30代の平均借金額とリアルな事情とは?なるべく早く返済するにはどうすれば良い?

配偶者や子供がいてもおかしくない30代ですが、マイホームのローンや子供の教育費などで実は30代で借金を抱えている人は意外と多いものです。そして、その返済に悩んでいる方も相応に多いと思われます。

この記事では、30代の方が抱えている借金の理由やその返済方法について綴っていきます。

30代で借金をしている人は多いのが現実!

30代と言えば、家庭を持っていても当たり前の年齢です。仕事も落ち着いてきて収入も増えてくる頃でしょう。当然貯蓄も増えていると思いがちですが、実は20代よりも借金をしている人が多いのです。

せっかく収入が増えているのに、どうして貯金ではなく借金をしてしまうのでしょう?30代には、20代にはない借金をする理由があるのです。

30代独身と既婚では借金の平均額が異なる

お金

30代と言えは、結婚をして家庭を持っている人も増えてくる世代です。結婚しているかどうかは、借金の平均額にも大きくかかわってきます。

30代独身男性の借金平均額

単身男性の借金平均額が473万円と、かなり大きな金額です。しかし、そのうち住宅ローンが428万です。住宅は一括で購入することは難しいので、これは仕方がないかもしれません。

そして、その他が45万です。問題なのは、この45万円がどんな理由による借金なのか、です。

30代独身女性の借金平均額

単身女性の借金額は平均が34万円と独身男性に比べると、かなり少ないです。住宅ローンも24万ですので、30代女性は住宅を購入する際にも、払える金額、もしくは頭金がしっかりなくては購入しない、しっかり者が多いのかもしれません。

その他の借金は10万ですので、女性の場合は借金でどうにもならないと言うことは少ないのかもしれません。

30代の世帯借金の平均額

30代で世帯を持っている場合の借金額は平均が1,061万円ですので、独身とは事情が大きく異なっています。そのうちの住宅ローンは1,013万円ですので、家庭があれば購入する家の額も大きく異なる事が分かります。

その他の49万円も、家庭があれば必要な物の金額も大きくなっていくので、仕方がない事なのかもしれません。

30代で借金する目的とは?

30台で借金する目的

30代での借金は、住宅や車のローンなど、どうしようもない部分もあります。もちろん、それらは無理のない返済ができるのであれば、問題の無いものととらえてもいいでしょう。

しかし、その他の借金には少し注意が必要です。どうして借金をしなければならなかったのか、返済はどうするのか、そもそも借金をした目的は何なのかはしっかりと見つめていかなければいけない所です。

30代独身で借金がある場合は結婚に関わるかも

結婚に関わる
結婚とは、苦も楽も共に分かち合うものです。当然、あなたに借金があれば結婚相手はその苦を一緒に分かち合わなければいけません。

そもそも、あなたは借金のある人と結婚したいですか?Yesと答える人はほぼいないでしょう。

どんなに愛していても、結婚となれば話は別です。30代で平均よりも多く借金をしているあなた、結婚を考えるのなら一刻も早く完済を目指しましょう!

30代でなるべく早く返済するためには今すぐ行動!

今すぐ行動

30代で返金よりも借金をしている場合、返済を遅らせればそれだけ利子が増え、払わなければいけない金額も増えていきます。一刻も早く、今の生活を見直して借金完済を目指しましょう!

任意整理を依頼する

任意整理とは、利率の高い貸金業者に借金をしている場合、利息制限法で計算をし直して利息のカットや分割回数についてプロが交渉し、借金を減らす方法です。裁判所は通さずに行うので住宅ローンなどには影響がありません。住宅ローンも、貸金業者での借金もある方にはおすすめです。

どうすれば良いかわからない場合は、司法書士事務所へ相談しよう!

30代で平均以上の借金を抱えてしまい、自分ではどうしていいのかわからなくなったのなら、専門家の出番です。

でも、法律事務所の敷居は30代にはまだ高く、躊躇してしまいますよね。そこで、少し敷居の低い司法書士事務所はいかがでしょう。司法書士も借金問題を扱うことができますので、一度相談してみてはいかがでしょう。

自己破産は最後の手段

借金を専門家に相談しようと考えた時に、まず頭に浮かぶのは自己破産ではないでしょうか。自己破産は最後の手段なのです。専門家が平均以上の借金を抱えている人に提案するのは、債務整理にはいくつか種類があり、自己破産には至らないケースの方が多いのです。

30代の借金は高額傾向にあるが、計画性があれば◎!

30代は、仕事も落ちついて収入も増える頃ですが、支出も増える頃です。油断すると、高額の借金をしてしまう場合もあるでしょう。

しかし、自分に平均以上の借金があるからと、すぐに悲観することはありません。自分の収入に見合った返済ができていて、完済が見込まれているのならそれでいいのです。