康な方とは異なっていて、それによりギャンブルから抜け出せなくなっているのです。

最近では、その脳の動きを正常に抑えるための薬が登場し、ギャンブル依存症の克服のために使用されているのです。人生をやり直すために、ギャンブル依存症に心当たりのある方は、薬をもらうために病院で診察してもらいましょう。

借金を把握し債務整理を行う

ギャンブル依存症を克服することができたら、それ以上の借金を負うことはなくなります。

それでは、それまでに負ってしまった借金はどうすべきでしょうか。借金は人生に大きな影響を与えます。自力で借金完済ができる場合は良いのですが、自力で完済することが難しい場合もあります。その場合は、人生をやり直す方法として、債務整理を検討してみましょう。

債務整理には、三つの種類がありますので、自分の人生をやり直すにはどれが向いているのか、みていきましょう。

任意整理

自分の人生をやり直すための債務整理の方法として、任意整理というものがあります。

任意整理とは、弁護士や司法書士などに貸金業者と交渉をしてもらい、利息を軽減してもらったり、支払いのスケジュールを長期にしてもらったりする手続きのことをいいます。裁判所を介することがないため、比較的行いやすく、最もよく利用される債務整理の方法になっています。人生をやり直すことも難しくなくなります。

なお、任意整理は借金の支払いを楽にするという手続きなので、借金そのものが減る手続きではありません。また、ブラックリストに載ってしまうことは覚えておきましょう。

個人再生

また、自分の人生をやり直すための債務整理の方法として、個人整理というものがあります。

個人再生とは、裁判所に仲介してもらい、借金を3~5年の分割の支払いにしてもらい、残りの借金は免除してもらうという手続きです。任意整理と自己破産の中間程の方法になります。個人再生は借金を原則5分の1程度にまで軽くしてもらえるので、返済の負担が大幅に軽減されます。人生をやり直すことも難しくなくなります。

ただ、個人再生をすると、ブラックリストに載ってしまう上に、住所氏名が官報に載ってしまうことは覚えておきましょう。

自己破産

自分の人生をやり直すための債務整理の方法として、自己破産というものがあります。

自己破産とは、破産申立書を裁判所に提出し、「免責許可」というものをもらうことで、ほぼ全ての借金をなくしてもらう手続きです。行えば、人生をやり直すことも難しくなくなります。

ただし、自己破産では借金がなくなる代わりに、ブラックリストに載ってしまう上、家や車などの一定以上の価値のある財産は手放すことになるなど、デメリットも最も大きいです。自己破産を選べば、人生をやり直すことが楽になるというわけでもないのです。人生をやり直すためには、自分にあった債務整理の方法を選ぶことが大切です。自己破産は最終手段として認識しておきましょう。

人生を取り戻したらすべきこと

お金借りる 家族

ギャンブル依存症による多額の借金から人生を取り戻したら、すべきことはなんでしょうか。

それは、同じ過ちを繰り返さないことです。ギャンブルはそのもの自体は悪いものではありませんが、人によって向き不向きがあるものです。楽しく遊ぶ程度に抑えられない方は、ギャンブルが向いていない側の人間であることを自覚しましょう。そして、取り戻した人生を大切にするために、ギャンブルは行わないようにしましょう。

ギャンブル以外にも、簡単に楽しめるものはたくさんあります。もう一度ギャンブルを行ってしまわないように、別の楽しみや別の大事なものをみつけるようにしてみましょう。そうしたら、自然と、取り戻した人生を大事にできるようになるはずです。

ギャンブルで人生を台無しにしないために

50万円まで

ギャンブルで人生を台無しにしないためには、ギャンブルに使うお金を使っていいお金の範囲に収めること、負けた分を取り返そうとしないことが大事です。

また、自分はギャンブル依存症にはならないと思っていても、簡単になってしまうものです。ギャンブル依存症は病気であり、恥ずかしいものではありません。もしギャンブル依存症かもしれないと思ったら、借金で人生を台無しにしてしまう前に、周りの方に相談してみるようにしましょう。