結婚前の彼女に借金が発覚した場合はどうする?

結婚を前提として付き合っている彼女と、いよいよ結婚する目途が立ってきたとしましょう。しかしそんな彼女に借金があることが分かったときは、実際どうしたら良いのか不安になりますよね。まずは、彼女としっかり話し合い、借金の解決を考えることが必要です。

今回は、結婚前に彼女に借金があると知った場合の対応について、詳しく解説していきたいと思います。

結婚前の彼女の借金は早めに清算させておくべき

時効

結婚を考えている彼女に借金があった場合、できれば結婚前に清算しておきたいものです。せっかく2人で新たな生活をスタートするのに、借金があれば、そのモチベーションを下げかねません。

場合によっては肩代わりしてあげることもできますが、本来は彼女自身に清算させたいところです。結婚前から変な部分で借りを作らせては、2人の関係において立場の優劣がついてしまうからです。

結婚前の彼女に借金が発覚したときにできること

できること

結婚後ではなく、結婚前に彼女の借金の存在に気づけてよかったのではないでしょうか?仮に結婚後に借金に気付いた場合は、2人の関係に大きな溝が生まれかねません。

では、発覚してしまった時にできることはあるのでしょうか?詳しく紹介していきたいと思います。

結婚後のお金の管理方法についてしっかり話し合う

借金をしているということは、その理由にもよりますが、少なからず金銭感覚が少しおかしいと考えるべきです。そのため、結婚後に生計を共にするにあたり生活費などお金の管理をしっかりと決めておきたいところです。

できれば、彼女に生活のお金の管理を一任するのではなく、彼氏主導で管理していければ大事になることは少ないと思います。また場合によっては、彼女のお金も管理をしてあげなければならないかもしれません。

借金総額を把握し、返済計画を練る

実際にいくら借金があるのかを確認して、返済計画を立てることが必要になります。借金をするような人は、まともな返済計画を立てることが難しかったりするので、協力してあげるとよいです。

その際は、毎月の返済額から完済期間を設けて、目標を作ってあげることで、解決への道しるべをしるしてあげましょう。

彼女の借金に対する意識をヒアリングする

借金していることはもちろん問題ですが、それ以上に重要なのは、彼女の借金への意識です。この意識が低いと、仮に借金を解決したとしても、再び借金をする可能性が高いです。

借金への意識は、そう簡単に変わるものではないので、意識の改善は、長期にわたる取り組みが必要になります。

可能ならば債務整理を検討する

返済自体が厳しいということであれば、債務整理してしまうことが一番早いかもしれません。毎月の利息で困っていれば、任意整理することで解決しますし、借金額が多額であれば、個人再生で借金の大幅な減額が見込めます。

個人再生でも解決しそうになければ、自己破産という方法もあるので、一度専門家に相談してみることをおすすめします。

結婚前の彼女に借金が発覚した時に交わすべき約束事

結婚するのですから、彼氏が肩代わりするのが一番早いです。しかしそれでは、彼女のためにはならないですし、今後のためにも自分の力で解決してほしいと思うものです。以下について、それぞれ解説していきます。

借金は必ず彼女の収入から払ってもらう

彼女の借金はたとえ、結婚後であっても彼女の収入から返済してもらうべきでしょう。生計を共にすると理由次第で2人の借金にはなりますが、この場合は結婚前の借金なので彼氏に返済義務は無いのです。それに彼女の借金ですから彼女自身に返済してもらわないと筋が通りませんし、彼女もお金の借りは作りたくないと思います。

借金の返済履歴は2人で確認する

借金を返済したら、都度残額を確認することが必要で、その際は2人で確認することが大事です。万が一彼女が返済を怠っていたとしてもすぐに把握できますし、彼氏にも確認されていることによりモチベーションが変わります。借金の返済は彼女にさせつつも借金の行く末は2人で見守ることで、共同作業のような意識が生まれます。

彼女の借金に対する意識をヒアリングする

借金してしまったことは、終わったことなのでどうしようもありません。大事なのは彼女自身の借金に対する意識で、この意識が低いと借金解決に向けての前途は多難です。ここは、一緒に生活する上で少しずつ意識を変えさせる、彼氏の腕が試されますね。

可能ならば債務整理を検討する

早急な借金問題解決を目指すのであれば、債務整理を選択するのが早いです。

少額であれば、任意整理を取ることによって、利息カットなどの恩恵があり、返済が捗ります。また個人再生では、借金の大幅な減額が見込めるので、借金が多額である場合に非常に有効です。自己破産は、借金がゼロになりますが、その分デメリットが大きいので、よく考える必要があります。

結婚前の彼女に借金が発覚したとき不安になる理由は?

理由・原因

結婚してもお金に悩まされそう

実際結婚しようとしている彼女に、借金があると知ったときは、将来的な金銭面で不安を覚えます。いざ結婚すると、様々な支出があり、それは単純に収入だけではやっていけるものではないです。

そこには、日々の節制であったりが絡むことになりますが、そういったときに、借金をしていた過去があると、どうしても頼りがいがありません。結果、結婚してもお金に悩ませれるのではないか、というように思われても仕方ないです。

結婚しても自分のお金を勝手に使われそう

結婚すると、生計を共にすることになりますが、借金の過去があると、お金の管理を彼女に託すことがしづらくなります。借金があることによって、やはりお金にだらしがないというイメージが先行してしまいます。

そのため、自分のお金を勝手に使われるのではないか、と不安に覚えることもあるはずです。

結婚前の彼女の借金で別れた方が良いかもしれないケース

別れ

結婚前の段階で、彼女に借金があるとわかっても、なんとか協力して、その問題を解決すればよいのです。しかし、理由によっては、その必要もなく、結婚どころか破局まで考えなければならないケースもあります。

ギャンブルなど明らかに自分に非がある原因での借金だった場合

借金の理由がギャンブルであった場合、まずは彼女がギャンブル依存症ではないのかを確認したいです。ギャンブル依存症であれば、完済したとしても、再び借金する可能性が高いです。

また、ギャンブル依存症でなくても、自分の決められた範囲内でお金を使えないのは、浪費癖の可能性もあり、そういった人との結婚は、お金に悩ませる生活を送ることになります。

彼女が自分から借金を打ち明けてくれなかった場合

借金の事実を本人の口以外から知った場合は、信用問題に関わりますね。この場合は、彼氏自身がすでに彼女のことを信用できないと思っている可能性が高いです。

仮にも結婚するのですから、結婚した後に迷惑をかけてしまうような案件は、自分の口から話すのが常識です。

彼女の借金が余りにも高額だった場合

彼女の借金が、返済できそうな範囲を大きく超えているような多額であった場合、まずは理由を聞く必要があります。その理由によりますが、そんな多額の借金をするような彼女とは、おそらく結婚することはできないと考えるはずです。

なんとか解決するにしても、債務整理における個人再生または自己破産を検討しなくてはいけません。

彼女が不要な借金を何度も繰り返している場合

本来借金とは目的があってするものですが、その借金に理由がなく、また何度も繰り返している場合、これは手の施しようがありません。金銭感覚が完全に欠如しており、通常の生活を送ることは困難な状況にあると思います。こういった人と生計を共にするということは、自分も破滅する覚悟を持つ必要があります。

結婚前に彼女の借金が発覚したときは、落ち着いて対処しよう

結婚前になると、いろいろ考えなければならないことがあり、その中で、自分の問題を解決することは、非常に大事なことになります。仮に、彼女に借金があるということがわかっても、冷静に対応することが必要です。

借金があっても、彼女自身が変わろうとしていれば、見放す必要もなく、借金問題に尽力してあげることで、早急な解決をできるでしょう。彼女自身に問題がないと判断できれば、夫婦になる前の試練として、捉えるのも悪くはないかもしれません。