借金が50万円でも自己破産ってできるの?

借金の返済に行き詰って困っているけど、借金額が50万円だから自己破産は無理と考えている方はいませんか。多くの人が勘違いしていることとして、自己破産できるかどうかは借金額の大きさによるというものがあります。実は自己破産ができるかできないかに直接関わりがあるのは、借金額の大小では無いのです。

今回の記事では、50万円でも自己破産ができるのか、自己破産を検討するべき人はどんな人なのかについて詳しく紹介していきます。

借金が50万円でも自分の状況次第で自己破産は可能

一般的に自己破産のイメージとして、数百万・数千万という大きな額の借金で行うものというのがあるかと思います。もちろん、借金額が多くなればなるほど返済が苦しくなるのは当然のことです。

でも、借金の額が50万円であっても、返済が苦しくなることはゼロではありません。何かしらの事情で収入がなくなったり、病気をして働けなくなることもあるからです。

自己破産は、実は50万円の借金でも申請ができます。ただ、50万円だから自己破産ができるというわけではないので、50万円の借金を持つ全ての人が自己破産できるわけではありません。自分の状況次第では、借金額が50万円であっても自己破産は可能だということです。

自己破産の理由になるのは50万円という借金の額ではない

50万円の借金であっても、自己破産は可能です。その理由は、自己破産ができるかどうかの基準が50万円という金額ではないからです。詳しく見てみましょう。

借金がいくらかよりも月々の収支が問題となる

借金滞納で返済に困って自己破産を考えたとき、疑問として多いのが、いくらの借金があれば自己破産ができるのかということでしょう。でも、実は自己破産にはいくらの借金があるのかというのは問題ではありません。そのため、具体的な借金額も自己破産の規定でも明確にされていないのです。

自己破産において重要なポイントは、支払いが可能であるかどうかです。つまり、月々の収支が問題となり、収入に対してどのくらいの出費と返済額があるのかが判断要素となります。

借金が50万であれ300万であれ、収入に対して出費と返済額が多すぎて、返済不能と判断されれば自己破産が成立します。

50万円の借金で自己破産になるかを決めるのは自分ではなく裁判所

借金が50万円でも自己破産が可能なら、借金が免責になる自己破産を選択しようと考える人もいるかもしれませんね。ただ、50万円の借金で必ず自己破産になるとは限りません。なぜなら、自己破産になるのかを決めるのは自分自身ではないからです。

そもそも、自己破産というのは破産申立書を裁判所に提出しなければなりません。その結果、裁判所に免責許可をもらって初めて自己破産が成立することになります。

例え、50万円の借金を返済するのが大変だと自分では感じても、裁判所の許可なしには自己破産ができません。自分の意志ではなく、自己破産は裁判所が決定するということを知っておきましょう。

50万円の借金で自己破産を検討した方が良い人はどんな人?

では、50万円の借金を抱えているとき、どのような状況であれば自己破産を考えるべきなのでしょうか。自己破産は裁判所が決定すると考えると、自己破産を申請するかどうかの見極めは自分では難しいですよね。ここでは、具体的に自己破産を検討した方がいい場合を紹介します。

借金50万円を返したいが、今後収入減が見込まれる人

借金をしたときは返済できると思っていても、状況は変わるものです。同じように収入があれば、50万円の借金は返済していくことが可能ですが、今後収入減が見込まれる場合は返済が苦しくなる可能性があります。

収入が減ることが分かっていて、収入以上に出費や返済額が大きくなるのが考えられるなら、自己破産の申請を考えてみるのもいいでしょう。

現時点で50万円の借金を完済するのが厳しい状況になっている人

月々の収支が、自己破産では判断ポイントになります。借金50万円があって、現時点でその借金50万円を完済するのが難しい状況になっている人は、自己破産を検討したほうがいいでしょう。

返済が厳しい状況が続いて借金を滞納してしまえば、ますます借金が膨らんでしまいます。今50万円の借金であっても、滞納していけば苦しい状態が続いていきますね。

そうなる前に、すでに50万円の完済が厳しい状況である人は早めに手を打つのがおすすめです。

毎月返済してはいるが、借金残高が中々減らない人

借金を返済している人の中には、毎月一生懸命返済しているのに借金残高が一向に減らないことに悩んでいる人もいるでしょう。例え、50万円の借金であっても利子が高すぎたり、返済額が少なすぎたりなど何らかの理由で借金の残高が減らないこともあります。

その場合は、今後毎月借金を返済していっても長い間借金生活が続くことが予想されますね。そんなときは、一度借金について考えてみて自己破産を考慮することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

他の人が自己破産をした借金の額についての情報は分からない

法律的には借金額が50万円でも、自己破産をすることは可能です。とは言え、本当に50万円の借金額で自己破産をしている人がいるかどうかは分かりません。また、一般的にどのくらいの額で自己破産を申請しているのか、他の人の借金額についても詳細は不明です。

その理由は、自己破産は裁判所を通すものの裁判ではないため、いくらの借金額で自己破産による免責許可を与えたなどの統計を取っているわけではないからです。そのため、他の人の自己破産による借金額についての情報は一切公開されておらず、知ることはできません。

50万円の借金がある場合、自己破産についての相談費用はどうなるか

50万円の借金で自己破産しようとしたとき、法律の問題は自分だけでは難しいですよね。そこで、弁護士など法律の専門家に相談する必要があります。ただ、気になるのは手続きなどの費用の面でしょう。自己破産の相談費用などはどのようになるのか、詳しく見てみましょう。

50万円の借金をどうしたら良いかの相談は無料で引き受けてくれる

50万円の借金があり自己破産をしようと考えているのに、これ以上費用がかかることは敬遠してしまうでしょう。法律事務所に相談したくても、費用が気になって足を踏み出せない人もいるかもしれません。

でも、借金問題を取り扱っている法律事務所は、ほとんど基本的に相談は無料で引き受けてくれます。しかも、わざわざ事務所に赴く必要はなく、電話やメールなどで相談を受けてくれるところがほとんどです。事務所に行くとなると交通費もかかるので、自宅で相談できるのはありがたいことですよね。

専門家への費用は分割払いに応じてくれる

50万円の借金をどうするか、自己破産についての相談は無料で引き受けてくれます。でも、実際に手続きをお願いすることになると、当然のことながら着手金や諸費用は必要です。

ただ、借金問題を取り扱っている法律事務所であれば、支払いが苦しいのは百も承知です。そのため、支払うべき費用は分割払いに応じてくれます。

50万円の借金で費用の捻出が難しい人には法テラスの支援がある

50万円の借金で収入も見込めず、費用の捻出が難しい場合は法テラスを利用しましょう。法テラスというのは、国が設立した法的トラブル解決の案内所のことです。国民向けの法的支援を行う所であり、全国に事業所が設置されています。

法制度に関する情報提供は無料で行ってもらえますし、場合によっては弁護士や司法書士への費用を立て替えてもらうことができるのです。

50万円の借金なら自己破産より任意整理の方が良いかも

自己破産が借金額にかかわらず、50万円であってもできることは分かりました。ただ、自己破産は簡単に行っていいものではなく、デメリットもあります。一番のデメリットは、車やマイホームなどのいわゆる財産を失うことでしょう。

50万円の借金で返済が苦しくなった場合、自己破産を考えるまえに任意整理を考えてみたほうがいいかもしれません。任意整理といのは、利息を計算し直したり借金額自体を減らすことで、返済の負担を軽くする手続きのことです。

自己破産とは違い、借金50万円を全額免責にはできないかもしれませんが、任意整理で負担を軽くすれば返済していくことができる可能性もあります。自己破産のデメリットを被るなら、50万円の借金額であれば任意整理を先に考慮するのがおすすめです。

50万円の借金が支払い不能なら、自己破産の手続きは可能

自己破産は50万円の借金額であってもできるのかについて、解説しました。結論から言えば、50万円の借金であっても支払いが不能であれば、自己破産の手続きは可能です。

ただし、自己破産は自分の意志で決定できるものではなく、裁判所が支払い不能であると判断することで認められる制度になっています。確かに、50万円の借金でも自己破産は可能ですが、色々なことを考慮した上で自己破産の手続きを行うようにしましょう。